希望条件以上の「会いたい」オファーだけが届くエンジニアのための職場選びサービス「Tech Stars」

Yukari Mitsuhashi by Yukari Mitsuhashi on 2015.10.14

TechStars

職場選びのサービスは、従来のリスティング型のものからストーリーテリングを重視したもの、ライフイベントが多い女性に特化した「LiB」のようなサービスまで様々な形に増えています。そんな中、「エンジニアがハッピーになる世界をつくる」という大きなミッションのもとβオープンしたのが、「Tech Stars」です。エンジニアに特化したダイレクトマッチングサービスを提供します。

希望条件以上の「会いたい」オファーが届く

TechStarsの3つのポイント

TechStarsの3つのポイント

企業とエンジニアをダイレクトにマッチングすることが特徴のTech Stars。エンジニアは、自分の経歴やスキル、年収などの希望条件などを記入。それを見た希望条件以上の企業から、「会いたい」オファーが届きます。企業とのマッチングが成立した後は、早ければ計3回ほどのやり取りで面談が実現すると言います。

10月末の提供を予定する企業側からオファーを送る機能。Tech Starsが従来の掲載型やエージェントが間に入る転職サービスと大きく異なるのは、まさにこの部分。きちんと吟味した上で会いたいオファーが送られるように、企業にはオファーを送る条件に「エンジニアのプロフィールの閲覧」を必須条件にしています。

さらに、企業にはオファーを送る上限数が定められ、年収条件などの条件不一致の場合、そもそもシステム側でオファーができないように。こうすることで、エンジニアには本気のオファーしか届かない仕組みを実現しています。もちろん、エンジニア自ら気になった企業に対してアピールすることも可能です。

あくまでエンジニアに特化

広く転職を扱うのではなく、エンジニアという職種に特化することで、Tech Starsは個人と企業のより精度の高いマッチングを実現しています。例えば、マーケティングやオペレーションといったポジションの場合、個々人のスキルを目に見える形で明確にすることが難しい側面が。その点、Tech Starsはエンジニアに特化しているため、スキルを明確化しやすい。

具体的には、転職者のレジュメに技術や言語、経験年数だけでなく、手掛けた業務の内容なども記載できるように。手掛けたのは業務系のシステムなのか、Web系のシステムなのか。Web系でもサーバーサイドなのかフロントなのか。エンジニアが転職する際に大前提となる技術やスキルのマッチングにブレがないよう工夫しています。

また、エージェントなどを介すことなくエンジニアと企業がまさに直接繫がるため、マッチングから面談までの所要期間が短縮されるという特徴も。全体のプロセスを効率的に進めるための機能も用意しています。例えば、エンジニアは日程調整のボタンを押すだけで、企業に対して送る文章が自動で生成され、日程候補もボタンで選ぶだけ。企業もまたボタン一つで返信でき、煩わしいメールのやり取りなどを取り除いています。

エンジニアが気持ちよく転職できること

TechStars-team

左から、CTOの濵田卓さん、CEOの河端保志さん、COOの髙原克弥さん

Tech Starsでは、今年の5月頃から事前登録を開始しました。10月1日のβ版正式リリース以前は、事前登録者に対してアナログでのマッチングを行うことでサービス改善に繋げてきたと言います。運営会社は、2年前に学生起業し、受託開発や教育関連の事業を手掛けて来たBranding Engineerです。Tech Starsを開発するに至った背景について、Branding Engineer COOでご自身もエンジニアの高原克弥さんはこう話します。

「エンジニアが転職するツールは意外と少ないんです。正確には、気持ちよく転職できるツールが少ない。エージェントが関与するようなサービスでは尋常じゃない数のオファーが来たり、掲載媒体には派遣業者が多かったり。Tech Starsでは、エンジニアが気持ちよく転職できることを最優先しています」

受託開発の事業を行う中で定期開催してきた勉強会などを活かして、まずはエンジニアへの認知拡大と登録者数の増加に注力していくとのこと。転職を考えるエンジニアが必ず訪れるような場になり、次の舞台となる企業と必ず出会えるサービスを目指していきます。

「これからは多様な人材が多様な会社を選ぶことができる情報化時代。需要の高まりが激しい業種ほど、スムーズに利用できる専用のキャリアチェンジサービスが必要です。私たちはエンジニアのキャリアにおいてトップランできる企業を目指し、幸せなキャリア形成が可能な世界を追い続けます」

Yukari Mitsuhashi

Yukari Mitsuhashi

三橋ゆか里。東京在住のTechライター。フリーランスになる前は、日本のスタートアップ数社にて勤務。彼女のブログ「Techdoll.jp」は、海外のスタートアップを日本市場に紹介している。映画「ソーシャル・ネットワーク」の日本語字幕と吹替を監修。Twitter アカウント @yukari77

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース