THE BRIDGE

タグ Hyperloop

Hyperloop TT、仏トゥールーズの研究開発センターにチューブを移送——システムの本格開発へ

SHARE:

Hyperloop Transportation Technologies は、人と貨物を運送するための初のHyperloopネットワークの建設を開始するにあたって、初のチューブをフランス南西部にあるリサーチセンターへと輸送した。 同社は、今年の後半には稼働予定の320メートルのシステムを完成させて、2019年にはさらに1kmのネットワークを築く予定だ。 Hyperloop TT は昨年、フランス…

上:仏トゥルーズの研究開発センターに到着したHyperloopのチューブ
Image Credit: HTT

Hyperloop Transportation Technologies は、人と貨物を運送するための初のHyperloopネットワークの建設を開始するにあたって、初のチューブをフランス南西部にあるリサーチセンターへと輸送した。

同社は、今年の後半には稼働予定の320メートルのシステムを完成させて、2019年にはさらに1kmのネットワークを築く予定だ。

Hyperloop TT は昨年、フランスのトゥールーズにリサーチセンターをオープンすることを発表した。トゥールーズは、同国では4番目に大きな都市だが、Airbusなど、数多くの航空・輸送企業が拠点を置いている。Hyperloop TTは今月11日にチューブの移動を始め、ローカルメディアや見物人の間で話題を呼んでいた

HyperloopTTの、Dirk Ahlborn CEOは次のように声明でコメントしている。

「5年前、私たちは輸送における最も大きな問題である効率、快適さ、スピードという問題を解決するべくスタートしました。本日、その目的を達成するための重要な一歩を踏み出しました。

Hyperloopは、迅速な加速をしたり、過去の速度記録を破る以上のことをしています。本当の機会というのは、効率的で安全なシステムを創造すること、同時に無類の乗車エクスペリエンスを提供することです」

2013年に創業して以来、HyperloopTTは800名のエンジニアチームと40の企業・大学パートナーを有している。同社はロサンゼルスをベースにしているが、オープンコラボレーションモデルを用いている。HTTに「参加」して、ストックオプションをもらう形で報酬を得ることができるのだ。

HTTはこれまで3180万ドルを調達し、昨年の時点で給料が支払われている社員は30名いる。

トゥールーズ以外にも、同社はHyperloopシステムの開発と試験に署名している世界の様々な地域に拠点を構えている。

トゥールーズに設置されるチューブは直径4メートルで、そのサイズは旅客用ポッドと貨物用のコンテナの両方に利用可能であることを意味している。スペインのCarburesで開発されている旅客用カプセルを、今年の夏の後半には準備したいと期待している。

当然ながら、HyperloopTTはシステムを開発するにあたって、いくつかの競合がいる。Hyperloop自体は、イーロン・マスク氏によって提案されたコンセプトでその後オープンソース化されたものだ。人や貨物をカプセルに入れて、減圧されたチューブの技術を使って、長距離を音の速さに近い速度で移動させるというものだ。競合のHyperloop Oneも、このアイデアに乗って、グローバルな輸送システムを開発している。

(本記事は抄訳になります。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

韓国、ハイパーループ技術の導入を目指す

SHARE:

地元のシンクタンクや国内トップの工業系教育機関、政府のイノベーション局の協力のもと、韓国でハイパーループ技術が導入されようとしている。 同国では、プレイヤー間でコンソーシアム協定が結ばれたことによって、近未来型輸送システムの開発、試験、建設を開始することが可能となった。 この協定は、米カリフォルニアの Hyperloop Transportation Technologies(HTT)と韓国政府の…

HTT-concept-viz-1
Hyperloop の構想図
Photo credit: Hyperloop Transportation Technologies

地元のシンクタンクや国内トップの工業系教育機関、政府のイノベーション局の協力のもと、韓国でハイパーループ技術が導入されようとしている。

同国では、プレイヤー間でコンソーシアム協定が結ばれたことによって、近未来型輸送システムの開発、試験、建設を開始することが可能となった。

この協定は、米カリフォルニアの Hyperloop Transportation Technologies(HTT)と韓国政府の科学技術部・建設交通部との間で締結された。

