中国でのApple人気、増え続ける人民元での販売ダウンロード数

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のApp Storeが人民元でアプリの販売をしているというニュースから話を始めよう。国内で広く流通しているバンクカード・デビットカードが利用可能なおかげで支払がとても簡単になっており、中国でのダウンロード数は増えるだろうと考えていた人も多い。だが、実際にダウンロード率はどのくらい増加したのだろうか。

モバイルアプリ調査会社のDistimoは、中国の人気アプリトップ100を分析して、新たな決済システムが導入された前の2週間前と、導入された後の先週分のデータを比較した。その結果、ダウンロード数が40パーセントから80パーセント増加していることが分かった。中国のダウンロードの絶対数は分からないが、最初の一週間を見る限りその成長率には十分期待できそうだ。

Appleは、2011年には公認のアップルストアとiTunes storeを刷新を通して中国に力を入れた。Apple ブランドに夢中になる中国人が多くなればなるほど、中国人デベロッパーは中国では成功が難しいと思われていた「中国の Angry Birds」を作り上げていく大きなチャンスを得ることになる。

中国で増加する富裕層は、マクドナルドでセットのメニューをアップグレードするような感覚で、iPhone 4のアップグレードを行ったり購入をしているということも分かった。今年7月にiPhone 4モデルを持っていた中国のiPhoneユーザーは83.4パーセントもいた。またAppleのCEOであるTim Cook氏は、Appleの総売り上げのうち16パーセントを中国が占めていると述べた。中国がAppleにとって重要な資金源になっていることがわかる。

中国におけるApple 普及の波に乗ることは、デベロッパーや販売代理店はもちろんのこと、海賊版にとってすら、そこそこ良いお金が稼げる良いアイデアだと言える。

【via Penn Olson】 @pennolson