THE BRIDGE

タグ Hover Camera

Snap、折り畳み式自撮りドローン「Hover Camera」開発のZero Zero Robotics(零零無限)を1.5~2億米ドルで買収すべく交渉中【報道】

SHARE:

Snapchat を運営する Snap が、中国のドローンメーカー Zero Zero Robotics(零零無限)を1億5,000~2億米ドルで買収する交渉中である、と Technode(動点科技)中国語版が報じている。国内外企業によるZero Zero Roboticsの買収は、同社設立者兼CEOの Wang Mengqiu(王孟秋)氏により以前は否定されたが、今回の報道について Snap は…

Snapchat を運営する Snap が、中国のドローンメーカー Zero Zero Robotics(零零無限)を1億5,000~2億米ドルで買収する交渉中である、と Technode(動点科技)中国語版が報じている。国内外企業によるZero Zero Roboticsの買収は、同社設立者兼CEOの Wang Mengqiu(王孟秋)氏により以前は否定されたが、今回の報道について Snap はコメントを避けている。

この買収により、当初は自動販売機のみで売られた「Spectacles」という内蔵カメラ付き Snapchat 対応の眼鏡製品をローンチしたばかりであるが、Snap のハードウェア部門はさらに拡大することになる。Snap は5月に Ctrl Me Robotics の買収を行っているが、この製品の販売は同社が消費者レベルの自撮りドローンに引き続き関心のあることを示している。Ctrl Me Robotics は映画向けのハードウェアとソフトウェアを製作しており、Instagram や Facebook といった競合の先を行くために Snap はドローンを内製するのではないかという噂もかけめぐっている。

北京を拠点とする Zero Zero は、自律飛行、軽量、4つのプロペラ、折りたたみ式 HD ドローンの Hover Camera Passport Drone を製作しているが、これはユーザ追跡に顔認証を用いる。同製品の販売はAppleを通してのみ、価格は500米ドル。

<関連記事>

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

折りたたみ式自撮りドローンの「Hover Camera」、UXをアップデートし世界30カ国のApple Storeで500米ドルで発売へ

SHARE:

中国の自律飛行型カメラ搭載ドローンを製造する Zero Zero Robotics が、同社の主力商品である Hover Camera Passport の販売を Apple.com および Apple Store 限定で開始したと発表した。 同社が TechNode(動点科技)に伝えたところによると、アメリカ、カナダ、中国、香港、イギリスの5つの国と地域の Apple Store で本日(原文掲…

中国の自律飛行型カメラ搭載ドローンを製造する Zero Zero Robotics が、同社の主力商品である Hover Camera Passport の販売を Apple.com および Apple Store 限定で開始したと発表した。

同社が TechNode(動点科技)に伝えたところによると、アメリカ、カナダ、中国、香港、イギリスの5つの国と地域の Apple Store で本日(原文掲載日:4月13日)デバイスが発売される。また、来月には他のいくつかの国でも販売予定だという。

Zero Zero Robotics はまた、主力製品である携帯しやすいサイズの飛行型カメラ Passport 1台、および必需品であるバッテリー2個、充電器1個、アダプタ、持ち運びに便利なバッグを含む Apple 限定セットを割引価格(499.95米ドル)で提供する。

ユーザが近距離から写真や動画を撮影できる AI 対応のカメラ搭載ドローンは、昨年10月にローンチされた Passport の他にも多数ある。今回 Apple と新たに提携を結んだ Zero Zero Robotics は、iMovie や Final Cut Pro X といった Apple の動画機能とうまく統合させ、また Apple デバイスから共有や編集をしやすくするために製品上の更新をいくつか行った。さらに、自動メディア編集機能に対応する新しいユーザインターフェイスが Passport とコンパニオンアプリに組み込まれた。