Korea Institute of Civil Engineering and Building Technology(韓国土木研究所)という地元のシンクタンクと韓国でトップの工業系教育機関である漢陽大学もこの構想に参加している。

目標は、韓国を「フルスケールのハイパーループが試験運用可能なテストベッド」にすることだ。

今回の協定の最も興味深い点は、韓国側の利害関係者がライセンスを取得して HTT の専有技術を利用することにある。この専有技術には浮上推進技術に関するノウハウが含まれている。

また、協定には韓国側の人材と資源によるハイパーループの建設(例えば部品の製造や溶接など)のライセンスも含まれている。

そして、業界における安全基準と規制を共同で策定する旨が規定されている。

ハイパーループ技術開発におけるファーストムーバーとして、現在、新たな成長産業の標準化に取り組むことが私たちには求められています。

HTT の会長である Bibop Gresta 氏は声明の中でこのように語る。

3年以上の開発期間を経て、私たちは政府やコンソーシアムと直接協力して、国際的な標準化を行うことができるようになりました。

HyperTube Express

韓国がソウルとプサンを結ぶハイパーループをベースとした輸送システム「HyperTube Express(HTX)」の建設を推し進め、その結果、今回の協定を結ぶ運びとなった。

これが開通すれば、これまで3時間かかっていたソウル-プサン間をわずか20分で行けるようになる見込み。

この「列車」がいかに速いかと言うと、WIRED によれば、現在この2都市間を3時間で移動する韓国高速鉄道は時速320km(時速200マイル)で走行しているという。

また、公式プレスリリースの中で「世界初のフルスケールの乗客用ハイパーループカプセルの生産開始」も大々的に発表された。

この発表はかなり奇妙なものに思える。HTT はまだプロトタイプのテストをどこでも行っておらず、システムがきちんと機能するか誰も確認していないのだ。それは、宇宙機関が「火星に人類を移送するプロセスを開始した」と主張しているのと変わらない。

HTT は現在、乗客カプセルの初号機を製作中

ハイパーループは2012年にイーロン・マスク氏が考案した技術。当時は SF 小説の中の存在にすぎなかった。しかし、ここ18ヶ月ほどの間にその技術は形になり始めている。

私も初めのうちはフルスケールの旅客システムの構築について冷ややかな見方をしていたが、ハイパーループが今後数十年のうちにインフラの一部になる可能性はゼロではないように思える。

2016年3月に、ハイパーループの開発センターになれるというユニークなチャンスがアジアに到来していることを記事に書いたが、アジアがこのチャンスに飛びつくとは思っていなかった。インド、インドネシア、そして今回の韓国(さらに各地域では民間のベンチャーキャピタルも)がハイパーループシステムの開発に投資し始めたことで、私が間違っていたことが分かった。

ハイパーループの大手は2社あり、1つが Hyperloop Transport Technologies で、もう1つが Hyperloop One である。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------

超高速輸送システムのHyperloop、インドネシアでの実現可能性を調査開始

SHARE:

Hyperloop Transportation Technologies (HTT)は、未来型の真空管を利用した輸送システムを開発する企業だ。同社は、インドネシアにおいて可能性が見込まれる3つのルートについて、250万米ドルを投じて実現可能性調査を実施することを発表した。 また、HTT は、インドネシアのパートナーと合弁事業契約を結び、Hyperloop Transtek Indonesia を…

HTT-concept-viz-1
Hyperloop の構想図
Photo credit: Hyperloop Transportation Technologies

Hyperloop Transportation Technologies (HTT)は、未来型の真空管を利用した輸送システムを開発する企業だ。同社は、インドネシアにおいて可能性が見込まれる3つのルートについて、250万米ドルを投じて実現可能性調査を実施することを発表した。

また、HTT は、インドネシアのパートナーと合弁事業契約を結び、Hyperloop Transtek Indonesia を設立した。HTT で COO を務める Bibop Gresta 氏は、本日(3月7日)ジャカルタで開催されたカンファレンスで Tech in Asia に対しそう語ってくれた。

