BRIDGE

タグ BeNative

実践型英語学習アプリ「BeNative」がピボット——個人向け無料版は、成績に応じて現金などがもらえる〝リワード型学習モデル〟へ

SHARE:

韓国の教育サービススタートアップ Smatoos は29日、同社のビジネス英語教育サービス「BeNative」をピボットし、英語の語彙力強化にゲーミフィケーションの要素を取り入れたアプリとして正式リリースした。同社は先月、個人ユーザ向けに成績に応じて現金や Amazon ギフトなどが得られる英語学習アプリ「CashEnglish」をリリースしていたが、CashEnglish で採用した〝リワード型…

new-benative_featuredimage

韓国の教育サービススタートアップ Smatoos は29日、同社のビジネス英語教育サービス「BeNative」をピボットし、英語の語彙力強化にゲーミフィケーションの要素を取り入れたアプリとして正式リリースした。同社は先月、個人ユーザ向けに成績に応じて現金や Amazon ギフトなどが得られる英語学習アプリ「CashEnglish」をリリースしていたが、CashEnglish で採用した〝リワード型学習モデル〟を、本家サービスである「BeNative」にも適用することになる。

リニューアルされた BeNative の前身となる CashEnglish では、先月のβ版公開からの最初の一週間で合計1,000ドル以上の賞金が支払われており、最も多い人で獲得賞金額は500ドル。このようなユーザの反応から Smatoos では、個人ユーザを魅了する上で〝リワード型学習モデル〟が有効に機能すると判断した。CashEnglish と同様、新 BeNative でもアプリ上に出稿されている広告の収入を原資として賞金が提供される。

また、これまでの BeNative は、有料版の BeNative Premium の存在を知ってもらったり、BeNative Premium への顧客を誘導を図ったりするためのエントリモデルという位置付けだったが、提供するコンテンツを有料版と同じものに〝格上げ〟し、〝リワード型学習モデル〟を前面に押し出すことで、これまで Smatoos にとって手薄だった C 向けの英語学習需要の取り込みも本格化させていきたい計画だ。

<関連記事>

しかし、ここで問題となるのは、世界のトップ企業のエグゼクティブが英語を話してくれる、Smatoos の誇る実践型ビデオコンテンツが、かたや B 向けには有料で BeNative Premium(日本以外の市場では BeNative Pro)として提供され、一方では C 向けには無料で BeNative として提供され〝一物二価〟となってしまう点だ。

この点について、Smatoos の日本法人代表を務める矢野恵介氏は、B 向けと C 向けでサービスの差別化を図ることで解決したと語った。

個人向けの BeNative では、途中で広告が挿入されスマートフォンでしか学習できないのに対し、BeNative Premium を使う法人様や既存の有料会員様には、1. PCでも学習できる 2. 広告は全く出ない 3. 人事管理者様向け学習管理機能を提供する、という環境で提供します。法人での導入は、PCでのeラーニングも想定しているからです。

日本市場における今後の展開としては、BeNative で得られたリワードを、コンビニや公共交通機関などの電子マネーやポイントなどと連携させることを視野に入れ、ユーザが学習を継続するほどメリットを享受できる仕組みを増やしていきたい、としている。

アプリは Android 用と iOS 用にそれぞれ、Google PlayiTunes AppStore からダウンロードできる(BeNative Premium と BeNative でアプリは今回から統合された模様)。

realbusinessenglish_featuredimage

----------[AD]----------

韓国発の実践型ビジネス英語学習アプリ「BeNative」が、日本の6大学で英語教材に選定

SHARE:

韓国発のビジネスマン向け英語学習アプリ「BeNative」が、日本の6大学で大学生のための実用的なビジネス英語の学習教材として選定されたことを明らかにした。 BeNative を運営する Smatoos(스마투스)は、北九州大学、東京農業大学、東洋大学、文教大学、名古屋学院大学、和光大学など日本の6大学が BeNative のコンテンツをベースにしたビジネス英語の科目を開設したと伝えた。 Smat…

realbusinessenglish_featuredimage

韓国発のビジネスマン向け英語学習アプリ「BeNative」が、日本の6大学で大学生のための実用的なビジネス英語の学習教材として選定されたことを明らかにした。

BeNative を運営する Smatoos(스마투스)は、北九州大学、東京農業大学、東洋大学、文教大学、名古屋学院大学、和光大学など日本の6大学が BeNative のコンテンツをベースにしたビジネス英語の科目を開設したと伝えた。

