THE BRIDGE

タグ fxcamera

Androidカメラアプリ世界一のFxCameraがダウンロード2000万を突破−iPhone版もリリース予定だ

SHARE:

「Androidカメラアプリで世界一に」ビットセラー代表取締役の川村亮介氏は、10月16日に発表したリリースで、同社が運営しているAndroidカメラアプリの「FxCamera」がダウンロード2000万突破したことを発表した。 FxCameraは2009年に誕生し、現在では225カ国のユーザーに利用されている。2012年4月には、ビットセラー開発者の山下盛史氏から全事業を取得し、山下氏がビットセラ…

「Androidカメラアプリで世界一に」ビットセラー代表取締役の川村亮介氏は、10月16日に発表したリリースで、同社が運営しているAndroidカメラアプリの「FxCamera」がダウンロード2000万突破したことを発表した。

FxCameraは2009年に誕生し、現在では225カ国のユーザーに利用されている。2012年4月には、ビットセラー開発者の山下盛史氏から全事業を取得し、山下氏がビットセラーの取締役に就任するという形で開発を進めてきた。ダウンロード2000万を記念し発表したデータによると、ユーザシェアは、米国で22%、2位に日本で19%、3位に韓国で10%、その後、インド、タイなど、アジア圏でのシェアを占めている。

FxCameraは、撮影した画像に数種類のエフェクトを誰でも簡単にかけることが可能で、GooglePlayの無料写真カテゴリーランキングでは常に上位をキープしている。Androidカメラアプリのみでサービスを展開していたが、2012年6月には、FxCameraの全面リニューアルを図り、それによってユーザ数がこれまでよりも300%以上の伸びをみせている、と川村氏は語った。

「現在、世界でも10億台のスマホユーザがいる。今後5年くらいで、40億台近いのスマホユーザに成長する見込みがある。だからこそ、モバイルに力をいれてサービスを作っていきたい」

川村氏は、今後の方針としても、モバイルの可能性と、事業としての方向性を語った。

今後は、ユーザからも要望が大きかったiPhoneアプリを11月にリリース予定だ。今後、年内には2500万ダウンロードを目指し、iPhoneアプリ、Android双方に力をいれ、2014年前半には、1億ダウンロードを目指し、世界一のカメラアプリを目指す、と語った。

ぜひ、こちらから、FxCameraをダウンロードしてもらいたい。

----------[AD]----------

写真アプリFxCameraを買収したビットセラーが500万米ドルを調達

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 2,3週間前に日本のウェブ会社であるビットセラーに買収された日本発のAndroid写真アプリFxCamera。本日(原文掲載4月27日)、ジャフコから4億2000万円(500万米ドル以上)の資金調達を行ったことを知らされた。 FxCameraは(マーケットに出てから長い時間が経っているが)1500万ダウンロードされ、ビットセラーによるとAndroidの写真ア…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

2,3週間前に日本のウェブ会社であるビットセラー買収された日本発のAndroid写真アプリFxCamera。本日(原文掲載4月27日)、ジャフコから4億2000万円(500万米ドル以上)の資金調達を行ったことを知らされた。

FxCameraは(マーケットに出てから長い時間が経っているが)1500万ダウンロードされ、ビットセラーによるとAndroidの写真アプリで世界最大を誇る。彼らの発表によると、今回の調達でアプリ開発チームの強化とフィルター機能の改善、そしてアプリを”ビジュアルプラットフォーム”に変身させることを目指している。

ビットセラーのFxCameraのマネタイズ戦略は、公開予定のクラウド写真ストレージサービス「Cellar (Cellar.io)」との連携である。まだ公開はされていないが、プランはDropboxのようにフリーミアムモデルでユーザにストレージで課金すると聞いている。

FacebookがInstagramを買収したので、写真アプリ市場に少しスポットライトがあたっているようだ。先週見たとき、私はLine cameraを凄く気に入った。そしてそこにも大きな可能性がある気がする。

FxCameraを試してみたければ、Google Playで手に入れる事ができる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

Instagram買収直後に日本の人気カメラアプリFxCameraはビットセラーに買収された

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 日本製のAndroidアプリであるFxCameraは、ウェブ会社のビットセラーに買収された事を今夜(原文掲載4月11日)東京で発表した。FxCameraは山下盛史氏によって開発され、ダウンロード数は1500万を誇る。ユーザー数で見ると写真加工アプリとして世界で最も人気があると言う。 買収価格は公表されていないが、北海道生まれの山下氏がビットセラーの会社経営の…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

日本製のAndroidアプリであるFxCameraは、ウェブ会社のビットセラーに買収された事を今夜(原文掲載4月11日)東京で発表した。FxCameraは山下盛史氏によって開発され、ダウンロード数は1500万を誇る。ユーザー数で見ると写真加工アプリとして世界で最も人気があると言う。

買収価格は公表されていないが、北海道生まれの山下氏がビットセラーの会社経営の取締役に就任し、開発チームを強化してFxCameraの運営を続ける。会社はまだ赤字で自己資金でまわっているとメールで話すビットセラーの川村亮介氏だが、マネタイズ戦略はある。

「FxCameraと、今月発表のクラウド写真ストレージサービス”Cellar”の統合によってマネタイズしていく計画だ」。

さらにプレスリリースによると、この買収でさらに多くのユーザを得るためにiOSアプリとFxCameraの機能拡張の提供を開始するらしい。

今週始めにFacebookに買収されたアメリカのスタートアップ「Instagram」のような補助的なソーシャルネットワーク要素を持たないFxCameraは正統派の写真共有アプリだ。質のいいアプリの開発者が認知を高め、その努力が何かしらの形で報われることは良い事だ。

FxCameraはPlay Storeで見つける事ができる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------