Bibop 氏とその現地パートナー、起業家の Dwi Putranto Sulaksono 氏と Ron Mullers 氏は昨日(3月6日)、インドネシアの運輸省で契約を結んだ。

Bibop-HTT
Dirk Ahlborn 氏とHyperloop Transportation Technologies を共同設立した Bibop Gresta 氏
Photo credit: Hyperloop Transportation Technologies

HTT は、インドネシアの3つのルートで Hyperloop システムを開発する計画をこれから具体的に検討していく。ルートは、北スマトラ内に1つ、ジャワ島を横断して空港間を結ぶものが1つ、ジャカルタと衛星都市タンゲランを結ぶもの1つの全部で3つだ。

信じがたい現実

Hyperloop は基本的には1本の長い管で、真空に近いところまで減圧される。内部では乗客が乗るカプセルが磁気浮上によって浮く。もちろん、貨物輸送にも使用可能だ。Hyperloop ではほぼ摩擦のない状態で輸送ができるため、エネルギー効率が良い。

さらに、Bibop 氏によると、ソーラーパネルが組み込まれているので、Hyperloop は「ポジティブ・エネルギー」にもなりうるという。 HTT の Hyperloop は自らが使用する以上のエネルギーを生み出すため、余剰電力を売却するなど乗客運賃以外の方法でもこの輸送システムをマネタイズすることできる、と Bibop 氏は考える。

Hyperloop のコンセプトは、Tesla および SpaceX の創業者 Elon Musk 氏によって2013年に初めて提案された。

公開されている情報によると、Musk 氏が基本的な技術的要件について大まかにまとめ、他の起業家たちにこのアイデアを商業化するよう呼びかけたようだ。

Hyperloop に利用されるコア技術の合理性については大方の納得を得ているが、現実のコストと規模の問題をクリアできるのかについては、まだ議論の余地がありそうだ

アブダビをめぐる戦い

誰が商業用 Hyperloop のラインを最初に構築できるのか、戦いは HTT とそのライバル Hyperloop One との米国企業同士のほぼ一騎打ちとなった。

どちらの企業も世界各地でパートナー契約を得ようと試みている。また、異なる規模で調査用ラインや実験場の運営も行っている。

HTT が特徴的なのは、その構造もまた革新的だという点である。Bibop 氏によると、社員はコアチームの35人ほどで、現時点で800人のボランティアスタッフと協力して運営を行っているそうだ。ボランティアスタッフは報酬として勤務時間に応じたストックオプションを受けられるという仕組みを設けている。

こうしたこと全てが、HTT の目指す Hyperloop 実現がただの夢物語に聞こえてしまう理由になっている。Bibop 氏はそうした懸念を認識しているが、「ユニークなアイデアにはユニークなソリューションが必要だ」という姿勢で、それを払いのける。

初の商業的な実現が見込まれる場所はアラブ首長国連邦だ。Hyperloop One がアブダビとドバイを結ぶラインを提案する一方で、HTT はアブダビとアル・アインを結ぶラインを狙っているようだ。

HTT チームはインドネシアに来る前にインドの政府関係者と会談した。 Bibop 氏によると、同社はフランス、スロバキア、チェコなど多くの国で契約に向けた交渉を行っているという。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

イーロン・マスク氏、今週末に SpaceX にてハイパーループの「ポッドレース」を開催

SHARE:

イーロン・マスク氏はまだ真空管を通して30分でサンフランシスコからロサンゼルスまで人を飛ばすという、自身の商業用ハイパーループのアイデアを実現するには至っていない。 しかし同氏が運営する火星行きを計画中の企業「SpaceX」では学生と個人として参加しているエンジニアたちが「機能的なハイパーループ・プロトタイプの開発促進」に挑戦している。 マスク氏は2年前、1マイルのテストトラックを建設する計画を発…

Image Credit: SpaceX

イーロン・マスク氏はまだ真空管を通して30分でサンフランシスコからロサンゼルスまで人を飛ばすという、自身の商業用ハイパーループのアイデアを実現するには至っていない。

しかし同氏が運営する火星行きを計画中の企業「SpaceX」では学生と個人として参加しているエンジニアたちが「機能的なハイパーループ・プロトタイプの開発促進」に挑戦している。

マスク氏は2年前、1マイルのテストトラックを建設する計画を発表しており、SpaceX の本社横にあるトラックはもう準備が整っているようだ。同社は昨年に約束した通り、今週末に「ハイパーループポッドレース」を開催する予定だという。

例えばこんな感じだろうか?

