BRIDGE

タグ Aidemy

AI学習プラットフォーム「Aidemy」運営、UTECリードのシリーズAで8.3億円を調達——企業のAI内製化支援を拡大、ダイキンやテクノプロと協業

SHARE:

AI 特化のプログラミング学習サービスを運営する「Aidemy(アイデミー)」は30日、都内で記者会見を開き、シリーズ A ラウンドで8.3億円を調達したことを明らかにした。同社にとっては、2018年5月に実施したプレシリーズ A ラウンドに続くものだ。本ラウンドを受けて、同社創業以来の累計調達総額は9.4億円。同社では今回調達した資金を、プロダクトの研究開発に4億円、広告宣伝に2億円、運転資金に…

Image credit: Masaru Ikeda

AI 特化のプログラミング学習サービスを運営する「Aidemy(アイデミー)」は30日、都内で記者会見を開き、シリーズ A ラウンドで8.3億円を調達したことを明らかにした。同社にとっては、2018年5月に実施したプレシリーズ A ラウンドに続くものだ。本ラウンドを受けて、同社創業以来の累計調達総額は9.4億円。同社では今回調達した資金を、プロダクトの研究開発に4億円、広告宣伝に2億円、運転資金に2.3億円を充てる。

このラウンドのリードインベスターは東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)が務め、大和企業投資、ダイキン工業(東証:6367、以下ダイキンと略す)、技術者派遣大手のテクノプロ、東京大学協創プラットフォーム開発(東大 IPC)、千葉道場ファンド、Skyland Ventures、個人投資家として、松永達也氏(アイデミー社外取締役)、河野英太郎氏(アイデミー執行役員)、鈴木智行氏(ソニー 元副社長)、鈴木悠人氏(JapanWork 代表取締役)が参加した。

Image credit: Masaru Ikeda

今回の資金調達を受けて、アイデミーでは近未来コンセプト「Society 5.0」を実現する企業の AI 戦略を支援するとしている。Society 5.0 は日本政府が提唱するもので、AI や IoT、ロボット、ビッグデータなどの革新技術をあらゆる産業や社会に取り入れることで実現される超スマート社会だ。

同社は2014年に東大学生ベンチャーとして創業(当時の社名は Goods)。大学研究室での機械学習応用系の研究やクライアント企業のアプリケーション制作・データ解析の知見をもとに2017年12月、AI 特化のプログラミング学習サービス「Aidemy」を正式ローンチした

Python の基礎やディープラーニングなど AI 技術に特化した約50のコースを65,000人以上のユーザに提供、また、2018年には企業向け研修サービス「Aidemy Business」を開始し50社以上に提供している。製造業を中心に、各社の研究開発部門、デジタルトランスフォーメーション(DX)担当、AI 推進室などで活用されているという。今後、2年で400社以上への展開を目指す。

Image credit: Masaru Ikeda

ダイキンは2018年、東京大学と産学連携協定を締結しており、10年間にわたり毎年10億円を拠出し、その半分を東大関連スタートアップの支援に充てることを発表している。ダイキンは同年、ディープラーニングスタートアップの ABEJA(アベジャ)のシリーズ C ラウンドにも参加していた。また、ダイキンとアイデミーは、日経が開催した昨年の AI/SUM で「製造業での AI 人材育成」に関するパネルディスカッションで対談をしている

テクノプロとアイデミーは昨年11月に両社が協業することを発表、アイデミーの AI プラットフォーム(AI導入・運用支援ツール)をテクノプロが持つ製造業を中心とした顧客に導入から運用までの提供を推進するとしていた。

2017年、Skyland Ventures が開催したインキュベーションプログラム「WAVE」第2期デモデイでピッチするアイデミー CEO 石川聡彦氏
Image credit: Masaru Ikeda

AI特化のプログラミング学習サービス「Aidemy」が総額9200万円の資金調達、企業向けサービスの開発・提供に注力

SHARE:

AI特化のプログラミング学習サービスを運営する「Aidemy(アイデミー)」は5月10日、総額9200万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。同ラウンドでは既存投資家である東京大学エッジキャピタル(UTEC)がリードインベスターを務め、個人投資家の千葉功太郎氏、安藤祐輔氏、ユーザーローカル代表取締役の伊藤将雄氏、ウルシステムズ代表取締役の漆原茂氏、キープレイヤーズ代表取締役の高野秀敏氏、po…

SMR_0462.JPG

AI特化のプログラミング学習サービスを運営する「Aidemy(アイデミー)」は5月10日、総額9200万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。同ラウンドでは既存投資家である東京大学エッジキャピタル(UTEC)がリードインベスターを務め、個人投資家の千葉功太郎氏、安藤祐輔氏、ユーザーローカル代表取締役の伊藤将雄氏、ウルシステムズ代表取締役の漆原茂氏、キープレイヤーズ代表取締役の高野秀敏氏、popIn代表取締役程涛氏ほか3名の合計9名が参加した。

今回のプレシリーズAラウンドにあわせて、社外取締役として東京大学エッジキャピタルの郷治友孝氏、非常勤取締役としてファクトリアルの金田喜人氏が就任したことも公表している。

2014年に東大学生ベンチャーとして創業されたアイデミー(社名をGoodsより変更)。大学研究室での機械学習応用系の研究やクライアント企業のアプリケーション制作・データ解析の知見をもとに2017年12月、AI特化のプログラミング学習サービス「Aidemy」を正式ローンチした

同Aidemyは、Pythonの基礎やディープラーニングなどのAI技術に特化したオンラインプログラミング学習サービス。プログラミングのためのPC環境構築などは不要で、コースを選択し、出題される演習問題に回答していくことで学習を進める形式だ。現在は全16コースが開講されており、そのうち3〜4コースが無料で受けられる。サービス開始約3カ月後の2017年4月には、会員数1万人、コード演習の実行回数100万回を突破した。

今回の調達資金は、コンテンツの開発費や事業領域拡大に伴う人材採用の強化、BtoB事業の拡大に充当する。2018年8月には海外展開を予定しており、英語圏およびインドへの進出を検討中だ。2018年中には会員数3万人を目指している。

本と同じ価格で数十倍の価値を

aaaaa.png
同社サービスの受講者画面

ユーザーのうち7割が理系出身者、半数がITエンジニアとして活躍している特徴をもつ同サービス。受講者年齢層も35歳前後が多く、やや高めだ。スクーリング形式をとらずに、学習教材を提供する同社の学習継続率について同社代表取締役の石川聡彦氏は下記のように回答してくれた。

「スクール型のプログラミングスクールと違って、アイデミーは本を買う感覚でスタートされる方が多いです。自学自習できるタイプの方であれば1講座3000円で受講できるので、本を買うのと同じ値段で数十倍の価値を出せると思っています」(石川氏)

また、オンラインでできるので社会人の現場で活躍する数少ない優秀なエンジニアがサポートに入ってくれることも強みだと語っていた。実際のキャリアチェンジに関しては、社内転職や既存のエンジニアスキルのプラスオンとして、役立てているケースが多いそうだ。

「研究の成果や収支にコミットして欲しい採用側にとっても、ケースが少なくまだまだAI人材の採用基準が難しい側面があります。これらもライセンス付与やB向け事業の展開で窓口を増やしていきたいと思っています」(石川氏)。

企業向けの教育教材に関しては、すでに先行登録を受け付けており、バイトルの運営などを実施するディップなど6〜7社の登録がある。今後は人材紹介なども含めてB向け事業に注力していく方針だ。

AI特化のプログラミング学習サービス「Aidemy」会員数1万人を突破、総演習回数は100万回に

SHARE:

AIプログラミング学習サービス「Aidemy(アイデミー)」は4月11日、ローンチより約3カ月で同サービスの会員登録数が1万人を突破したことを公表した。登録ユーザーによる総演習回数は100万回を超え、1ユーザーあたりの演習回数は平均100回程度になった。 2017年12月にローンチしたAidemyはPythonの基礎やディープラーニングなど、AI技術に特化したオンラインプログラミング学習サービス。…

aidemy

AIプログラミング学習サービス「Aidemy(アイデミー)」は4月11日、ローンチより約3カ月で同サービスの会員登録数が1万人を突破したことを公表した。登録ユーザーによる総演習回数は100万回を超え、1ユーザーあたりの演習回数は平均100回程度になった。

