THE BRIDGE

タグ beLAUNCH 2013

韓国のbeLAUNCH 2013スタートアップバトル、最終選考結果が発表

SHARE:

韓国のスタートアップ・ニュースメディア beSUCCESS がテック・カンファレンス beLAUNCH 2013 を開催し、全20社が出場したスタートアップの中から、審査員の評価を通じて、優勝チームを決定した。 選ばれしスタートアップは、次の通りだ。 優勝 ShakrMedia (賞金1,000万ウォン、副賞シリコンバレー訪問チケット) ShakrMedia 代表:David Lee ウェブサイト…

belaunch2013-all-on-stage

韓国のスタートアップ・ニュースメディア beSUCCESS がテック・カンファレンス beLAUNCH 2013 を開催し、全20社が出場したスタートアップの中から、審査員の評価を通じて、優勝チームを決定した。

選ばれしスタートアップは、次の通りだ。

優勝 ShakrMedia (賞金1,000万ウォン、副賞シリコンバレー訪問チケット)

ShakrMedia

shakr_logo代表:David Lee
ウェブサイト:www.shakr.com
製品およびサービス名:Shakr

あなたの大切な思い出を美しい映像で残してみてください。数回のクリックで高画質の感性豊かな映像を作ることができます。今までは、一般的に、特殊な技術と高いコストのために、個人が映像を作るということ自体が大変でした。しかし現在、Shakr がサポートする技術で、誰でも簡単に感動できる映像を作れるようになりました。

belaunch2013-award-winning-shakr

ShakrMedia の David Lee 代表は、優勝の瞬間、応援にかけつけていた妻や娘とステージに登壇し、次のようにコメントした。

発表の時も震えていたが、この娘と一緒にいた席で受賞が迎えられ、嬉しくて、本当に信じられないことが起こった。とても幸せだ。

<関連記事> TechCrunch Disruptファイナリストのデイビッド・リーがShakrについて語る

AWS 2000賞 JDLab (提供 Amazon Web Services

JDLab(제이디랩)

jdlab_logo代表:ヤン・ジュドン(양주동)
ウェブサイト:www.jdlab.org
製品およびサービス名:マンゴーIDE(망고 IDE)

Mango IDEは、ウェブベースの WYSIWYG(what-you-see-is-what-you-get)エディタで、Javascriptで動的なWebページを作成することができるだけでなく、Herokuと連動して、Ruby on Rails、Django、CIをサポートします。Mango IDEのグラフィカル・インタフェースでは、HTML、Javascript、PythonとRubyでコードが作成できます。

KAPPグローバル進出事業参加権 クラウドビジョン (提供:韓国創業振興院

株式会社ノック(노크)

cloud_vision_logo代表:キム・ジョンホ(김정호)
ウェブサイト:www.cloudvision.kr
製品およびサービス名:クラウドビジョン(클라우드비전)

クラウドと Android を組み合わせ、安価で安定したデジタル・サイネージのアプリケーション・プラットフォームを提供します。ダッシュボード画面上で、遠隔のデジタル・サイネージに表示する内容を制御できます。

GB Winner 賞 シングルペット (提供:グローバルブレイン

シングルペット(싱글펫)

singlepet_logo代表:バク・ヒョテ(박효태)
ウェブサイト:www.mysinglepet.com
製品およびサービス名:シングルペット(싱글펫)

シングルペットは、M2M/IoT技術を利用し、スマートフォンを経由して、家の中のデバイス制御ができる、ペットのリモートケアシステムです。シングルペットの最初の製品は、モニタリング機能を備えた自動エサやり機で、スマートフォンのアプリケーションで操作が可能です。


