THE BRIDGE

タグ Cherubic Ventures(心元資本)

クラウドファンディングでビデオ講座が開講できる「Hahow(好学校)」、エンジェルラウンドでCheruvic Ventures(心元資本)から数千万円を調達——ローンチ2年で累積受講者5万人、台湾からアジアへ進出

SHARE:

<ピックアップ>募資開課累積5萬會員,《Hahow 好學校》獲心元資本「千萬級」新台幣天使輪投資! 台湾のスタートアップで、クラウドファンディングを取り入れた C2C のビデオ講座プラットフォーム「Hahow(好学校)」を運営する Hahow は27日、エンジェルラウンドで1千万ニュー台湾ドル(数千万円相当)を Cheruvic Ventures(心元資本)から調達したと発表した。 4…

hahow-team
Hahow(好学校)の創業メンバー、最左が CEO の江前緯(Arnold Jiang)氏
Image credit: Hahow

<ピックアップ>募資開課累積5萬會員,《Hahow 好學校》獲心元資本「千萬級」新台幣天使輪投資!

台湾のスタートアップで、クラウドファンディングを取り入れた C2C のビデオ講座プラットフォーム「Hahow(好学校)」を運営する Hahow は27日、エンジェルラウンドで1千万ニュー台湾ドル(数千万円相当)を Cheruvic Ventures(心元資本)から調達したと発表した。

4人の起業家が設立した Hahow は一般的なビデオ学習とは異なり、誰もが講義を受けられるよう完璧に整理されたレッスン準備メカニズムが特徴だ。「学校では教われないことを学べる」をキーワードに、デザイン、プログラミング、言語、腹話術、習字からパフォーマンスアートまで150の講座が用意されている。ユーザ投票によって講座毎に良し悪しの評価が表示され、生徒は講師とリアルタイムで対話できるほか、生徒が自分の作品をアップロードすることもできる。

これまでに台湾のほか、マレーシア、香港、シンガポールから5万人以上が参加しており、ユーザのうち華僑が占める割合が10%、また再契約率は74%にも上る。

hahow-2
Image credit: Hahow

Cheruvic Ventures のパートナー Tina Cheng(成之璇)氏は、既存の学校では現代の市場ニーズに合ったものを提供するには問題があり、Hahow が提供するスキルコースはそのギャップを埋められ、書籍に頼ってきた知識伝達に新しい方法が生み出されるだろうと述べた。Hahow CEO の江前緯(Arnold Jiang)氏は、共同創業者4人のうち3人が技術のバックグラウンドを持ち合わせており、さらに自らは、パッションに加え、これまで多くの教育関連プロジェクト、ビジネス決断に関わってきたことを強調した。

調達した資金を使って、Hahow は来年にも、生徒らがよりよい学習のために互いに意見を交換できるよう、カスタマイズ・カウンセリング可能な対話型コミュニティのしくみを最適化する。また、東南アジアをはじめとする台湾以外の地域への拡大も積極化させる計画だ。

via Business Next(數位時代)

----------[AD]----------

ゲーム会社向けオンライン商品プラットフォームの「PowerCore」が、シードラウンドで200万米ドルを調達

SHARE:

オンラインストアでスマートトイを販売し、デジタルアクティベーションとゲーム用商品ソリューションを提供する PowerCore は、200万米ドルのシードラウンドを終了した。 既に投資している Cherubic Ventures(心元資本)の他、500 Startups、East Ventures、Golden Gate Ventures が今回投資を行った。 PowerCore は Rock Yo…

PowerCoreによって制作されたBattle Tails関連商品
PowerCoreによって制作されたBattle Tails関連商品

オンラインストアでスマートトイを販売し、デジタルアクティベーションとゲーム用商品ソリューションを提供する PowerCore は、200万米ドルのシードラウンドを終了した。

既に投資している Cherubic Ventures(心元資本)の他、500 StartupsEast VenturesGolden Gate Ventures が今回投資を行った。

PowerCore は Rock You の設立者で前 CTO の Jia Shen(沈佳)氏と Young Lee 氏によって2015年に設立され、パロアルト(カリフォルニア州)と東京(日本)に事務所を構えている。

このスタートアップは、ブランド企業が製造したさまざまな形のある商品を、モバイルゲーム用バーチャルキャラクターに変えることを支援する。ユーザは商品を購入したり、展示会でブランド企業のブースを訪れたりするなど、ブランドの商品に直にふれる行動によりデジタル報酬を受け取ることができる。ユーザがモバイルデバイスで PowerCore タグをスキャンすると、すぐに報酬を得られる仕組みだ。

同社のオフラインツーオンライン(O2O)デジタルアクティベーション・ソリューションには、デジタルタグ付き商品の生産機能、デジタル報酬の管理機能、デベロッパーキットのインテグレーション機能などがある。

また、PowerCore プラットフォームでは NFC と AR のリアルワールドタグでどのデバイスからも優れたスキャン体験ができる。また、ユニーク ID を用いることにより、ユーザ個人個人に対するデジタル報酬の発行、ソーシャルメディアにおける共有機能、真正性の検証機能を提供している。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

アーリー向けVCのCherubic Ventures(心元資本)が1.2億米ドルのファンドを組成し、上海オフィスを開設

SHARE:

アーリーステージ向けベンチャーキャピタルの Cherubic Ventures(心元資本)が1億2,000万米ドルのファンドを立ち上げることを発表した。これは SaaS、バーチャルリアリティ、ロボティクス、マシンラーニングの他、アメリカ、中国、東南アジアにわたるクロスボーダー EC 等のハイテク業界に投資される予定である。 この新規ファンドは先週(3月上旬)上海で開催された Cherubic Ve…

Cherubic Venturesの設立者Matt Cheng氏
Cherubic Ventures の設立者 Matt Cheng 氏

アーリーステージ向けベンチャーキャピタルの Cherubic Ventures(心元資本)が1億2,000万米ドルのファンドを立ち上げることを発表した。これは SaaS、バーチャルリアリティ、ロボティクス、マシンラーニングの他、アメリカ、中国、東南アジアにわたるクロスボーダー EC 等のハイテク業界に投資される予定である。

この新規ファンドは先週(3月上旬)上海で開催された Cherubic Ventures の年次投資サミットで発表されたが、プレスリリースによれば、すでに7,000万米ドル以上を集めているという。

Cherubic Ventures はまた、上海に新たにオフィスを設立し、アジアやアメリカでのグローバルフォーラムを積極的に主催する予定である。同社は現在北京、台北、サンフランシスコにオフィスを構えている。

Cherubic-Venturess-Guest-Canvas

エンジェル投資家のMatt Cheng(鄭博仁)氏により2010年に設立されたCherubic Venturesは、シード資金を有能な起業家に提供するアーリーステージベンチャーキャピタルだ。同社はこれまでにシリコンバレー、中国、東南アジアにおいて90社近くに投資してきた。投資先には AirHelp、Chaldal、Hyperloop、Spottly、TechNode(動点科技)等がある。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

Cherubic Ventures(心元資本)が時速1,000キロの輸送システムを開発するHyperloop Technologiesに出資

SHARE:

アーリーステージ向け VC の Cherubic Ventures(心元資本)は1月28日、Hyperloop Technologies(推定時速1,000kmの高速輸送システム構想)に未公開金額を投資したと発表した。 Elon Musk 氏がこの構想のホワイトペーパーを掲げ、Uber の投資家である Shervin Pishevar 氏と SpaceX のエンジニアである Brogan BamB…

Rob_Lloyd
Hyperloop CEO Rob Lloyd

アーリーステージ向け VC の Cherubic Ventures(心元資本)は1月28日、Hyperloop Technologies(推定時速1,000kmの高速輸送システム構想)に未公開金額を投資したと発表した。

Elon Musk 氏がこの構想のホワイトペーパーを掲げ、Uber の投資家である Shervin Pishevar 氏と SpaceX のエンジニアである Brogan BamBrogan 氏によって Hyperloop Technologies Inc. は2014年に設立された。

先進的な考え方を持っていることで有名な Musk 氏(同氏は火星移住説を唱えている)のアイデアは当初、SFの空想として片付けられていた。本プロジェクトは、ロサンゼルスとサンフランシスコ間(車の移動なら6時間半の距離)を約30分で移動できる技術を持つ高速鉄道としてスタートした。

物理的には、地上に設置された低気圧で動作するチューブシステムを活用する。猛烈なスピードでネットワークを移動するために、乗客は「カプセル」に乗り込むことになる。

初期には誰もが懐疑的だったが、Hyperloop Technologies は2015年後期になると急成長した。

現在は、ロサンゼルス拠点のエンジニアリング企業 Aecom、スイスの真空技術製造業 Oerlikon Leybold Vacuumと提携している。

Cherubic Ventures の設立者である Matt Cheng(鄭博仁)氏は、公式声明で次のように語った。

シリコンバレーでは全てのことが可能なのです。時には、偉大な目標だけで最高の人材を引き寄せることもできますし、不可能を可能にすることもできます。こういった大胆な精神はアジアで見つけるのは難しいでしょう。

さらに続けてCheng氏は、同氏の見解として、アジアの学生たちは近道で問題を解決するよう教育されており、企業はできるだけ利益の高い製品を作ることに慣れてしまっていると語った。

革新的で影響力の高い企業が育成されづらくなっているのは、固定された考え方が問題なのだと同氏。

Cherubic の本社は実質サンフランシスコにあるが、同社は中華圏地域と東南アジアに特に重点を置いている。

その一例として、2015年12月、同社は台湾のモバイルストリーミング企業 AdPlay が600万米ドルを調達したシリーズAラウンドに参加していた。

<関連記事>

Hyperloop Technologies が計画の実行可能性からまだほど遠い位置にはあるものの、2016年を通して推進力を生み出し続けられるかどうかは興味深いところである。