Smatoos は昨年、日本の大学の教材で有名な出版社である桐原商店とコンテンツの共同開発契約を締結し、プレゼンテーションやビジネスミーティングなど大学生のための実践ビジネス英語教材を制作してきた。 桐原商店は、1967年に設立された日本の代表的な教育出版企業で、日本の文部科学省公認の教科書や教材、学習関連​​問題集、語学書、辞典などを出版している。

Smatoos 日本法人代表の矢野恵介氏は、次のようにコメントしている。

日本の国際ビジネスコミュニケーション学会(JBCA)の多くの教授が、企業が必要とする実用的なビジネス英語教育の重要性に共感し、 様々な学会やセミナーで BeNative に興味を示してくれています。実際の大学教育の現場で活用できる教材を製作し 、6つの大学で講義を開設することになり、うれしく思います。学生の意見と教室でのフィードバックに基づき、教材を継続的に改善し、より多くの日本の大学に普及するように最善を尽くしたい。

Smatoos は6大学に加えて、神戸大学、立教大学なども BeNative の教材をもとに、2学期ビジネス英語科目の開設を検討しており、今年下半期から日本市場のシェアが拡大する見通しだと明らかにしている。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

ビジネス英語学習サービス「BeNative」を提供する韓国のSmatoosが、日本・台湾に引き続き中国に進出

SHARE:

ビジネス英語学習サービス BeNative Pro(日本でのサービス名は「BeNative Premium」)が中国B2B企業研修市場に本格進出する。 同サービスを運営する Smatoos(스마투스)は6月29日、北京に現地法人を設立し、北京大学国家競争力研究院で、Beijing FanTuoJiaSheng Investment(泛拓嘉盛投資有限公司)と共同事業提携契約を締結したと明らかにした。…

smatoos-fantuojiasheng

ビジネス英語学習サービス BeNative Pro(日本でのサービス名は「BeNative Premium」)が中国B2B企業研修市場に本格進出する。 同サービスを運営する Smatoos(스마투스)は6月29日、北京に現地法人を設立し、北京大学国家競争力研究院で、Beijing FanTuoJiaSheng Investment(泛拓嘉盛投資有限公司)と共同事業提携契約を締結したと明らかにした。

Beijing FanTuoJiaSheng Investment は、韓中スタートアップの専門アクセラレータで、BeNative Pro の中国企業市場への供給のために、中国市場の現地マーケティングおよび販売活動を提供する。

BeNative Pro は、スリーエム、GM、DreamWorks などの100人を超えるグローバル企業の創業者、CEOおよび役員が直接出演し、事業の現状を紹介、経営理念を英語で聞かせてくれる差別化されたコンテンツとなっている。現在、サムスン、LGなど、韓国、日本、台湾の企業にコンテンツを提供している。

Beijing FanTuoJiaSheng Investment の代表を務める Han Jun (韓君)氏は、次のようにコメントしている。

差別化された BeNative のコンテンツの優秀性を製作過程から長い間見守ってきた。中国で Smatoos が効果的かつ安定的に定着できるように最善を尽くしたい。

Smatoos の代表を務めるキム・ムンス(김문수)氏は、次のようにコメントしている。

中国はGDPが韓国の8倍に達する巨大な市場であり、ようやくその第一歩を踏み出すことができた。小さな利益のために翻弄されることなく、中国企業の従業員の教育と中国のパートナーに本当に役立つことができるように精進したい。

これを受けて、Smatoos は日本、台湾に続き、中国までサービス範囲を広げ、アジアの主要国に進出したことになり、下半期には、グローバルサービスをローンチする計画だ。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

「BeNative Premium」の韓国Smatoosが教材大手の桐原書店と提携、大学生向けビジネス英語教材を共同開発

SHARE:

ビジネス英語学習サービス BeNative Premiumを提供する Smatoos(스마투스)は、教科書や参考書出版大手の桐原書店と提携、大学生向けのビジネス英語教材の共同開発に着手したと発表した。 BeNative では、アメリカの50人以上の企業幹部が直接出演し、企業研修市場を中心に実践的なビジネス英語の動画コンテンツを提供している。桐原書店との提携では、これらのコンテンツと連携するテキスト…

realbusinessenglish_featuredimage

ビジネス英語学習サービス BeNative Premiumを提供する Smatoos(스마투스)は、教科書や参考書出版大手の桐原書店と提携、大学生向けのビジネス英語教材の共同開発に着手したと発表した。

