電池リサイクル技術への高まる期待【Canvas 8月号(8月13日〜8月19日)】

SHARE:

今週の話題(8月13日〜8月19日)

Photo by Hilary Halliwell

先週は、次世代リチウムイオン電池リサイクル技術を開発する Li Industries のニュースが話題になりました。リチウムイオン電池の製造に必要となる希少金属(レアメタル)の採掘・採鉱可能地域は限られており、電池の利用分野が多岐にわたることもあって、経済安全保障の観点からも関心が集まるテーマです。

筆者も耐用回数を過ぎたリチウムイオン電池は家電量販店の回収ボックスなどに入れるようにしていますが、回収された電池は必ずしも新しい電池として生まれ変わるわけではなく、レアメタルの再利用にまでしか至っていないようです。回収の手間とコストの改善により、サステナブルな製造サイクルの確立が期待されます。

今週の調達ニュース

毎週発表されるスタートアップの資金調達やテックトレンドを週単位でまとめてお届けします。今週特に注目を集めた話題は「子どもがロールモデルから学べる「スコラボ」運営、ジェネシアVから1億円をプレシリーズA調達」でした。国内主要スタートアップ各社の調達ニュースは一覧からどうぞ。

注目テックトレンド

注目テックトレンドのコーナーではContributorsに参加しているオウンドメディアやテックメディアの翻訳、オリジナルにピックアップした国内外スタートアップの話題をタグにまとめてお届けします。今週注目したのは、Mojo Vision によるスマートコンタクトレンズの装着可能プロトタイプの発表です。フィージビリティと安全性の訴求のため、CEO 自らが装着したデモを公開していたのは印象的でした。

日常的に実用可能なレベルにまで持っていくにはまだしばらくかかりそうですが、スマートコンタクト1対あたり、ハイエンドのスマートフォン並の価格で提供できるだろうという、商品としての発売に向けたプランの一端を垣間見ることもできました。パソコン、タブレット、スマートフォン、スマートウォッチに加えて、何年か先にはスマートコンタクトレンズも現代人必携のアイテムになるかもしれません。

公開されている最新のプロトタイプ

その他の8月・注目テックトレンドタグまとめ

インタビュー

話題の人物のインタビューやイベントセッションなどのコンテンツをポッドキャストやコラムなどでお送りします。

ファストドクター法人事業部部長 小山翔氏、経営企画部 DX推進グループ プリンシバル 井本紗也子氏
Image credit: Fast Doctor

医療スタートアップのファストドクターは5月、医療機関向けの連携・支援サービス「ファストドクターfor Medical」をローンチしました。患者から直接連絡を受けることで医師が救急往診するサービスに加え、医療業界の DX にも本格的に取り組み始めます。プロダクトオーナーの目線から新サービスへの思いを聞くことができます。

その他の8月・インタビュータグまとめ

次週のまとめは8月20日から8月26日までのサマリーです。毎週月曜日更新中。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録