なお、一連のイベントの模様については、以下の記事でカバーしている。

イベントの模様については、以下の Ustream Channel で一部を映像で記録している。

----------[AD]----------

beLAUNCH 2013 Day2: 韓国最大のテックイベント2日目、ピッチ優勝の栄冠はどのスタートアップに…

SHARE:

beLAUNCH が開催されている、カンナム・サムソンドン(江南・三成洞)周辺では、昨夜も遅くまで、そこかしこでパーティーが繰り広げられた。この種のテックイベントでは、イベントの夜はパーティーが開催されることがつきもの、投資家や起業家にとっては、この上無いネットワーキングの好機会だ。参加者をもてなすのは、イベントホストが自身のプライドを賭けたミッションみたいなもので、この国の、相手が酔いつぶれるま…

belaunch-day2-auditorium

beLAUNCH が開催されている、カンナム・サムソンドン(江南・三成洞)周辺では、昨夜も遅くまで、そこかしこでパーティーが繰り広げられた。この種のテックイベントでは、イベントの夜はパーティーが開催されることがつきもの、投資家や起業家にとっては、この上無いネットワーキングの好機会だ。参加者をもてなすのは、イベントホストが自身のプライドを賭けたミッションみたいなもので、この国の、相手が酔いつぶれるまで酒を振る舞う〝もてなしの文化〟に共通するものを感じる。

さて、beLAUNCH 2日目だ。スタートアップがピッチで優勝の座を争う「スタートアップ・バトル」は全20社が登壇するが、今日はその後半戦10社がピッチを行う。日本へのサービス進出を考えているスタートアップも少なくないので、次にどんなサービスが韓国からやって来るか、将来のトレンドを占う意味でも参考にされたい。(時間は、韓国時間、日本時間共通)

Day 1 の様子はこちらから。

以下の画面は、「スタートアップ・バトル」が開催されている間、ライブ映像に差し変える。

セッション3 5/2 11:00〜12:15

11. ツインワード(트윈워드)

twinword_logo代表:キム・コンオ(김건오)
ウェブサイト:twinword.com
製品およびサービス名:ツインワードグラフ(워드그래프)

コンテキスト情報を構築するためには、ただ量が多いビッグデータを収集するのではなく、価値のある定型化されたビッグデータが重要です。ツインワードは、4テラバイトのデータを分析して作成されたワードグラフに基づいて、年間3000万人が受験するTOEICやTOEFLの受験者、合計10億人以上の英語学習者がテストを受けられるサービスを提供します。

Twinbird
ツインバード

12. フォングル(폰글)

phongle_logo代表:문성수(ムン・ソンス)
ウェブサイト:https://phongle.co.kr
製品およびサービス名:フォングル(폰글)

フォングルは、かかってきた電話番号(Caller-ID)にコメントをつけることで、電話をかけてきた人物の情報を提供するサービスです。このサービスにより、セールスの電話の着信を拒絶しやすくし、電話のやりとりの記録、自己PRなどのメリットが生まれます。

フォングル
フォングル

13. 500videos

500videos_logo代表:ヤン・ソンホ(양성호)
ウェブサイト:www.500videos.com
製品およびサービス名:500videos

5分で無料で制作する販促用アニメーションビデオです。韓国のスタートアップ紹介にも多用されています。

500videos
500videos

14. ウィッシュケット(위시켓)

wishket_logo代表:カン・スフン(강수훈)
ウェブサイト:www.wishket.com
製品およびサービス名:ウィッシュケット(위시켓)

ウィッシュケットは、フリーランスや企業のためのオンラインワーク・マーケットプレースです。クライアントは、応募者の評価とプロジェクトの履歴をから、応募者のスキルを容易に把握することができ、さまざまな価格帯の応募者を集める満たすことができます。ウィッシュケットがエスクローの役目を果たし、プロジェクト終了時にウィシュケットがクライアントからの代金を支払います。

wishket
ウィッシュケット

15. JDLab(제이디랩)

jdlab_logo代表:ヤン・ジュドン(양주동)
ウェブサイト:www.jdlab.org
製品およびサービス名:マンゴーIDE(망고 IDE)

