BRIDGE

タグ Smatoos

実践型英語学習アプリ「BeNative」がピボット——個人向け無料版は、成績に応じて現金などがもらえる〝リワード型学習モデル〟へ

SHARE:

韓国の教育サービススタートアップ Smatoos は29日、同社のビジネス英語教育サービス「BeNative」をピボットし、英語の語彙力強化にゲーミフィケーションの要素を取り入れたアプリとして正式リリースした。同社は先月、個人ユーザ向けに成績に応じて現金や Amazon ギフトなどが得られる英語学習アプリ「CashEnglish」をリリースしていたが、CashEnglish で採用した〝リワード型…

new-benative_featuredimage

韓国の教育サービススタートアップ Smatoos は29日、同社のビジネス英語教育サービス「BeNative」をピボットし、英語の語彙力強化にゲーミフィケーションの要素を取り入れたアプリとして正式リリースした。同社は先月、個人ユーザ向けに成績に応じて現金や Amazon ギフトなどが得られる英語学習アプリ「CashEnglish」をリリースしていたが、CashEnglish で採用した〝リワード型学習モデル〟を、本家サービスである「BeNative」にも適用することになる。

リニューアルされた BeNative の前身となる CashEnglish では、先月のβ版公開からの最初の一週間で合計1,000ドル以上の賞金が支払われており、最も多い人で獲得賞金額は500ドル。このようなユーザの反応から Smatoos では、個人ユーザを魅了する上で〝リワード型学習モデル〟が有効に機能すると判断した。CashEnglish と同様、新 BeNative でもアプリ上に出稿されている広告の収入を原資として賞金が提供される。

また、これまでの BeNative は、有料版の BeNative Premium の存在を知ってもらったり、BeNative Premium への顧客を誘導を図ったりするためのエントリモデルという位置付けだったが、提供するコンテンツを有料版と同じものに〝格上げ〟し、〝リワード型学習モデル〟を前面に押し出すことで、これまで Smatoos にとって手薄だった C 向けの英語学習需要の取り込みも本格化させていきたい計画だ。

<関連記事>

しかし、ここで問題となるのは、世界のトップ企業のエグゼクティブが英語を話してくれる、Smatoos の誇る実践型ビデオコンテンツが、かたや B 向けには有料で BeNative Premium(日本以外の市場では BeNative Pro)として提供され、一方では C 向けには無料で BeNative として提供され〝一物二価〟となってしまう点だ。

この点について、Smatoos の日本法人代表を務める矢野恵介氏は、B 向けと C 向けでサービスの差別化を図ることで解決したと語った。

個人向けの BeNative では、途中で広告が挿入されスマートフォンでしか学習できないのに対し、BeNative Premium を使う法人様や既存の有料会員様には、1. PCでも学習できる 2. 広告は全く出ない 3. 人事管理者様向け学習管理機能を提供する、という環境で提供します。法人での導入は、PCでのeラーニングも想定しているからです。

日本市場における今後の展開としては、BeNative で得られたリワードを、コンビニや公共交通機関などの電子マネーやポイントなどと連携させることを視野に入れ、ユーザが学習を継続するほどメリットを享受できる仕組みを増やしていきたい、としている。

アプリは Android 用と iOS 用にそれぞれ、Google PlayiTunes AppStore からダウンロードできる(BeNative Premium と BeNative でアプリは今回から統合された模様)。

realbusinessenglish_featuredimage

英語学習サービスのSmatoos、成績に応じて現金がもらえる英語パズルゲーム「CashEnglish」をリリース

SHARE:

ビジネス英語教育サービス「BeNative」で知られる韓国スタートアップ Smatoos は24日、英単語のパズルゲームで語彙力を増やすとともにポイントを溜め、そのポイントに応じて、現金や Amazon ギフトなどが得られる教育ゲームアプリ「CashEnglish」をローンチした。Android と iOS で利用できる。 CashEnglish はすでに Facebook ページで100万人以上…

cash-english_featuredimage

ビジネス英語教育サービス「BeNative」で知られる韓国スタートアップ Smatoos は24日、英単語のパズルゲームで語彙力を増やすとともにポイントを溜め、そのポイントに応じて、現金や Amazon ギフトなどが得られる教育ゲームアプリ「CashEnglish」をローンチした。AndroidiOS で利用できる。

