BRIDGE

タグ Best Teacher

「大事なのは理念の共有」 – BestTeacherとZ会が連携して提供する新たな英会話の勉強法

SHARE:

昨年、盛り上がりを見せ始めた教育系スタートアップ。Ed Techと呼ばれるスタートアップたちだけではなく、大手教育関連企業の動きについても耳にすることが増えてきた。これらそれぞれの流れが合流し、新たな流れが生まれつつある。 その例の1つとなるのがBest TeacherとZ会による連携だ。その内容はZ会が出版した「会話がつづく!英語トピックスピーキング Story 1 英語ではじめよう!編」という…

昨年、盛り上がりを見せ始めた教育系スタートアップ。Ed Techと呼ばれるスタートアップたちだけではなく、大手教育関連企業の動きについても耳にすることが増えてきた。これらそれぞれの流れが合流し、新たな流れが生まれつつある。

その例の1つとなるのがBest TeacherとZ会による連携だ。その内容はZ会が出版した「会話がつづく!英語トピックスピーキング Story 1 英語ではじめよう!編」という書籍を購入した読者は、書籍で学んだ内容をBest Teacherで実践することができるというもの。

この連携により、両社は英語を学びたいユーザに対して、より高い学習効果を提供することを目指している。今回、Best Teacherの宮地俊充氏と、Z会の吉田晴奈氏に連携について話を伺った。

_MG_9100

共有するコンセプトがあった

TB:連携のきっかけはなんだったんですか?

吉田:Z会ではTOEIC対策や単語集などの書籍は出版していましたが、会話系の書籍は出せていませんでした。ちょうど会話系の書籍を出すタイミングで、コンセプトも決まり、何か付加価値を付けられないかと考えている時に、Best Teacherさんをご紹介してもらいました。

宮地:Z会の社員の方で、よくスタートアップ関連のイベントに足を運ぶ方がいて、その方にコンタクトをとりました。連携について持ちかけたところ、担当者として吉田さんにつないでいただいて。

吉田:ただ英語を話すだけでは上達しない、自分で話したいことを英語のスクリプトにしていく必要がある、ということなど、英語学習に関する考えを共有できていたこともあり、話は早く進みました。

book_scr

website_scr

吉田:今回の書籍では、自分の中でモデルとなるような英文を学び、その次に、一問一答形式でコミュニケーションの第一歩を踏み出し、最後に会話まで行えるようになることを目指すという3つのステップを踏んでいます。

宮地:最初に例文を知るのは大切なことです。大事なのはその後、実際に自分が案内したらどうするか、という前提でアウトプットをすること。その実践のために、Best Teacherを使ってもらおうということになりました。オンラインであればすぐに試すことができるので、本を読んでやる気になったその瞬間に練習することができます。

互いにとってのメリット

TB:お互い、どのようなところにメリットを感じて今回の連携が実現したのでしょう?

宮地:私達はオンラインだけで集客やサービスの提供が完結するとは思っていません。手に触れられるものや、目の前で学習できる体験も、お金を払ってもらうためには重要なことだと考えています。

Z会さんは長く教育コンテンツの開発に取り組んできています。オンラインよりも書籍のほうがはるかにクオリティが高い。この高いコンテンツをうまくオンラインとシナジーを出すことができれば、よりユーザが喜んでくれるだろうと考えました。

_MG_9091

吉田:社内ではスピード感を上げていきたいと考えつつも、ICTのテクノロジーは社内にナレッジがないため、うまく外部と協力して進められたら、と考えていました。

もちろん、互いの教育に対するコンセプトが合っているということは前提になりますが。パートナーとの相性は考えつつも、スピードを上げていきたい部分に関して、外部と協業するのは歓迎です。

大企業で働くキーパーソンをつかまえる

TB:やはり外とつながりを持つ人間の存在は大きかったですか?

_MG_9082

吉田:今回の連携が実現したのも、人と人を「つなげる」のが得意で、ベンチャーが好きな人間がいたことが大きい。

社内ではまだ特殊なタイプと言えるかもしれませんが、外でネットワークをつくり、社内の適切な人間にパスをつなぐ人間の存在は、今後重宝されてくるのではないでしょうか。

Z会とBest Teacherは、今回の書籍の連携以外にも、連携する方法を模索しているという。自社だけで可能なことは限られている。だが、課題解決に向けた志を同じくする人たちは存在している。そういう人たちと一緒に活動できれば、それぞれのできることも増え、スピードも上がっていく。

フットワークが軽く、テクノロジーに明るいスタートアップと、資本力やネットワーク、ブランドなどを持つ大手企業のコラボレーションが増えれば、スタートアップの領域はさらに盛り上がりを見せるのではと筆者は考えている。

大手企業の動きが早い教育領域は、こうしたコラボレーションが生まれやすい土壌ができつつある。こうした動きが業界全体を大きく変化させていくのではないだろうか。

----------[AD]----------

オンライン英会話の新たな仕組みを提案するーーBest Teacherの挑戦

SHARE:

10月は教育関連のスタートアップをいくつか取り上げてきた。学習管理をサポートする「スタディプラス」や、知育にフォーカスした「スマートエデュケーション」な、「学び」を通じた新たなコミュニティ作りを目指す「スクー」など、それぞれ異なったアプローチで、”教育”領域にチャレンジしている。 教育関連で以前から人気が高いのが英会話だ。英会話スクールやSkype英会話の他に、フィリピンへの語学留学を助ける口コミ…

10月は教育関連のスタートアップをいくつか取り上げてきた。学習管理をサポートする「スタディプラス」や、知育にフォーカスした「スマートエデュケーション」な、「学び」を通じた新たなコミュニティ作りを目指す「スクー」など、それぞれ異なったアプローチで、”教育”領域にチャレンジしている。

教育関連で以前から人気が高いのが英会話だ。英会話スクールやSkype英会話の他に、フィリピンへの語学留学を助ける口コミ情報サイト「School with」なども登場しており、数多くのプレイヤーがひしめいている。

best-teacher

先日、大幅リニューアルを実施した「Best Teacher」もオンライン英会話サービスを提供するプレイヤーの1人だ。今回、ベストティーチャーCEOの宮地俊充氏にオンライン英会話と、EduTechについての話を伺った。

まず伺ったのは、競合が多いオンライン英会話の中で、どのように差別化を図っているのかということだ。

たしかにオンライン英会話の領域には競合が多いです。そこは価格競争には陥らないようにし、ブランディングで差別化を図っています。また、オンラインにかぎらず英会話全体の領域においても、既存の仕組みをひっくり返すように学習プロセスなどを作っていきたいと考えています。

ベストティーチャーの流れは時間を合わせずに非同期でチャットを用いて講師とのテキストのやりとりでき、「こんなことを話したい」という会話のトークスクリプトを作成して、そのスクリプトを元にSkypeレッスンをするというものだ。

best-teacher-flow

現在、ベストティーチャーはこのレッスンフローを特許出願をしている。オンライン英会話サービスを提供している会社は100社以上あり、差別化のために特許出願を行ったという。こちらに関しては先日掲載したこちらの記事をご覧いただきたい

ITをどれだけうまく活用できているかも差別化要因になると考えています。時間をあわせなくても非同期でのレッスンが可能であることや、ログをもとに効率のよい学習支援を実施するなど、テクノロジーを活用した新しい学習プロセスを発想し、提案していきたいと考えています。

海外で事例が増えていることから、日本でもこれまでの学習のあり方をひっくり返そうとするプレイヤーが登場してきている。宮地氏は、オンライン英会話の領域だけではなく、EduTech全体について、このようにコメントしてくれた。

