THE BRIDGE

タグ sound

登録声優数が2000人を超えた音声クラウドソーシング「Voip!」が、急な音声需要に対応する新パッケージの販売へ

SHARE:

2013年7月25日、音声クラウドソーシングサービス「Voip!」を運営する株式会社Groodは、登録声優数が2,000名を突破したことを発表した。 Voip!は声優事務所や専門学校と提携し、日本最大級の声優ネットワークを活用して、主に企業向けにソーシャルゲームや恋愛・乙女ゲームのキャラボイスなど、様々なニーズに応じた音声コンテンツを格安で提供する、特化型のクラウドソーシングサービス。5月に資金調…

Some rights reserved by Brian Lane Winfield Moore
Some rights reserved by Brian Lane Winfield Moore

2013年7月25日、音声クラウドソーシングサービス「Voip!」を運営する株式会社Groodは、登録声優数が2,000名を突破したことを発表した。

Voip!は声優事務所や専門学校と提携し、日本最大級の声優ネットワークを活用して、主に企業向けにソーシャルゲームや恋愛・乙女ゲームのキャラボイスなど、様々なニーズに応じた音声コンテンツを格安で提供する、特化型のクラウドソーシングサービス。5月に資金調達を行った時点では、登録声優数は1500人だったが、2ヶ月ほどで500人増加したことになる。

今回、Voip!は、緊急の音声コンテンツのニーズに対応可能な新たなパッケージの販売を開始することも明らかにしている。音声が導入されているアプリが増加している昨今のトレンドに対応し、複数の大手ソーシャルゲーム開発企業がゲームの開発に取り組む中で、急遽音声が必要になることがあり、そうした要望に取り組むためのパッケージということだ。

Voip!の通常のフローでは、依頼があるとその依頼について登録声優に連絡が届き、参加する意思のある声優がコンペに参加。コンペで集まった音声を審査した後に整音・納品を行うという流れになっている。新しいパッケージの導入により、企業側からGrood側に伝えたイメージに沿ってGrood側で選別・整音を行った音声の納品を行うフローも選択可能となった。このフローを選ぶ場合は、依頼の確定から最短3営業日での音声提供が可能だ。

特化型クラウドソーシングという今注目の手法で、音声コンテンツというニーズが高まる領域に取り組むVoip!、今後も引き続き注目していきたい。音声コンテンツが必要な方はこちらをどうぞ

----------[AD]----------

日本のアイドル、AKB48も利用するシンガポールの音声版Twitter「Bubbly」が3000万人ユーザーを突破

SHARE:

「音声版Twitter」として知られているシンガポール発のマイクロブログサービス「Bubbly」がユーザ数3000万人を達成した。 さらに、同サービスはブランド、見た目、イメージをさらに統一するために、サービス名を「Bubbly」に改名し(以前のサービス名は「Bubble Motion」)、それに応じて、デザインを刷新したBubbly(v3.0)の最新版を先日ローンチした。 刷新されたBubbly…

bubbly-home

「音声版Twitter」として知られているシンガポール発のマイクロブログサービス「Bubbly」がユーザ数3000万人を達成した。

さらに、同サービスはブランド、見た目、イメージをさらに統一するために、サービス名を「Bubbly」に改名し(以前のサービス名は「Bubble Motion」)、それに応じて、デザインを刷新したBubbly(v3.0)の最新版を先日ローンチした。

刷新されたBubblyの最大の目玉は、録音した音声に雰囲気を加えるサウンドトラックを付けることのできる背景音フィルタだろう。 バージョン2.0で提供されていた12種類の音声エフェクトフィルタに加え、バージョン3.0では背景音フィルタとして新たに「コーヒーショップ」「クラブ」「ボンベイ」などが加わった。これらは、Instagramのピクチャーフィルタみたいなものだが、その音声版というわけだ。

Bubblyは、サッカーのRio Ferdinand選手や、日本の女性アイドルグループAKB48、ボリウッドスターのSalman Kahn氏などのセレブにも利用されていて、このことは多くのユーザが同サービスに惹かれる理由の1つとなっている。同サービスは、iOSとAndroidだけでなく、フィーチャーフォンでも利用ができる。だから、私はBubblyユーザのほとんどがフィーチャーフォン利用者なのではないかと思っているが、この件についてはBubblyに確認を求めているので、回答があり次第お知らせするつもりだ。

bubbly-voice-blogging

BubblyのCEO、Thomas Clayton氏は声明のなかで、Bubblyは「スマートフォンでもフィーチャーフォンでも、音声メッセージを投稿したり、お互いの投稿に『いいね』やコメントをつけたりすることができる」ので、世界の間にあるギャップを埋めていると述べた。同氏の言うことは本当で、Nokia C3000+と普通のヘッドフォンしか持っていないフィリピンに住む無名の20才の学生はBubblyで驚くほど急速に人気となり、20万人を超えるフォロワーを集めたほどだ。

