BRIDGE

タグ Piktochart

インフォグラフィックデザインツール「Piktochart」がユーザ数40万人を突破、新バージョンを発表

SHARE:

私たちは6月に、オンラインインフォグラフィック作成ツールPiktochartのユーザ数が30万人を達成したことを記事で取り上げた。そして同社共同設立者であるAi Ching氏は、Piktochartのユーザ数が現在40万人を突破したことを先日教えてくれた。同氏は月間アクティブユーザ数については明らかにしなかったが、1万人以上が有料ユーザであるという。これにより、同スタートアップは利益率5割を維持す…

piktochart-screenshot

私たちは6月に、オンラインインフォグラフィック作成ツールPiktochartのユーザ数が30万人を達成したことを記事で取り上げた。そして同社共同設立者であるAi Ching氏は、Piktochartのユーザ数が現在40万人を突破したことを先日教えてくれた。同氏は月間アクティブユーザ数については明らかにしなかったが、1万人以上が有料ユーザであるという。これにより、同スタートアップは利益率5割を維持することができ、黒字をキープしている。

Piktochartの新バージョンは見た目が可愛らしくなったほか、いくつかアドオンが追加された。形やブロックを動かすのがスムーズになり、より直感的なデザインツールのインターフェースとなっている。ユーザはPiktochartを使って、インフォグラフィクにオンラインでこのように見えるスライドを入れることができる。

個人的には、作業がリアルタイムで保存される自動保存機能が気に入っている。画像のダウンロードもわかりやすくなり、誰でもできる。チャートを追加するのも簡単になった。インフォグラフィックにただドラッグ&ドロップするとチャートにデータを入れるためのエクセルシートがポップアップされるのだ。

piktochart-creator

無料版は6つのテーマから構成されている。Pro版ユーザは100以上ものテーマから選ぶことができる。さらにPiktochartは現在、サイトに埋め込み可能なインタラクティブ型のイラストをデザインすることができ、インフォグラフィック以上のものを提供しているようだ。Piktochartはとても使いやすい。だが、もし使い方にわからないところがある場合、ここのリソースリンクをチェックすれば段階的に使用法がわかるようになっている。

マレーシア拠点のPiktochartは、昨年私たちが主催したArenaスタートアップピッチコンペで準優勝した。Ai Ching氏によると、同社は利益を上げているため資金調達には急いでいないという。同氏は次のように続けた。

「ユーザ数が100万人に近づいたら投資してくれるパートナーを探す予定です。私たちはまだ製品開発、特に、異なるインプット・アウトプット形式で実験を行っているところです。」

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

インフォグラフィックで見る、Startup Asia Jakarta 2012

SHARE:

【原文】 Startup Asia Jakarta のインフォグラフィックを、いつアップするのかと多くのメールを受け取っている。お待たせ、Piktochart チームのクレジット付きで公開する。 統計は、以下のインフォグフィックのようにグラフ化される。我々はイベントに関する Twitter でバズのみならず、世界中から来訪したイベント参加者に大きく勇気づけられている。 何度となく行って来たことだが…

【原文】

Startup Asia Jakarta のインフォグラフィックを、いつアップするのかと多くのメールを受け取っている。お待たせ、Piktochart チームのクレジット付きで公開する。

統計は、以下のインフォグフィックのようにグラフ化される。我々はイベントに関する Twitter でバズのみならず、世界中から来訪したイベント参加者に大きく勇気づけられている。

何度となく行って来たことだが、このイベントの開催にあたり、サポートしてくれた全ての人々に再度謝意を表したい。Tech in Asia のチーム全員にとって、非常に素晴らしい学びの機会だった。この素晴らしいインフォグラフィックの制作にあたっては、Startup Asia Singapore のファイナリストでもある、Piktochat の Ai Ching と See Mei にお礼を申し上げる。読者が再掲したい場合は、インフォグラフィック下のエンベッド・コードを使ってほしい。

ではまた、次回の Startup Asia でお会いしよう!

Embed code:

viaTech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

piktochart

Company: piktochart

Piktochartはマレーシアに本拠地を置くスタートアップ。顧客が迅速にインフォグラフィックを構築できることに主眼を置いたサービスを運営している。

About StartupBase

Piktochart、データを使って瞬時にインフォグラフィックを作成しよう

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Piktochartはマレーシアに本拠地を置くスタートアップ。顧客による迅速なインフォグラフィック作成にフォーカスしたサービスを運営している。Piktochartのインフォグラフィック完成までのスピードは本当に早い。私が初めて北京でベータ製品を目にしたのは、ファウンダーのGoh Ai ChingとAndrea Zaggiaに会った時だった。このサービスは好感…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Piktochartはマレーシアに本拠地を置くスタートアップ。顧客による迅速なインフォグラフィック作成にフォーカスしたサービスを運営している。Piktochartのインフォグラフィック完成までのスピードは本当に早い。私が初めて北京でベータ製品を目にしたのは、ファウンダーのGoh Ai ChingとAndrea Zaggiaに会った時だった。このサービスは好感が持てるし、また将来性もある。

彼らは私たちが開催したStartup Asia シンガポールのStartup Arena(スタートアップのピッチ大会)に参加した。というのも、私が彼らを招いたのだ。彼らは5位の座を獲得したが、その時ようやくデモが用意できただけの製品にしては決して悪い結果ではない。Piktochartは今では、楽しいグラフィックによるプレゼンテーション作りが大好きな全ての人のために提供されている。

私も過去にこの作業を何度かしたが、その度ものすごく時間がかかった。Piktochartがその時あれば、そんなにも時間を費やす必要はなかったのにと思う。PiktochartへのログインにはFacebookかTwitterのアカウントを使用するため始めるのも簡単だ。インターフェイスもシンプル。テーマを選んで、すぐにインフォグラフィック作成に入ることができる。

インターフェイスはPhotoshopやKeynoteの必要な機能だけを残したもの、という感じだ。この機能をあまり知らな人にはちょっと面倒に思えるかもしれないが慣れれば簡単だ。いつものフォント、色、レイヤーオプションはトップにある。左側には、インフォグラフィックに必要な形やグラフィックスが全て用意されている。

私が気に入ったのは、セクシーで直観的なドラッグアンドドロップのインターフェイス。あっという間にグラフィックを作ることができた。上部の図は、Piktochartがどんな感じか試しに作ってみたものだ。このイメージはたった5分で完成した。

無料のバージョンでは3つのテーマが選べて、インフォグラフィックを画像ファイルとしてダウンロードできる。有料のプロ版は1ヶ月9.99ドルかかる。限られた時間のみ利用でき(期限は決められてはいないが)、テーマの数は20点、時間経過ごとにテーマが追加されていく。プロ版ならHTMLまたは生データとしてダウンロードできる。

プロ版のほうの値段の詳細が分からないのがちょっと悩ましい。「プロ版にアップデートする」のボタンをクリックすると、直接Paypal画面に遷移してしまう。これは正直ちょっと嫌な感じがした。けれど、今のところ無料版で充分だ。無料でも、数分で十分ちゃんとしたインフォグラフィックをデザインできる。Piktochartを試してみて、あなたの感想を教えてほしい。

お知らせ:我々のサイトで技術的な問題を時々助けてくれる、Andrea Zaggiaの専門サービスについてリストアップしている。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia