BRIDGE

タグ CEATEC

スタートアップが新プロダクト・新サービスを披露した、10月に東京で開催されたカンファレンスのまとめ【ゲスト寄稿】

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら。 10月は、東京都の外で開催された CEATEC をはじめ、スタートアップがプロダクトやサービスをアピールできる多くのカンファレンスにあふれた。注目を集めるイベントは、CEATEC 以外にもあった。その一つは東京国際フォーラムで開かれた「江戸・TOKYO 技と…

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら


tokyo-mt-fuji-skyline
Image credit: Wikimedia

10月は、東京都の外で開催された CEATEC をはじめ、スタートアップがプロダクトやサービスをアピールできる多くのカンファレンスにあふれた。注目を集めるイベントは、CEATEC 以外にもあった。その一つは東京国際フォーラムで開かれた「江戸・TOKYO 技とテクノの融合展」だ。昨年は、大阪大学の石黒浩教授のスタートアップや、東京のスタートアップ Ex Machina によるロボットが会場中央を飾り、横須賀を拠点とする YRP IoT などの参加者を集めた。今年の同イベントには、スタートアップとしては、人工知能アプリケーションを開発する東京の Shannon Lab だけが唯一の参加だったようだ。

confab-oct-2016-psi-dark-traceさらに注目されたのは、10月中旬に東京ビッグサイトで同時開催された危機管理産業展(RISCON 2016)テロ対策特殊装備展(SEECAT 2016)だった。

RISCON には、サイバースペースに特化したその名も「サイバーセキュリティ・ワールド」というコーナーが設けられ、ウイルスワクチンメーカーのカスペルスキーから、アメリカイギリスのスタートアップ Darktrace と協業する PSI まで、さまざまな企業が集まっていた。

今年の SEECAT はフロアを2つ使い、2階ではさまざまな緊急事態に使われるドローンが展示され、1階では不審者監視の技術を持つスタートアップは言うまでもなく、高まるテロ組織によるリスクからのアクセスの制限を行う最新の対策方法が紹介されていた。

今後数年間にわたり、2019年のラグビーワールドカップ(2011年に津波が襲った東北地方の、新しいスタジアムなどでも開かれる全国イベントだが)や2020年のオリンピック/パラリンピックなどが開催される東京では特に、このような技術の需要が増えることになる。

confab-oct-2016-challenge
出展中のチャレンジのチーム

RISCON では、群衆制御、災害対策、公衆衛生問題を扱うセミナーが開かれていた。今年は、大学からスピンオフする形で地震予知のベンチャーを設立した電気通信大学の早川正士教授が登壇していた。地震予知は今回、残念ながらそれが可能であることが科学的に証明された格好だ。日本の気象庁緊急地震速報や天気に関係しない災害を含む自然関連の警報を提供しているが、これらの便利な情報源を活用することで、震災後の影響を迅速に緩和する対策が、サイボウズスタートアップスのようなスタートアップによって展示されていた。

confab-oct-2016-cybozu-startups
サイボウズスタートアップスのブース

地震センサーメーカーのチャレンジによる展示もあった。同社が開発する地震警報ネットワーク「EQ ガード III」の最新バージョンが、学校の教師向けのパニックボタンシステム「スクールガード」とあわせて確認することができた。同社の CEO 佐々木和男氏は、これらの商品はすべて、犠牲者を減らすことを目的としたものだと述べた。EQ ガードの最新版は、オリンピックでの利用をにらんで、生存率をこれまでに比べ80%上げられるよう、地震が来る十分前にその恐れを10言語で知らせることができる。チャレンジは、新しい EQ ガードをカリフォルニア工科大学に近い、ロサンゼルス地域にも供給するそうだ。

confab-oct-2016-sasaki-kanamori
著名な地震学者でカリフォルニア工科大学名誉教授の金森博雄氏(右)と、チャレンジ CEO 佐々木和男氏(左)

センサーの活用は、日経 BP が開催した ITPro Expo 2016 でも取り上げられた集中テーマだった。このイベントでもまた、セキュリティとともに人工知能が特に重視されていた。ABEJA からウフルまでさまざまなスタートアップが、深層学習や IoT について語っていた。ソラコムは自社ソリューションを展示する大きなブースを設置し、その他にはバーチャルリアリティ関連のソリューションを展示するスタートアップもいた。今後、このようなプロダクトやサービスに焦点を当てるベンチャーは増えることになるだろう。