Hyperloop Technologies の CEOは、Ciscoの社長 Rob Lloyd 氏である。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

台湾の動画配信プラットフォームLIVEhouse.inが、ゲーム大手のガマニアなどから130万ドルを調達

SHARE:

Cheruvic Ventures(心元資本)からのシード投資ラウンドからまだ2ヶ月しか経っていないが、台湾を拠点とする動画配信プラットフォームの LIVEhouse.in は12日、新たに、台湾の上場ゲーム会社ガマニア(Gamania、TWO:6180)と Cherubic Ventures から130万ドルを調達したと発表した。この時点で、LIVEhouse.in の時価総額は、1,300万ド…

livehouse-in_gamania_cherubic-ventures_logos

Cheruvic Ventures(心元資本)からのシード投資ラウンドからまだ2ヶ月しか経っていないが、台湾を拠点とする動画配信プラットフォームの LIVEhouse.in は12日、新たに、台湾の上場ゲーム会社ガマニア(Gamania、TWO:6180)Cherubic Ventures から130万ドルを調達したと発表した。この時点で、LIVEhouse.in の時価総額は、1,300万ドル以上と評価されている。

今回調達した資金は、人材採用、コンテンツ制作、新機能開発に利用される予定だ。

LIVEhouse.in は2013年にローンチ、ユーザは自らの放送チャンネルを開設し視聴者と対話することができるプラットフォームだ。対話の手段としては、チャットのほかにスタンプの送信が使える。

ガマニアの CEO Albert Liu(劉柏園)氏は、次のようにコメントしている。

動画配信は急速に成長しているトレンドであり、我々にとっても大きな可能性がある。我々もユーザには、Coture.com(酷瞧)を立ち上げて、面白く創造的なコンテンツを提供している。LIVEhouse.in が持つ素晴らしい技術を活用し、強力な動画配信プラットフォームを構築したい。

LIVEhouse.in は、100社以上と協業し、10万以上の番組を放送している。2014年1月のローンチからトラフィックは23倍に成長した。LIVEhouse.in の CEO Sega Cheng(程世嘉)氏によれば、同社は世界展開に向けて、既にシリーズAラウンドの資金調達を計画しているとのことだ。

現在、ユーザはPCのほか、iOS アプリAndroidアプリで LIVEhouse.in にアクセスできる。

livehouse-2

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

台湾の動画配信プラットフォームLIVEhouse.inが、Cherubic Ventures(心元資本)から35万ドルを調達

SHARE:

リアルタイムの動画プラットフォーム「LIVEhouse.in」を提供する台湾のスタートアップ iKala は今日(原文掲載日:12月3日)、アーリーステージ向け VC の Cherubic Ventures(心元資本)から35万ドルを資金調達したと発表した。 LIVEhouse.in は2013年にローンチ、ユーザは自らの放送チャンネルを開設し視聴者と対話することができるプラットフォームだ。対話の…

livehouse.in_featuredimage

リアルタイムの動画プラットフォーム「LIVEhouse.in」を提供する台湾のスタートアップ iKala は今日(原文掲載日:12月3日)、アーリーステージ向け VC の Cherubic Ventures(心元資本)から35万ドルを資金調達したと発表した。

LIVEhouse.in は2013年にローンチ、ユーザは自らの放送チャンネルを開設し視聴者と対話することができるプラットフォームだ。対話の手段としては、チャットのほかにスタンプの送信が使える。

Cherubic Ventures からの公式発表によれば、同VC の創業パートナーである Matt Cheng(鄭博仁)氏は、番組の主宰者と視聴者間の興味深い力関係から見て、リアルタイム動画配信が〝Next Big Thing〟になると考えている。これは次第にモバイルとインターネットによるコンテンツ消費を増やし、テレビでの消費を減らすことにつながるだろう。

LIVEhouse.in には、有名人からインディーズ系の歌手、政治家まで多岐にわたる番組ホストが揃っている。同じリリースによれば、最近選出された台北市長である柯文哲(Ko Wen-je)氏の選挙チームは、イベントの模様を放送したり、若年層の有権者に訴えたりする上で、LIVEhouse.in で利用していたとのことだ。

LIVEhouse.in の共同創業者で CEO の Sega Cheng(程世嘉)氏は、LIVEHOUSE.in と彼のチームが、エンターテイメント、ゲーム、Eコマースの3つの分野に集中することになるだろうと述べている。アジアの他の地域に進出する予定もあるとのことだが、次にどの国に進出するかは明らかになっていない。もし中国に進出するなら、動画プラットフォームの巨人である Tiange(天鴿)YY.com(YY直播)と対決することになる。

現在、ユーザはPCのほか、iOS アプリAndroidアプリで LIVEhouse.in にアクセスできる。

livehouse-2

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------