THE BRIDGE

タグ SLUSH ASIA 2015

白熱のSLUSH ASIAスタートアップピッチ、グランプリはプレイアブル広告のVMFive #SlushAsia

SHARE:

フィンランドの一大テックイベントの「SLUSH」のアジア版「SLUSH ASIA」が4月24日に開催され、当日は晴れ渡る空の下に多くの参加者が集い、会場は熱気に包まれていた。 3000人がイベントに参加する中、キーノートやデモブースなどがところ狭しと行われ、ドーム型テント”ホワイトロック”では国内外から集まった50組ものスタートアップたちが熱いビッチバトルを繰り広げた。 クラウド / マーケットプ…

IMG_1059_2

フィンランドの一大テックイベントの「SLUSH」のアジア版「SLUSH ASIA」が4月24日に開催され、当日は晴れ渡る空の下に多くの参加者が集い、会場は熱気に包まれていた。

3000人がイベントに参加する中、キーノートやデモブースなどがところ狭しと行われ、ドーム型テント”ホワイトロック”では国内外から集まった50組ものスタートアップたちが熱いビッチバトルを繰り広げた。

クラウド / マーケットプレイス、エンタメ、教育、ツール、ハイテック / ハードウェアの5つのカテゴリーでそれぞれ10社ずつ競い合い、50組の中から残ったファイナリストがAlpacaDB、VMFive、Bento Bioworks、FASTMEDIA、FOVEの5社だ。

栄えある、アジア初開催のSLUSH ASIAスタートアップピッチのグランプリを獲得したのは、プレイアブル広告のVMFiveだ。

以下、ファイナルに選出された5組を紹介する。

クラウド / マーケットプレイス:AlpacaDB

IMG_1054_2
AlpacaDBは、画像解析技術を使い、非構造データ(画像)のタグ付けや分類分けを学習させることができるディープラーニングプラットフォームを提供している、カリフォルニア州サンマテオ拠点のスタートアップ。

画像にタグ付けなどを行うeコマース企業やストックフォトなど10社以上を顧客に抱える。ダッシュボードでは、実際に人が画像にラベリングをまず行い、そこから画像整理術のディープラーニングをシステムに教えながらアルゴリズムを生成することができる。

フリーミアムモデルを採用しており、完成したアルゴリズムを使用する場合、ライセンスフィーがかかる仕組みになっている。

エンタメ:VMFive

IMG_1066_2
VMFiveは、アプリをインストールすることなく、ユーザにアプリを体験してもらうことができるプレイアブル広告のAdPlayを提供している台湾のスタートアップ。

すでに、同社はD2Cやアドウェイズと連携を図っており、予約トップ10での体験提供などを開始。新作アプリの予約などを行っている。

対象の会社はゲームパブリッシャーでcost per trialのビジネスモデルをとっている。ファウンダーによるとアシアのモバイルゲームアプリの市場は米国の2.5倍であり、同社のサービスを導入すると、バナーアドやビデオアドより2倍から5倍の効果があるという。現在クライアントの数は3社で、API1コールは数ドル以下だという。

教育:Bento Bioworks

IMG_1071_2
Bento Bioworksは、個人でバイオテクノロジーの実験をすることができるハードウェアを開発しているロンドン拠点のスタートアップ。

同社の小型実験ハードウェアを使うと、例えば実際のハンバーガーの肉をスキャニングして、DNAを通じて何の肉が使われているか、成分などを調べることができる。

数ヶ月前に始まったばかりの生まれたてのスタートアップで、現在バイオロジー(生物学)を専攻している大学生をターゲットとしている。

ツール: FASTMEDIA

IMG_1078_2
ドラッグ・アンド・ドロップベースでスマホアプリを誰でもすぐに開発できるプラットフォームyappliを提供している日本のスタートアップ。

コードは一切書く必要なく、クロスプラットフォーム対応となっている。利用料金は中小企業は月100ドル、エンタープライズで月1000ドルとなっている。同社は売上ベースの四半期成長で70%の成長をしているという。すでに、大手企業やNPO、TEDx などの市民有志によるプロジェクトでも使われれており、アプリ時代の新しい開発ツールを提供したいと語った。

