タグ Psychic VR Lab

Psychic VR LabとKDDI、リアル都市空間に仮想コンテンツ配信「XRscape」を開始——第1弾は渋谷PARCOから

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 リアルメタバースプラットフォーム「STYLY」を提供する Psychic VR Lab と KDDI は、2月1日から 5G や VPS(Visual Positioning System)などの XR 技術を使って、実在する都市空間にバーチャル広告やコンテンツを重ねて配信できる、空間のメディア化ソリ…

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」掲載された記事からの転載

リアルメタバースプラットフォーム「STYLY」を提供する Psychic VR Lab と KDDI は、2月1日から 5G や VPS(Visual Positioning System)などの XR 技術を使って、実在する都市空間にバーチャル広告やコンテンツを重ねて配信できる、空間のメディア化ソリューション「XRscape(エックスアールスケープ)」の提供を開始した。

広告主となる企業やイベント主催者は「XRscape」により、都市空間にバーチャル広告やコンテンツを自由に設置でき、都市全体を活用したプロモーションなどを容易に実施できる。また、ユーザは、KDDI の XR アプリ「SATCH X powered by STYLY」を起動し、スマートフォンを都市空間にかざすだけで、簡単にコンテンツを体験することができる。

XR アプリ「SATCH X powered by STYLY」

なお、KDDI と Psychic VR Lab は、パルコとともに、スタートアップのビジネスモデルと大企業のリアルアセットを活用して新規事業創出を目指す事業共創プログラム「∞(ムゲン)の翼 2021」の一環として、渋谷 PARCO 1階「NAKASHIBU STREET」と10階「ROOFTOP PARK」の2地点を空間のメディア化の対応施設とした。

Psychic VR Lab は1月、全国6都市で「リアルメタバースプラットフォーム」の実装を完了し、都市空間に向けた AR/MR コンテンツの配信が可能になったことを明らかにしていた。リアルメタバースとは、Psychic VR Lab が定義する「人間中心のリアルな自分を起点としたメタバース」のことだ。

今回の取り組みについて各社担当者は以下のようにコメントしている。

リアルメタバースプラットフォームとしてSTYLYの大型アップデートを行くと発表しましたが、今後はSTYLYというプロダクトを活かしてKDDIと共に都市空間を一つのメディアとして捉えた空間メディアビジネスを加速させます。

今回の取り組みを通じて自治体や施設と、広告クライアントのマッチングを行い、都市空間を活用したダイナミックなプロモーションを展開できるようになります。デッドスペースを活用したXR広告・コンテンツの展開や、複数スポットを巡るARスタンプラリーを通じて街を回遊させたりと、今までのメディアでは実現できなかったユーザへのアプローチを実現していきます。

まずは渋谷を起点に、今後は日本の主要都市に向け、本ソリューションを展開できるようKDDIと足並みを揃え、進めていこうと思っています。(Psychic VR Lab 執行役員 / CMO 渡邊 遼平氏)

Psychic VR Lab とともに、SATCH X powered by STYLY を使って、都市や商業施設の「空中」をメディアとしてコンテンツの配信を行うことができる空間メディアソリューションをご提供します。

さらにスタートアップのビジネスモデルと大企業のリアルアセットを活用して新規事業創出を目指す事業共創プログラム「∞(ムゲン)の翼 2021」を通じて、PARCO さまにもいち早くご参画いただく運びとなりました。

コロナ禍を通じて、リアルとバーチャルを繋げ、リアルな都市や施設の価値向上を行っていく取り組みが大きな注目を集めています。XRscapeを通じて、「バーチャルコンテンツが重畳したリアル」という新たな生活空間を日本中に広げていけるよう、本取り組みを推進してまいります。(KDDI ビジネスインキュベーション推進部 川本大功氏)

パルコは、デジタル戦略の重点施策の一つとして「 XR技術によりPARCOの魅力を創出する」というテーマを設定しています。XRが場所や物に新たな価値をもたらすネクストメディアの役割を果たすと期待し、これまでもKDDI様、Psychic VR Lab様と数多くの協業の機会を頂きながら、渋谷をはじめ全国のPARCOの店舗でトライアルを進めてきました。

今回の取り組みを通じて、パルコでコンテンツを発信したいと思ってくれた方々と共に、渋谷の街を訪れる皆さまへこれまでにない体験に触れていただける機会を提供したいと考えています。(パルコ デジタル推進部 安藤寿一氏)

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


XRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」、全国6都市で都市空間に向けたコンテンツ配信が可能に

