THE BRIDGE

タグ comobaco

インターネットが現実の暮らしを変えていく。これからのシェアを提案するサービスたち

SHARE:

インターネットの登場により、自分の趣味趣向と合う人と出会ったり、情報交換、ときにオフ会などが、SNSなどの発達によって頻繁におこなわれるようになりました。 それに伴い、インターネット上でのやりとりが匿名での情報交換から、Facebookなどの注目により実名制やより現実世界に沿ったやりとりをするようになった。オンラインとオフラインという区分けではなく、現実・オフラインの拡張されたものとしてのオンライ…

Some rights reserved by Jason A. Howie
Some rights reserved by Jason A. Howie

インターネットの登場により、自分の趣味趣向と合う人と出会ったり、情報交換、ときにオフ会などが、SNSなどの発達によって頻繁におこなわれるようになりました。

それに伴い、インターネット上でのやりとりが匿名での情報交換から、Facebookなどの注目により実名制やより現実世界に沿ったやりとりをするようになった。オンラインとオフラインという区分けではなく、現実・オフラインの拡張されたものとしてのオンライン、という認識が、これから次第に強くなってくるのでは、と筆者は考えます。

オンラインで情報を見つけて、面白そうな人を見つけたら会いに行って、そこから意気投合して友達になる。仕事でのお付き合いをしてた人が、TwitterやFacebookのアカウントでつながったことで、仕事上では見せない側面に気づき、そこから家族ぐるみでの付き合いになっていく。Twitter上でのやりとりから、気づいたら一緒に起業する仲間になった。そうした話が、まだまだごく一部かもしれませんが、出てきています。人との付き合いの幅、出会いのきっかけが増えてくることで、ワークスタイルやライフスタイルの幅も広がってきます。インターネットの発達により自分の暮らし方、自分自身の働き方を見つめなおす機会や、そうした思いを考え、実行できるだけのインフラが整ってきた時代に、まさになってきたのだと言えるでしょう。

例えば仕事の面で言えばクラウドソーシングによるオンラインでの仕事の受発注ということも、最近注目され始めています。働き方の変化を、インターネットによるサービスが登場することにより、多様な生き方の可能性を提示している1つとも言えるかもしれません。

これからのシェアの形

こうした変化は、ときに「シェア」の形にも変化を及ぼします。これまでは、欲しいものがあれば自分自身で購入し、自身の資産として手元に置いておくことが主だったかもしれません。しかし、ものを所有することからシェアしていくことで、自分自身では所有できないものを使うことができたり、一人で消費するよりもみんなで使ったほうが効率的じゃないか、と考える人もでてきています。所有することからシェアすることへ。空き時間の利用から互いの趣味趣向のマッチングによるコミュニティの形成など、シェアをすることでの需要と供給の充実度が高まってくる機会が増えてきています。

スクリーンショット 2013-04-08 10.58.05

今日サイトをリニューアルをしたColishも、その1つかもしれません。Colishは、コンセプトを立てて仲間とシェアハウスをすることを支援するウェブサービスです。もともと2011年に開催されたStartup Weedend Tokyoがきっかけで立ち上がったサービス。その後、コンセプトを立てたシェアハウスづくりの企画・運営や、シェアハウスを実践している人たちを集め、考えを発信するイベントなどを開催していました。今回のリニューアルでは、今までColishに掲載されたシェアハウスをマッピングし、どこに、誰が住んでいるかを可視化しています。

「これまでのシェアハウスはどこに、いくらで住むかが大事だったが、これからは誰とどんな風に住むかが大事」と、Colish代表の小原憲太郎氏が言うように、Colishはコンセプトを立てて、同じ考えや趣味趣向の合う人たちをマッチングさせ、そうした人たちがより快適に暮らせるようにシェアハウスができる物件を紹介するサービスを展開しています。シェアが可能な物件をもっているオーナーがColishがメディアとしてユーザに紹介し、成果報酬型で広告として掲載することでビジネスモデルでもある。掲載するオーナーと入居者とのコミュニケーションをつなぎ、それから双方が満足した形でマッチングへとつなぐ、新しい形とも言える。

住むということをもっと楽しくし、より暮らしを大切にする傾向になってきているのだと感じると同時に、そうした思いや考えやオンラインのサービスによって可視化され、シェアハウスメンバーの仲間を募りやすくなったことも、まさにこれからの時代の1つのソリューションなのかもしれません。

trippieceまた、旅行などでもシェアによる旅行が最近では盛んにおこなわれています。Colishと同じくコンセプトを立て、旅の仲間を募り一緒に旅行にいくソーシャルトリップサービスを提供しているtrippieceもその1つです。最近では、200名以上が参加したウユニ塩湖・マチュピチュツアーは大人気の旅行で、一人の旅行ではなく仲間と旅行することで、旅行先だけでなくそこで一緒になった仲間とのコミュニティを、trippieceは作り上げています。JTBやHISなどの旅行代理店とも提携し、みんなで旅行を作る楽しさを提供しているのも、新しいシェアの形の1つと言えるでしょう。

