2011年、インドネシアのテックシーンはどのように成長したかを総まとめ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】
2011年は驚くべき年だった。我々が2011年の1年間に見てきたインドネシアテックシーンの発展は非常に顕著なものである。この1年間で多くの偉大なスタートアップが誕生し、(LocalBrandBouncityMeet Doctor for startersを参照)”スタートアップ”という言葉自体が経営系の大学の学生たちの間で旬な話題となっている。

国家都市を開発している多くのコミュニティーが、この成長と興味喚起に貢献している。 #StartupLokal は250以上の人が定期的に月例ミーティングに参加しており、素晴らしいコミュニティの例となっている。この精神は他の都市にも拡がっており、私たちはこの動きが全体のエコシステムを助長することを期待している。

投資の年


多くのスタートアップ企業の設立が相次ぐ中、我々はいくつかの企業買収や資金調達に注目している。

GroupponによるDisdusの買収
LivingSocialによるDealKarenの買収
Para GroupによるDetik.comの買収
– TokopediaがCyberAgent Ventures(彼らは最近ジャカルタにオフィスを構えた)からシリーズ Bの投資を受けたこと
– Apps FoundryがGobi Partnersと三井グローバルからの資金調達を行ったこと

初期投資に関しては以下に注目すべきだろう:

IdeosourceによるTouchTenに対する投資
– Batavia IncubatorによるBukalapakに対する投資
InvestIdeaによるBistipに対する投資
– East VenturesがSoybeanSoftIdBlogNetworkをポートフォリオに加えたこと

ベンチャーキャピタルのほかに、インキュベーターやアクセラレータープログラムもインドネシアで展開されるようになってきた。East Ventures社はEast Ventures Alphaを通じて第一弾となる6つのスタートアップを立ち上げた [1]。また #StartupLokal の下、Project Eden立ち上がったほか、さらなる志望者を募っている。ジャカルタは Founders Institute という試みを行っており、起業家志望者にとって興味深い催しを水曜日の夜に開いている。

イベントの多い年

#startuplokal meetup, via salsabeela on Flickr

総じてイベントがたくさんあった2011年は、 インドネシアにおいても多数のすばらしいカンファレンスやイベントを見ることができた。

FacebookLinkedIn、そしてインドネシアのKaskusIDBYTE に参加した。
・IDBYTEにて、インターネット産業に献呈される年次Bubu Awardsも開催された。
Indigo Awards/Fellowshop、そしてINAICTAも政府により開催された。
・我々の同士DailySocialによりSparxUp Awardsも開催された。

Eコマースとモバイル開発における大きな進歩

E コマースは世界中で流行っている。ここインドネシアでは特にこの分野が成長を遂げている。Eコマースについて語ることは、国内に多く存在する Grouponのクローンたちについて語ることを意味する。GrouponとLivingsocialはここでの存在度は高いものであるが、いまだいくつかのクローンが存在している。インドネシアのその他のEコマース陣としては下記が挙げられる:

BliBli
Rakuten(楽天)
TokopediaTokobagus

ソーシャルコマースでは下記が挙げられる:

Multiply
Belibu

メディアスペースとしては、世界他国ではBlackberryが騒ぎを起こし立てているようだが、インドネシアはRIM(リサーチ・イン・モーション)の本拠地と言えよう。Playbookとその他いくつかのスマートフォンを先頃リリースした。入手するための行列があるほどだ。しかしAndroidは手ごわい競争相手と見られており、SamsungのGalaxy TabGalaxy SIIの人気は高い。HTCや比較的低価格のHuaweiなどその他のブランドも健闘しており、現地ブランドのTabuletなども思いがけず良い手ごたえを感じているようだ。

まだまだやれることが多く残っている

これら全ての発展とインドネシアの持つポテンシャルにもかかわらず、私はもう一度同じ質問を繰り返さざるをえない。「投資家はいる。では起業家はどこに?」

全体として、私は本当にたくさんの興味深いスタートアップと関われたことや、今年あったいくつもの素晴らしいイベントに非常に満足しており、POチームと仕事をするのは非常に楽しかった。そして2012年もまた素晴らしい年になるであろうと期待している。

1. (開示):Joshua Kevinは#StartupLokalおよびEast Venturesのメンバーである。
【via PennOlson】 @pennolson