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 Psychic VR Lab は、VR(仮想現実)/AR(拡張現実)/MR(複合現実)のクリエイティブプラットフォーム「STYLY(スタイリー)」が、全国6都市で「リアルメタバースプラットフォーム」の実装を完了し、都市空間に向けた AR/MR コンテンツの配信が可能になったと明らかにした。 リアルメタ…

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」掲載された記事からの転載

Psychic VR Lab は、VR(仮想現実)/AR(拡張現実)/MR(複合現実)のクリエイティブプラットフォーム「STYLY(スタイリー)」が、全国6都市で「リアルメタバースプラットフォーム」の実装を完了し、都市空間に向けた AR/MR コンテンツの配信が可能になったと明らかにした。

リアルメタバースとは、Psychic VR Lab が定義する「人間中心のリアルな自分を起点としたメタバース」のことで、都市というリアルな空間と VR で表現される仮想空間の両方で、STYLY はリアルメタバースの実現を目指している。Psychic VR Lab は、これまでに東京・渋谷の街のリアルメタバース化と、さまざまな AR/MR コンテンツの配信をおこなってきたが、今回それを、大阪・名古屋・札幌・福岡・京都の各都市においても実現できるようにした。

この仕組みでは、STYLY が提供する制作ツール「STYLY Studio」に搭載された各都市の 3D データを活用し、AR/MR コンテンツを作成・公開することで、都市空間に合わせた作品を配信することが可能になる。配信された AR/MR コンテンツは、ユーザが実際の場所に足を運び、STYLY のアプリケーション(スマートフォン AR や Nreal などのスマートグラスで動作)を利用することで体験が可能だ。人流・交通などの都市データを取り込むこともでき、ユーザの街歩きなど回遊施策への活用も期待される。

今回の取り組みについて、Psychic VR Lab執行役員CMOの渡邊氏は次のようにコメントしている。

リアルメタバース構想に関して本リリース発表後から、多くの自治体・ディベロッパーさまからお問い合わせをいただいております。今後は日本6都市だけでなく、国内主要都市への対応を始め、世界中の都市空間へ向けてAR/MRコンテンツを制作・管理・配信できるシステムを提供していく予定です。

また、システムの提供に留まらず、様々な都市空間をコンテンツや広告の配信メディアとして利活用できるようなビジネスの仕組みも提供していく予定です。XRを活用した新たな街づくりを世界中で展開していく予定ですので、ご興味ある方はぜひご連絡ください。(Psychic VR Lab 執行役員 CMO 渡邊 遼平さん)

Psychic VR Lab では2022年上期を目途に、XR に詳しくない一般の人々でも、都市空間に AR/MR コンテンツを配信することができる機能を追加し、STYLY を、より多くの人がリアルメタバースを体験できるプラットフォームへと大型アップデートする予定。今後は国内対応を進めるほか、海外主要都市への対応や、IP とコラボした都市スケールの AR/MR ライブなどエンターテインメントでの利用も加速させる。

Psychic VR Lab は2007年4月に設立。前身は VR の研究開発などを行うオズミックコーポレーションという会社だったが、その後、分社化し Psychic VR Lab を設立した。2016年に STYLY をローンチ、2020年に渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」で XR ミュージックアートコンテンツを展開した。2021年9月には、シリーズ C ラウンドで KDDI Open Innovation Fund を含む複数の投資家から9億円を調達している。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


〝空間を着られる〟ファッションVRコマース「STYLY(スタイリー)」のPsychic VR Lab、Colopl VR Fundなどからシード資金を調達

SHARE:

<12月22日更新:赤字部を訂正加筆> ファッションVR(バーチャルリアリティ)コマース「STYLY(スタイリー)」を開発する Psychic VR Lab は20日、シードラウンドでコロプラ(東証:3668)の投資子会社コロプラネクストの VR スタートアップ特化ファンド「Colopl VR Fund」から、シードラウンドで資金調達したことを明らかにした。調達した金額や、Colopl VR Fu…

psychic-vr-lab_mirai-kaihoku-expo
伊勢丹新宿店の「未来解放区万博」への出展時の様子を語る、Psychic VR Lab 代表の山口征浩氏

<12月22日更新:赤字部を訂正加筆>

ファッションVR(バーチャルリアリティ)コマース「STYLY(スタイリー)」を開発する Psychic VR Lab は20日、シードラウンドでコロプラ(東証:3668)の投資子会社コロプラネクストの VR スタートアップ特化ファンド「Colopl VR Fund」から、シードラウンドで資金調達したことを明らかにした。調達した金額や、Colopl VR Fund 以外の調達先の情報については開示されていない。今回の調達は、同社が今年8月に実施したエンジェルラウンドに続くものだ。

