フィリピンのスタートアップ My Dentist Pal がフィリピンに歯科業界革命を起こす

SHARE:

My Dentist Pal

歯医者に行くのが好きだという人はおそらくほとんどいないだろう。もちろん筆者も同様だ。歯医者に行って楽しいということはまずない。たいていの場合、痛かったり恐ろしいものだったりする。これを変えるために、歯科関連のスタートアップにできることはなんだろうか?この課題を解決するためにMy Dentist Palの登場した。

2012年にCloudwalk Digitalによって設立されたDentist Palは、ウェブベースの歯科医向けツールで歯科医業務のデジタル化を目指している。Dentist Palを使えば歯科医はどこからでも患者の記録、カルテにアクセスしたり、さらには患者の支払いをチェックできる簡単な経理機能を利用したりすることができる。患者は次の予約の変更を行ったり、最寄りの歯科医を見つけることができる。

Cloudwalk DigitalのMarc Medina氏によると、

「フィリピンの歯科業界はデジタル化の波に乗り遅れていますが、私たちはデジタル化の良い所を取り入れて、歯科業務の効率を高めたいと思っています。My Dental PalによりPDA(Philippine Dental Association)メンバーはタイムリーに新しいテクノロジーを取り入れることができるようになり、また、歯科業に関連した情報を提供することで競争力を維持し、今日のビジネス界において強く存在感を打ちだすことができるようになります。」

登録は素早く簡単に行うことができる。通常の登録フォームに入力するだけだ。現在のところ、サイトはウェブ広告の収入で運営されているため登録は無料だ。残念なことに、サイトは歯科医と患者両方向けだと謳っているが、登録は歯科医のみのようだ。また「使い方(PDF)」へのリンクも切れている様子。

My Dentist Pal 2

ウェブサイトの管理・運営は別にして、サービス内容はしっかりしている(少なくとも歯科医師向けは)。「Dashboard(ダッシュボード)」、予約用のホームページ、メッセージ、ニュースなどがある。「Patients(患者)」を「Patient List(患者リスト)」に追加することができる。「Address Book(住所録)」に記入することもできる。

これはおそらく往診のためのものだろう。「Scheduler(スケジュール管理)」、「Blogging(ブログ)」、「Messaging(メッセージ)」機能もある。最後になるが「Accounting(会計)」にアクセスして患者の支払いをチェックすることもできる。

現在My Dentist Palを利用できるのはフィリピンの歯科医だけだが、同チームは海外への拡張も計画している。さらにMarc Medina氏はこう語っている。

「まずはフィリピンの歯科医をターゲットにしていますが、今年中にモバイルアプリをリリースし世界中の歯科医をターゲットにしたいと考えています。」

フィリピンでスタートアップを運営するのは困難であることは間違いない。フィリピンでは不可欠のものと考えられていない歯科業界関連のスタートアップは非常に困難なはずだ。そこで、My Dentist Palの設立者からオンライン歯科医サービスを立ち上げたい人へのアドバイスをお願いした。

「フィリピンでスタートアップを運営する際大切なのは、投資資金が限られているため自己資金での運営期間が通常より長くなると想定しておくことです。スタートアップの数はシード資金を提供しようとするエンジェル投資家の数より絶対的に多いですから。」

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------