グローバルに展開してるサービスとしてはAirbnbがあります。自身の空いた部屋を旅行者に貸しだす。空いている空間をうまくビジネスにつなげているサービスの一つです。借りる人も、ローカルに住んでいる人の家にお邪魔することができ、いわゆるビジネスホテルや旅館ではなく、そこに住んでいる人とのコミュニケーションから、新しい出会いや気付きを得ることができます。空いている場所と、そこを利用したい人たちとのマッチングは、ただの需要と供給だけではなく、そこにいる人と人をつなぐ1つのきっかけでとして、場所や空間、旅行といったツールを間に挟むことでつながるきっかけを作っています。

日本でも、Airbnb同様の空き部屋マッチングサービスのRoomstayや、2012年の年末にmixiに買収された物々交換のプラットフォームのLivlis、自身の持っている書籍を図書館的に貸し出せることができるLibrize、まだベータ版だが、先日開催されたSF Japan Nightでも注目を浴びたものをシェアするプラットフォームサービスのcomobacoなど、様々なサービスが出てきてます。Livlisのように、大手企業が買収をおこなうことで、既存のmixiプラットフォームを強化を図る要素としても、こうしたシェアを促進するサービスを注目しています。

インターネットによる発達がシェアすることの楽しさを促進すると同時に、現実の世界をより拡張させるツールとしてインターネットサービスがあると言えます。現実を起点にして日々の生活や働き方、暮らし方をよくしていく。そんなサービスが今後でてくることを期待しています。

----------[AD]----------

韓国beSuccessがソウルのbeLAUNCHに向け、東京予選イベントを開催

SHARE:

【原文】 我々のパートナーであるテックサイト beSuccess は、5月にソウルでアジア最大のテック・スタートアップ・カンファレンスの一つ、beLAUNCH の第2回目を開催する。東京の Skyland Ventures、ソウルの VCNC と共同で、beSUCCESS は水曜日に東京でサテライトイベントを開催し、韓国でのメインイベントに向けて、6社のスタートアップの中から1社のファイナリストが…

【原文】

belaunch_tokyo_grouppic-640x370

我々のパートナーであるテックサイト beSuccess は、5月にソウルでアジア最大のテック・スタートアップ・カンファレンスの一つ、beLAUNCH の第2回目を開催する。東京の Skyland Ventures、ソウルの VCNC と共同で、beSUCCESS は水曜日に東京でサテライトイベントを開催し、韓国でのメインイベントに向けて、6社のスタートアップの中から1社のファイナリストが選考された。

出場するのは誰か、5月にソウル・江南(カンナム)に行くのは誰かを見てみることにしよう。ピッチを選考した審査員は次の通り(英語表記におけるアルファベット順)。

Designclue(第3位)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料

designclue

日本でロゴを発注すると、この国の労賃の高さのために安くはならない。日本人が海外にデザインを発注するのも、言語障壁の理由からハードだ。

Designclue はロゴに特化したクラウドソーシングサービスで、独立した外国人デザイナーに簡単に発注することができる。読者の皆さんは、先週このサイトについて取り上げたのを覚えているだろう。このウェブサイトは発注を用意にするため多言語インターフェースを有しており、ユーザは新興市場の登録デザイナーから安価で多くのデザイン案を受け取ることができる。

最近、このスタートアップは Incubate Fund と East Ventures から、1470万円(約15万ドル)を調達した。

Comobaco

comobaco

Comobaco は、ウェブ上と実生活上の両方で、アイテムを友人とシェアできるサビスだ。このサービスを使えば、自分が持っている本、DVD、ゲームなどを会社の同僚、ルームメイト、もしくは、その類のグループで簡単にシェアすることができる。

このサービスを使うには、あなたの場所に居る誰かが「箱」のマネージャーになる必要がある。この箱を使ってアイテムが交換され、もし使わないものを入れれば、他の人は買わなくてもそれを入手することができる。このサービスの創業者は、自分だけために何かを買うことから、周りの多くの人の利益を考えてモノを買うように、コンセプトを変化させたいと考えている。

Job Share

jobshare_logoJob Share はコミュニティ・ベースの求人サイトで、一緒に仕事が楽しめる人を探してくれる。サービスに求人情報をポストすると、その内容は自社の同僚のソーシャル・メディアを通じて拡散される。もし、その内容を見てあなたの会社で働きたいと思った人が気に入れば、その人を雇うことができる。このスタートアップは、新しい同僚を見つけるために今居る社員の協力を得ることで、居心地のよい職場環境を作る手助けをすることを目標としている。

Conyac(第1位)

