THE BRIDGE

タグ co-working

顧客体験か拡大かーー高級バーをオフィスにする「Spacious」にみる初期顧客維持の難しさ【現地レポ】

SHARE:

お酒や高級ディナーに定評のあるレストランが都市部では多く点在します。会員制のバーなどが代表的でしょう。 こうしたお店は夕食の時間帯からの売上を軸に経営していますが、売上増加を図るためランチタイムの営業をすることがあります。しかし昼食の時間帯にお店を開いたとしても客層が変わってしまい、収益があまり上がらないことが往々に発生しています。結果として高いお金を費やして購入した装飾や雰囲気を最大限活かさせず…

Spaciousの店舗(写真撮影:筆者)

お酒や高級ディナーに定評のあるレストランが都市部では多く点在します。会員制のバーなどが代表的でしょう。

こうしたお店は夕食の時間帯からの売上を軸に経営していますが、売上増加を図るためランチタイムの営業をすることがあります。しかし昼食の時間帯にお店を開いたとしても客層が変わってしまい、収益があまり上がらないことが往々に発生しています。結果として高いお金を費やして購入した装飾や雰囲気を最大限活かさせずにいる課題を抱えていました。

2016年にニューヨークで創業した「Spacious」は高級レストランやバーを朝から夕方まで開店させ、会員向けにコワーキングスペースを提供するサービスを展開。2018年5月には合計900万ドルの資金調達に成功している注目の不動産スタートアップです。本稿では筆者が現地サンフランシスコでSpaciousのサービスを体験して得たインサイトをもとに、同社サービスの良さやビジネスモデル、課題点を考察していきます。

まるで空港のラウンジ。圧倒的な顧客体験

Spaciousの店舗外観(写真撮影:筆者)

『The New York Times』の記事によると、Spaciousは2018年7月時点でニューヨークとサンフランシスコに25店舗の提携レストランを持つそうです。筆者が訪れたのは「PRESS CLUB」と呼ばれる高級バー。サンフランシスコ市内中心にあり、大通りからすぐ入った所にある立地条件には申し分のないお店です。

Spaciousの店舗(写真撮影:筆者)

店内入り口のiPadで簡単なチェックインを完了させれば入店できます。筆者の場合は初回5ドルお試しプランだったのですが、2回目以降は月額会費を支払う必要があります。会員プランは年間契約で月額99ドルから。

1回から階段を降りて地下のオープンスペースにたどり着くと300席ほどはあるバーが利用できます。来店時は客数は10名もおらず、Spacious側のスタッフ数2名と合わせると専有率は5%にも満たない印象でした。筆者が現地に到着したのが平日の午前10時頃。天気はあいにくの雨だったため、集客に苦労することが予想されているとはいえ、非常に利用率が低い印象を持ちました。

一方、人が少ない閑散とした雰囲気は仕事をするのには最高の環境です。まるで空港の会員ラウンジを体験させてもらっている気分に浸れました。ちょうど電話会議があったのですが、Wifiの繋がりも非常に強く助かりました。たとえば人数も少ないのでエグゼクティブを招いたコーヒーミーティングには最適でしょう。

「Vox」の記事ではSpaciousのターゲット顧客を”都市在住デジタルクリエイティブ”と紹介しています。リモートワークを中心に、自由にWifiのある都市中のコーヒーショップを回って仕事をするクリエイターたちです。筆者も本メディア記事の執筆を行う目的で訪れたため、私自身がSpaciousのサービスを利用するシーンとしてはぴったりだと感じました。

Wifiのつながるカフェを幾つかサンフランシスコ市内に知っているのですが、Spaciousの方が圧倒的な体験優位性を持っている点から、もう他のカフェには通えないと覚えるほど感動を得たのが正直なところです。

通常、カフェを利用するには1杯6〜8ドルほどのコーヒーやお菓子を頼む必要があります。平日毎日通うとすると単純計算で最低でも120ドルの出費です。Spaciousでは同額でコーヒー・紅茶・お水の簡単なビバレッジ提供込みで、市内の高級レストランに通えます。年間契約を選べば月40時間の利用リミットで99ドル。1時間当たり2.47ドルの価格帯は十分にカフェとの競合差別要素となるでしょう。