Mango IDEは、ウェブベースの WYSIWYG(what-you-see-is-what-you-get)エディタで、Javascriptで動的なWebページを作成することができるだけでなく、Herokuと連動して、Ruby on Rails、Django、CIをサポートします。Mango IDEのグラフィカル・インタフェースでは、HTML、Javascript、PythonとRubyでコードが作成できます。

jdlab
JDLab

セッション4 5/2 16:10〜17:45

16. アイデアバブ(아이디어보브)

ideabove_logo代表:イ・インヨン(이인영)
ウェブサイト:www.ideabove.com
製品およびサービス名:ミュージッククラウド(뮤직클라우드)

アイデアバブは、音楽に特化したスタートアップです。音楽の革新的なソーシャル機能を組み合わせて、表に出ていない良い音楽を、口コミで広がられるるシステムを作っています。散らばった自分のプレイリストを集めて統合解析してくれるエンジン・ソリューションをベースに、自分の好みの新しい音楽を発見し、友達や恋人に自分の好きな​​音楽を簡単に共有することができます。

アイデアバブ
アイデアバブ

17. 株式会社マートモア・ドットコム(마트모아닷컴)

martmoa_logo代表:ヤン・ドンフン(양동훈)
ウェブサイト:www.martmoa.com
製品およびサービス名:マートモア(마트모아)

マートモアは、独自のショッピング・アルゴリズムに基づいて、消費者が容易かつ便利に、最も経済的なショッピングを楽しむことができようにする、食料品のインテリジェントマーケットプレイスです。カート価格比較方式を採用し、配送料・クーポン・割引情報をリアルタイムで追跡反映し、類似した異なる項目間の比較を実現しました。

martmoa
マートモア

18. 株式会社ティージェンス(티젠스)

messagesong_logo代表:カン・ウォンモ(강원모)
ウェブサイト:www.messagesong.com
製品およびサービス名:メッセージソング(메시지송)

メッセージソングは、伝えたい内容を文字で入力すると、曲に自動的に変換して共有することができるモバイル・メッセージング・アプリです。このアプリは、歌を通じて、既存のコミュニケーションと感情表現の限界を超えて新たな体験を提供します。

メッセージソング
メッセージソング

19. 株式会社ウィープラネット(위플래닛)

step_logo代表:チョ・トクギ(조덕기)
ウェブサイト:www.step.pe
製品およびサービス名:ステップジャーナル(STEP Journal)

ステップは、直感的なアイコンベースのインターフェースを介して、日常の行動を非常に迅速かつ簡単に記録することができるサービスです。日常の記録を整理し、分析し、生活に役立つ情報をインフォグラフィックスとして提供します。

ステップジャーナル
ステップジャーナル

20. 株式会社ライフセマンティック(라이프시맨틱스)

finechart_logo代表:ソン・スンジェ(송승재)
ウェブサイト:www.finechart.kr
製品およびサービス名:ファインチャート(파인차트)

Fine Chartは、メディカル・ツーリズム(医療観光)の顧客をターゲットとしたサービス。高度な医療ITと標準的な医学用語を、国際標準に基づき、患者の診療記録を英語、ロシア語、中国語、日本語、韓国語などに翻訳します。

finechart
ファインチャート
----------[AD]----------

beLAUNCH 2013 Day1: 韓国最大のテックイベントがスタート、1日目は日本予選優勝者Conyacを含む10社がピッチ

SHARE:

韓国は活気に満ちている。ソウル・カンナムにある COEX では、韓国最大のスタートアップ・イベント beLAUNCH 2013 が開催される。昨年の beLAUNCH 2012 に始まり2回目を迎えるが、今年は2,000名の来場者を見込んでいるとのことだ。(昨年は1,500名) beLAUNCH は、基本的には韓国のスタートアップのためのイベントなので、韓国のスタートアップ・シーンを世界に紹介する…

belaunch2013_opening

韓国は活気に満ちている。ソウル・カンナムにある COEX では、韓国最大のスタートアップ・イベント beLAUNCH 2013 が開催される。昨年の beLAUNCH 2012 に始まり2回目を迎えるが、今年は2,000名の来場者を見込んでいるとのことだ。(昨年は1,500名)

beLAUNCH は、基本的には韓国のスタートアップのためのイベントなので、韓国のスタートアップ・シーンを世界に紹介することと、世界のスタートアップ・シーンを韓国に紹介することで構成されている。筆者も5月1日夕方、パネル・ディスカッションで日本の動向について話をしてみたいと思う。