昨年はドローンの流行に乗り、ポータブル飛行型カメラを扱うスタートアップが勢いをつけている。SnapLilyStaaker といった同様の企業の多くは大きな注目を集め、先行予約数を増やした。しかし、それで成功が保証されるわけではない。先行予約で3,400万米ドルもの売上を記録した自律型カメラ搭載ドローン Lily は今年1月に事業を停止している。Hover Camera は出荷を実現させた初の製品の1つだ。

現在、海外市場における Hover Camera の流通経路は限定されており、公式ウェブサイト経由の出荷先もアメリカ国内に限定されている。Apple と新たに提携を結んだことで今後はグローバル市場への進出も大幅に強化されるだろう。

さらに重要なことに、今回の提携は明らかに相手の顧客の取り込みにもつながる。Apple ユーザの大半は、同スタートアップの製品を使った撮影の管理や映像の編集に Apple デバイスを使用するであろう Hover Camera の潜在的購入者である。実際、1年前に実現したAppleと別の中国のドローンメーカー DJI(大疆)との提携についても、同様の理屈が当てはまる。

Zero Zero Robotics の設立者兼 CEO である MQ Wang(王孟秋)氏は、次のように語っている。

毎日の生活に影響を与える革新的なテクノロジーに期待をふくらませる消費者に、自律飛行型撮影という技術を届けられることに私たちは心から喜びを感じております。私たちはさらに多くのお客様に、Hover Camera Passport でのみ実現可能な息をのむような視点から、非常に簡単な方法で思い出をとらえて残してほしいと考えています。

Zero Zero Robotics は、Twitter の元ソフトウェアエンジニアでありスタンフォード大学で博士号を取得しているMQ Wang 氏、および同じくスタンフォード大学で博士号を取得している Tony Zhang(張通)氏によって、2014年に共同設立された。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

持ち運びサイズのセルフィードローン2500万ドル調達【News Digest】

SHARE:

今日から新しくまとめ関連のコンテンツをテスト的に開始します。日々捲き起こる世界のテクノロジーの話題をダイジェストでまとめたり、UberやAirbnb、Xiaomiなどユニコーン企業の動向、勢いづくアジアのスタートアップシーンを素早く、的確に把握するためのコンテンツをご用意していきますので、ぜひ日々の情報収集にお役立てください。 今日から新しくまとめ関連のコンテンツをテスト的に開始します。日々捲き起…

今日から新しくまとめ関連のコンテンツをテスト的に開始します。日々捲き起こる世界のテクノロジーの話題をダイジェストでまとめたり、UberやAirbnb、Xiaomiなどユニコーン企業の動向、勢いづくアジアのスタートアップシーンを素早く、的確に把握するためのコンテンツをご用意していきますので、ぜひ日々の情報収集にお役立てください。

今日から新しくまとめ関連のコンテンツをテスト的に開始します。日々捲き起こる世界のテクノロジーの話題をダイジェストでまとめたり、UberやAirbnb、Xiaomiなどユニコーン企業の動向、勢いづくアジアのスタートアップシーンを素早く、的確に把握するためのコンテンツをご用意していきますので、ぜひ日々の情報収集にお役立てください。

調達関連ダイジェスト(4月27日)

ということで早速今日の話題で気になったのはこちら。

セルフィーしてくれる持ち運びサイズのドローン「Hover Camera」が2500万ドル調達

ドローンの用途として常々言われているのが撮影なんですけど、これは本当にひとつコンシューマー用途に近づいた感じがありました。600ドルなのでまだ個人用途には高いですが、可能性を感じさせてくれる逸品です。以下、その他の調達の話題です。

ベンチャーキャピタル

ヤフーがEast Venturesと連携してアクセラレーションを始めるようです。一時のYCコピー・ブームも過ぎ去り、VR・ARなど新技術も出てきてますので、改めて新しいトレンド発掘するタイミングとしてはいい時期ですね。

  • Kaifu Lee’s Innovation Works gets $15m investment from the World Bank Link
  • Eminent investors in India come together to launch US$19M early-stage fund Link
  • Yahoo Japan and East Ventures want Code Republic to be the Y Combinator of Japan Link