ITPro Expo で講演する ABEJA CEO の岡田陽介氏
----------[AD]----------

CEATEC 2016に出展していたスタートアップたち——センサー×ゲーム、3Dプリント×自動車、IoT×ファッション、海外勢など

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら。 今月初め、千葉県の幕張メッセで CEATEC 2016 が開催された。成田空港の南に位置する、このウォーターフロントの会場には、今年多くのスタートアップが集まり、それぞれの政府の支援を得て日本市場に参入しようとするアメリカやフランスのスタートアップのほか、大…

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら


ceatec-2016_featuredimage
Image credit: CEATEC JAPAN 実施協議会
ceatec-2016-plu
Pulse Launcher Unit
Image credit: テクマク、ローム

今月初め、千葉県の幕張メッセCEATEC 2016 が開催された。成田空港の南に位置する、このウォーターフロントの会場には、今年多くのスタートアップが集まり、それぞれの政府の支援を得て日本市場に参入しようとするアメリカやフランスのスタートアップのほか、大企業と協業する日本企業も参加していた。

特に目立っていたのは、電子製造のローム(東証:6963)と協業する京都スタートアップのテクマクのコーナーで、両社は Pulse Launcher Unit(PLU)という開発中のアプリケーションを展示していた。これまで家電・通信イベントだった CEATEC 2016 は今年から IoT にも焦点を拡げており、それが両社の展示製品をつなぎあわせることとなった。

銃の形をした PLU にはロームが提供するセンサーが備わっており、これを使って、ユーザは Z.O.N.E.(β)という開発中のゲームに参加することができる。このゲームでは、個人の集中力などを評価してくれる。将来的には、労働者や学生などパフォーマンスをモニターする必要のある人たちの、身体や精神の健康状態のチェックに使うことができるだろう。

ceatec-2016-tokimeki-sensor
ときめきセンサ
Image credit: ローム

センサーについては、ローム子会社のラピスセミコンダクタ(新横浜)が、土の環境条件を計測するセンサーを開発中だ。この種のセンサーは、土ではないものの温度や湿度といった特性を計測することもできるので、農業や動物学の分野にも適用できるだろう。

人間の世界に話を戻すと、テクマクとロームは過去にも共同で「ときめきセンサ」というゲームを開発しており、その名にある通り、このゲームにはセンサーが用いられている。

日本語でときめきとは、夢中になることで心臓がドキドキすることを意味し、CEATEC で昨年展示されたこのシステムでは、実際に心臓の動悸を計測するものだった。

ceatec-2016-kabuku
Image credit: カブク

他に出会った日本企業としては、デザイン・スタートアップのカブクで、同社は自動車製造のホンダ(東証:7267)と協業し、3D プリンタで作ったボディパーツで自動車を組み立てあげた。カブクのシステムはリンカクと呼ばれ、自動車などの乗り物にカスタマイゼーションの手段を提供することができる。リンカクとは日本語で輪郭の意味だ。

<関連記事>

IoT とファッションに特化したセミナーが1日にわたって続くなど、IoT へと変化しつつある CEATEC の位置付けが強調され、これらのセミナーでは、トーマツベンチャーサポートの納富隼平氏が司会するパネルディスカッションに、CEO の小関翼氏が代表を務める STYLER などファッション業界のスタートアップが複数参加していた。

ceatec-2016-styler
(左から)STYLER CEO 小関翼氏、トーマツベンチャーサポート納富隼平氏
Image credit: STYLER

フランスのスタートアップ都市でもあるリヨンから代表団が駆けつけるなど、フランス政府が参加したことで、千葉の CEATEC 会場以外にも東京で開催されたイベントで、フランスのスタートアップが注目を集めていた。フランス社会党に籍を置くリヨン市長の Gerard Collomb 氏は、東京で DMM.Make AKIBA との提携関係樹立を発表した。

<関連記事>

ceatec-2016-gerard-collomb
CEATEC 2016 で話す、リヨン市長の Gerard Collomb 氏
Image credit: Jerry Suppan, Visionworks Productions

アメリカについては、同国大使館が支援する CEATEC のアメリカのコーナーに、サイバーセキュリティを扱うスタートアップ Darktrace が参加していて、自社のサービスをアピールしていた。同社は日本では、渋谷のセルリアンタワーに地元子会社を有しているが、PSI という日本企業とも協業している。