なお、スタートアップがピッチで優勝の座を争う「スタートアップ・バトル」には、今日と明日の2日間にわたって、計4セッション20社が参加する予定だ。まずは、1日目にピッチする10社の一覧を以下に掲げておく。(時間は、韓国時間、日本時間共通)

Day 2 の様子はこちらから。

セッション1 5/1 10:50〜12:15

1. チャッティングキャット(채팅캣)

chattingcat_logo代表:April Kim
ウェブサイト:chattingcat.com
製品およびサービス名:チャッティングキャット

チャッティングキャットは、非ネイティブスピーカーとネイティブスピーカーをリアルタイムでつなぐプラットフォームです。非ネイティブの英語の文章を入力すると、リアルタイムで文章を校正します。

chattingcat
チャッティングキャット

2. シングルペット(싱글펫)

singlepet_logo代表:バク・ヒョテ(박효태)
ウェブサイト:www.mysinglepet.com
製品およびサービス名:シングルペット(싱글펫)

シングルペットは、M2M/IoT技術を利用し、スマートフォンを経由して、家の中のデバイス制御ができる、ペットのリモートケアシステムです。シングルペットの最初の製品は、モニタリング機能を備えた自動エサやり機で、スマートフォンのアプリケーションで操作が可能です。

singlepet
シングルペット

3. 株式会社ノック(노크)

cloud_vision_logo代表:キム・ジョンホ(김정호)
ウェブサイト:www.cloudvision.kr
製品およびサービス名:クラウドビジョン(클라우드비전)

クラウドと Android を組み合わせ、安価で安定したデジタル・サイネージのアプリケーション・プラットフォームを提供します。ダッシュボード画面上で、遠隔のデジタル・サイネージに表示する内容を制御できます。

cloudvision
クラウドビジョン

4. コー​​ピング(코핑)

corping_logo代表:イ・ジェファン(이재환)
ウェブサイト:www.facebook.com/Corpinginc
製品およびサービス名:ティピンボード(티핀보드)

従業員が頻繁に変わるサービス(アルバイトを多用するコーヒーショップなど)の現場で、簡単に仕事を割り当て、従業員にマニュアルを提供し、現場の多くの業務を管理します。また、従業員への連絡、タスクボードの機能もあります。

tippinboard
コーピング

5. エニドア

anydoor_logo代表:山田尚貴
ウェブサイト:https://conyac.cc
製品およびサービス名:コニャック
SD Japan における関連記事

コニャックはクラウドソーシングサービスです。コニャックのプラットフォームには、多くの翻訳者がいて、翻訳を依頼すると、翻訳者が自分の要望に回答してくれます。

conyac
エニドア

セッション2 5/1 16:00〜17:30

6. ShakrMedia

shakr_logo代表:David Lee
ウェブサイト:www.shakr.com
製品およびサービス名:Shakr
SD Japan における関連記事

あなたの大切な思い出を美しい映像で残してみてください。数回のクリックで高画質の感性豊かな映像を作ることができます。今までは、一般的に、特殊な技術と高いコストのために、個人が映像を作るということ自体が大変でした。しかし現在、Shakr がサポートする技術で、誰でも簡単に感動できる映像を作れるようになりました。

shakr
Shakr

7. ルックページ(룩페이지)

lookpage_logo代表:シン・ジョンフ(신종후)
ウェブサイト:https://www.facebook.com/lookpage.ltd
製品およびサービス名:ルックページ(룩페이지)

Lookpageは、世界で最も使いやすく、便利なコラボレーション・ソーシャルネットワークです。Lookpageは、既存のさまざまなコラボレーションツールを使用して感じた不便さを解消するため、開発を開始しました。2013年5月、アメリカ/日本/韓国で同時発表されます。