CashEnglish はすでに Facebook ページで100万人以上のフォロワーを獲得し今月9日にβ版として公開されていたが、今回ローンチとなるのはオフィシャルリリースとなる。世界10カ国以上のアプリストア(Google Play または iTunes AppStore)で教育ゲームアプリとして一位の座を獲得している。

β版公開からの最初の一週間で合計1,000ドル以上の賞金が支払われており、最も多い人で獲得賞金額は500ドル。Smatoos の日本法人代表を務める矢野恵介氏によれば、CashEnglish ではアプリ上に出稿されている広告の収入を原資として賞金が提供されており、BeNative よりもライトな感覚で英語に触れたいと考えるユーザをターゲットにしているとのこと。CashEnglish を利用したユーザが、より深い英語学習を求めた際には、BeNative の利用を検討してもらえるとありがたい、としている。

Smatoos は昨年4月に韓国のVC3社から総額3.3億円を調達。その後、日本では桐原書店と提携し大学生向けビジネス英語教材を共同開発を始めたほか、日本・台湾に引き続き中国への進出を発表している。

韓国発の実践型ビジネス英語学習アプリ「BeNative」が、日本の6大学で英語教材に選定

SHARE:

韓国発のビジネスマン向け英語学習アプリ「BeNative」が、日本の6大学で大学生のための実用的なビジネス英語の学習教材として選定されたことを明らかにした。 BeNative を運営する Smatoos(스마투스)は、北九州大学、東京農業大学、東洋大学、文教大学、名古屋学院大学、和光大学など日本の6大学が BeNative のコンテンツをベースにしたビジネス英語の科目を開設したと伝えた。 Smat…

realbusinessenglish_featuredimage

韓国発のビジネスマン向け英語学習アプリ「BeNative」が、日本の6大学で大学生のための実用的なビジネス英語の学習教材として選定されたことを明らかにした。

BeNative を運営する Smatoos(스마투스)は、北九州大学、東京農業大学、東洋大学、文教大学、名古屋学院大学、和光大学など日本の6大学が BeNative のコンテンツをベースにしたビジネス英語の科目を開設したと伝えた。

Smatoos は昨年、日本の大学の教材で有名な出版社である桐原商店とコンテンツの共同開発契約を締結し、プレゼンテーションやビジネスミーティングなど大学生のための実践ビジネス英語教材を制作してきた。 桐原商店は、1967年に設立された日本の代表的な教育出版企業で、日本の文部科学省公認の教科書や教材、学習関連​​問題集、語学書、辞典などを出版している。

Smatoos 日本法人代表の矢野恵介氏は、次のようにコメントしている。

日本の国際ビジネスコミュニケーション学会(JBCA)の多くの教授が、企業が必要とする実用的なビジネス英語教育の重要性に共感し、 様々な学会やセミナーで BeNative に興味を示してくれています。実際の大学教育の現場で活用できる教材を製作し 、6つの大学で講義を開設することになり、うれしく思います。学生の意見と教室でのフィードバックに基づき、教材を継続的に改善し、より多くの日本の大学に普及するように最善を尽くしたい。

Smatoos は6大学に加えて、神戸大学、立教大学なども BeNative の教材をもとに、2学期ビジネス英語科目の開設を検討しており、今年下半期から日本市場のシェアが拡大する見通しだと明らかにしている。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

ビジネス英語学習サービス「BeNative」を提供する韓国のSmatoosが、日本・台湾に引き続き中国に進出

SHARE:

ビジネス英語学習サービス BeNative Pro(日本でのサービス名は「BeNative Premium」)が中国B2B企業研修市場に本格進出する。 同サービスを運営する Smatoos(스마투스)は6月29日、北京に現地法人を設立し、北京大学国家競争力研究院で、Beijing FanTuoJiaSheng Investment(泛拓嘉盛投資有限公司)と共同事業提携契約を締結したと明らかにした。…

smatoos-fantuojiasheng

ビジネス英語学習サービス BeNative Pro(日本でのサービス名は「BeNative Premium」)が中国B2B企業研修市場に本格進出する。 同サービスを運営する Smatoos(스마투스)は6月29日、北京に現地法人を設立し、北京大学国家競争力研究院で、Beijing FanTuoJiaSheng Investment(泛拓嘉盛投資有限公司)と共同事業提携契約を締結したと明らかにした。

Beijing FanTuoJiaSheng Investment は、韓中スタートアップの専門アクセラレータで、BeNative Pro の中国企業市場への供給のために、中国市場の現地マーケティングおよび販売活動を提供する。

BeNative Pro は、スリーエム、GM、DreamWorks などの100人を超えるグローバル企業の創業者、CEOおよび役員が直接出演し、事業の現状を紹介、経営理念を英語で聞かせてくれる差別化されたコンテンツとなっている。現在、サムスン、LGなど、韓国、日本、台湾の企業にコンテンツを提供している。

Beijing FanTuoJiaSheng Investment の代表を務める Han Jun (韓君)氏は、次のようにコメントしている。

差別化された BeNative のコンテンツの優秀性を製作過程から長い間見守ってきた。中国で Smatoos が効果的かつ安定的に定着できるように最善を尽くしたい。

Smatoos の代表を務めるキム・ムンス(김문수)氏は、次のようにコメントしている。

中国はGDPが韓国の8倍に達する巨大な市場であり、ようやくその第一歩を踏み出すことができた。小さな利益のために翻弄されることなく、中国企業の従業員の教育と中国のパートナーに本当に役立つことができるように精進したい。

これを受けて、Smatoos は日本、台湾に続き、中国までサービス範囲を広げ、アジアの主要国に進出したことになり、下半期には、グローバルサービスをローンチする計画だ。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

実践型ビジネス英語学習アプリ「BeNative Premium」を提供する韓国のSmatoosが約3.3億円を調達

SHARE:

ビジネス英語学習サービス BeNative Premium(韓国でのサービス名は「BeNative Pro」)を提供する Smatoos(스마투스)は、Korea Investment Partners(한국투자파트너스)、Mirae Asset Venture Investment(미래에셋벤처투자)、Partners Investment(파트너스 인베스트먼트)から30億ウォン(約3.3億円…

SMATOOS_Group_image
Smatoos のチーム。一番右上が CEO のキム・ムンス氏。

ビジネス英語学習サービス BeNative Premium(韓国でのサービス名は「BeNative Pro」)を提供する Smatoos(스마투스)は、Korea Investment Partners(한국투자파트너스)、Mirae Asset Venture Investment(미래에셋벤처투자)、Partners Investment(파트너스 인베스트먼트)から30億ウォン(約3.3億円)を調達した。

<関連記事>

BeNative Premium は、アメリカの50人以上の企業幹部が直接出演し、韓国と日本の企業研修市場を中心に実践的なビジネス英語のコンテンツを提供している。 2011年の設立以来、Smatoos は韓国・東京・香港に拠点を置くグローバル教育企業に成長しており、デジタル語学教育サービスの BeNative とデジタル教育専門メディアである Smatoos などを運営している。

今回の投資を通じて、Smatoos は、日本・中国・台湾など海外市場への進出を加速する予定だ。今年の初め、日本の現地法人を通じ、日本最大の福利厚生モール「ベネフィットワン」に出店し、日本と中国の企業や大学を中心に教育サービスの供給を活発に展開している。

Smatoos は今回の資金調達を含め、シリーズAおよびシリーズBラウンドあわせて総額60億ウォン(約6.6億円)を調達しており、Smatoos 代表のキム・ムンス(김문수)氏が以前に起業した Etoos(이투스)への投資先の多くが、今回の資金調達に参加している。

(編注:Etoos は、韓国の高校生向けeラーニングプラットフォーム。2000年に設立、2006年にSK Telecomに3,000万ドルで売却。)