「私たちは新しい市場にサービスを拡大し続けているので、Bubblyには今、面白い変化がたくさんあります」

とClayton氏は語った。そしてこれは、Bubblyがこれからもっと忙しくなることをほのめかしているようだ。同社は最近、アプリプロダクトの責任者にDavid Sloan氏、プラットフォーム・エンジニアリングの責任者にRocket Internet Asia元CTOのMatteo Pelati氏、そしてアプリ・エンジニアリングの責任者にFusion Garage元CTOのAndrew Alcock氏を加えた。

(アップデート:次の2つのパラグラフにはClayton氏から提供されたさらなる詳細が盛り込まれている。)

Bubblyは、一流セレブと繋がることのできるプレミアムサービスのアプリ内購入から収益を上げている。これはスマートフォン向けの機能で、フィーチャーフォンに対しては、同社は「『付加価値サービス』として通信業と提携」を行っている。Bubblyのユーザ層に関しては次の通りだ。

「当社のトップ市場上位5か国は、インド、インドネシア、タイ、フィリピン、日本です。フィーチャーフォンとスマートフォン利用者の割合に関しては、当社が参入している市場とかなり一致しています。つまり、フィーチャーフォンの利用者が約85%で、スマートフォンではiOSユーザよりもAndroidユーザの方が若干多いです。日本などの国では、明らかにスマートフォンユーザの方が多くなっています。」

Bubblyに興味のある人は、こちらからダウンロードを。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

音声認識で手軽にキャンペーンに参加!カカオジャパンがスタンプラリーアプリ「Stac」をリリース

SHARE:

メッセージアプリKakaoTalkを日本で提供する株式会社カカオジャパンは本日、起動するだけでお得なスタンプラリーに参加できるスマートフォン用アプリ「Stac」のサービスをスタートした。 「Stac」は、電通が開発したClick AD®音声認識技術を利用することで、お店やイベント会場のほか、ユーザの日常生活の中の様々なシーンで、簡単にスタンプラリーに参加できるようになる。 店舗などは、集客ツールと…

StacメッセージアプリKakaoTalkを日本で提供する株式会社カカオジャパンは本日、起動するだけでお得なスタンプラリーに参加できるスマートフォン用アプリ「Stac」のサービスをスタートした。

「Stac」は、電通が開発したClick AD®音声認識技術を利用することで、お店やイベント会場のほか、ユーザの日常生活の中の様々なシーンで、簡単にスタンプラリーに参加できるようになる。

店舗などは、集客ツールとしてStacを利用して効果的なスタンプラリーキャンペーンを展開することが可能になる。

このサービスをどのように使うのかについては、以下の解説動画を見てほしい。

Stac present

特定の音声が流れている地点で、Stacのアプリを起動するとスタンプラリーに参加したことになり、特典をゲットすることができる。ちなみに上の映像中の音声を認識することもできるようになっており、上の映像を音声アリで流しながらアプリを起動すると、メッセージアプリのKakaoTalk上で使用できる動くスタンプをゲットできる(右の画像参照)。

アプリ内では開催中や開催予定のキャンペーンが表示されるようになっており、キャンペーン終了前の通知機能や開催時の通知機能もあるため、集客にも貢献すると考えられる。音声を流すだけでキャンペーンの設計が可能になるため、音声を流せるメディアであれば、テレビ、ラジオ、屋外ビジョン、Webなどのメディアとの連携も行うことができる。

可聴音域だけではなく、非可聴音域も認識が可能らしく、無音の環境でもスタンプラリーが展開できるとのこと。アプリを利用するユーザは、スタンプラリーに参加する前に自身の属性をアプリに登録する必要がある(といっても性別と生まれた年と月くらいだが)。そのためキャンペーンを実施する側は、キャンペーンに参加したユーザの属性を知ることも可能になっている。

Stacはサービス開始と同時に全国のローソンでスタンプを集めるとウチカフェスイーツの「あんこや 豆大福」がもらえるキャンペーンをスタートしており、7月には福岡ソフトバンクホークスのキャンペーンの実施も予定している。そのほかにも、現在、デジタルサイネージ利用による実証実験、電車の車内アナウンス実証実験、渋谷大型ビジョンを使用した実証実験などなど、数々の実証実験を行なっているという。カカオジャパンは、「Stac」の活用シーンを拡大を目指し、今後も実証実験を重ねていく。

同アプリを試してみたい方は、iPhone版はコチラから、Android版はコチラからダウンロードできる。

----------[AD]----------