BRIDGE

タグ ノボット

元ノボットの小林清剛氏が新プロジェクト「Remotus」を公開ーー米国から開発者不足の問題に挑む #bdash

SHARE:

本稿は、B Dash Camp 2014 Summer in Fukuokaの取材の一部。 この日から9カ月、ある起業家がスタートアップの現場に帰ってきた。 連続起業家として数多くの事業にトライし、2011年7月にスマートフォン向けの広告配信事業を手がけるノボットをKDDI傘下のmediba子会社化へと導いた小林清剛氏。彼が数年の充電期間を経て、スタートアップの現場に選んだ地は米国だ。 連続起業家…

kiyo

本稿は、B Dash Camp 2014 Summer in Fukuokaの取材の一部。

この日から9カ月、ある起業家がスタートアップの現場に帰ってきた。

連続起業家として数多くの事業にトライし、2011年7月にスマートフォン向けの広告配信事業を手がけるノボットをKDDI傘下のmediba子会社化へと導いた小林清剛氏。彼が数年の充電期間を経て、スタートアップの現場に選んだ地は米国だ。

連続起業家の小林清剛氏が代表を務めるChanomaは7月17日、次の新プロジェクトとなるリモートハイヤリングプラットフォーム「Remotus」のα版のお披露目を実施した。Chanomaの創業は2013年12月。

Remotus

Remotusは近年高騰を続ける米国企業の開発リソースの課題に、米国外のリソースを遠隔で提供、マッチングすることで解決しようとするもの。

開発者を必要とする主にスタートアップ系の企業が、遠隔地や海外でも働くことの可能な開発人員に対してオークション形式で入札をすることができる仕組み。現在テスト的に10社ほどのスタートアップ企業からの人員募集が掲載されている。ちなみにこの掲載社は全て、個人投資家としても活動している小林氏が選んだものだけを掲載しているそうだ。

追記:現時点はα版でオークション機能は秋頃に追加予定とのこと。

Remotus 2

この方式はHiredが採用しているものと同様で、採用企業側がオファーを出す際、提示金額(ストック・オプション含め)を明示しているのが特徴。採用される側はそれらを選ぶことになるので、自然とオークションのような状態になる。

また、Hired側が受け取るコミッションフィーも、一括ではなく月額の分割にできる(途中で辞めたらそこで支払はストップ)という仕組みも評価されている。なお、同社は2013年4月に1500万ドルの資金調達に成功した。

ただ、小林氏はこのHiredの仕組みにはまだコミッションフィーを安くする方法があると考えているようだった。具体的にはその部分は「まだ秘密」ということだったが、代わりに開発背景としてこのようなコメントをくれた。

「サンフランシスコに渡り、日々、現地の企業や起業家と会っていく中で、彼らがソフトウェアデベロッパーの採用に苦戦していることと、GoogleやFacebookのようなネット大手の会社が高い給料を人材に支払って彼らをプールしていることを目にし、スタートアップの採用の問題を解決したいと考えました。いくつかのスタートアップがリモートワーキングのスタイルを採用しているのもその理由の1つです。

多くの会社が6ヶ月以上の中長期的採用を希望していますが、実際には成約した案件のほとんどが1ヶ月の契約に終わってしまっているという調査結果を発見し、このギャップを埋める解決方法をRemotusによって提供したいと考えています」(小林氏)。

もちろん、彼の挑戦は今始まったばかりだ。小林氏はこう続ける。

「優秀なスキルがある人って世界中に散らばっているんです。でも彼らの給与の差は大きいまま。さらに、北米で目にしたリモートの採用はOdeskか紹介のみというのが現実です。このリモート&リロケートでの採用は今後ますます発展していくはずだし、世界中から優秀な人材を採用できるプラットフォームを作りたいと思っているんです」(小林氏)。

ここ数年でイグジットを経験した起業家たちはそれぞれ新しいスタートを切っている。小林氏もまたそれに続いてくれるだろう。彼だけが米国でのスタートになる(日本法人は設立準備中)が、それがどのような結果に結びつくか。

引き続き追いかけたいと思う。

※情報開示:小林清剛氏はTHE BRIDGEのアドバイザーでもあります。

----------[AD]----------

ノボットのアジア部門担当OBが、タイで人材募集プラットフォームJobTalentsをローンチ

SHARE:

タイの失業率は 0.67% と世界的にも4番目に低い数字だ。LinkedIn がタイ語版をローンチしたり、JobTalents というサイトが立ち上がったりしていることを考えれば、この値は来年さらに低くなるだろう。 JobTalents はタイを拠点とするスタートアップで、人材採用業界をディスラプトしようとしている。優秀な人材の確保に苦しむ企業を助ける、リクルーティング・プラットフォームを提供する…

jobtalents_screenshot

タイの失業率は 0.67% と世界的にも4番目に低い数字だ。LinkedIn がタイ語版をローンチしたり、JobTalents というサイトが立ち上がったりしていることを考えれば、この値は来年さらに低くなるだろう。

JobTalents はタイを拠点とするスタートアップで、人材採用業界をディスラプトしようとしている。優秀な人材の確保に苦しむ企業を助ける、リクルーティング・プラットフォームを提供する。同社の売りは、人材採用案内の投稿が無料であることで、応募のあった人材を採用したときにのみ料金が発生する。つまり、よい人材が見つからなければ、出稿した企業は料金を支払う必要がない。JobTalents は人材が採用されたとき、一人当たり5,000バーツ(約1.6万円)を出稿企業に請求する。

JobTalents は、タイのオンライン・ヘッドハンティング業界においては、極めて新しいビジネスモデルを採用している。リクルーターの多くは給料に対するパーセンテージで料金を請求するし、オンラインサイトは古いやり方、つまり、案内投稿を目立つ場所に掲出させるために広告料を求めるからだ。

JobTalents は候補者を試験するスキルテストの機能も実装しており、履歴書のみならず、仕事に必要な特定のスキルを見ることもできる。例えば、プログラマの職種に応募するにはコーディングテストを受ける必要があり、英語教師に応募するには、誰かに英語を教えているビデオをアップロードするよう求められる、といった具合だ。

同社は JobTalents を始めた理由を次のように述べている。

雇用主らが、現在の人材サービスに満足していないと知ったからです。我々が実装した機能は、タイの雇用主から聞いた意見を元にしており、彼らが優秀な人材を効率よく見つけられるよう、コストと時間の両方を節約できるようにします。

経験豊かなスタートアップ成功者によるバックアップ

yojiro-koshi_portrait
越陽二郎氏

JobTalents を運営する TalentEx 社は2013年、越陽二郎(こし・ようじろう)氏によって設立された。彼は以前、広告最適化・交換プラットフォームのスタートアップ、ノボットに勤務していた。[1] ノボットの創業者である小林清剛氏は今回、越氏のアドバイザーを務める。越氏はノボット時代にアジア地域のビジネス開発を担当しており、この経験を通じて彼はアジア市場の知見を獲得した。

さらに、JobTalents は、タイのデジタル出版プラットフォーム Ookbee の経営陣からエンジェル投資を受けている。Ookbee の CEO Moo Nattavudh は、出資の経緯を次のように説明している。

スタートアップの創業者として、私はタイのさまざまな人材募集サービスを使っています。越氏が無料投稿可能という興味深いビジネスモデルを話したので、スタートアップ創業者や人材採用担当者は誰もが使いたがると思いました。私の共同創業者である Charn や Joe、それに私自身も、越氏がこのビジネスをやるのにふさわしい人物だと考えています。

JbTalents.com(ドメイン名では job の「o」を除く)は2014年に正式オープンする予定だ。企業登録は既に開始しており、ローンチの際には割引が適用される見込みだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】


  1. 原文では、人材系のスタートアップで勤務していたとあるが、その詳細が確認できないため、訳文では表現を割愛した。 ↩
----------[AD]----------

9月30日付でノボットを退職しましたーー小林清剛氏から次の起業家へのメッセージ

SHARE:

編集部、kigoyamaより:2013年9月30日付けで、起業家でありノボット創業者、代表取締役の小林清剛氏が同社の退職を発表した。この文章は既に小林氏のfacebook上で公開されているメッセージだが、彼の許可を得て改めてこちらでも公開させて頂く。彼の経験と言葉は後に続く私たちにとっても、必ずどこかで役に立つはずだ。キヨ、次の世界戦頑張ってね! 小林清剛氏から次の起業家へメッセージ(原文そのまま…

1294345_708333125846716_748602158_o

編集部、kigoyamaより:2013年9月30日付けで、起業家でありノボット創業者、代表取締役の小林清剛氏が同社の退職を発表した。この文章は既に小林氏のfacebook上で公開されているメッセージだが、彼の許可を得て改めてこちらでも公開させて頂く。彼の経験と言葉は後に続く私たちにとっても、必ずどこかで役に立つはずだ。キヨ、次の世界戦頑張ってね!