在庫切り売りモデルからの脱却。課題は初期顧客の離脱か

Spaciousの店舗(写真撮影:筆者)

Spaciousが参入するコワーキングスペース市場で代表的な企業はWeWorkでしょう。同社はビルの一角の大規模スペースを借り上げ、月額モデルで1席毎に顧客へ又貸しするビジネスモデルです。いわゆる在庫を切り売りするモデルのため大きな出費が伴います。

しかし、ターゲット顧客は比較的短期間しか利用をしないスタートアップや中小企業です。数年単位の長期利用を求めないため、利用料金を比較的高めに設定しても顧客獲得に成功しています。こうしたビジネスモデルからなるべく1スクエアフィート当たりの収益率を向上させる戦略が求められます。

一方、Spaciousは直接店舗を構える必要のないネットワークビジネスのため初期投資がかかりません。公にはされていませんが、提携店舗と月額最低利用料金もしくは収益分配モデルの契約を結んでいることが想定されます。

たとえばPRESS CLUBに対しての契約金を月額1万ドルとしましょう。会員がPRESS CLUSをあまり利用せず、同店舗当たりの売上貢献率が1万ドルに満たなくとも最低契約金は保証してSpacious側が支払う構図が考えられます。仮に1万ドル以上の売上貢献を生み出せた場合は同額相当の収益分配を行い、残額がそのままSpaciousの収益となる仕組みです。

提携店舗と最低利用料金を保証するビジネスモデルとした場合、店舗側は一定収益の確保が担保されます。仮に顧客が集まらない売上貢献率の低い店舗だと判明しても、Spacious側が契約を切ることでネットワークのキュレートの質及び収益率の改善が見込めます。

契約の打ち切りは最後の手段であり、ネットワーク規模の縮小に繋がるため、おそらくAIを活用して立地場所から期待売上高の計算など、非常に効率的に店舗選定を行っていると思われます。

Spaciousの店舗(写真撮影:筆者)

このように、SpaciousのモデルはWeWorkのように大型ビルを貸し切るモデルとは異なり、店舗単位で売上比率を計算でき、コスト源となると判明したネットワーク店舗は最悪切り離せるリスクヘッジも可能なものです。ネットワークを急速に拡大するには良いモデルだと考えられるでしょう。

ですが、最も忘れてはいけない点は初期顧客体験です。サンフランシスコで利用する現在の顧客は今後優良顧客になり得る可能性が大いにあります。

ネットワークの中から行きつけの店舗が人気になれば、筆者が感じた「静かに大きなスペースをくつろぎながら使える」体験が薄れてしまいます。サービスの拡大と共にサービス体験の期待値を超えられなくなり、優良顧客が離れる現象が発生してしまうのです。

立ち上げ初期からサービスに共感を持っていた顧客を失う事態は、コミュニティビジネスには頻繁に見られるジレンマとも言えるでしょう。初期優良顧客を維持するのか、拡大のため新規顧客獲得に走るのかは非常に大きな戦略意思決定力が求められます。

この点、少なくともSpaciousは数年以内に「静かで落ち着く高級なコワーキングスペース」という提供価値を大きく変更せざるを得ないタイミングが来るでしょう。利用客が増えればプレミア感が薄れ、静かで高級感のある雰囲気が壊されてしまいますが、サービス拡大のためには止む終えない、避けては通れない道だと感じました。

サービス体験価値が変わってしまうことは、ペルソナ像もターゲット顧客も変わることを意味します。初期ユーザーは顧客が増えると自分が求める体験価値をサービスに見出せなくなる。しかしビジネス的には顧客を増やさないといけない。なんとも難しい取捨選択を強いられるでしょう。

もしかしたら大型ベニューではなく、初めから小さなスペースを限定にした店舗ネットワークを構築すれば、1店舗当たりの利用客が増えたとしても顧客体験が傷付くことはないかもしれません。日本でも渋谷や新宿で昼間に閉まっているこじんまりとしたバーをSpaciousモデルで囲うと面白いようにも思えます。

