THE BRIDGE

タグ Photo Hack Day Japan

Photo Hack Day Japan: 写真で言葉を覚えやすくしてくれる「Vocagetty」

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 先日開催された Photo Hack Day Japan で上位に入賞したアイデアのいくつかとして、「Back to the Future」や「Before the Filter」を取り上げた。しかし、私は言葉を学ぶために暗記カード・アプリをよく使っているので、Photo Hack Day で披露されたもう一つのプロ…

vocagetty-620x429

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

先日開催された Photo Hack Day Japan で上位に入賞したアイデアのいくつかとして、「Back to the Future」や「Before the Filter」を取り上げた。しかし、私は言葉を学ぶために暗記カード・アプリをよく使っているので、Photo Hack Day で披露されたもう一つのプロジェクトにも関心を抱いた。Atsushi Onoda、Hiroshi Kanamura、Shinichi Segawa、Yasushi Takemoto の4人からなるチームが考案した辞書アプリ「Vocagetty」がそれだ。Getty Images API を用いて、学ぼうとしている単語に結びつけられた写真を検索し、Imagga API でそれらの写真が適当な大きさに切り抜かれて表示される。

このアイデアは、写真を使って言葉や考え方を捉えやすくしようというもので、効果的な学習に役に立つ。ハッカソンで私は Vocagetty に心を動かされ [1]、同チームは3位の座を獲得、10万円の賞金が贈呈された。Onoda 氏によれば、彼らは今後も Vocagetty の開発を続け、4月にリリースする計画だ。

市場には、既に多くの似たような学習サービスやアプリが存在する。しかし、あらゆる目的に対応できるソリューションを提供する企業もあれば(例えば、AnkiMemrise など)、日本語、医学用語、元素周期などニッチ分野をターゲットにした企業もあり、面白い分野と言ってよい。

暗記カードによる言語学習サービスが、文字のみに頼った学習方法を補う好例として、Vocagetty が画像ソリューションを取り入れているのはうれしいことだ。

関連して、私は最近(ずいぶんと久しぶりに)前述の Anki のウェブサイトを訪れた。Anki には多くのアドオンが提供されているが [2]、そのうちの一つをインストールして、単語の自動発声機能を試したかったからだ。多くのサービスでは予め対応した暗記カードしか音声を再生できないが、Anki では自分で追加したカードにも音声を登録することができ、大変便利だ。

しかし、この分野の多くの企業が想定している利用シーンは、ウェブを閲覧していて出て来た単語からカードを作るという手順ではないだろうか。単語や文章を見つけてくる上でこのやり方は、ほとんどの暗記カードで既に導入されている。[3] 理想を言うなら、モバイルやPCブラウザ用の JavaScript ブックマークレットを使えるようにしてくれれば、ウェブサイトを閲覧しながら新しい単語を追加していけるのにと思う。

Vocagetty がサービスをどの方向に進めるのか大変楽しみだ。今春、彼らからの発表があるのを待つことにしよう。近日中に、Vocagetty にも引けを取らない、Photo Hack Day Japan で披露された他のサービスをいくつか紹介するつもりなので、乞うご期待。

vocagetty


  1. 全面的に開示するなら、私はこのコンテストを支援すべく、審査員の一人として参加したことを記述しておくべきだろう。 
  2. 私は、AwesomeTTS を追加した。
  3. 作りが雑であることを除けばクールな Surusu のことで、これは AJATT (All Japanese All The Time)の人物によるプロジェクトである。
----------[AD]----------

Photo Hack Day Japan: 撮影技法を学び、美しい写真が撮れるようになるアプリ「Before the Filter」

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Aviary が先頃開催したイベント「Photo Hack Day Japan」で、優勝に輝いたアプリ「Back to the Future」について今週初めに書いた。[1] 二位に入賞したチームも同様に素晴らしいアイデアで、フィルターやエフェクトで写真を美しくするよりも、むしろ、ユーザの基本的な撮影技術を高めようと…

photo-hack-day-sorry-bad-white-balance-620x358

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Aviary が先頃開催したイベント「Photo Hack Day Japan」で、優勝に輝いたアプリ「Back to the Future」について今週初めに書いた。[1] 二位に入賞したチームも同様に素晴らしいアイデアで、フィルターやエフェクトで写真を美しくするよりも、むしろ、ユーザの基本的な撮影技術を高めようというものだ。

その名は「Before the Filter」、ユーザに三分割法や実用的なテクニックなど、写真撮影に必要な基礎技術を紹介するアプリだ。スマートフォンの画面をカメラのファインダーに見立て、こういったテクニックで写真が撮影できるよう、グリッドやテンプレートが画面の上に表示される。Aviary API が実装されているため、Aviary のエディタを使って撮影後の編集も可能だ。

このアプリを作った2人の開発者 Ben Watanabe と Antony Tran は、ハッカソンイベント終了前になんとか動作するようになったアプリを Google Play にアップした。彼らがかくも素早くアプリを作り出せたことは興味深い。イベント後、私は改めてメールで二人に連絡を取った。Ben はアプリがすぐにアップできた理由について、Antony が Android 版用のペーパープロトタイプをコーディングする力に長けているところが大きい、と説明した。

アップデイト:Ben は TenTen という東京のスタートアップの創業者ということだ(親会社は香港にある)。

ストアにアップする前に数時間もあればレビューができるという点で、Android はハッカソンに向いています。iOS なら数週間はかかりますから。Antony は Android の魔法使いで、UI を開発させると恐ろしいほど速いんです。彼のライブコーディングのスピードに遅れないように、Sketch でデザインするのは大変でした。

before-the-filter02-280x498 before-the-filter04-280x498

Antony は、これまでにも取り上げた日本の新進気鋭のスタートアップ Origami で Android 開発者をしている。Ben はかつて自身の iOS 写真アプリ Cobypic をプロデュースした経験があるが、彼はこのハッカソンを通じて、Android により精通したいと考えていた。

つまり、両者にとってメリットがあったのだ、と Ben は言う。実演には Ben の兄弟 Alex が撮影した写真を用いたが、Antony 曰く、「この写真が他者を大きく引き離して、我々のアプリが抜きん出ている感を演出してくれた」のだそうだ。Before the Filter は Photo Hack Day で2位に入賞し、賞金20万円に加え、Aviary からは Aviary API の最優秀活用賞として 1,000 ドルが贈呈された。

写真を美しくするというのは基本的なことだが、何枚もフィルターを重ねたり、ステッカーで飾ったりするばかりのモバイル写真アプリが横行する中、写真家の持つ想像力から言って、Before the Filter は、興味深く見落とされがちなコンセプトを取り上げた。しかし、スマートフォンのカメラも改善され高品質な写真が撮れるようになっているので、モバイルを使った写真家を標榜する人にとって、Before the Filter は価値あるサービスと言えるだろう。

もし Before the Filter を試したければ、Google Play から無料でダウンロードできる。

before-the-filter01-280x498 before-the-filter03-280x498


  1. 全面的に開示するなら、私はこのコンテストを支援すべく、審査員の一人として参加したことを記述しておくべきだろう。 
----------[AD]----------

Photo Hack Day Japan: 時間軸でウォークスルーができる写真閲覧アプリ「Back to the Future」が優勝

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 京都のスタートアップ Qooq について、我々がこれまでに何度も書いているのを覚えている読者もいるだろう。同社のアプリ Yesterscape は、過去の写真を閲覧するのに、新しく面白い方法を提供している。しかし、撮影場所を元に昔の写真を見るのは、一つの方法に過ぎない。Aviary と Mixi による共催で、先週末…

photo-hack-day-japan-13-620x296

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

京都のスタートアップ Qooq について、我々がこれまでに何度も書いているのを覚えている読者もいるだろう。同社のアプリ Yesterscape は、過去の写真を閲覧するのに、新しく面白い方法を提供している。しかし、撮影場所を元に昔の写真を見るのは、一つの方法に過ぎない。Aviary と Mixi による共催で、先週末開かれた Photo Hack Day Japan [1] では、2日間のハッカソンの結果、同じような過去の写真を見るためのソリューションが優勝に輝いた。しかし、この「Back to the Future」と名付けられたウェブアプリは、撮影場所で絞りこむのではなく、キーワード検索に基づき、トピック毎に写真を整理する方法を取っている。

このアプリは日本で働く開発者の Theeraphol Wattanavekin が作成し、他の3人のメンバー(Rapee Suveeranont、Yoonjo Shin、Thiti Luang)は遠隔で参加した。[2] Getty Images の API と、インタフェースに Leap Motion を使い、時間軸によるウォークスルーが体験できる。

上の写真は、開発者の Theeraphol が「コンピュータ」という言葉で検索し、その結果を1972年〜2012年で絞り込んだものだ。Leap Motion を使って、彼は両手でコマ送りするように時間軸でウォークスルーしてみせた。確かに、このような見せ方ができるアプリを考えるのに、大きな労力は必要としない。Aviary の CEO Tobias Peggs は、このようなアプリは、例えば、美術館で子供に使わせたら面白いのではないかと語った。

backtothefuture-screenshot-620x277

個人的には、この時間軸のデザインに感心させられた(上記スクリーンショットを参照)。美術館、歴史アーカイブ、ニュース企業など、多くの写真を持つソースと連携できれば、より面白いものになるだろう。ある意味で、ニュース企業で人気を得つつある Timeline.js の改良版という見方もできる(Timeline.js は、THE BRIDGE でもこの記事中で利用している)。このチームが開発を続けるか、もしくは、他の方法で人々が使いやすいものにしてくれることを期待している。[3]

「Back to the Future」は、プレゼンテーションした23のプロジェクトの中から選ばれ、最優秀賞として賞金30万円、Leap Motion API 賞として Leap Motion Controller が全メンバーに、さらに Unity3D のライセンス、Getty Images の API 賞として5万円のギフトカードが贈呈された。週末を通して、他にも面白いアイデアが披露されたので、近いうちに、それらについても記事にしたいと思う。

このイベントでの写真を見たければ、我々のFacebook ページのアルバムをチェックしてほしい。

photo-hack-day-japan-16-620x467
Theeraphol と彼のチームは、Leap Motion API の最優秀活用賞も獲得。

  1. 全面的に開示するなら、私はこのコンテストを支援すべく、審査員の一人として参加したことを記述しておくべきだろう。 
  2. Theeraphol 以外の3人は Boonmee Lab の共同創業者であり、Rapee と Yoonjo は Theeraphol のように、以前日本で働いていたことがある。 
  3. Theeraphol は、彼の書いたコードを Github で公開している(リンクを張っておくが、彼が特に問題だと思わないことを望む)。彼は自身で開発を続けようと考えているが、Chrome ブラウザのセキュリティ問題のため、機能が完全に動かないのだそうだ。(現時点では、Chrome でしか動作しないことに注意されたい。)
----------[AD]----------