ハイテック / ハードウェア: FOVE

IMG_1079_2
FOVEは、アイトラッキング機能をもった、ヘッドマウントディスプレイを開発しているスタートアップ。

目の動きだけで360°の仮想空間を自由に操作でき、さらにジャイロ・加速計・磁石計を用いた9軸の傾きセンサー、モーショントラッカーによるヘッドトラッキング機能を組み合わせている。

目が見ている三次元上の座標を特定することで、見つめた位置をクリアにし、バーチャルリアリティー空間において自然な操作感によるリアリティーを実現しており、高い没入感がある。さらに、アイトラッキングだけで文字入力も可能にしている。

さらに、医療福祉分野に展開し、身体が不自由な人でも、文字入力やIoTによるリアルな物体の操作などを現在開発している。

----------[AD]----------

現代の魔法使い、落合陽一氏が語るアートとテクノロジー #SlushAsia

SHARE:

4月24日に開催されているSLUSH ASIAより。 現代の魔法使いと名高い落合陽一氏のセッションと、彼らが手がける超音波スピーカーによる音響浮揚技術 Pixie Dust(ピクシーダスト)の展示が行われていた。87年生まれのメディアアーティストの落合陽一さんは、物体を超音波で浮遊させる不思議な動画が話題になったことでも有名だ。 今回展示していた超音波スピーカーによる音響浮揚技術 Pixie Du…

20150424-DSC04291
メディアアーティストの落合陽一さん

4月24日に開催されているSLUSH ASIAより。

現代の魔法使いと名高い落合陽一氏のセッションと、彼らが手がける超音波スピーカーによる音響浮揚技術 Pixie Dust(ピクシーダスト)の展示が行われていた。87年生まれのメディアアーティストの落合陽一さんは、物体を超音波で浮遊させる不思議な動画が話題になったことでも有名だ。

今回展示していた超音波スピーカーによる音響浮揚技術 Pixie Dust(ピクシーダスト)の「音響場浮揚」という魔法的な浮遊技術は、特殊な超音波スピーカーを配置し、響場の分布を変更した超音波を中央に向けて集中させ音響場を形成することで、物体の空中浮揚を実現している。これが本当に魔法のようだ。

単に浮かせることが事ができるだけではなく、左右上下3軸の動きをコンピューターで自由に制御できる。

20150424-DSC04309

メディアートとしても充分魅力を惹きつけるテクノロジーだが、実用的な使い方も期待できる。

例えば農業の現場では、野菜の種子の受粉作業をこの音波浮遊技術を用いて人の手を介さず安全に行うことができたり、水も浮かせる事ができるそうなので、確実に抽出作業や混合作業ができるかもしれない。

他にも空中に映像を映し出せる「空中グラフィック」や、「実際に触れて動かせるレーザー」などを研究しているそうだ。

20150424-DSC04284
今はパソコンやスマートフォンの四角い画面に閉じ込められた情報を、解き放ちたい、そう語っていた。

20150424-DSC04301

キーノートセッションではバイオアーティストである福原志保氏とアートとテクノロジーについてパネルセッションが行われた。

福原氏は「人の死後もDNAを生き続けさせる」方法を提供しようとするバイオプレゼンス社を設立。故人の皮膚からDNSを採取し、木の細胞に埋め込んで育てれば、すべての細胞に元の遺伝情報が含まれる「生きた墓標」となるのだという。

「今までアーティストはホワイトキューブ(美術館などのギャラリー)でしか表現できなかったけれど、今はYoutubeやSNSがあって、表現の幅が広がったし、アーティストも直接フィードバックもらえるようになった。

