500万ダウンロードを達成した中国の無料トラベルアプリ、100万ドルの資金調達を目指す

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

無料アプリに特化したスタートアップを事業にするのは難しい。中国企業の8684は、 同社の旅行・交通アプリシリーズのある一つのアプリで、500万ダウンロードを記録したことを発表し、「シリーズAで100万米ドルを資金調達する準備ができた」と述べた。同社のこの発言は今回が初めてではない。以前にも、評価額が1億人民元(1,586万米ドル)となりうる最初の資金調達に向け、CDH VenturesやIDG、その他の投資家らと協議中であることをほのめかしたことがある。勇ましいのか、それとも張ったりなのか?だが、それを決めるのはベンチャーキャピタルだ。

8684は、8684地下鉄(写真上)、8684電車、8684バスなどの無料アプリ(ほとんどが広告なし)を提供している。最後に挙げた8684バスだけで、なんと500万ダウンロードを記録している。これらスタイリッシュで非常に便利なiOSとAndroidのアプリはすべて、中国の主要都市をほとんどカバーしている。BaiduやTencentなどの主要サイトは(一般的な地図サービス以外には)このようなアプリを作っていない。交通網アプリの人気は間違いないが、マネタイズとなると話はまったく異なる。

中国のテックブログ「36kr」によると、8684チームには最大80人のスタッフがいて、中国南部の広州に拠点を置いているとのことだ。

同社は現在、他の旅行会社との提携によって収益を上げている。例えば、同社のフライトチケット検索エンジンは、中国で2番目に大きなオンライン旅行業者のeLongにユーザを誘導している。また、最近加えたホテル予約ポータルでは、ホットラインも用意して、eLongやCtripのような同業他社に対抗している。これらはすべて、8684.cn8684.comのサイトから運営されている。

もし中国で使う最適なレジャー系の中国アプリに興味があれば、8684アプリや、もしくは昨年同僚が作成した旅行アプリリストをチェックしてみてはどうだろう。

[出典: Tech2IPO and 36kr – 中国記事]

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------