こんな感じの中になってるのだろうか?

マスク氏のハイパーループのアイデアを実生活に投入するのは馬鹿げた話だと幾つかの企業は非難している。しかし、この競争については結果的に多くの人たちにとってやや現実味のあるものになるかもしれない。

SpaceX は「ここで得られた知見は引き続きオープンソースとなる」と語っており、SpaceX は今回に続いてこの夏に2回目のイベントを開催する予定でそちらは「最大スピード」を特に重視しているという。

2回目も引き続き学生に向けて開放される予定だ。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

----------[AD]----------

Cherubic Ventures(心元資本)が時速1,000キロの輸送システムを開発するHyperloop Technologiesに出資

SHARE:

アーリーステージ向け VC の Cherubic Ventures(心元資本)は1月28日、Hyperloop Technologies(推定時速1,000kmの高速輸送システム構想)に未公開金額を投資したと発表した。 Elon Musk 氏がこの構想のホワイトペーパーを掲げ、Uber の投資家である Shervin Pishevar 氏と SpaceX のエンジニアである Brogan BamB…

Rob_Lloyd
Hyperloop CEO Rob Lloyd

アーリーステージ向け VC の Cherubic Ventures(心元資本)は1月28日、Hyperloop Technologies(推定時速1,000kmの高速輸送システム構想)に未公開金額を投資したと発表した。

Elon Musk 氏がこの構想のホワイトペーパーを掲げ、Uber の投資家である Shervin Pishevar 氏と SpaceX のエンジニアである Brogan BamBrogan 氏によって Hyperloop Technologies Inc. は2014年に設立された。

先進的な考え方を持っていることで有名な Musk 氏(同氏は火星移住説を唱えている)のアイデアは当初、SFの空想として片付けられていた。本プロジェクトは、ロサンゼルスとサンフランシスコ間(車の移動なら6時間半の距離)を約30分で移動できる技術を持つ高速鉄道としてスタートした。

物理的には、地上に設置された低気圧で動作するチューブシステムを活用する。猛烈なスピードでネットワークを移動するために、乗客は「カプセル」に乗り込むことになる。

初期には誰もが懐疑的だったが、Hyperloop Technologies は2015年後期になると急成長した。

現在は、ロサンゼルス拠点のエンジニアリング企業 Aecom、スイスの真空技術製造業 Oerlikon Leybold Vacuumと提携している。

Cherubic Ventures の設立者である Matt Cheng(鄭博仁)氏は、公式声明で次のように語った。

シリコンバレーでは全てのことが可能なのです。時には、偉大な目標だけで最高の人材を引き寄せることもできますし、不可能を可能にすることもできます。こういった大胆な精神はアジアで見つけるのは難しいでしょう。

さらに続けてCheng氏は、同氏の見解として、アジアの学生たちは近道で問題を解決するよう教育されており、企業はできるだけ利益の高い製品を作ることに慣れてしまっていると語った。

革新的で影響力の高い企業が育成されづらくなっているのは、固定された考え方が問題なのだと同氏。

Cherubic の本社は実質サンフランシスコにあるが、同社は中華圏地域と東南アジアに特に重点を置いている。

その一例として、2015年12月、同社は台湾のモバイルストリーミング企業 AdPlay が600万米ドルを調達したシリーズAラウンドに参加していた。

<関連記事>

Hyperloop Technologies が計画の実行可能性からまだほど遠い位置にはあるものの、2016年を通して推進力を生み出し続けられるかどうかは興味深いところである。

Hyperloop Technologies の CEOは、Ciscoの社長 Rob Lloyd 氏である。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------