----------[AD]----------

セブンドリーマーズが、パナソニックやダイワハウスと共同開発中の全自動洗濯物折り畳み機を披露

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら。 日本のスタートアップであるセブンドリーマーズは、パナソニック(東証:6752)やダイワハウス(東証:1925)と共同で、商用化開発しているランドロイド [1] を CEATEC Japan 2015 で明らかにした。CEATEC は「NEXT -夢を力に、未…

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら


laundroid_featuredimage

日本のスタートアップであるセブンドリーマーズは、パナソニック(東証:6752)やダイワハウス(東証:1925)と共同で、商用化開発しているランドロイド [1]CEATEC Japan 2015 で明らかにした。CEATEC は「NEXT -夢を力に、未来への挑戦」をテーマに開催されている、アジア最大のコンシューマエレクトロニクス展示会だ。

このプロジェクトは、セブンドリーマーズが開発した先駆的な自動洗濯物折り畳み技術、パナソニックが持つ洗濯・乾燥機技術や家電開発力、ダイワハウスの住宅建設や介護事業の経験を掛け合わせたものだ。

seven-dreamers-at-ceatec
CEATEC のセブンドリーマーズのブース(撮影:Jerry Suppan)

セブンドリーマーズはシリーズAラウンドで、ダイワハウス、東京大学エッジキャピタルおよび他の複数社への第三者割当増資により、15.2億円の大型資金調達を実施している。これは革新的な技術の開発だけでなく、ビジネスのグローバル展開を意図してのものだ。ランドロイドは洗濯物を折りたたむ労働から人々を解放し、家族や趣味に費やせる時間を増やし、人々のライフスタイルを革新させることを狙っている。

今回の共同開発プロジェクトを通じて、パナソニックは洗濯・乾燥のみならず、折り畳むプロセスも自動化することで、より快適なライフスタイルを提供することを目標に置いている。一方、ダイワハウスは、社会問題解決を目的としたサービスやプロダクトを定期ょすることで、理想的な社会モデルの実現を狙っている。


  1. 登録商標出願中。
----------[AD]----------

イベントシーズン到来と共に、続々とプロダクトを発表するスタートアップたち——CEATEC、La French Tech Tokyo、技とテクノの融合展から

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら。 日本の多くのスタートアップは、秋の到来と共にプロダクトやサービスを一斉に展示し始める。日本中でメジャーな展覧会が数多く開催されるからだ。今年の特徴は異業種間の協力や協業だ。世界中でネットワークが拡大していることにより、かつてのニッチは克服できるのかもしれない…

本稿は、THE BRIDGE 英語版で翻訳・校正などを担当する “Tex” Pomeroy 氏の寄稿を翻訳したものです。オリジナルはこちら


yudogaku-2
游働学財団の皆さん(江戸・TOKYO 技とテクノの融合展の会場で)

日本の多くのスタートアップは、秋の到来と共にプロダクトやサービスを一斉に展示し始める。日本中でメジャーな展覧会が数多く開催されるからだ。今年の特徴は異業種間の協力や協業だ。世界中でネットワークが拡大していることにより、かつてのニッチは克服できるのかもしれない。特に日本のスタートアップにとっては。

yudogaku-1
游働学財団の皆さん(江戸・TOKYO 技とテクノの融合展の会場で)

例えば10月2日には、東京都の支援により「江戸・TOKYO 技とテクノの融合展」が東京国際フォーラムで開催された。これまでは、東京の工業地域からニッチな企業が数多く集まっていたが、今年は他の都道府県や海外からの企業と協力している事例が見受けられた。中でも顕著なのは、東京モーターショーでプロダクトを展示する超小型電気自動車の開発企業や、大阪大学の支援を受けたヒューマノイド・スタートアップがセンターステージを飾っていたことだ。