2007年4月に設立された Psychic VR Lab は、Psychic VR Lab は、2007年4月にオズミックコーポレーションとして設立後、2016年5月に分社化。ファッションブランドがオンラインで世界観を消費者に伝えたり、商品本来が持っている魅力を伝えたりできる、ファッション特化型 VR ショッピングプラットフォーム「STYLY(スタイリー)」を開発している。これまでに Pitti Imagine など30程度のファッションブランドがテストに参加しており、伊勢丹新宿店で今年催された「未来解放区万博」では、STYLY を使ったショッピングサービスが展開された。

VR に必要な環境の普及度の問題から、Psychic VR Lab では、これまでユーザに VR が備わった環境まで足を運んでもらって体験してもらうことを想定してきたが、VR 環境がコンシューマユーザの周辺でも手に入りやすくなったため、今後は一般的なパソコンでも VR 体験できるサービスづくりに傾倒するようだ。

psychic-vr-lab_creative-tool
STYLY の「クラウド型クリエイティブツール」を披露する山口氏

その手始めに、20日にリクルートホールディングス(東証:6098)の TECH LAB PAAK で開催された第6期デモデイで、代表の山口征浩氏がクラウド型のクリエイティブツールを披露した。山口氏の説明によれば、VR に最適化されたハイスペックな PC でなくても、MacBook に代表される一般的な PC で、簡単にファッションブランドが VR 空間を構築できるのが最大の特徴とのこと。また、先日来、同社では VRエンジニア、サーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニアを募集しているが、全国7拠点で開催される日本最大の VR ハッカソン「All Japan VR Hackathon」でグランプリを受賞したエンジニア AFJK 氏が、2017年から Psychic VR Lab が CTO として参画することが明らかになった。

20日の TECH LAB PAAK 第6期デモデイで Psychic VR Lab は特別賞を受賞、日本マイクロソフトのテクノロジーセンター・センター長を務める澤円(さわ・まどか)氏に、テクノロジーセンターを案内してもらえる権利を獲得している。

tech-lab-paak-6th-demoday_special-award-winner_psychic-vr-lab
Psychic VR Lab のメンバーと、日本マイクロソフトのテクノロジーセンターのセンター長を務める澤円氏(最右)

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


Psychic VR Labにエンジェル投資家6人が参画し経営体制を強化、ファッションVRコマース「STYLY(スタイリー)」を本格展開へ

SHARE:

東京を拠点とする Psychic VR Lab は29日、エンジェルラウンドで資金調達したことを発表した。このラウンドに参加するのは、エンジェル投資家の中村匡氏、事業構想大学院大学特任教授の渡邊信彦氏、イーブックイニシアティブジャパン顧問の高嶋晃氏、個人投資家で京都大学客員准教授の瀧本哲史氏など。総勢6名のエンジェル投資家がこのラウンドに参加しているが、残る2名の投資家の氏名については非公表。また…

psychic-vr-lab-yamaguchi-and-angel-investors
左から:Psychic VR Lab 取締役 中村匡氏、代表取締役 山口征浩氏、エバンジェリスト 渡邊信彦氏、アドバイザー 高嶋晃氏

東京を拠点とする Psychic VR Lab は29日、エンジェルラウンドで資金調達したことを発表した。このラウンドに参加するのは、エンジェル投資家の中村匡氏、事業構想大学院大学特任教授の渡邊信彦氏、イーブックイニシアティブジャパン顧問の高嶋晃氏、個人投資家で京都大学客員准教授の瀧本哲史氏など。総勢6名のエンジェル投資家がこのラウンドに参加しているが、残る2名の投資家の氏名については非公表。また、調達金額やシェアについても公表されていない。今回の調達とあわせて、中村氏は Pschic VR Lab の取締役に就任、渡邊氏は VR の活用を啓蒙するエバンジェリストとして同社に参加する。

Psychic VR Lab は、データセキュリティ製品ベンダーのイーディーコントライブ(東証:7853)の代表などを務めた山口征浩氏が2007年4月に設立。前身はつくばを拠点とし、バーチャルリアリティ(VR)の研究開発などを行うオズミックコーポレーションという会社だったが、リクルートホールディングスが運営するスタートアップ・インキュベータ「TECH LAB PAAK(テック・ラボ・パーク)」の第4期への参加を通じて、ビジネスの軸足を VR に定めることを決意、社名を Psychic VR Lab に変更した分社化し Psychic VR Lab を設立した。

