世界最大の腕時計見本市で注目を集めたウェアラブルブランド「VELDT」がアコード、CAVから資金調達

by Junya Mori Junya Mori on 2016.7.8

Release_VELDT_logo_2016grayT

ウェアラブルデバイスの中でも、スマートウォッチは人々からの注目を集める花型のデバイスだ。日本にも、スマートウォッチの開発に取り組むスタートアップが存在する。

IoT製品・サービスを開発・販売するVELDTは、2014年にスマートウォッチ「VELDT SERENDIPITY(ヴェルト セレンディピティ)」を発表した。

FEATURE1_3_201512

同デバイスは、腕時計としてのデザインにこだわり、アナログの文字盤に隠されたLEDライトと小型ディスプレイで、スマートフォンからの情報を通知してくれる。スマートフォンアプリとも連携し、収集したデータを表示してくれる。

feature3_201512

まず、腕時計としての完成度が高く、ユーザはそこを気に入って「VELDT SERENDIPITY」を身につける。身につけてもらうことで、データの取得が可能になり、データを活かしたサービスが提供できる、とVELDT代表取締役CEOの野々上 仁氏は語る。

Apple Watchのような全面ディスプレイにしていないのは、VELDTが「ディスプレイレスコンピューティングを実現したい」と考えた野々上氏がこだわったためだ。エンジニアリングとクラフトマンシップの両立にもこだわり、それがユーザを惹きつけている。

Denim_for_release.001

今年3月には世界最大の腕時計見本市「Baselworld2016」では京都デニムとコラボした新作をはじめ、新しいモデルを発表。海外でも”ウェアラブルブランド”として注目を集めたという。その後、日本でもクラウドファンディングサイト「Makuake」でプロジェクトを立ち上げ、先行販売も行っている。

BlackHorseRed_woLED

注目を集めるVELDTは、2016年7月7日にアコード・ベンチャーズ、サイバーエージェント・ベンチャーズらがそれぞれ運用するファンドから、シードラウンドとして資金調達を実施した。調達した資金で、自社ブランドである「VELDT SERENDIPITY」の開発に加え、新たなデバイスの開発、B向けのサービス展開を目指す。

「VELDT」は、エグゼクティブ・アスリートと呼ばれるような人々を対象として開発されている。同社としてはさらに高単価の商品ラインを開発しつつ、より健康状態の把握を目的としたアクティビティトラッカー等の開発を視野に入れている。

「VELDT SERENDIPITY」自体は、さらに薄くできるよう開発を進め、女性にとっても選びやすいデバイスへと進化させていくという。

DSC6076-Black-_-White2

今回の資金調達に合わせて発表されたのは、SMKと共同して「VELDT」ブランド以外のIoT製品に対してOEM供給、ソフトウェアライセンスを行うという計画だ。SMKとは「VELDT」の次期製品で使用される回路の共同開発も行っている。

IoTデバイスを作り出していく上では、様々なハードルがある。ソフト面とハード面の両面でエンジニアを探す必要があり、プロトタイプと量産では考えなければならないことが変わり、少量のロットではコストカーブがなかなか下げられない。

IoTプロダクトを開発したいというニーズは、エレクトロニクスを主領域としてきた企業以外にも広がっている。IoTを活用したビジネスやサービスのニーズが高まる一方、ソフトウェアやハードウェア、デザインやエンジニアリング等分野を超えた開発リソースの確保やプロジェクト管理、量産時の品質確保やコスト管理等、大きなハードルが存在する。

VELDTは同社が持つIoT製品開発の知見・ソフトウェアやリソースネットワーク、電子部品で多くの実績を持つSMKの設計ノウハウと製造技術を活用して、企業のIoTプロジェクトのハードルを下げていくことを目指す。

「VELDT」というウェアラブルブランドが注目を集めるほど、企業向けのサービスに声がかかることも増えるだろう。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------