BeNative Premium には、世界的なコンテンツ企業 Dreamworks、Google が買収して話題となった Lift Labs、企業向けクラウド専門企業 Box、スタンフォード大学が主宰する Accel Innovation Scholars 発の Nest SGV、アメリカのセットトップボックス会社である Roku など、多くのアメリカの企業から創業者やエグゼクティブが出演している。

今回の資金調達をリードした、韓国投資パートナーズのキム・ドンヨプ(김동엽)氏は、次のようにコメントしている。

Smatoos がグローバル進出が可能な韓国初の英語教育コンテンツ会社と判断し、投資を執行することになった。Etoos の投資の時からムンス代表の高い能力を信頼しており、その信頼に基づいて投資を執行した多くの会社が成長できるように最善を尽くしてお手伝いしたい。

Smatoos のキム氏は次のようにコメントしている。

グローバル企業、教育市場を席巻するため、韓国のトップクラスのVCと一緒に仕事できることは嬉しい。何よりも Etoos の初期に投資いただき、十年以上ともに仕事してきた投資家を再び Smatoos に迎えられ、意義深いことだと考えている。

Smatoos は2014年11月、アメリカの Red Herring が選定した「2014 Red Herring Global: Top 100 Winners」に選ばれ、エジソン財団が運営する Edison Awards の「革新的なグローバル企業2015」にノミネートされている。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

韓国発の実践型ビジネス英語学習アプリ「BeNative Premium」が日本でも単独サービスを開始

SHARE:

韓国の教育系スタートアップ Smatoos は、英会話表現をよりネイティヴにできるサービス「BeNative」のモバイルアプリを、Android とiOS 向けに日本市場でリリースしている。先日発表したビジネスパーソン向けのビジネス英語学習アプリ「BeNative premium」(韓国での呼称は BeNative Pro、アイコンは BeNative Business。 Android / iO…

realbusinessenglish_featuredimage

韓国の教育系スタートアップ Smatoos は、英会話表現をよりネイティヴにできるサービス「BeNative」のモバイルアプリを、AndroidiOS 向けに日本市場でリリースしている先日発表したビジネスパーソン向けのビジネス英語学習アプリ「BeNative premium」(韓国での呼称は BeNative Pro、アイコンは BeNative Business。 Android / iOS )について、同社は日本での単独サービス開始を発表した。

これまでは、英語研修大手 GROLEN の提供する対面式研修サービスとのセットでのみ提供されていたが、本日から BeNative Premium 単独での利用が可能になる。個人向けは月額4,800円〜9,000円まで。法人向けのメニューはカスタムメイドで、ボリュウム・ディスカウントなどが適用される。

元祖 BeNative が日常会話にフォーカスしているのに対し、BeNative Premium はビジネス会話中心なのが特徴。TOEIC などのスコア獲得よりも、むしろ、実際のビジネスの現場で活かせる英語力を身につけることを主眼に置き、ニューヨークやシリコンバレーなど、海外のビジネスパーソンが日常的に使っている英語を収録し、データベースを作成している。

先行リリースしている韓国では、Samsung や LG グループがそれぞれ保有する社内 eラーニング学習プラットフォームへの導入、Nexon などで社内研修として使用されることが正式に決定しているほか、ソウル郊外の檀国(タングク)大学の英語の授業内カリキュラムとしても導入される予定だ。

現在、韓国と日本でのみ提供しているこの「BeNative Premium / BeNative Pro」は、2015年3月には中国でのリリースを予定しており、Smatoos は現在、北京に現地法人を設立準備中だ。日中韓でのリリース以降は、他のアジア諸国への展開を図りたいとしている。

benative_screenshot

英会話表現をよりネイティヴにできる「BeNative」、研修大手と協業でビジネス英語学習サービスを開始

SHARE:

昨年8月、韓国の教育系スタートアップ Smatoos は、英会話表現をよりネイティヴにできるサービス「BeNative」のモバイルアプリを、Android とiOS 向けに日本市場でリリースしている。そして今日、同社はビジネスパーソン向けのビジネス英語学習アプリ「BeNative premium」(韓国での呼称は BeNative Pro、アイコンは BeNative Business。 Andr…

realbusinessenglish_featuredimage

昨年8月、韓国の教育系スタートアップ Smatoos は、英会話表現をよりネイティヴにできるサービス「BeNative」のモバイルアプリを、AndroidiOS 向けに日本市場でリリースしている。そして今日、同社はビジネスパーソン向けのビジネス英語学習アプリ「BeNative premium」(韓国での呼称は BeNative Pro、アイコンは BeNative Business。 Android / iOS )を日本市場でローンチした。

BeNative premium の日本でのローンチは韓国市場に続くもので、近い将来、中国市場でのローンチも予定しているとのこと。なお、本日時点で、日本市場では BeNative premium はアプリ単体で利用することはできず、後述する「BeNative premium Plus」の一機能として提供される。

元祖 BeNative が日常会話にフォーカスしているのに対し、BeNative premium はビジネス会話中心なのが特徴。TOEIC などのスコア獲得よりも、むしろ、実際のビジネスの現場で活かせる英語力を身につけることを主眼に置き、ニューヨークやシリコンバレーなど、海外のビジネスパーソンが日常的に使っている英語を収録し、データベースを作成している。

Smatoos は2014年4月、日本の企業向け英語研修大手の GROLEN と提携しているが、今日から GROLEN が提供する対面式研修サービスと、BeNative premium をセットにしたパッケージ「BeNative premium Plus」をリリース、対面式研修だけでは不足する口語表現のバリエーションをデジタルの力で補足する。BeNative premium Plus は、学習期間3ヶ月で45万円。企業などで6名までの社員が対面式の90分間レッスンを12回受けられ、学習期間中は BeNative premium のコンテンツを無制限に利用可能だ。

韓国のSmatoosが、モバイルアプリ「英会話の公式」日本語版をリリース

SHARE:

英会話練習アプリ「BeNative」などをリリースしてきた、韓国のスタートアップSmatoos(스마투스)は昨日、英会話の学習を効率化するアプリ「英会話の公式(영어회화의 공식)」を日本市場向けにローンチした。同アプリは韓国でも12月16日に公開しており、今回はその日本語版の公開ということになる。 このアプリでは、ネイティブスピーカーが話す英会話のパターン1万事例を分析し、表現の仕方、テーマなどに…

formula-of-english-conversation_featuredimage

英会話練習アプリ「BeNative」などをリリースしてきた、韓国のスタートアップSmatoos(스마투스)は昨日、英会話の学習を効率化するアプリ「英会話の公式(영어회화의 공식)」を日本市場向けにローンチした。同アプリは韓国でも12月16日に公開しており、今回はその日本語版の公開ということになる。

このアプリでは、ネイティブスピーカーが話す英会話のパターン1万事例を分析し、表現の仕方、テーマなどに分けて、〝英語を話すための公式〟としてまとめあげた。ネイティブスピーカーの英語表現がビデオクリップ付きで1日1回スマートフォンに転送され、起床時間、出勤時間など予め定めた時間に約10分間英語を学ぶのを繰り返し、英会話能力の向上を目指す。コンテンツのアプリ内購入に利用できる「ボルト(Volt)」という仮想通貨を採用しており、ユーザがコンテンツをSNSで共有すると、このボルトが取得できてコンテンツ購入に利用できる。

「英会話の公式」の前身とも言える「BeNative」は、これまでに日本の AppStore の教育カテゴリで1位を記録するなど堅調な展開を見せているが、「英会話の公式」では日韓に加えて、近日、中国と台湾でもリリースが予定されており、年内に400万ダウンロードの達成を目標としている。

「英会話の公式」日本語版のローンチに先立ち、Smatoos は、ソーシャル・リクルーティング・サービスの Wantedly を通じて、外資系メーカーで機械系エンジニアをしていた矢野恵介氏を日本市場を担当するゼネラル・マネージャーとして採用。ネイティブ・スピーカーやユーザを招いて、日本で積極的にオフラインイベントを開催し、アプリの認知向上に努めたい意向だ。

同社は2011年、韓国NXC(旧ネクソン・ホールディングス)から、10億ウォン(約9,500万円)の出資を受けている。