台湾Cherubic Ventures(心元資本)、1.1億米ドルの5号ファンドをローンチ

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


台湾のベンチャーキャピタル Cherubic Ventures(心元資本)は、1億1,000万米ドルの5号ファンドを立ち上げ、同社初の9桁額のファンドとなった。これにより、同社の運用資産総額は4億米ドルに達した。

Cherubic Ventures(心元資本)創業者の Matt Cheng(鄭博仁)氏
Photo credit: Cherubic Ventures(心元資本)

5号ファンドでは、通常のアーリーステージ投資とは異なり、50%をレイトステージおよびプレ IPO ステージの企業への投資に充てる。

Cherubic は、アジアとアメリカのスタートアップへの投資に注力している。ポートフォリオには150社が含まれ、そのうち10社がユニコーンである。

昨年は、多くの投資先企業が大きな節目を迎えた。アメリカの遠隔医療企業 Hims & Hers はニューヨーク証券取引所に上場し、台湾の e コマースプロバイダ 91App は現地証券取引所に上場し、日本の BNPL(後払い)企業 Paidy は PayPal によって27億米ドルで買収された

Cherubicは、91App のほか、中国のプラットフォーム「Tian-Ge(天鴿)」を共同設立した Matt Cheng(鄭博仁)氏が2014年に設立した会社だ。台北に加え、サンフランシスコと上海にチームがいる。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録