展示ブースで興味深かったのは、農業製品のプロバイダーと小規模な貿易会社間の協力を拡大しようとする福島に特化した企業グループ、あらゆる貿易支援を一括提供する埼玉の企業、横須賀リサーチパークYRP-IoT が他社と協業し、同社の技術を使った実用例を作り出そうとする試みなどだ。

yrp-iot

10月の第2週には、日本の電子産業界が支援する家電イベント CEATEC が開催される。今年の CEATEC は初めての試みとして東京モーターショーと密接に協力しており、また、スタートアップによる挑戦を刺激し IoT アプリケーションを実現することを意図して、野村総研とハッカソンも共催している。電子産業界の協力が得られる宇宙開発を念頭に「Space Robot Contest」も開催している。

la-french-tech-tokyo-1

一方、日本からは La French Tech Tokyo に参加しているスタートアップもいた。La French Tech Tokyo はフランスのスタートアップを多数日本に招き、彼らの製品を紹介してもらうというイベントだ。参加した日本企業は、健康やスポーツ、環境、そして言うまでもなく製造分野関連の企業によるビジネス拡大への協力に、大きな関心を示していた。フランスの企業は依然として、各社が個別にマーケティングしたがる傾向があり、このような展示会の機会に参加する企業は例外的な存在と言えるだろう。

la-french-tech-tokyo-beam
BeAM CEO Emmanuel Laubriat 氏(La French Tech Tokyo 会場で)

特に目を引いたのは、東京に CEO Emmanuel Laubriat 氏が足を運んでいた BeAM(Be Additive Manufacturing の略)だ。Laubriat 氏は、自社のエンジニアが数週間後の東京モーターショー参加で来日するのに先立ち東京入りしていた。同社の強みは、3D プリンター用の金属レーザー技術が使えること。風力発電機浮体基礎を販売する IDEOL のような企業や、ロスチャイルドの元バンカーが始めた Natural Grass のようなスポーツ競技・ビル緑化向けの人工芝を販売する企業に積極的にマーケティングをしたいとしている。

イギリス、アイルランド、ノルウェーなどのヨーロッパの企業は、CEATEC を自分たちのプロダクトの実験台と捉えているようだ。IoT はイギリスやアイルランドにとって将来有望な分野であり、ファブレス半導体企業 Nordic Semiconductor に話を聞いたところでは、日本における実地調査は、彼らのアジア太平洋戦略で最優先事項なのだそうだ。アメリカ企業については、業界企業や IEA(国際エネルギー機関)が電気製品の効率向上を実現すべく取り組む(IEA 4E)、低電力消費に関する CPS(サイバーフィジカルシステム)および IoT 基準が、この分野に参入しようとするベンチャー企業に刺激を与えているようだ。

Emotion IntelligenceインクリメンツRepro などの日本のスタートアップが La French Tech Tokyo に参加していた。読者への参考情報として、2015 年は「日本フランス・イノベーション年」で、フランス政府は精力的にフランス企業と日本企業のコラボレーションを支援している。

----------[AD]----------

平面なのにボタンを押してる感触ー京セラがCEATECで触覚フィードバックタッチスクリーンボタンを展示

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 CEATEC Japanで京セラブースを訪れた際に同社の「新感覚タッチスクリーン」を試すことができた。それは触感フィードバックタッチスクリーンで、平面を押しているのにふつうのボタンを押しているような感覚を得られるスクリーンだ。 展示ではゼリー型、クリック型、ブザー型などの多様なボタンがあった。ボタンには深さレベルを設定でき、半押し、全押しの二つの設定レベルを選…

【翻訳 by Conyac】【原文】

112683af646ffcfeedf97b9141fee4e6

CEATEC Japanで京セラブースを訪れた際に同社の「新感覚タッチスクリーン」を試すことができた。それは触感フィードバックタッチスクリーンで、平面を押しているのにふつうのボタンを押しているような感覚を得られるスクリーンだ。

展示ではゼリー型、クリック型、ブザー型などの多様なボタンがあった。ボタンには深さレベルを設定でき、半押し、全押しの二つの設定レベルを選ぶことができる。

下のデモ(下記動画参照)では7レベルの深さを試すことができ、その触感はすごかった。京セラによると、この新タッチパネルは「振動により指の神経を刺激し、触感を再現している」という。スクリーンには触感のために圧電素子を使っているという。

現在のタッチスクリーン機器に対する不満のひとつは触感がないことだ。個人的には例えばiPadのヴァーチャルキーボードは使いづらく、不満を持っている。こうした技術によって使い勝手を改善できるかどうかはわからないが、そうなることを期待したい。

詳細は京セラの以下のリリースを参照してほしい。

>

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------