BeNative では、アメリカの50人以上の企業幹部が直接出演し、企業研修市場を中心に実践的なビジネス英語の動画コンテンツを提供している。桐原書店との提携では、これらのコンテンツと連携するテキスト教材を共同で開発し、講師が動画コンテンツとテキスト教材を併用しながら大学生に講義・解説が行えるしくみを構築する。文部科学省が提唱する「グローバル人材育成推進事業」の精神に基づき、教科書英語からの脱却を図り、より実践的な英語力を効率よく学習できるよう意図して設計を進める。

今後の予定としては、2015年の10月末にテキストを刊行、10月末から2016年2月末までは関連する学会での展示や発表を通して販促活動を行い、2016年4月から全国の大学への導入を始めていくとしている。

Smatoos は、BeNative 日本市場向けのアプリを2013年にローンチ、今年はじめには日本の企業向け英語研修大手の GROLEN と提携し、BeNative のコンテンツを活用した対面式研修サービスを開始した。今年4月には約3.3億円を資金調達し、福利厚生モールのベネフィットワンに出店、さらに、7月からは、台湾のIT大手である擎亞国際科技(CoAsia)の子会社で、教育サービス大手の擎学股份(StudyBank)との提携により、台湾の教育市場への本格進出が決定している。

----------[AD]----------

実践型ビジネス英語学習アプリ「BeNative Premium」を提供する韓国のSmatoosが約3.3億円を調達

SHARE:

ビジネス英語学習サービス BeNative Premium(韓国でのサービス名は「BeNative Pro」)を提供する Smatoos(스마투스)は、Korea Investment Partners(한국투자파트너스)、Mirae Asset Venture Investment(미래에셋벤처투자)、Partners Investment(파트너스 인베스트먼트)から30億ウォン(約3.3億円…

SMATOOS_Group_image
Smatoos のチーム。一番右上が CEO のキム・ムンス氏。

ビジネス英語学習サービス BeNative Premium(韓国でのサービス名は「BeNative Pro」)を提供する Smatoos(스마투스)は、Korea Investment Partners(한국투자파트너스)、Mirae Asset Venture Investment(미래에셋벤처투자)、Partners Investment(파트너스 인베스트먼트)から30億ウォン(約3.3億円)を調達した。

<関連記事>

BeNative Premium は、アメリカの50人以上の企業幹部が直接出演し、韓国と日本の企業研修市場を中心に実践的なビジネス英語のコンテンツを提供している。 2011年の設立以来、Smatoos は韓国・東京・香港に拠点を置くグローバル教育企業に成長しており、デジタル語学教育サービスの BeNative とデジタル教育専門メディアである Smatoos などを運営している。

今回の投資を通じて、Smatoos は、日本・中国・台湾など海外市場への進出を加速する予定だ。今年の初め、日本の現地法人を通じ、日本最大の福利厚生モール「ベネフィットワン」に出店し、日本と中国の企業や大学を中心に教育サービスの供給を活発に展開している。

Smatoos は今回の資金調達を含め、シリーズAおよびシリーズBラウンドあわせて総額60億ウォン(約6.6億円)を調達しており、Smatoos 代表のキム・ムンス(김문수)氏が以前に起業した Etoos(이투스)への投資先の多くが、今回の資金調達に参加している。

(編注:Etoos は、韓国の高校生向けeラーニングプラットフォーム。2000年に設立、2006年にSK Telecomに3,000万ドルで売却。)

BeNative Premium には、世界的なコンテンツ企業 Dreamworks、Google が買収して話題となった Lift Labs、企業向けクラウド専門企業 Box、スタンフォード大学が主宰する Accel Innovation Scholars 発の Nest SGV、アメリカのセットトップボックス会社である Roku など、多くのアメリカの企業から創業者やエグゼクティブが出演している。