小林清剛氏から次の起業家へメッセージ(原文そのまま※)

9月30日付でノボットを退職しました。

ノボットのM&Aについて最近よく聞かれるので、これを機会に自分の意見を書きます。自分でも反省すべき点は多々ありますが、今回はノボットの買収がKDDI/medibaにとって何の意味があったかについて、自分なりに考えをまとめてみました。最後に、今後の個人的なことを少し書きます。

結論から言うと、ノボットの買収はKDDI/medibaとしては成長のために意味のある投資だったのではないかと、僕は考えています。2011年7月末、medibaはノボットを買収したことにより、スマートフォン広告事業者として業界上位のシェアになりました。

その後、大変な時期がありつつも、今年の8月にスケールアウトを買収したことにより技術や製品面を増強することができ、現在は Daisuke Yamazaki さんや Kenichi Sugawara の強力なリーダーシップの元に、medibaの広告事業は勢いを増しつつあります。

”たられば”の話になりますが、もしノボットを買収していなければ、medibaのスマートフォン広告事業は規模が大きくならなかった可能性もありますし、ハブ役となった小林がいなければ、スケールアウト買収も実現しなかった可能性もあります。

もしくは、スマートフォン広告事業が小さいままだったかもしれません。もちろん、別の可能性もあるとは思いますが、KDDIグループの広告投資額、膨大なコンテンツ量などを踏まえると、KDDIグループへのmedibaの貢献度合いは小さくはなく、その事業動向に影響を与えたノボットの買収は、一定の意味があったと思うのです。

ノボットの経営陣として自分の役割の話せる範囲ですると、最近では2013年4月以降の僕は、KDDI/medibaの広告事業の中長期戦略を作ったり、その戦略実現のために重要な要素となる、スケールアウトの買収に取り組んでいました。

ここで気づいたことは、一般的には大企業での買収は難しいとされていますが、買収された側の会社の経営陣(僕)が、買収する側に立場(mediba)にいることで、両方の立場/要望が理解できるため、M&Aが以前より上手く進められるようになるということです。

買収後にどのように統合していくか、特に、どのような環境やルールが買収される側にとってベストな選択肢なのかを考える上で、買収された側の会社の経営陣(僕)として、自分の知識と経験は貢献できたと思います。

少し脱線しますが、日本のスタートアップ環境がテーマに語られるとき、日本はスタートアップが買収される件数が少ない、日本は大企業が買収に積極的ではないという議論がなされるのを、何回か聞いたことがあります。これは、日本では大企業によるスタートアップの買収の成功事例が少ないことが要因の一つにあると思います。

この成功事例を増やすためには、買収された側の人が、次は買収する側の立場に変わることで、買収案件の成功確率が上がり、結果的に、スタートアップの買収の成功事例が増えていくいうことが、日本のスタートアップ環境を成長させる上で必要なプロセスの一つになると考えています。

例えば、最近のYahoo!Japanのスタートアップ買収は、部外者の僕から見ても上手くいっていると感じるものも多く、こういった成功事例に続き、広告やネット業界だけに限らず、大企業によるスタートアップ買収がもっと増えてくると嬉しいです。

今後はmedibaのアドバイザーとして関わっていき、自分が関わった中長期の戦略や、スケールアウトの買収が成功事例となるように、medibaとスケールアウトの事業成長をサポートしていく予定です。また、少し個人的な話をすると、10月初旬から日本を離れて、11月から米国に引っ越します。そして、自分の能力を鍛えながら、次はどのような事業に取り組むのかを考える時間を作りたいと思います。

最後になりましたが、わがままな僕に2年間付き合ってくれた Takeshi Ohasa と Keita Umimoto 、KDDIから様々な支援をしてくれた Tomohiro Ebata や Shigeki Matsuno 、他KDDI/mediba関係者の多くの皆さん、ありがとうございました。そして、引き続きよろしくお願いします。