Lookpage
Lookpage

8. 株式会社トリップビー(트립비)

tripvi_logo代表:ソン・ジョンウク(손정욱)、チョン・ケソン(천계성)
ウェブサイト:www.tripvi.com
製品およびサービス名:トリップビー(트립비)

Tripviは、モバイル・アプリを使ったソーシャル旅行サービスです。ユーザの旅行写真を自動的に整理し、これらを一回のタッチで美しい動画に変換し、鮮やかな旅行の思い出を簡単に友人と共有できるようにします。

Tripvi
Tripvi

9. デジエム情報技術株式会社(디지엠정보기술)

b2_logo代表:クォン・ヒョクテ(권혁태)
ウェブサイト:http://bt2.dgmit.com
製品およびサービス名:B2

B2は、プラットフォームと端末の種類に関係なく、スマートフォンやスマート端末(スマートTV、タブレットPC)にWi-Fi技術を実装し、HTML5、Flash、ネイティヴ・アプリなどの様々なコンテンツの開発環境とプラットフォームに、スピーディーな体感型インタラクティブ・アプリケーションを実装する技術です。

dgmit
デジエム情報技術 (DGMIT)

10. Profeel.me

profeel.me_logo代表:キム・ボムソプ(김범섭)
ウェブサイト:http://profeel.me
製品およびサービス名:Profeel.me

事業者向けのモバイル・マーケティング・サービス。10分でウェブサイトを作成、パンフレットや動画を公開し、URLで顧客にSMSやメールで知らせることができます。マーケティング統計データも提供します。

profeel.me
Profeel.me
----------[AD]----------

韓国beSuccessがソウルのbeLAUNCHに向け、東京予選イベントを開催

SHARE:

【原文】 我々のパートナーであるテックサイト beSuccess は、5月にソウルでアジア最大のテック・スタートアップ・カンファレンスの一つ、beLAUNCH の第2回目を開催する。東京の Skyland Ventures、ソウルの VCNC と共同で、beSUCCESS は水曜日に東京でサテライトイベントを開催し、韓国でのメインイベントに向けて、6社のスタートアップの中から1社のファイナリストが…

【原文】

belaunch_tokyo_grouppic-640x370

我々のパートナーであるテックサイト beSuccess は、5月にソウルでアジア最大のテック・スタートアップ・カンファレンスの一つ、beLAUNCH の第2回目を開催する。東京の Skyland Ventures、ソウルの VCNC と共同で、beSUCCESS は水曜日に東京でサテライトイベントを開催し、韓国でのメインイベントに向けて、6社のスタートアップの中から1社のファイナリストが選考された。

出場するのは誰か、5月にソウル・江南(カンナム)に行くのは誰かを見てみることにしよう。ピッチを選考した審査員は次の通り(英語表記におけるアルファベット順)。

Designclue(第3位)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料

designclue

日本でロゴを発注すると、この国の労賃の高さのために安くはならない。日本人が海外にデザインを発注するのも、言語障壁の理由からハードだ。

Designclue はロゴに特化したクラウドソーシングサービスで、独立した外国人デザイナーに簡単に発注することができる。読者の皆さんは、先週このサイトについて取り上げたのを覚えているだろう。このウェブサイトは発注を用意にするため多言語インターフェースを有しており、ユーザは新興市場の登録デザイナーから安価で多くのデザイン案を受け取ることができる。

最近、このスタートアップは Incubate Fund と East Ventures から、1470万円(約15万ドル)を調達した。

Comobaco

comobaco

Comobaco は、ウェブ上と実生活上の両方で、アイテムを友人とシェアできるサビスだ。このサービスを使えば、自分が持っている本、DVD、ゲームなどを会社の同僚、ルームメイト、もしくは、その類のグループで簡単にシェアすることができる。

このサービスを使うには、あなたの場所に居る誰かが「箱」のマネージャーになる必要がある。この箱を使ってアイテムが交換され、もし使わないものを入れれば、他の人は買わなくてもそれを入手することができる。このサービスの創業者は、自分だけために何かを買うことから、周りの多くの人の利益を考えてモノを買うように、コンセプトを変化させたいと考えている。