EduTechのプレイヤーが増えたことを感じます。教育関連にはパッションを持った人が集まる傾向があると思います。そのため、明確に問題意識がある人が集まるので、互いに勉強になります。この調子でプレイヤーが増えていけば、業界自体も今後伸びていくはず。

教育関連の大企業とスタートアップが組む、というのは今後も起こりうる流れ。そうなれば、さらにエンドユーザーに新たな教育サービスが届きやすくなるのではと思います。

EduTechのプレイヤーに関する記事はこちらで一覧できる。ぜひ様々なプレイヤーの取り組みを目にして、教育全体の盛り上がりを感じてもらいたい。

----------[AD]----------

オンライン英会話「Best Teacher」が大幅リニューアル、英語学習領域で次のスタンダードを目指す

SHARE:

株式会社ベストティーチャーが運営しているオンライン英会話学習サイト「Best Teacher(ベストティーチャー)」が本日大幅なリニューアルを実施した。 ベストティーチャーは、ユーザーが話したいことを英語のトークスクリプトにすることができるサービス。ユーザはライティングのレッスンで、講師からの質問に対して、テキストで会話を行い、Skypeレッスンでは、ライティングのレッスンで作ったスクリプトを教材…

bestteacher

株式会社ベストティーチャーが運営しているオンライン英会話学習サイト「Best Teacher(ベストティーチャー)」が本日大幅なリニューアルを実施した。

ベストティーチャーは、ユーザーが話したいことを英語のトークスクリプトにすることができるサービス。ユーザはライティングのレッスンで、講師からの質問に対して、テキストで会話を行い、Skypeレッスンでは、ライティングのレッスンで作ったスクリプトを教材として、Skypeを通じて英会話の練習を行うレッスンを行う。

発音練習動画の様子
発音練習動画の様子

これまでベストティーチャーのコンテンツは講師とユーザのやりとりが必要なインタラクティブなものだけだった。今回のリニューアルにより、個人で学習可能なコンテンツが新しく提供される。提供されるコンテンツは、発音練習や各ユーザの弱点に応じた文法例文などだ。

これまでベストティーチャーでは、ライティングやSkypeで授業を受けた後、弱点と考えられるポイントをユーザに指摘していた。今回のリニューアルで追加された学習コンテンツにより、指摘された弱点を補うための学習を個人で実施することが可能になる。

独自のレッスンフローで特許を出願中

ベストティーチャーのレッスンの特徴は、チャットによる講師とのテキストのやりとりは、時間を合わせずに非同期でやりとりができ、トークスクリプトを作成して、そのスクリプトを元にSkypeレッスンをするというものだ。

現在、ベストティーチャーはこのレッスンフローを特許出願をしている。オンライン英会話サービスを提供している会社は100社以上あり、差別化のために特許出願を行ったという。

1年半、オンライン英会話サービスを提供してみて

今回のリニューアルに至るまでに、ベストティーチャーは1年半の期間、サービスを運営してきた。ベストティーチャーCEOの宮地俊充氏は、オンライン英会話学習におけるメリットは価格の安さではないと述べる。

サービスリリース当初、オンラインで英会話を学習することのメリットは、価格の安さだと思っていました。今では、オンライン英会話はいつでもどこでもレッスンが受講できる利便性が一番のメリットだと考えています。ベストティーチャーはスマートフォンなどを用いて、通勤途中などにレッスンを受講することができます。

そのため、これまでスクールに通う時間がなかった、英語に触れる機会があまりなかった人たちでも利用することができるようになっています。私たちは、価格訴求に注力するのではなく、利便性を打ち出すことに注力するようにしてきました。

だが、いつでもどこでも学習可能だということは、学習するかどうかはユーザ次第ということでもある。リアルのスクールに通学していれば、講座を受ける時間も決まっており、受けている間は学習をすることになる。オンライン学習ではそれが困難になる。