さておき、今回は非常にリッチなサービス体験をしたと同時に、顧客コミュニティー育成に関するビジネス上の課題も感じた体験でした。

----------[AD]----------

タイでコワーキング?HUBBA、スタートアップのサポートについて語る

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 HUBBAチームが、なぜタイで最初のコワーキングスペースのひとつを作ったのか、そしてタイのテック系スタートアップコミュニティが求めるサポートについて語ってくれた。 e27はタイのコワーキングスペースHUBBAと力を合わせて、「Founders Drinks」やもうすぐ開催される「Echelon Ignite: Thailand」などのイベントの計画に取り組んで…

【翻訳 by Conyac】【原文】

HUBBAチームが、なぜタイで最初のコワーキングスペースのひとつを作ったのか、そしてタイのテック系スタートアップコミュニティが求めるサポートについて語ってくれた。

e27はタイのコワーキングスペースHUBBAと力を合わせて、「Founders Drinks」やもうすぐ開催される「Echelon Ignite: Thailand」などのイベントの計画に取り組んでいる。HUBBAが地元のスタートアップコミュニティーをいかに支援しているかを詳しく知るために、私たちは同チームの共同設立者Amarit Chroenphan (Aim)氏と対談し、シンガポールと比べてスタートアップへの支援が少ない都市で民間のコワーキングスペースを運営するために必要なものを聞いてみた。

HUBBAのアイディアのきっかけは何でしょう?特に、コワーキングという考え方が比較的新しい場所で、HUBBAを始めようと思ったのはなぜですか?

私たちはコワーキングというアイデアを長年見てきましたし研究もしてきました。皆が話題にしているにも関わらず、実際にそれを行う人がいないことに気付きました。私たちは何か素晴らしいことに取りかかろうとしていました、それは従来の仕事場という領域に頼らずにキャリアの目的を達成できる職場文化のパラダイムシフトです。インターネットやデジタルツールによって、スタートアップやフリーランサーははるかに少ない費用で事業を始めることができるようになりました。

ですが、テクノロジーによって人が事業を始めやすくなったにも関わらず、タイでのビジネスの成功率が向上しておらず、その理由がスタートアップを成功させるためのスタートアップエコシステムがタイにはないことに、私たちは経験のある起業家として気付きました。

私たちはこのことを個人的なミッションとして、事業を始めかけていた同志や同僚の成功を高めると同時に、私たちの最新のスタートアップ(スタートアップ専門のコンサルタント、Ascendex Consulting)で自身の成功のチャンスを促進しようとしました。

私たちは、コワーキングスペースが草の根的な活動からタイのスタートアップエコシステムを確立する上で、最初の、そして最も論理的なステップだと信じています。というのも、まず最初に大きく、アクセス可能なスタートアップコミュニティがなければ、能力構築、ワークショップ、イベント、もしくはシード資金プログラムがどんなにあっても効果がないからです。

私たちはまた、コワーキングというアイデアが世俗的で階層的、かつ政治的で刺激がないというタイの標準的な職場や仕事を震撼させるということ、そして、成功してタイ国内全体にサービスを拡大すれば、人の仕事の仕方を変えると同時に、大手企業の事業の行い方、社員の扱い方までを変える可能性があるということも気に入っています。

ですが、最も重要なことは、私たちがなぜこんなに早く(6ヶ月以内)コワーキングスペースを立ち上げることができたかという理由です。それは、私たちがこのコンセプトが非常に素晴らしいと信じていましたし、一緒になって働きたかっただけでなく、スタートアップの成長と成功をサポートするためにはコワーキングスペースが有益で大事であることを直感的に知っていたからです。

私たちはずっと前からコワーキングスペースがあればよかったと思っていました。そして、もしあれば、絶対に参加し、以前のスタートアップで犯した同じミス(時には致命的なミス)を二度としなかったでしょう。

HUBBAのチームやメンバーについてもう少しお話いただけますか?