これからはアントレプレナーとアーティストが一同に介して議論できるような場所なりエコシステムが必要だ」。

セッションの中で落合氏と福原氏は、いかにアートとテクノロジーをいかに外に持ち出すかの重要性を語っていた。

関連記事:
日本に足りないのは起業家精神ーーロックンロールな雰囲気で交流して欲しい #SlushAsia
「未来を変える」ーーアジア初の #SlushAsia 開催、3000人がお台場に集結

----------[AD]----------

日本に足りないのは起業家精神ーーロックンロールな雰囲気で交流して欲しい #SlushAsia

SHARE:

フィンランド発のスタートアップカンファレンス「SLUSH ASIA」が4月24日、東京・お台場で開催されている。 7年前にフィンランドから始まったSLUSHを今回初めてアジアで開催。学生、起業家、投資家、ジャーナリストなど、3000人が集結した。関係者の話によると、昨年冬に日本で開催することを決めたは良いが、大きなカンファレンス会場が見つからなかったため、だったら自分たちで会場を作ろう、となったそ…

20150424-DSC04295
アンティ・ソンニネン氏

フィンランド発のスタートアップカンファレンス「SLUSH ASIA」が4月24日、東京・お台場で開催されている。

7年前にフィンランドから始まったSLUSHを今回初めてアジアで開催。学生、起業家、投資家、ジャーナリストなど、3000人が集結した。関係者の話によると、昨年冬に日本で開催することを決めたは良いが、大きなカンファレンス会場が見つからなかったため、だったら自分たちで会場を作ろう、となったそうだ。

20150424-DSC04255
ホワイトロックと呼ばれるテントを設営し、そして1日で撤去するのだそう。会場に向かうと巨大な白いテントが目に飛び込む。

20150424-DSC04296
このイベントの仕掛人であるアンティ・ソンニネン氏はSLUSH ASIAを日本で開催した理由を語ってくれた。

2013年の「東洋経済」に掲載されていた特集記事で「起業家精神は教えたり学んだりできるものだと思うか?」という問いに対し、「そう思う」と答えた人の割合は、世界主要国の中で日本が最下位だったという記事を見た。そこで、今の日本に一番足りないのは起業家精神である、それを強く感じたんだ。

日本で起業を学ぶ人は少ないし、教える人も少ない。まずは起業家は違う星から来たエイリアンではないことを伝えなくてはいけないと思っている。日本のビジネスイベントはとても堅苦しい。だから、起業家と投資家がカジュアルでロックンロールな雰囲気で、繋がってコミュニケーションできるイベントにしたかった。

アジア初のSLUSH ASIAが始まってみて、どんな気持ちか聞いてみたところ、

たくさんの人に話しかけられてあまり見れていないし、まだ終わった後の結果はわからないけど、400人のスタッフに30以上の企業、そして大勢の人が参加してくれた。ここにいる人たちはみんな笑顔だし、リラックスしているように見える。今はとてもポジティブな気持ちだよ。

次回日本でやるならもっと大きな規模で開催したいね。

と意気込みを語ってくれた。

20150424-DSC04270
RovioのPeter Vesterbackaも気さく写真に応じる。

20150424-DSC04263
デモブースではスタートアップによる製品デモが行われている。

20150424-DSC04307
CerevoのXON SNOW-1も出展。

20150424-DSC04304
小さなヒューマノイドPLEN2も参加していた。

20150424-DSC04273
キーノートのホワイトロックテントきらめく光のライン。

20150424-DSC04298
ヒューマンビートボックスのライブも行われ、さながらロックフェスのような雰囲気だ。

関連記事:「未来を変える」ーーアジア初の #SlushAsia 開催、3000人がお台場に集結

----------[AD]----------

「未来を変える」ーーアジア初の #SlushAsia 開催、3000人がお台場に集結

SHARE:

市場の変化が激しい。しかし日本人は変化を嫌う。この文化を変えたいーー アジア初開催となったSLUSH ASIAが東京・お台場で幕を開けた。記念すべき最初のキーノートには前LINE代表であり、現在自らがスタートアップとしてC Channel代表取締役となった森川亮氏が壇上に立ち「挑戦すること」の重要性を説いた。 「多くの人は言った。あなたはもう既に有名だし新しいことをやる必要はない。しかし私は変化を…

C Channel代表取締役となった森川亮氏

市場の変化が激しい。しかし日本人は変化を嫌う。この文化を変えたいーー

アジア初開催となったSLUSH ASIAが東京・お台場で幕を開けた。記念すべき最初のキーノートには前LINE代表であり、現在自らがスタートアップとしてC Channel代表取締役となった森川亮氏が壇上に立ち「挑戦すること」の重要性を説いた。

「多くの人は言った。あなたはもう既に有名だし新しいことをやる必要はない。しかし私は変化を求めたし、新しいビジネスをやりたいと思った。それもエンターテインメントビジネスをやりたかった」。

幼少期に歌手になりたかったという生い立ち(高いトーンが出せなかったのでドラムを選んだそう)から日本テレビ、ソニー、LINE、そして今月立ち上げた新たなスタートアップまでのエピソードを披露した。

「未来を変える」ーー森川氏はアジア初開催のSLUSH ASIAのキーノートをこの言葉で締めくくった。

会場となったテント内部。天候もあって暑かった。

フィンランドでSLUSHが始まったのは7年前の2008年。当初は200人ほどの小規模なイベントが時を経て2014年11月開催時には1万3000人を集める巨大コミュニティに発展した。来場者もフィンランド大統領などの各国主席クラスから学生、起業家、投資家、ジャーナリストなど79の国々から多種多様な人々が集まっているという。

参考記事:参加者数は6年で50倍成長、北欧最大級のテックイベント「Slush」にかけるフィンランドの思い

今回アジア初の開催となったSLUSH ASIAでは、初回かつアジアの中でも特にドメスティック色の強い日本での開催ということもあってか、ざっと見渡した印象でそこまで多国籍といった雰囲気はなかった。

SLUSH ASIA運営のTEAM SLUSH CEOのAntti Sonninen(アンティ・ソンニネン) 氏に聞いたところ、当初2000人を見込んでいた来場者数はその後多くのリクエストに応える形で3000人以上に膨らんだという。また来場者の7割は国内の方で、3割が海外からわざわざ訪問してきてくれたそうだ。

TEAM SLUSH CEOのAntti Sonninen(アンティ・ソンニネン) 氏

またスタートアップピッチに登壇するのは50組でその内の40%が海外組ということで、ボランティアも約250名が集まったという。初めての開催で、しかも3カ月ほど(他の関係者談)という準備期間でここまでのステージを用意できたのは正直驚きだ。

普段こういったアジア圏イベントというのはシンガポールや韓国、中国/台湾で開催されることが多く、全編通して公用言語として「英語」を使うと明示しているテック系イベントを日本で開催することは珍しい。そもそもテクノロジーに限っているわけではなく、全体として「新しいムーブメントを起こそう」という人たちの集まりと考えたほうが正しいかもしれない。

会場には多くのデモ、スタートアップ達のピッチ・ステージが繰り広げられた。個別の様子については別のレポートでお伝えする(と思う)。

暑いぐらいの快晴の中、会場となったお台場に3000人の参加者が集まった。

会場にはホワイトロックというドーム型のテントが設営され、1日で撤去してしまうのだそうだ。

スマート・シューズのOrpehをデモするCTOの金井隆晴氏。クラウドファンディングも140%以上達成と好調だが、更なる獲得を目指してSLUSH ASIAに参加したそうだ。