オンライン学習ではモチベーションの喚起が困難です。オンラインでリアルのスクールのようなモチベーション換気をどう実現するか。私たちはそのためにはカスタマーサービスの充実が重要だと考えています。多くの部分は自動化しながらも、人らしさを感じさせるアプローチを行い、どれだけ学習意欲を喚起させることができるのか、今はそこにチャレンジしています。

英語学習領域で次のスタンダードが獲得できるか

宮地氏は英語学習サービスを提供する目的は、学習効果へのコミットを第一にし、「英語を話せるような人をどれだけ輩出できたか」だと語る。サービス開始時と比較して、同サービスを利用した人がどれだけ学習効果を出せたのかで勝負したいという気持ちがより強くなったという。

学習効果へのコミットを重視しながら、会社としてスケールさせることを目指したいと思います。労働集約型からの脱却し、規模が大きくなるほど、費用が増えるモデルではなく、新しいビジネスの仕組みを作っていきたいと思っています。

EduTechの良さは学習における地域格差をなくすことだと宮地氏は語る。

現時点で多くのサービスは地域格差の解消は実現できています。未だ実現されていないのは、学習ログを残し活用すること。普通、レッスンでは先生側に情報やノウハウが残り、その先生でしか対応できないことが増えてしまいます。

生徒の学習履歴、ログをもとにチューターのようにレコメンドやアドバイスを実施し、学習効果を上げていくことが今後EduTechの領域においてチャレンジできる部分だと思っています。今回のリニューアルで可能になった弱点指摘とそれに対応する学習コンテンツの提供は、ここにトライしています。

ベストティーチャーは今年の3月にGMO VenturePartners と SMBCベンチャーキャピタルから 5,110万円を資金調達を実施している。多くのプレイヤーが参入し、人々の学習意欲の低下も感じられない英会話の領域において、ベストティーチャーは次のスタンダードを作っていくことを目指す。

----------[AD]----------

オンライン英会話学習サイトのベストティーチャー、GMO-VPとSMBC-VCから5,110万円を調達

SHARE:

【原文】 東京に拠点を置く、オンライン英会話学習サイトのベストティーチャーは今日、GMO VenturePartners と SMBCベンチャーキャピタルから 5,110万円を資金調達したと発表した。同社は2012年1月に CyberAgent Ventures からのシード投資を受けて事業を開始、2012年5月にサービスをスタート、Skype を使った C2C による英会話学習サービスを提供し、…

【原文】

bestteacher_logo東京に拠点を置く、オンライン英会話学習サイトのベストティーチャーは今日、GMO VenturePartnersSMBCベンチャーキャピタルから 5,110万円を資金調達したと発表した。同社は2012年1月に CyberAgent Ventures からのシード投資を受けて事業を開始、2012年5月にサービスをスタート、Skype を使った C2C による英会話学習サービスを提供し、昨年9月のデータで日本人のユーザ数2,000人、海外の英会話講師を40カ国から400人獲得している。

Skype などを用いた英会話インターネットサービスは、レアジョブEnglishtown をはじめ、数多くの競合がひしめく市場である。比較的後発であるベストティーチャーは、そのディスアドバンテージを克服すべく、いくつかのサービス差別化を試みており、話したい表現をユーザがテキストチャットで入力、英会話講師がその表現を添削し、発音を Skype ごしに練習するしくみを採用している。教科書や事前に用意されたスクリプトに比べ、ユーザが必要とするフレーズを集中的に練習できるメリットがある。

bestteacher_screenshot

ベストティーチャーは、コンサルタントやITベンチャーでCFOの経験がある宮地俊充氏と、予備校教師をしていた後藤正樹氏によって設立された。日本で英語修得を志す人々の規模の指標として、TOEIC の受験者数は200万人と言われる。同社はこの1%(=2万人)をユーザ獲得したいと考えており、仮に潜在ユーザの全員が月額3,980円のサービスを利用した場合、毎月8,000万円前後の売上が確保できることになる。

----------[AD]----------