1stprize_winner-640x419
左から:コニャックCEO山田尚貴氏(1位受賞者)、グローバル・ブレイン百合本安彦氏(プレゼンター)、beSuccess CEO チョン・ヒョヌク(정현욱)氏(プレゼンター)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料
  • 東京/ソウル往復航空券2名分
  • メインイベントでのピッチ機会

conyac_logo

Conyac は、クラウドソースの翻訳サービスで、安価で外国語でコミュニケーションするのに面白い方法を提供してくれる。最近の我々とのインタビューで、同社はビジネス向けのハイエンドサービスを紹介し、サンフランシスコに最初の海外進出を図ることを話してくれた。

Booklap(第2位)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料
  • 東京/ソウル往復航空券2名分

booklap本屋で読みたい本を探すのは時間がかかる。最近のある調査では、本屋での購入の39%が1時間以上を要しているそうだ。同様に、Amazon.com で本を購入するとき、我々は他のユーザの投稿したレビューに頼ろうとするが、それらは信頼に値しなかったり、読む本を決めるのに十分ではなかったりする場合がある。

Booklap は、あなたが読みたい本を見つけられるサービスだ。2つの方法があり、あなたの Facebook プロフィールなどのソーシャルグラフから得られる興味を元にするか、他ユーザが感銘を受けた本の名言の提示をもとにするか、どちらかだ。

現在、このスタートアップは写真を取るだけで名言を簡単にポストできるスマホアプリをリリースしようとしている。Amazon.com のブックレビューと差別化しているのは、レビューが実名で投稿されることだ。

彼らの売上モデルは、ユーザをAmazon.com などのオンライン・ブックストアへ誘導することから得られるアフィリエイト・フィーだを元にしている。Booklap は、Incubate Fund から昨年7月に300万円(約32,000ドル)を調達している。

UI Scope

UIscope

UI Scope は、ソフトウェアやハードウェア開発者に、製品テストをクラウドソースできるようにするサービスだ。登録テスター(このサービス上では「パネル」と呼ばれる)は同社からテストを録画するためのカメラを受け取る。開発者(「クライアント」と呼ばれる)は、全登録テスターの中から誰かを選び、製品のテストを依頼。依頼を受けたテスターは、20分間のテストを行い、テスト過程のビデオと共に報告をフィードバックする。開発者はこのテストに3千円(約32ドル)を支払い、テスターは500円を受け取る。テスト結果は、ビデオ、スクリーンショット、文書の形でオンライン報告される。

UI Scope は、テスト結果やケーススタディの巨大データベースの構築を目標に、昨年8月にローンチした。Movida Japan から500万円(約53,800ドル)を調達し、この半年で120人の開発者と2500人のテスターを集めている。

そして、韓国からは…

このミートアップには、韓国からもスタートアップが3社参加しており、日本の聴衆に興味深いサービスについてピッチした。近隣国のテック・コミュニティで何がホットかを見てみることにしよう。

BeNative


benative_logoBeNative は、ネイティヴ・スピーカーの実生活を模倣したコンテンツを提供することで、より有機的な言語学習体験を提供する。英語や他の言語である機会のビデオを見ることで、ユーザは新しい言語をより自然に話すことができるようになる。開発元 Smatoos の CEO、キム・ムンス(김문수)氏によれば、現在は言語学習サイトの英語版中国語版に加え、英語韓国語日本語でニュースサイトも運営している。詳しくは、TechNode にあるこの記事をチェックしてほしい。

Profeel.me

profeel.me_logoProfeel.me はデジタル名刺で、ソーシャルネットワークのフィードを収集することができる。カードはテキスト、メッセージ・サービス、ソーシャル・ネットワークを通じて交換できる。紙の名刺と同様に、韓国スタートアップの Venster はバーチャルIDや呼出カードとして使えるオンライン名刺を作ったわけだ。同社のチョン・ホソク(정호석)氏がプレゼンした。詳細を知りたければ、beSuccess がより詳しい情報を提供している。

profeel.me_presenting-640x480
Profeel.me のCEO チョン・ホソク(정호석)氏が日本の聴衆にピッチ。

Memebox

memebox_logoMemebox は韓国版の Birchbox で、定期購入形式で化粧品がユーザに定期的に届けられる。同スタートアップの CEO ハ・ヒョンソク(하형석)氏は、彼らが世界の185のブランドと提携しており、2012年2月のローンチ以降、顧客に52,900個のボックスを届けたと説明した。購入者は、3つの異なる選択肢、1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月の中から期間を選択することができる。現在のところ、購入契約者数は5,000人とのことだ。

現在チームには31人スタッフが居て、2013年のQ2には130万ドルの売上を見込んでいる。このスタートアップは、ソウルの SparkLab のインキュベーション・プログラムの第1期卒業生だ。


beLAUNCH 2013 のメインイベントは、韓国の首都にある展示会場 COEX で5月1日と2日に開催される。参加したい人は、こちらからサインアップするとよいだろう。

jimmy_keisuke
左から:寄せ書きを持つ、KCube Ventures のイム・ジフン(임지훈)氏と、VCNC の梶谷恵翼氏。
----------[AD]----------