BRIDGE

タグ Colopl Next

韓国発、EC向けコンピュータビジョン技術開発のOdd Concepts、シリーズAラウンドでStonebridgeとコロプラネクストから約2.6億円を調達

SHARE:

<ピックアップ> 오드컨셉, 스톤브릿지-코로프라 넥스트로부터 25억원의 투자 유치 ソウルを拠点とし、E コマース向けのコンピュータビジョン(映像認識)技術を開発する Odd Concepts(오드컨셉)は11月10日、韓国 VC の Stonebridge Capital(스톤브릿지캐피털)と日本 VC のコロプラネクストからシリーズAラウンドで25億ウォン(約2.6億円)を調達したと発表…

Odd Concepts のチームメンバー
Image credit: Odd Concepts

<ピックアップ> 오드컨셉, 스톤브릿지-코로프라 넥스트로부터 25억원의 투자 유치

ソウルを拠点とし、E コマース向けのコンピュータビジョン(映像認識)技術を開発する Odd Concepts(오드컨셉)は11月10日、韓国 VC の Stonebridge Capital(스톤브릿지캐피털)と日本 VC のコロプラネクストからシリーズAラウンドで25億ウォン(約2.6億円)を調達したと発表した。これは、Odd Concepts にとって、昨年 KB Investment(KB 인베스트먼트)から実施した10億ウォンの調達に続くものだ。累積調達金額は35億ウォン(約3.6億円)。

2012年5月、Odd Concepts は、コンピュータビジョンとマシンラーニングを活用した映像検索技術を開発している。当初は映像認識エンジン「OddEye」を使い、ロッテデパートとの協業では同社のモバイルアプリ「elLOTTE」から顧客を実店舗に誘導するなど、O2O 領域でサービスを展開していた。今年2月には、ディープラーニングを使ったファーションコーディネイト・エンジン「Deeplook」をローンチ。ローンチから8ヶ月間で、月間トラフィック9,000万件、ユーザ数200万人を獲得した。

Odd Concepts は技術とビジネスモデルに関する特許を15件取得、さらに12件を出願している。Deeplook は韓国国内の大手 EC サイトに導入されており、現在10以上の大型 EC サイトとの交渉を始めているとのことだ。 Stonbridge Capital およびコロプラネクストは今後、韓国国内や日本を含む世界市場でのビジネス開発で協力するとしている。

「Deeplook」は、形・色・パターンなどの視覚要素を判断し、同一商品や類似商品を検索して推薦してくれる。本写真は、ショッピングアプリで商品がオススメされる事例。
Image credit: Odd Concepts

via Platum

----------[AD]----------

韓国発の翻訳テクノロジースタートアップFlitto、コロプラネクストから資金調達——インバウンド需要増に対応し、日本市場へ本格進出

SHARE:

【11日15時更新】Flitto の過去の調達金額について、Crunchbase に公開されている情報などを参考に記したが、これらに誤りがあるようで、Flitto から得られた情報に訂正した。 韓国発のスタートアップで、クラウドソーシングや人工知能を用いた自然言語処理による翻訳サービスを提供する Flitto(플리토) は9月18日、コロプラネクストから資金調達したことを明らかにした。調達ラウンド…

左から:コロプラネクスト 代表取締役 山上慎太郎氏、Flitto CEO の Simon Lee(韓国名:イ・ジョンス=이정수)氏

【11日15時更新】Flitto の過去の調達金額について、Crunchbase に公開されている情報などを参考に記したが、これらに誤りがあるようで、Flitto から得られた情報に訂正した。

韓国発のスタートアップで、クラウドソーシングや人工知能を用いた自然言語処理による翻訳サービスを提供する Flitto(플리토) は9月18日、コロプラネクストから資金調達したことを明らかにした。調達ラウンドや調達金額は開示されていない。同社はこれまでに、Stonebridge Capital などから、創業時の2012年に8億ウォン(約7,900万円)、2015年5億ウォン(約4,900万円)、2016年に10億ウォン(約9,800万円)を調達している。シードラウンドで 2012年と2013年に8億ウォン(約7,900万円)、シリーズ A ラウンドで2015年に35億ウォン(約3.5億円)、シリーズ B ラウンドで2016年に90億ウォン(約8.9億円)を調達している。

2012年にローンチした Flitto は、ユーザがネイティブスピーカーから翻訳をキュレーションすることができるサービスだ。従来の機械翻訳とは異なるアプローチをとり、翻訳希望者と翻訳者(ネイティブスピーカー)をつなぐことで、莫大な量の翻訳パターンを蓄積。それらをもとに、人工知能や巨大な翻訳データベースを使って手早い翻訳を提供している。