驚くと思いますが、HUBBAチームは技術的ではなく、起業家精神の高い集まりです。共同創設者は、Charle Charoenphan、Amarit Charoenphan、そしてKanadej Thamanoonragsaの3人、そして3人のパートナー(Chalermyuth Boonma、Ming Mahakittikun、Fasai Pongpitaksopon)がいます。

メンバーの2人(CharleとMing)はそれぞれ3つのスタートアップを始めている、もしくは共同創設していて、Amaritは2年近くの社会事業インキュベーション経験を持っています。

Note(Chalermyuth Boonma)はTechMeetup Bankokイベントで積極的にコミュニティーを築いています。そして、KanadejiはHUBBAの最高財務責任者であると同時に非公開投資会社のファンドマネージャーも務めています。

最近加わったパートナーのFasaiは、現在、シンガポールのコミュニティディレクターとして一緒に働いていますが、同時にGoogleシンガポールのアカウントストラテジストとしても働いています。

彼女がチームに加わったことで、シンガポールに進出しサービスの東南アジア拡大を目指すタイのスタートアップが抱えるギャップを埋め、e27やベンチャーキャピタルそしてコワーキングスペースなどシンガポールのパートナーをタイやASEANのスタートアップコミュニティに結びつける助けとなるでしょう。

HUBBAには現在どのくらいのスタートアップ/企業/プロジェクトがあるのでしょう?お気に入りのチームは?

HUBBAには100以上の登録メンバーがいます。現在、活発に活動しているメンバーは約50人ほどです。

私たちが気に入ってるチームメンバーに、Computerlogy社出身のVachara(ニックネームはKuk)です。Computerlogyは7時間で「Do Something」をつくって、ジャカルタで開催された「Facebook World Hack 2012」で優勝しています。彼はまた「SocialEnable」という素晴らしいプロダクトを持っており、それはクールなソーシャルメディアモニタリングツールです。

もう1人は、Portfolios.netを運営するAce Thanaboon Somboonです。Portfolios.netは、ポートフォリオ共有サービスではタイ最大のウェブサイトおよびコミュ二ティで、3万人を超えるクリエイター、デザイナー、アーティストが登録しています。彼はCreativemove.comも運営しています。クリエーター、アーティスト、デザイナーが集まったコミュニティの中でソーシャルイノベーションやアクションを助長するオンラインブログです。

タイでコワーキングスペースを成功させるには何が必要ですか?また、どのようなサポートを必要としていますか?もしくは、今、サポートを受けているものはありますか?

成功しているコワーキングスペースは、スタートアップコミュニティそしてスタートアップエコシステム全体に価値を与えることに情熱を持っている素晴らしい人たちによって運営されています。コワーキングスペースの創設者は、クールで、大きい、もしくは安いコワーキングスペースを構築するだけではないということに、細かく注意を払う必要があります。

コワーキングスペースは、実用性、快適さ、利便性に加え、必要なすべてのツールやハードウェアのあるスペースで、スタートアップやフリーランサーが長時間働くことから、仕事と日常生活のよいバランスを提供しなければなりません。

コミュニティマネージャーや促進者という献身的なチームは、実業家、ハッカー、デザイナーなど様々ではありますが補完的なバックグラウンドを持っており、Startup Weekend Bangkokや、ワークショップ、Echelon Ignite: Thailandのようなイベントで、スタートアップ起業家からなるしっかりとした集団コミュニティを集めて育成していきます。

そうすることで、スタートアップが発掘され、出資を受け、世の中と繋がることになるのです。HUBBAチームが毎日繰り返し唱えているマントラがあります。それは、「私たちのコミュニティで、どのようにしたらもっと価値を提供でき、スタートアップの成功をサポートすることができるだろう?」です。

私たちのサポートは必要とされていて、コワーキングの取り組みを普及したいと思っています。そうすれば、もっと多くの人がその取り組みについてもっと自由な感情を抱くことができます。Deskmag.comが行った素晴らしい調査では、街にコワーキングスペースが増えれば増えるほど良いというものです。

それは、より多くの人がコワーキングを体験し、実生活に取り入れる可能性か高まるからだと指摘しています。タイには、「片手で音を出しても両手で出す音には叶わない」ということわざがあります。まったくその通りだと私たちは思っています。

ですから、もし、コワーキングスペースを運営したい人で、スタートアップコミュニティのことを本当に考えている人がいれば、私たちはこれまで培った経験、ネットワーク、そしてできるだ多くのノウハウを提供してその人たちを支援したいと思います。そうすれば彼らも早く成功し、私たちが犯したミスも繰り返さないでしょう。

タイでコワーキングスペースは成長し続けると思いますか?タイのテックスタートアップコミュニティがそこから得るメリットとは何でしょう?