今回の資金調達をリードした、韓国投資パートナーズのキム・ドンヨプ(김동엽)氏は、次のようにコメントしている。

Smatoos がグローバル進出が可能な韓国初の英語教育コンテンツ会社と判断し、投資を執行することになった。Etoos の投資の時からムンス代表の高い能力を信頼しており、その信頼に基づいて投資を執行した多くの会社が成長できるように最善を尽くしてお手伝いしたい。

Smatoos のキム氏は次のようにコメントしている。

グローバル企業、教育市場を席巻するため、韓国のトップクラスのVCと一緒に仕事できることは嬉しい。何よりも Etoos の初期に投資いただき、十年以上ともに仕事してきた投資家を再び Smatoos に迎えられ、意義深いことだと考えている。

Smatoos は2014年11月、アメリカの Red Herring が選定した「2014 Red Herring Global: Top 100 Winners」に選ばれ、エジソン財団が運営する Edison Awards の「革新的なグローバル企業2015」にノミネートされている。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

韓国発の実践型ビジネス英語学習アプリ「BeNative Premium」が日本でも単独サービスを開始

SHARE:

韓国の教育系スタートアップ Smatoos は、英会話表現をよりネイティヴにできるサービス「BeNative」のモバイルアプリを、Android とiOS 向けに日本市場でリリースしている。先日発表したビジネスパーソン向けのビジネス英語学習アプリ「BeNative premium」(韓国での呼称は BeNative Pro、アイコンは BeNative Business。 Android / iO…

realbusinessenglish_featuredimage

韓国の教育系スタートアップ Smatoos は、英会話表現をよりネイティヴにできるサービス「BeNative」のモバイルアプリを、AndroidiOS 向けに日本市場でリリースしている先日発表したビジネスパーソン向けのビジネス英語学習アプリ「BeNative premium」(韓国での呼称は BeNative Pro、アイコンは BeNative Business。 Android / iOS )について、同社は日本での単独サービス開始を発表した。

これまでは、英語研修大手 GROLEN の提供する対面式研修サービスとのセットでのみ提供されていたが、本日から BeNative Premium 単独での利用が可能になる。個人向けは月額4,800円〜9,000円まで。法人向けのメニューはカスタムメイドで、ボリュウム・ディスカウントなどが適用される。

元祖 BeNative が日常会話にフォーカスしているのに対し、BeNative Premium はビジネス会話中心なのが特徴。TOEIC などのスコア獲得よりも、むしろ、実際のビジネスの現場で活かせる英語力を身につけることを主眼に置き、ニューヨークやシリコンバレーなど、海外のビジネスパーソンが日常的に使っている英語を収録し、データベースを作成している。

先行リリースしている韓国では、Samsung や LG グループがそれぞれ保有する社内 eラーニング学習プラットフォームへの導入、Nexon などで社内研修として使用されることが正式に決定しているほか、ソウル郊外の檀国(タングク)大学の英語の授業内カリキュラムとしても導入される予定だ。

現在、韓国と日本でのみ提供しているこの「BeNative Premium / BeNative Pro」は、2015年3月には中国でのリリースを予定しており、Smatoos は現在、北京に現地法人を設立準備中だ。日中韓でのリリース以降は、他のアジア諸国への展開を図りたいとしている。

benative_screenshot

----------[AD]----------

韓国のSmatoosが、モバイルアプリ「英会話の公式」日本語版をリリース

SHARE:

英会話練習アプリ「BeNative」などをリリースしてきた、韓国のスタートアップSmatoos(스마투스)は昨日、英会話の学習を効率化するアプリ「英会話の公式(영어회화의 공식)」を日本市場向けにローンチした。同アプリは韓国でも12月16日に公開しており、今回はその日本語版の公開ということになる。 このアプリでは、ネイティブスピーカーが話す英会話のパターン1万事例を分析し、表現の仕方、テーマなどに…

formula-of-english-conversation_featuredimage

英会話練習アプリ「BeNative」などをリリースしてきた、韓国のスタートアップSmatoos(스마투스)は昨日、英会話の学習を効率化するアプリ「英会話の公式(영어회화의 공식)」を日本市場向けにローンチした。同アプリは韓国でも12月16日に公開しており、今回はその日本語版の公開ということになる。