最近では、これまでに蓄積した言語データ(コーパス)を Baidu に販売し Baidu Translate(百度翻訳)の機能向上に活用、また、Baidu との協業でマイクロソフトや NTT ドコモ などにもデータを販売している。Flitto は THE BRIDGE の取材に対し、今回のコロプラネクストからの調達とあわせ、日本オフィスを開設することも明らかにした。Flitto CEO の Simon Lee(韓国名:イ・ジョンス=이정수)氏は「B2B から C2C まで日本市場への進出を積極的に展開していく予定」と語っている。

<関連記事>

Flitto はサービス開始から5年目を迎え、新たな機能追加も発表。アプリ上からの音声入力により、翻訳結果をリアルタイムで表示。方言、新語、詩文など人工知能が翻訳できない場合は、クラウド翻訳者にそのリクエストが伝えられ、人による翻訳結果を受け取れるようになった。この新機能は、9月14日にアップデートされた Android アプリおよび iOS アプリで利用可能だ。

コロプラネクストは、かねてより言語障壁を克服するテクノロジーを開発するスタートアップへの投資に積極的で、これまでにバーコード読取で商品情報を多言語表示する「Payke(ペイク)」や、人工知能による最適化で外国人に求人情報を提供する「JapanWork」に出資している。

<参考記事>

----------[AD]----------

〝空間を着られる〟ファッションVRコマース「STYLY(スタイリー)」のPsychic VR Lab、Colopl VR Fundなどからシード資金を調達

SHARE:

<12月22日更新:赤字部を訂正加筆> ファッションVR(バーチャルリアリティ)コマース「STYLY(スタイリー)」を開発する Psychic VR Lab は20日、シードラウンドでコロプラ(東証:3668)の投資子会社コロプラネクストの VR スタートアップ特化ファンド「Colopl VR Fund」から、シードラウンドで資金調達したことを明らかにした。調達した金額や、Colopl VR Fu…

psychic-vr-lab_mirai-kaihoku-expo
伊勢丹新宿店の「未来解放区万博」への出展時の様子を語る、Psychic VR Lab 代表の山口征浩氏

<12月22日更新:赤字部を訂正加筆>

ファッションVR(バーチャルリアリティ)コマース「STYLY(スタイリー)」を開発する Psychic VR Lab は20日、シードラウンドでコロプラ(東証:3668)の投資子会社コロプラネクストの VR スタートアップ特化ファンド「Colopl VR Fund」から、シードラウンドで資金調達したことを明らかにした。調達した金額や、Colopl VR Fund 以外の調達先の情報については開示されていない。今回の調達は、同社が今年8月に実施したエンジェルラウンドに続くものだ。

2007年4月に設立された Psychic VR Lab は、Psychic VR Lab は、2007年4月にオズミックコーポレーションとして設立後、2016年5月に分社化。ファッションブランドがオンラインで世界観を消費者に伝えたり、商品本来が持っている魅力を伝えたりできる、ファッション特化型 VR ショッピングプラットフォーム「STYLY(スタイリー)」を開発している。これまでに Pitti Imagine など30程度のファッションブランドがテストに参加しており、伊勢丹新宿店で今年催された「未来解放区万博」では、STYLY を使ったショッピングサービスが展開された。

VR に必要な環境の普及度の問題から、Psychic VR Lab では、これまでユーザに VR が備わった環境まで足を運んでもらって体験してもらうことを想定してきたが、VR 環境がコンシューマユーザの周辺でも手に入りやすくなったため、今後は一般的なパソコンでも VR 体験できるサービスづくりに傾倒するようだ。

psychic-vr-lab_creative-tool
STYLY の「クラウド型クリエイティブツール」を披露する山口氏

その手始めに、20日にリクルートホールディングス(東証:6098)の TECH LAB PAAK で開催された第6期デモデイで、代表の山口征浩氏がクラウド型のクリエイティブツールを披露した。山口氏の説明によれば、VR に最適化されたハイスペックな PC でなくても、MacBook に代表される一般的な PC で、簡単にファッションブランドが VR 空間を構築できるのが最大の特徴とのこと。また、先日来、同社では VRエンジニア、サーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニアを募集しているが、全国7拠点で開催される日本最大の VR ハッカソン「All Japan VR Hackathon」でグランプリを受賞したエンジニア AFJK 氏が、2017年から Psychic VR Lab が CTO として参画することが明らかになった。

20日の TECH LAB PAAK 第6期デモデイで Psychic VR Lab は特別賞を受賞、日本マイクロソフトのテクノロジーセンター・センター長を務める澤円(さわ・まどか)氏に、テクノロジーセンターを案内してもらえる権利を獲得している。

tech-lab-paak-6th-demoday_special-award-winner_psychic-vr-lab
Psychic VR Lab のメンバーと、日本マイクロソフトのテクノロジーセンターのセンター長を務める澤円氏(最右)
----------[AD]----------