コワーキングスペースは成長し続けるだけでなく、タイそして世界中のペースを加速させるでしょう。コワーキングスペースは、テックスタートアップにさまざまなメリットをもたらします。まず、素晴らしいコワーキングスペースはスタートアップが事業を始めるのを簡単にします。

HUBBAでは5分で登録すれば、すぐにHUBBAをオフィスとして使えるようになります。素晴らしいコワーキングスペースの確かなサポートによって、起業家たちは素晴らしいプロダクトの制作にのみ集中することができます。

2番目に、コワーキングスペースは「促進されたセレンディピティ」の豊富な場所です。自分自身、もしくは自身のスタートアップに永遠に良いインパクトを与えるような出会いのチャンスの場です。促進されたセレンディピティはさまざまな形で現れます。

例えば、理想的な共同設立者に会い何かを一緒に始めたり、抱えている問題を経験者や専門家に助けてもらったり、作業やイベントで学んだことがアイディアやスタートアップの方向を180度変えたり、チームやプロダクトを信じてくれるエンジェル投資家やベンチャー投資家らを見つけたり、などです。

これらのチャンスは、HUBBAにいるような、献身的なコミュニティマネージャーで構成されたチームのみによってもたらされます。HUBBAでは、私たちは誰のことでもすべて知っているので、常に適切な紹介や推薦をすることができます。残念ながら、家や喫茶店で取り組んでいてはこのようなことは決して経験できません。

3番目に、コワーキングスペースは、世界を変えることに夢中な人や、慣習を揺るがしたい人、もしくはものすごいアプリを作ろうとしている人などの、意欲的な人の集まりです。もしコワーキングスペースにスタートアップがジョインすれば、互いに意欲をそそり、互いに野心的になるのは避けられません。起業家というものはもともと競争心のある人たちだからです。

最後に、コワーキングスペースは、テックスタートアップらを世界のスタートアップコミュニティにさらすことで、サービスを早く地域的に拡大するよう支援することができます。HUBBAでは、メンバーの50%がシリコンバレー、ボルダー、ニューヨーク、シンガポール、日本、そして韓国などの国々からの外国チームで構成されています。

スタートアップはコワーキングスペースで毎日英語を話してピッチの練習をするチャンスをえるだけではなく(これは地域拡大するための重要なスキルであることは驚くことではないが、タイの起業家に唯一欠けているスキル)、その他の国のスタートアップエコシステムと事業を地域的に拡大するのに何が必要かを直に学び体験することできます。

タイ国外でのスタートアップの可能性を学ぶ人が増えれば増えるほど、スタートアップは事業拡大に自信を持ち、HUBBAのようなコミュニティビルダーはコワーキングスペースやプログラムを構築して、スタートアップをより良いものへとなるよう支援し、スタートアップエコシステムを成長させることができるのです。その後は、タイのスタートアップエコシステムの成長を止めるものはありません。

HUBBAは「Echelon Ignite: Thailand 2012」の戦略的パートナーだ。このイベントに参加して、一流の起業家、投資家、コミュニティリーダーからタイでの事業に関する話を聞いてみよう。講演者やトピックについての詳細は、「Echelon Ignite: Thailand 2012」の公式ウェブサイトで。