Job Share

jobshare_logoJob Share はコミュニティ・ベースの求人サイトで、一緒に仕事が楽しめる人を探してくれる。サービスに求人情報をポストすると、その内容は自社の同僚のソーシャル・メディアを通じて拡散される。もし、その内容を見てあなたの会社で働きたいと思った人が気に入れば、その人を雇うことができる。このスタートアップは、新しい同僚を見つけるために今居る社員の協力を得ることで、居心地のよい職場環境を作る手助けをすることを目標としている。

Conyac(第1位)

1stprize_winner-640x419
左から:コニャックCEO山田尚貴氏(1位受賞者)、グローバル・ブレイン百合本安彦氏(プレゼンター)、beSuccess CEO チョン・ヒョヌク(정현욱)氏(プレゼンター)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料
  • 東京/ソウル往復航空券2名分
  • メインイベントでのピッチ機会

conyac_logo

Conyac は、クラウドソースの翻訳サービスで、安価で外国語でコミュニケーションするのに面白い方法を提供してくれる。最近の我々とのインタビューで、同社はビジネス向けのハイエンドサービスを紹介し、サンフランシスコに最初の海外進出を図ることを話してくれた。

Booklap(第2位)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料
  • 東京/ソウル往復航空券2名分

booklap本屋で読みたい本を探すのは時間がかかる。最近のある調査では、本屋での購入の39%が1時間以上を要しているそうだ。同様に、Amazon.com で本を購入するとき、我々は他のユーザの投稿したレビューに頼ろうとするが、それらは信頼に値しなかったり、読む本を決めるのに十分ではなかったりする場合がある。

Booklap は、あなたが読みたい本を見つけられるサービスだ。2つの方法があり、あなたの Facebook プロフィールなどのソーシャルグラフから得られる興味を元にするか、他ユーザが感銘を受けた本の名言の提示をもとにするか、どちらかだ。

現在、このスタートアップは写真を取るだけで名言を簡単にポストできるスマホアプリをリリースしようとしている。Amazon.com のブックレビューと差別化しているのは、レビューが実名で投稿されることだ。

彼らの売上モデルは、ユーザをAmazon.com などのオンライン・ブックストアへ誘導することから得られるアフィリエイト・フィーだを元にしている。Booklap は、Incubate Fund から昨年7月に300万円(約32,000ドル)を調達している。

UI Scope

UIscope

UI Scope は、ソフトウェアやハードウェア開発者に、製品テストをクラウドソースできるようにするサービスだ。登録テスター(このサービス上では「パネル」と呼ばれる)は同社からテストを録画するためのカメラを受け取る。開発者(「クライアント」と呼ばれる)は、全登録テスターの中から誰かを選び、製品のテストを依頼。依頼を受けたテスターは、20分間のテストを行い、テスト過程のビデオと共に報告をフィードバックする。開発者はこのテストに3千円(約32ドル)を支払い、テスターは500円を受け取る。テスト結果は、ビデオ、スクリーンショット、文書の形でオンライン報告される。

UI Scope は、テスト結果やケーススタディの巨大データベースの構築を目標に、昨年8月にローンチした。Movida Japan から500万円(約53,800ドル)を調達し、この半年で120人の開発者と2500人のテスターを集めている。

そして、韓国からは…

このミートアップには、韓国からもスタートアップが3社参加しており、日本の聴衆に興味深いサービスについてピッチした。近隣国のテック・コミュニティで何がホットかを見てみることにしよう。

BeNative


benative_logoBeNative は、ネイティヴ・スピーカーの実生活を模倣したコンテンツを提供することで、より有機的な言語学習体験を提供する。英語や他の言語である機会のビデオを見ることで、ユーザは新しい言語をより自然に話すことができるようになる。開発元 Smatoos の CEO、キム・ムンス(김문수)氏によれば、現在は言語学習サイトの英語版中国語版に加え、英語韓国語日本語でニュースサイトも運営している。詳しくは、TechNode にあるこの記事をチェックしてほしい。