このアプリでは、ネイティブスピーカーが話す英会話のパターン1万事例を分析し、表現の仕方、テーマなどに分けて、〝英語を話すための公式〟としてまとめあげた。ネイティブスピーカーの英語表現がビデオクリップ付きで1日1回スマートフォンに転送され、起床時間、出勤時間など予め定めた時間に約10分間英語を学ぶのを繰り返し、英会話能力の向上を目指す。コンテンツのアプリ内購入に利用できる「ボルト(Volt)」という仮想通貨を採用しており、ユーザがコンテンツをSNSで共有すると、このボルトが取得できてコンテンツ購入に利用できる。

「英会話の公式」の前身とも言える「BeNative」は、これまでに日本の AppStore の教育カテゴリで1位を記録するなど堅調な展開を見せているが、「英会話の公式」では日韓に加えて、近日、中国と台湾でもリリースが予定されており、年内に400万ダウンロードの達成を目標としている。

「英会話の公式」日本語版のローンチに先立ち、Smatoos は、ソーシャル・リクルーティング・サービスの Wantedly を通じて、外資系メーカーで機械系エンジニアをしていた矢野恵介氏を日本市場を担当するゼネラル・マネージャーとして採用。ネイティブ・スピーカーやユーザを招いて、日本で積極的にオフラインイベントを開催し、アプリの認知向上に努めたい意向だ。

同社は2011年、韓国NXC(旧ネクソン・ホールディングス)から、10億ウォン(約9,500万円)の出資を受けている。

----------[AD]----------

英会話表現をよりネイティヴにできる「BeNative」が、日本向けにAndroid/iOSアプリで登場

SHARE:

韓国の教育系スタートアップ Smatoos は今日、英会話表現をよりネイティヴにできるサービス「BeNative」のAndroid版アプリと iOS版アプリを日本市場向けにリリースした。アプリでは、典型的な日常シーンでの、ネイティヴ・スピーカーによる会話の音声クリップを聞くことができ、自分の発音を録音し、ネイティヴ・スピーカーの発音と交互に比較することができる。表現や発音の違いを明確にすることで、…

benative_logo韓国の教育系スタートアップ Smatoos は今日、英会話表現をよりネイティヴにできるサービス「BeNative」のAndroid版アプリと iOS版アプリを日本市場向けにリリースした。アプリでは、典型的な日常シーンでの、ネイティヴ・スピーカーによる会話の音声クリップを聞くことができ、自分の発音を録音し、ネイティヴ・スピーカーの発音と交互に比較することができる。表現や発音の違いを明確にすることで、ユーザはより自然な英会話ができるようになる。

benative_japanese_app

アプリはフリーミアム・モデルで、初期状態ではいくつかの音声クリップが収録されているが、アプリ内決済でコンテンツを追加購入し、より多くのシーンの音声クリップを入手することが可能だ。

Smatoos のキム・ムンス(김문수)氏は、自身が中国の復旦大学に留学した経験から、語学を修得する最良の方法は、語学学校に通うことでも、本をたくさん読むことでもなく、その言葉を話す友人をたくさん作り、現地に足を運ぶことだと語っている。しかし、それを実現するのは多くの人にとって現実的ではないため、BeNative を作った。キム氏は、BeNative をリリース後、ユーザの反応を次のように語っている。(引用元:Technode

※ 以下の引用については、キム・ムンスの発言ですが、復旦大学に留学したのは、CEO のキム・ムンス氏ではなく、彼のビジネスパートナーである、Chinada のキム・サンウ(김선우)氏でした。訂正してお詫びします。

moonsoo-kim_portraitサービスを立ち上げたとき、ユーザが大きく2つに大別できると思いました。クリップがどのように編集されているか、コンテンツがどんな感じかを確かめようとするユーザ。他方、外国語は難しいと躊躇していたユーザです。後者のユーザは、BeNative を使って、語学学習がしやすくなったように思います。

今回のスマホアプリ・リリースによって、パソコンを開かずにネイティヴの表現が修得できるようになった。本格的に使うには自分の発音を録音する必要があるので、通勤の満員電車の中で使うのは難しいかもしれないが、英会話学校でのネイティヴ・スピーカーによるレクチャーに、かなり近いユーザ体験を実現できている印象を覚える。