【via e27】 @E27sg

----------[AD]----------

バター工場を改装した魅力的なコワーキングスペース「York Butter Factory」に集まるスタートアップ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 このブログを頻繁にチェックしている読者ならおそらく気づいていることと思うが、Optus-Innov8のシードプログラムに選ばれたスタートアップはYork Butter Factory(以下YBFと略す)で活動している。これはメルボルンの市街地にあるコワーキングスペースだ。そしてそのスタートアップは、特別な待遇を受けることができる。 初めてその空間に足を踏み入…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

このブログを頻繁にチェックしている読者ならおそらく気づいていることと思うが、Optus-Innov8のシードプログラムに選ばれたスタートアップはYork Butter Factory(以下YBFと略す)で活動している。これはメルボルンの市街地にあるコワーキングスペースだ。そしてそのスタートアップは、特別な待遇を受けることができる。

初めてその空間に足を踏み入れた時、私は「おお!」と驚いた。市内の便利な場所に位置していることは確かなのだが、この美しくデザインされたヴィンテージ感のある低層の建物は、50階建ての超高層ビルの真ん中で目立っている。実際、この建物はかつては本物のバター工場だったのだ。そこには「バター製造・乳製品販売輸出、1855年創業」と書かれあり、建てられてから158年は経過している。まるで遺跡のリストに名前が載っていそうな外観を初めて目にした時、住所を間違えたかもしれない、と思ったくらいだ。

このコワーキングスペースは意欲的な起業家たちを迎え入れるため、Adventure Capitalのパートナーたちと共同で設立、昨年の10月にオープンした。さらに、現在シードステージにある多くの可能性を秘めたメルボルンの40を超える企業、100を超える個人にとっての本拠地となっている。YBFの共同設立者、そしてAdventure CapitalのマネージングパートナーのStuart B. Richardson氏(写真右)はYBF文化の特徴について次のように語る。

「[#GSD] ・・・仕事をやり遂げるぞ!(訳者注:原文はWe Get Shit Done!、略すとGSDとなる)私たちはこれをモットーにしており、YBFのコミュニティの一部となることを選択した人々が仕事を成し遂げることを期待しています。グローバルな成功に向けてベストなショットを打ち出し、弾力性と持続力のあるビジネスを作っていくことは本当に大切なのです」。

YBFの共同設立者兼Adventure CapitalのゼネラルパートナーであるDarcy Naunton氏が2階建てのYBFの中を案内してくれたが、起業家たちが夜遅くまで仕事に没頭している様子は大変印象深かった。さらに、彼らはStartup Weekendsやハッカソン、メルボルンのSilicon Beach Drinks、そしてオーストラリアのAngel Investment NetworkやAurelius Digitalといった多数のイベントに参加したことのある顔ぶれだ。Stuartは次のように説明してくれた。

「YBFには、いつも面白い人たちやイベントが新しく絶え間なくやってきます。地元のインキュベータやアクセラレータに対するプレゼンイベントやAWS、Big Data、Clojure、Google、WordPressそしてESRI Usersといった企業のミートアップイベントなどです。

現在YBFの中で働く人々、そのOB・OG、より広範囲の企業やテクノロジーコミュニティなど、私たちがサポートする多様性に富んだコミュニティにおいて提携や協力の機会をたくさん提供できることを本当に誇りに思っています。さらに私たちは、起業家が好奇心を持った瞬間、そしてアイディアが浮かんだ時点から資金提供と価値実現を通して彼らをサポートするという「スーパーチャージされたエコシステム」を作り出しています。最も重要なことに、ここには本当に楽しいサポーターがいるのです」。

広々としたコワーキングスペースにはソファが備え付けてあり、形式張らないコラボレイティブエリアにはクールなコーヒーメーカーと冷蔵庫が置いてあり本当にリラックスできる。そしてビールも忘れてはいけない。常設のデスクは1ヶ月600ドルですべてのサービスが利用できる。一時的にデスクを利用することも可能で、1週間に1日ならば1ヶ月100ドルである。YBFの入居者になれば、サンフランシスコのStartupHQのような同様のコワーキングスペースのグローバルなネットワークへ相互にアクセスすることも可能となる。

行ってみたいと思う読者のために、下に住所を記しておく。それからいくつか写真を載せておいた。

62-66 King St
Melbourne, VIC 3000
Australia

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------