小林 清剛


※facebookの原文をあえてそのまま掲載しました。人物名については元のメッセージからご覧下さい。

----------[AD]----------

「スタートアップとだけ付き合っても意味はない」ーーノボット小林清剛氏が語る創業に大切な8つのヒント

SHARE:

たった一度の起業でも労力や時間は相当なものだ。そういう状況において、連続して新しい起業を試みる「シリアルアントレプレナー」と呼ばれる人物は、次世代の起業家にとっても様々なアイディアやアドバイスを与える存在だ。 アドネットワーク事業を手がけるノボットを2009年4月に創業し、2011年7月にKDDI子会社medibaへの売却を発表した小林清剛氏は、若手シリアルアントレプレナーとして注目を浴びている。…

たった一度の起業でも労力や時間は相当なものだ。そういう状況において、連続して新しい起業を試みる「シリアルアントレプレナー」と呼ばれる人物は、次世代の起業家にとっても様々なアイディアやアドバイスを与える存在だ。

アドネットワーク事業を手がけるノボットを2009年4月に創業し、2011年7月にKDDI子会社medibaへの売却を発表した小林清剛氏は、若手シリアルアントレプレナーとして注目を浴びている。

小林氏が「MOVIDA SCHOOL」でスタートアップに向けて、次の起業家候補に向けて語ったアドバイスを8つのヒントにまとめた。

3年後を予測し、常に仮説検証を心がける

ノボット創業時、まだスマートフォンの広告事業の分野は市場が少なく、前職もITとかけ離れた立場のツテもコネもない状態から、代理店などに対してヒアリングを徹底的におこない、次に何がくるか聞きまわりながら関係性を構築していった。

その結果、スマートフォンにチャンスがあると感じ、大きな展示会にてプレゼンする機会を得て、そこでいかにスマホの広告が重要かを熱く語り、代理店などからの注目をあびた。

大切にしている考えは「世の中の先に張る」ということ。3年後くらいを目処に世の中に普及して当たり前になっているであろうものをもとにビジネスを仕込んでいく。

ライフスタイルが日々変化していく中で、自身で常に仮説検証をおこない、どの分野や業種がくるのかを予想し動くことが大事。そのためにも、日々情報やトレンドを追いながら、様々な事業アイデアを膨らませることを習慣づける。

面白い事業なら仲間はすぐに見つかる

いかに優秀な仲間を見つけるかも大きな問題だ。多くの起業家が直面する課題もここにあることが多い。

いかに優秀な人を仲間にするか、このためには自身が語る「事業ストーリー」がどれだけ魅力であり、そしてそのワクワクをどれだけ相手に伝えられるかが勝負。

誰もみていない未来を見据えて事業を考えているからこそ、まだ見ぬ未来についていかに情熱をもって語れるか。未来は誰にもわからないからこそ、そのことに対してしっかりとした意識をもって相手に語ることで相手は信頼してくれる。事業ストーリーをどれだけ熱く語れるか--これこそ創業者に必須なスキルだ。

同時に、徹底的に仲間を探すべきだ。多くの人は仲間が見つからないと語るが、それは探すほどの行動をしていない場合が多い。SNSや各メディアを日々見ながら、面白いと思った人にはすぐに声をかけるべき。

面白い事業ならばすぐに見つかるはずで、それでも見つからないのならば自身の事業ストーリーが弱いと考える。「なぜこの会社に来ないのか?」と思えるくらい事業に自信と熱く語れるストーリーをもっているかが重要。

事業売却に必要な3つの意思決定ポイント

創業時にはIPOや売却など様々な選択肢を設定することになる。売却を目指す場合に必要な3つの意思決定がある。

まず、創業は3年後を見据えて事業を開始する。それによって、数年後に大手企業に一斉に自身が見据えたマーケットにきた際に先行していることでの優位性がとれる。

2つ目。事業を大きく進めるに際して浮気をしないこと。つい、事業を盛り上げようと多角化しようと考えてしまうが、それは意味がない。見据えている本業一本に絞れないものは、やるべきではない。

3つ目は、事業が一番いいときに売却をおこなうこと。そうでないと働いている従業員にいいポジションを与えることができない。また、事業が伸びているときにさらにその事業を伸ばすために会社を売却する、という意識を持つべき。