参考記事:照明にも楽器にもーー日本発のパフォーマンスに特化したスマートシューズ「Orphe」

デモブースには主にハードウェア系のスタートアップが展示をしていた。

「課題はマーケット(の規模)」。と語る筋電義手「handiii」のチーム。プロダクトを優先させると語っていた。

その他にもテントでは様々なステージが繰り広げられた。全編英語。

SLUSH ASIAでメインステージのMCを務めたCasey Lau氏がいたので話をすると、彼に依頼があったのは直前だったらしい。彼はSoftLayerでアジア太平洋地域のコミュニティ・マネージャーとして様々なテク系カンファレンスでエバンジェリストして活躍している人物で、こういったアジア全般のテク系イベントに数多く足を運んでいる。

Casey Lau氏。本職はSoftLayerでアジア太平洋地域のコミュニティ・マネージャー

「開催するほんの数日前にMCやってくれって依頼されたんだ(笑。これまで2年間日本のスタートアップシーンを追い続けてきて、実際に急激に成長してるのがわかるし、物凄いスピードで進化している。特に、Slush Asiaの様な世界規模のイベントをもっとやっていけば、日本のスタートアップエコシステムは更にヒートアップすると思う」。

汗ばむような熱気の中、日本、アジアのスタートアップ・シーンにまたひとつ新しいページが加わった。

----------[AD]----------

フィンランドの熱風をアジアにもーー「SLUSH ASIA」、4月24日にアジア初イベント開催へ

SHARE:

フィンランドで毎年11月に開催されるテック・コミュニティのイベント「SLUSH」のアジア版が日本で開催されることになった。 運営主体となるTEAM SLUSHは2月25日、アジアで最初となる同イベント「SLUSH ASIA」を4月24日に開催すると発表した。開催場所は東京の臨海地区青海(お台場近辺)で、起業家や投資家、企業、ジャーナリストなどを対象に、国内外から参加者を募る。 TEAM SLUSH…

“昨年のSlushにて対談するガンホーの孫泰藏氏とSupercellのイルッカ・パーナネン氏"
Slushにて対談するガンホーの孫泰藏氏とSupercellのイルッカ・パーナネン氏

フィンランドで毎年11月に開催されるテック・コミュニティのイベント「SLUSH」のアジア版が日本で開催されることになった。

運営主体となるTEAM SLUSHは2月25日、アジアで最初となる同イベント「SLUSH ASIA」を4月24日に開催すると発表した。開催場所は東京の臨海地区青海(お台場近辺)で、起業家や投資家、企業、ジャーナリストなどを対象に、国内外から参加者を募る。

TEAM SLUSHを牽引するのはアングリーバードで知られるRovio Entertainmentの元日本代表、Antti Sonninen(アンティ・ソンニネン)氏。現在は音楽系スタートアップのBeatroboでCOOを務めている。登壇するゲストスピーカーにはSupercell CEOのIlkka Paananen(イルッカ・パーナネン)氏、Rovio Mighty EagleのPeter Vesterbacka(ピーター・ヴェステルバッカ)氏、Mistletoe CEOの孫泰蔵氏、DeNA創業者の南場智子氏などが決定している。

前回ヘルシンキで開催されたSLUSH本体には世界中から1万3000人ものスタートアップや投資家などが参加、各国首脳も顔をみせるなど、フィンランドにおける一大コミュニティに発展している。

まるでコンサート会場のようなステージ

SLUSHの特徴はそのアーティスティックな「空気感」にある。この様子については、私たちのメンバーでベルリン在住のSatoYukiがレポートしてくれている記事をご一読いただきたい。

参考記事:参加者数は6年で50倍成長、北欧最大級のテックイベント「Slush」にかけるフィンランドの思い – THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

私たちTHE BRIDGEも、昨年の東京サテライト大会をカバーするなど、注目してきた。今回、4月に開催されるイベントについても同じく参加を予定している。引き続き情報が出てきたら都度お伝えしたい。

参考記事:フィンランドのスタートアップ・カンファレンスSlushが東京予選を開催、優勝チームのCapyはヘルシンキ本選へ – THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

----------[AD]----------