2017年12月にローンチしたAidemyはPythonの基礎やディープラーニングなど、AI技術に特化したオンラインプログラミング学習サービス。出題される演習問題に回答し、自己採点によるフィードバックで学習を進める。同サービスはPCの環境構築なしで学習を開始できる特徴を持つ。現在は16コースが公開されている。

ローンチ時は無料プランや法人プランを公開していたが、新たにチケット制とコースごと購入の有料会員プランをリリースすることもあわせて発表した。「異常検知入門」などが有料コースの対象で、既存で提供していた入門や基礎の3講座は無料で提供する。

AI特化のプログラミング学習サービス「Aidemy」が正式版を公開、エンジニアのキャリアアップ向け学習を提供

SHARE:

AIプログラミング学習サービスを提供するアイデミーは12月20日、エンジニア向けAIプログラミング学習サービス「Aidemy」の正式版をリリースしたことを発表した。 同サービスはオンラインでpythonの基礎からディープラーニングまでを学べるAI特化型プログラミング学習サービス。全11講座が開講されており、期間限定で無料で利用できる。インターネットブラウザ上の仮想環境を利用するため利用者の環境構築…

SMR_0166.JPG
アイデミー代表取締役の石川聡彦氏

AIプログラミング学習サービスを提供するアイデミーは12月20日、エンジニア向けAIプログラミング学習サービス「Aidemy」の正式版をリリースしたことを発表した。

同サービスはオンラインでpythonの基礎からディープラーニングまでを学べるAI特化型プログラミング学習サービス。全11講座が開講されており、期間限定で無料で利用できる。インターネットブラウザ上の仮想環境を利用するため利用者の環境構築は不要。出題された演習問題に回答、自動採点によりフィードバックを受けることができる。

12月初旬にβ版を公開していた同サービス。今回リリースした「Aidemy」の他、コードレビューや質問チャットなどの機能がセットになった「AidemyPremiymPlan」や法人用プランも既に公開している。

スタートアップが提供するプログラミングスクールはProgateWebcamp、AIプログラミングコースを設立しているTECHBOOSTなど既に多くのプレイヤー存在する中で同社の強みについて代表取締役の石川聡彦氏は次のように語る。

「アイデミーは既存エンジニアの方にスキルアップとして受けていただきたいサービスで、エンジニア版グロービスを目指しています。実際Premium Planのリリース時には7割の受講者が既にエンジニアリングをしている人でした。また環境構築不要で気軽にはじめられる部分も強みとしています」(石川氏)

実際javascriptを学んだエンジニアがスキルアップのために活用するケース、エンジニア以外では医師が論文活用のために受講するケースや製造業を営む人からの需要も見られたという。

2014年6月に設立された同社は東京大学工学部の学生により創業されたスタートアップ。受託開発などを事業としていたが、2017年4月に代表取締役の石川聡彦氏が卒業するのをきっかけに、同サービスの企画・開発をはじめた。

「たまたま研究室で機械学習の応用を扱ったのがサービスのきっかけでした。僕は水を綺麗にする施設のデータを解析していたのですが、先生もあまりデータ解析には詳しくなく、友達も化学実験などをしている中で(データ解析について)聞ける人がいない。そんな自分も使いたかったサービスを作りました」(石川氏)。

2017年6月と11月には累計約1700万円の第三者割当増資も実施。引受先はSkylandVentures、金田喜人氏、東京大学エッジキャピタル、中川綾太郎氏、成田修造氏。株式比率や払込日は非公開だ。

現在も企業向けのAI解析や受託開発サービスは提供しており、これらで得た知見などもスクールに活かしていく方針だ。今後は早稲田大学が主催するリーディング理工学博士プログラムでの利用やマイクロソフトのスポンサードによる特別講座の提供なども実施予定。外部への提供・提携も積極的に推進していく意向としている。