ところで、筆者がよく気になるのは、自分が発した表現がネイティヴに近いかどうかということより、ユニバーサルに通じる表現かどうか、ということだ。日本語話者の多くはほぼ日本人なので、比較的共通の概念を共有しやすいが、英語の場合、イギリス人が微笑むユーモアが、アメリカ人には全く通用しないというケースは珍しくない。グローバル化が叫ばれる近年においては、おそらくこの観点が必要不可欠であり、英文法や表現を修正してくれる Ginger(イスラエル)や、プロ編集者の観点から英文を添削してくれる TopAdmit(台湾)が世界的に人気を集めるのも、そのような時代背景が影響しているのかもしれない。

----------[AD]----------

韓国beSuccessがソウルのbeLAUNCHに向け、東京予選イベントを開催

SHARE:

【原文】 我々のパートナーであるテックサイト beSuccess は、5月にソウルでアジア最大のテック・スタートアップ・カンファレンスの一つ、beLAUNCH の第2回目を開催する。東京の Skyland Ventures、ソウルの VCNC と共同で、beSUCCESS は水曜日に東京でサテライトイベントを開催し、韓国でのメインイベントに向けて、6社のスタートアップの中から1社のファイナリストが…

【原文】

belaunch_tokyo_grouppic-640x370

我々のパートナーであるテックサイト beSuccess は、5月にソウルでアジア最大のテック・スタートアップ・カンファレンスの一つ、beLAUNCH の第2回目を開催する。東京の Skyland Ventures、ソウルの VCNC と共同で、beSUCCESS は水曜日に東京でサテライトイベントを開催し、韓国でのメインイベントに向けて、6社のスタートアップの中から1社のファイナリストが選考された。

出場するのは誰か、5月にソウル・江南(カンナム)に行くのは誰かを見てみることにしよう。ピッチを選考した審査員は次の通り(英語表記におけるアルファベット順)。

Designclue(第3位)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料

designclue

日本でロゴを発注すると、この国の労賃の高さのために安くはならない。日本人が海外にデザインを発注するのも、言語障壁の理由からハードだ。

Designclue はロゴに特化したクラウドソーシングサービスで、独立した外国人デザイナーに簡単に発注することができる。読者の皆さんは、先週このサイトについて取り上げたのを覚えているだろう。このウェブサイトは発注を用意にするため多言語インターフェースを有しており、ユーザは新興市場の登録デザイナーから安価で多くのデザイン案を受け取ることができる。

最近、このスタートアップは Incubate Fund と East Ventures から、1470万円(約15万ドル)を調達した。

Comobaco

comobaco

Comobaco は、ウェブ上と実生活上の両方で、アイテムを友人とシェアできるサビスだ。このサービスを使えば、自分が持っている本、DVD、ゲームなどを会社の同僚、ルームメイト、もしくは、その類のグループで簡単にシェアすることができる。

このサービスを使うには、あなたの場所に居る誰かが「箱」のマネージャーになる必要がある。この箱を使ってアイテムが交換され、もし使わないものを入れれば、他の人は買わなくてもそれを入手することができる。このサービスの創業者は、自分だけために何かを買うことから、周りの多くの人の利益を考えてモノを買うように、コンセプトを変化させたいと考えている。

Job Share

jobshare_logoJob Share はコミュニティ・ベースの求人サイトで、一緒に仕事が楽しめる人を探してくれる。サービスに求人情報をポストすると、その内容は自社の同僚のソーシャル・メディアを通じて拡散される。もし、その内容を見てあなたの会社で働きたいと思った人が気に入れば、その人を雇うことができる。このスタートアップは、新しい同僚を見つけるために今居る社員の協力を得ることで、居心地のよい職場環境を作る手助けをすることを目標としている。

Conyac(第1位)

1stprize_winner-640x419
左から:コニャックCEO山田尚貴氏(1位受賞者)、グローバル・ブレイン百合本安彦氏(プレゼンター)、beSuccess CEO チョン・ヒョヌク(정현욱)氏(プレゼンター)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料
  • 東京/ソウル往復航空券2名分
  • メインイベントでのピッチ機会

conyac_logo

Conyac は、クラウドソースの翻訳サービスで、安価で外国語でコミュニケーションするのに面白い方法を提供してくれる。最近の我々とのインタビューで、同社はビジネス向けのハイエンドサービスを紹介し、サンフランシスコに最初の海外進出を図ることを話してくれた。