同社は、ファッションブランドがオンラインで世界観を消費者に伝えたり、商品本来が持っている魅力を伝えたりできる、ファッション特化型 VR ショッピングプラットフォーム「STYLY(スタイリー)」を開発している。7月〜9月の3ヶ月間で、約30程度のファッションブランドにテスト利用してもらっており、現在約30程度のファッションブランドにテスト利用の準備をしており、伊勢丹新宿店では、8月24日から9月半ばまで STYLY を使ったショッピングサービスが展開されている。

今回のエンジェルラウンドに参加したエンジェル投資家らは、輝かしいバックグラウンドを持った人物ばかりだ。

取締役として Psychic VR Lab の経営に参加する中村匡氏は、野村證券を経て、光通信キャピタルでは代表取締役社長として総額300億円のネットベンチャー向けファンドを創設、直近では、繊維大手のタキヒヨー(東証:9982)執行役員IR室長を務めた。

中村氏は、売上を増やす手段としての VR の活用はもちろんだが、ブランドが実店舗を出店する上で足かせとなる家賃の問題は、いずれ時間が解決するのではないかと考えている。むしろ、彼がタキヒヨーにいた頃に抱いたジレンマ——ファッションを知らない人にもディテールを説明できる方法として、「これしかないと思った」と Psychic VR Lab への出資と経営参画と理由を強調した。

<関連文献>

Psychic VR Lab のエバンジェリストに参加する渡邊信彦氏は、電通国際情報サービス(東証:4812)の執行役員/オープンイノベーション研究所所長を歴任。現在はジャパンネクストジェネレーション CEO を務めるほか、音楽×地方の共創プロジェクト「one+nation」を牽引している。7〜8年前、現在の VR の前身とも言えるセカンドライフが全盛となった頃には、日本で率先してセカンドライフを利用したイベントやビジネスについて啓蒙していた人物だ。

渡邊氏は、VR の世界でリアルを再現しようとしても、結局、リアルには勝てず、セカンドライフの二の舞になってしまうと主張。(Psychic VR Lab で)空間全体をデザインすることで、リアルでは見せられない感性を伝えらえるメディアや UI を作り出せると考えた。商品の表現方法が変化することで、作り手であるブランドの作り方や、ファッションを購入した人々の消費の仕方も違ってくるだろう、と VR が与える社会へのインパクトを展望する。

<関連文献>

tech-lab-park-4th-demoday_styly-2
TECH LAB PAAK 第4期デモデイで「STYLY」を披露する山口氏

投資家兼アドバイザーとして Psychic VR Lab を支援する高嶋晃氏は、電子書籍大手イーブックイニシアティブジャパンの共同創業者で、現在は同社顧問。同社を2011年にマザーズ上場、2013年に東証一部へ指定替えに導いた。現在のような電子書籍全盛となる前の2000年から、スクラッチで新しい市場を作り上げていった人物として知られている。

高嶋氏によれば、インターネットで実現されている2次元のコマースには限界があり、例えば、街の本屋に行けば、平積みや本棚に並んだいろんな書籍を買ってしまうが、現在の Eコマースの世界では、そのようなことが起きにくい。店内をうろつくようなエクスペリエンスを VR で実現することで、新たな商機が生まれたり、ウェブクリエイターが新たな創作物を作り出す機会につながることを期待しているようだ。

<関連文献>

takimoto1
瀧本哲史氏

同じく投資家兼アドバイザーとして支援する瀧本哲史氏は、以前マッキンゼーでタクシー大手の日本交通の経営再建を担当。現在は、京都大学の産官学連携本部イノベーションマネジメントサイエンス研究部門の客員准教授などを務めている。各業界との幅広い人脈を通じて、Psychic VR Lab の大企業や中小企業との事業連携などを側面支援する。

Psychic VR Lab では前身のオズミックコーポレーションの頃から、VR を活用した事業やイベントを複数展開してきたが、今回の資金調達を機に、経営資源を STYLY の開発に集約するそうだ。同社では、アパレルに特化した 3D スキャナや 3D ショップの構築を容易にするショップビルダーの機能を開発しており、近日中には一般ユーザも STYLY を試せるイベントを開催する予定しているとのこと。この分野に興味のある VRエンジニア、サーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニアも募集中とのことなので、関心のある読者は連絡をとってみるとよいだろう。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録