アジアの総合格闘技ブランド「One Championship」運営のGroup One、米IPOを検討か【Bloomberg報道】

SHARE:
Image credit: Group One Holdings

スポーツメディアを手がける Group One Holdings が、アメリカで IPO を検討していると Bloomberg が報じた

総合格闘技プラットフォーム「One Championship」を運営する同社は、すでに本社をシンガポールからケイマン諸島に変更し、市場デビューに向けた準備を進めている。17日には、シンガポールの会計企業規制庁(ACRA)に通知しているという。

同社は以前、SPAC(特別目的買収会社)と合併し、アメリカで上場することを検討していた。

Group One は2021年12月、1億5,000万米ドルのエクイティファイナンスを実施し、その際の時価総額は14億米ドルだった。この資金は、コンテンツの多様化とアジア以外の地域への展開に使われた。

Group One は、ハーバード大学を卒業した Chatri Sityodtong 氏によって2011年に設立された(当初の社名は One Championship)。

総合格闘技特化の One Championship と 2019年にローンチした e スポーツ特化の One Esports という2つのプラットフォームを通じて、Group One の番組やコンテンツは150カ国以上に放送されている。世界の総合格闘技の市場は、2021年から2026年にかけて、年複利成長率6.1%で成長すると予想されている。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録