Booklap(第2位)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料
  • 東京/ソウル往復航空券2名分

booklap本屋で読みたい本を探すのは時間がかかる。最近のある調査では、本屋での購入の39%が1時間以上を要しているそうだ。同様に、Amazon.com で本を購入するとき、我々は他のユーザの投稿したレビューに頼ろうとするが、それらは信頼に値しなかったり、読む本を決めるのに十分ではなかったりする場合がある。

Booklap は、あなたが読みたい本を見つけられるサービスだ。2つの方法があり、あなたの Facebook プロフィールなどのソーシャルグラフから得られる興味を元にするか、他ユーザが感銘を受けた本の名言の提示をもとにするか、どちらかだ。

現在、このスタートアップは写真を取るだけで名言を簡単にポストできるスマホアプリをリリースしようとしている。Amazon.com のブックレビューと差別化しているのは、レビューが実名で投稿されることだ。

彼らの売上モデルは、ユーザをAmazon.com などのオンライン・ブックストアへ誘導することから得られるアフィリエイト・フィーだを元にしている。Booklap は、Incubate Fund から昨年7月に300万円(約32,000ドル)を調達している。

UI Scope

UIscope

UI Scope は、ソフトウェアやハードウェア開発者に、製品テストをクラウドソースできるようにするサービスだ。登録テスター(このサービス上では「パネル」と呼ばれる)は同社からテストを録画するためのカメラを受け取る。開発者(「クライアント」と呼ばれる)は、全登録テスターの中から誰かを選び、製品のテストを依頼。依頼を受けたテスターは、20分間のテストを行い、テスト過程のビデオと共に報告をフィードバックする。開発者はこのテストに3千円(約32ドル)を支払い、テスターは500円を受け取る。テスト結果は、ビデオ、スクリーンショット、文書の形でオンライン報告される。

UI Scope は、テスト結果やケーススタディの巨大データベースの構築を目標に、昨年8月にローンチした。Movida Japan から500万円(約53,800ドル)を調達し、この半年で120人の開発者と2500人のテスターを集めている。

そして、韓国からは…

このミートアップには、韓国からもスタートアップが3社参加しており、日本の聴衆に興味深いサービスについてピッチした。近隣国のテック・コミュニティで何がホットかを見てみることにしよう。

BeNative


benative_logoBeNative は、ネイティヴ・スピーカーの実生活を模倣したコンテンツを提供することで、より有機的な言語学習体験を提供する。英語や他の言語である機会のビデオを見ることで、ユーザは新しい言語をより自然に話すことができるようになる。開発元 Smatoos の CEO、キム・ムンス(김문수)氏によれば、現在は言語学習サイトの英語版中国語版に加え、英語韓国語日本語でニュースサイトも運営している。詳しくは、TechNode にあるこの記事をチェックしてほしい。

Profeel.me

profeel.me_logoProfeel.me はデジタル名刺で、ソーシャルネットワークのフィードを収集することができる。カードはテキスト、メッセージ・サービス、ソーシャル・ネットワークを通じて交換できる。紙の名刺と同様に、韓国スタートアップの Venster はバーチャルIDや呼出カードとして使えるオンライン名刺を作ったわけだ。同社のチョン・ホソク(정호석)氏がプレゼンした。詳細を知りたければ、beSuccess がより詳しい情報を提供している。

profeel.me_presenting-640x480
Profeel.me のCEO チョン・ホソク(정호석)氏が日本の聴衆にピッチ。

Memebox

memebox_logoMemebox は韓国版の Birchbox で、定期購入形式で化粧品がユーザに定期的に届けられる。同スタートアップの CEO ハ・ヒョンソク(하형석)氏は、彼らが世界の185のブランドと提携しており、2012年2月のローンチ以降、顧客に52,900個のボックスを届けたと説明した。購入者は、3つの異なる選択肢、1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月の中から期間を選択することができる。現在のところ、購入契約者数は5,000人とのことだ。

現在チームには31人スタッフが居て、2013年のQ2には130万ドルの売上を見込んでいる。このスタートアップは、ソウルの SparkLab のインキュベーション・プログラムの第1期卒業生だ。


beLAUNCH 2013 のメインイベントは、韓国の首都にある展示会場 COEX で5月1日と2日に開催される。参加したい人は、こちらからサインアップするとよいだろう。

jimmy_keisuke
左から:寄せ書きを持つ、KCube Ventures のイム・ジフン(임지훈)氏と、VCNC の梶谷恵翼氏。
----------[AD]----------