フィンテック

国内ビットコインのbitFlyerが2700万ドルの大型調達。Trovっていうサービスはフィンテックとは少し毛色が違いますが、スマホアプリから手軽に商品に保険がかけられるというもので少し気になりました。

  • With $25.5M in new funding, Trov launches on-demand insurance for individual items Link
  • Indian digital payments company TranServ gets $15M to launch new financial products Link
  • Lendix grabs $13.5 million to become a leading European P2P lending platform Link
  • Alibaba spin-off Ant Financial gets $4.5b funding as China’s payments war escalates Link
  • SBI Leads Japanese Bitcoin Exchange’s $27 Million Series C Link

マーケティング

プロトタイピングツールとして認知も広いInvisionが人材買収。

  • Invision acquires Easee, an animation tool for designers Link– StoryStream Secures $2.6M from MMC for its smart content platform Link
  • Kamcord raises $10M and wants to livestream your Tinder sessions Link
  • Unlockd nabs $12 million to lower your mobile phone bill in exchange for viewing ads Link

IoT・ガジェット系関連

ノキアがフランスのWithingsを買収。スマートサーモスタットのTadoが2300万ドルの大型調達しています。

  • Europe’s Tado raises another $23M to grow smart thermostat and AC control business Link
  • Nokia enters the digital health realm with $192 million acquisition of France’s Withings Link
  • Helium raises $20 million for smart industrial sensors Link
  • Startup raises $72m in series A to engineer world’s first high-end smartphone Link

 

----------[AD]----------

セルフィーしてくれる持ち運びサイズのドローン「Hover Camera」が2500万ドル調達

SHARE:

<ピックアップ> Who needs selfie sticks when this Hover Camera drone can follow you around? セルフィーしてくれる自走ドローンと言えばLilyが有名ですが、ここに大変な強敵が現れました。 Zero Zero Roboticsが2年ほどのステルス期間を経て世に放った「Hover Camera」は重さ240グラムの…

スクリーンショット 2016-04-27 9.36.20

<ピックアップ> Who needs selfie sticks when this Hover Camera drone can follow you around?

セルフィーしてくれる自走ドローンと言えばLilyが有名ですが、ここに大変な強敵が現れました。

Zero Zero Roboticsが2年ほどのステルス期間を経て世に放った「Hover Camera」は重さ240グラムの折りたたみ式ドローンで、顔認識カメラを備えており、飛ばすと勝手に自分を認識して4Kビデオや写真を撮ってくれるすぐれもの。

360度パノラマもいけるみたいで、164フィート(約50メートル)の高さまで飛べるということですから、結構いい感じの集合写真とか撮れそうです。

スクリーンショット 2016-04-27 9.36.40

Re/codeやTechCrunchの記事を確認すると、この2年間のステルス期間中にIDGや中国のGSR Ventures、ZhenFund、ZUIGなどから2500万ドルを調達して開発を続けてきたとか。予約開始は夏を予定しており、現在ウェブサイトでは無料のβテスターを募集しているとのこと。

スクリーンショット 2016-04-27 9.36.22

飛ばし方はスイッチをオンにしてふんわりと空中に投げてやるとホバリングを開始するので(The Next Webのgifがすごくわかりやすいです)そこからスマホアプリを使って方向や高度を操作するようですね。

なにより本気で持ち運びができそうなサイズなので、カバンからサッと出して「ちょっとみんな撮影するよ」という使い方が可能になってるというのがなんとも未来。(実際に店の中とかで使ったらかなり迷惑なのですぐに禁止令出そうですが)

スクリーンショット 2016-04-27 9.36.39

予価600ドルは個人用途には少々高めですが、会社とか(何に使うんだ)に一台ぐらいなら欲しいところです。

via Re/code, TechCrunch, The Next Web

----------[AD]----------