売却で終わりではなく、そこから続いていくというイメージを持って売却先と一緒にやっていくことにメリットを見出すことが重要。

メンバーのリファレンスチェックは必ずしよう

クライアントや創業メンバー、従業員など様々な人と関わりながら事業は進む。その際に、創業メンバーや従業員を集めるときは、リファレンスチェック(本人)をしっかりとするべきだ。

前の職場や友人などその人物に対する調査をおこなうことで、より理解が深まっていく。本人からリファレンス先を紹介してもらうのもいいだろう。紹介するほうもされるほうも、中途半端なことは言えない。創業時や従業員としての関係性をスムーズにつくることができる、という点において、リファレンスチェックはもっと日本でもやっていくべきだ。

資金は何に張るかを事前に考える

事業を進める上でもっとも大切なものは、やはりお金だ。資金調達のタイミングは重要で、ノボット時代において3度の資金調達をおこなったが、その際に大切にしていたのは、何に使うかを事前に考えておくことだった。

そのお金を何に張るか、どうやって一番になれるのかを説明できないと意味がない。業界において一番を目指すという強い意思が大切なのだ。成長スピードが大切な業界だからこそ、無駄な支出をおさえ、大きな成長戦略を考える。

自身を甘やかさない仕組みを作る

自身のモチベーションとして、投資を頂いた時から日報を投資家に送り、誰と会い、何をして、何を考えて、どうしたいのか、ということを書いて送っていた。

経営者や起業家はストイックであるべきで、自身を甘やかさないための仕組みをいかにビルドインできるかも大事だ。

あらゆることに期待しすぎない

もう一つは、多くの期待しないことだ。社会に対しても人に対しても期待をせず、日々油断せずに行動する。期待がうまくいなかくても対処できるための心の余裕とリスクヘッジをもっておくことが大切。

コーチングという点においても、たとえ従業員が結果を出せなくてもそれには理由があり、また結果がでないのは上の責任だと認識し、一緒に考え結果がでるようにすることだ。

スタートアップとだけ付き合っても意味はない

最後に、スタートアップの仲間と時間を過ごし過ぎないことだ。スタートアップがスタートアップとだけ付き合っても意味はない。もっと戦略的に自分の時間を使うべきで、あらゆる手段を使い、今は誰と会うか、半年後に必要な人といま会って関係性をつくる意識をしながら人と会うことで自分自身を日々成長させていくべき。

そして、誰に相談したり聞いたとしても最終的には自分自身が判断をする、という覚悟で事業を進めていってほしい。

【U-NOTEリンク】:スクール当日にライブで記録されたU-NOTEです。合わせてご参照ください。

----------[AD]----------

KDDI がモバイル広告スタートアップ・ノボット社を15億円で買収

SHARE:

【原文】 今日(原文掲載は 7月28日)の日本経済新聞によると、KDDI の携帯電話向け広告会社のメディバ社が、東京のノボット社を15億円(192万米ドル)で買収する見込みであることが明らかになった。ノボット社はスマートフォン・アプリ向けの広告最適化/交換プラットフォームを提供しており、 Smaato, ZestADZ, Mojiva, Medialets, BuzzCity などのモバイル広告ネ…

【原文】

今日(原文掲載は 7月28日)の日本経済新聞によると、KDDI の携帯電話向け広告会社のメディバ社が、東京のノボット社を15億円(192万米ドル)で買収する見込みであることが明らかになった。ノボット社はスマートフォン・アプリ向けの広告最適化/交換プラットフォームを提供しており、 SmaatoZestADZMojivaMedialetsBuzzCity などのモバイル広告ネットワークと提携関係にある。

今回の資金調達に先立ち、ノボット社は昨秋、複数のベンチャー・キャピタルから総額1億4,000万円の資金調達に成功している。ノボット社の買収により、KDDI は日本でのスマートフォン広告配信で、トップのグーグル社 Admob に次いで2位の座を手に入れることになり、月間30億インプレッションを稼ぎ出すことになる。

この記事を書いている際、ノボット社からプレスリリースが届き、年内にシンガポール・オフィスを開設することが明らかになった。同社は韓国、台湾、インドネシア、ベトナムなどのアジア諸国にサービスを拡大する計画だ。

PennOlson の読者は、数週間前、ノボット社の CEO 小林清剛氏がシンガポールを訪問した際の、我々のインタビューのことを覚えているだろう。彼は月間21億インプレッションを稼ぎだす、モバイル広告配ネットワーク AdMaker について説明してくれていた。

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------