Profeel.me

profeel.me_logoProfeel.me はデジタル名刺で、ソーシャルネットワークのフィードを収集することができる。カードはテキスト、メッセージ・サービス、ソーシャル・ネットワークを通じて交換できる。紙の名刺と同様に、韓国スタートアップの Venster はバーチャルIDや呼出カードとして使えるオンライン名刺を作ったわけだ。同社のチョン・ホソク(정호석)氏がプレゼンした。詳細を知りたければ、beSuccess がより詳しい情報を提供している。

profeel.me_presenting-640x480
Profeel.me のCEO チョン・ホソク(정호석)氏が日本の聴衆にピッチ。

Memebox

memebox_logoMemebox は韓国版の Birchbox で、定期購入形式で化粧品がユーザに定期的に届けられる。同スタートアップの CEO ハ・ヒョンソク(하형석)氏は、彼らが世界の185のブランドと提携しており、2012年2月のローンチ以降、顧客に52,900個のボックスを届けたと説明した。購入者は、3つの異なる選択肢、1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月の中から期間を選択することができる。現在のところ、購入契約者数は5,000人とのことだ。

現在チームには31人スタッフが居て、2013年のQ2には130万ドルの売上を見込んでいる。このスタートアップは、ソウルの SparkLab のインキュベーション・プログラムの第1期卒業生だ。


beLAUNCH 2013 のメインイベントは、韓国の首都にある展示会場 COEX で5月1日と2日に開催される。参加したい人は、こちらからサインアップするとよいだろう。

jimmy_keisuke
左から:寄せ書きを持つ、KCube Ventures のイム・ジフン(임지훈)氏と、VCNC の梶谷恵翼氏。
----------[AD]----------

韓国beSuccessとYouth Venture Summitが、beLAUNCH 2013の東京イベントを開催

SHARE:

SDJapan のメディアパートナーでもある、韓国のテックニュース・メディア beSuccess は5月1日〜2日、ソウル江南(カンナム)の COEX で、スタートアップ・カンファレンス beLAUNCH 2013 を開催する。初回となった昨年のイベントには1200名が参加し、うち約5% の参加者は韓国国外からの参加だった。(昨年開催された、beLAUNCH 2012 の記事はこちらから。) 今年…

belaunch2013SDJapan のメディアパートナーでもある、韓国のテックニュース・メディア beSuccess は5月1日〜2日、ソウル江南(カンナム)の COEX で、スタートアップ・カンファレンス beLAUNCH 2013 を開催する。初回となった昨年のイベントには1200名が参加し、うち約5% の参加者は韓国国外からの参加だった。(昨年開催された、beLAUNCH 2012 の記事はこちらから。)

今年の BeLAUNCH 2013 の前哨戦として、今月27日には東京で beLAUNCH 2013 Japan Event が開催される。イベントには、beLAUNCH を主催する BeSuccess の創立者チョン・ヒョヌク(=정현욱、英名:James Jung)氏を始め、数多くの日韓スタートアップ関係者が顔を揃える予定だ。

beLAUNCH 2013 Japan Event の開催準備に奔走する梶谷恵翼(かじたに・けいすけ)氏に、今回のイベントへの意気込みを聞いてみた。梶谷氏は、韓国のカップルアプリ「Between」を展開するVCNCで日本市場の開拓に従事しており、Skyland Ventures の木下慶彦(きのした・よしひこ)氏とともに「Youth Ventures Summit」を主宰していることでも知られている。


beLAUNCH 2013 の本戦開催に先立ち、Japan Event の主催を決めたのはなぜですか。

keisukeKajitani昨年開催された beLAUNCH 2012 は、韓国のスタートアップ史上でも類を見ない大規模なイベントになりました。Youth Venture Summit は、韓国のスタートアップを日本のコミュニティにつなぐことが大きな目的ですが、今回は、日本のスタートアップを韓国のコミュニティに紹介したいと考えています。

beLAUNCH は韓国はもとより、国外からも多くのスタートアップ関係者が集まるので、この機会に日本のスタータップも多く参加してもらえればと考えています。

最近になって、日本のスタートアップが韓国にアプローチするケースが顕著に増えているように思います。韓国の市場は日本の市場より小さいので、韓国のスタートアップが日本にアプローチするメリットは明らかですが、反対に、日本のスタートアップが韓国にアプローチする理由は何でしょうか。

一つには、スマートフォンの普及率が日本より高いことだと思います。また、スマホ向けのアプリストアの中で、以前はSKテレコム傘下の T-Store  が一定の売上を上げていましたが、カカオトークがリリースされて以降、Google Play が売上が大きく伸ばすようになりました。これらに象徴されるように、韓国の市場が成熟してきたことも、韓国市場が注目を集める一因でしょう。CPAが割安で、ユーザ確保に必要なコストが比較的低いことも、理由の一つに上げられると思います。

昨年から Between のチームに参加され、活動の中心をソウルに置いておられましたね。ここしばらくの韓国のスタートアップを見ておられて、今年の韓国のスタートアップ界のトレンドはどのようになる予想されますか?

一昨年は、Moglueに代表されるような韓国スタートアップが資金調達をしていましたが、昨年は際立って注目を集めるスタートアップに恵まれませんでした。昨年以降、KCubeSparkLab などのインキュベータや、K-Startup などのスタートアップを支援するプログラムが充実し、有望スタートアップが数多く生まれる素地は整って来たと思います。個人的な意見ですが、「CashSlide(캐시슬라이드)」などは面白いのではないでしょうか。

一方で、アドネットワークまわりなど、日本のスタートアップのようにキメの細かい効果測定を提供できるスタートアップがまだ少ないので、この分野は、韓国スタートアップにとってもチャンスであり、日本のスタートアップが韓国に進出するチャンスでもあると思います。

アメリカ市場を目指すならシリコンバレー、アジア市場を目指すならシンガポール、みたいなトレンドがあると思います。ソウルまたは beLAUNCH は、どのようなスタートアップにフィットするでしょうか。

韓国は市場が小さい分、韓国のスタートアップは、世界市場を目指さないと生き残れないという危機感を常に持っています。韓国のスタートアップ・コミュニティとつながることで、日本のスタートアップにもその危機感を感じ取ってもらい、スタートアップやサービスのグローバル展開のモチベーションになればいいなと考えています。つまり、beLAUNCH に参加することで韓国市場を目指すに留まらず、その先にある世界市場を視野に入れて臨んでもらえるとよいのではないでしょうか。

ありがとうございました。応援しています。頑張ってください。

梶谷氏と話をしていて、一つ感じたことがある。成田、羽田、セントレア、関空などでの飛行機の駐機料が高いので、ヨーロッパ、アジア、アメリカへ行くのに、ハブ化が進むソウルのインチョン(仁川)空港を経由して旅行する日本人が増えた、というトレンドだ。事実、私も大韓航空やアシアナ航空の機内食が好きなので、インチョン経由のフライトは多用している。LCC(格安航空会社)の環境整備に伴い、幾分、このトレンドも下火傾向にあるが、国境があろうが海を隔てていようが、ヒトとカネは高い所から低い所へ流れるのが世の常である。

昨年以来、韓国のスタートアップ・シーンを支える動きについては、サンフランシスコロンドンでも顕著であることを伝えて来た。ここは試しに、成田や羽田経由ではなく、インチョン経由で世界へ飛び立つ感覚で、beLAUNCH 経由で世界市場を目指してみたらどうか、というのが、私から日本のスタートアップへの提案である。beLAUNCH トランジットとでも名付けてみようか。

beLAUNCH 2013 Japan Event は今月27日(水)、青山一丁目の Startup Base Camp で開催される。ピッチ出場企業も募集中だ。詳細はこちらから。

----------[AD]----------