ニュースとQ&Aでユーザ参加型メディアへ、「byus」が資金調達を実施しβ版をリリース

SHARE:

byus

byus&co.株式会社が、本日「byus(バイアス)」のβ版をリリースした。昨年、2013年7月にα版をリリースしており、10ヶ月ほどが経過してのβ版リリースとなる。また同社は、2014年3月にベンチャーユナイテッド株式会社、インキュベイトファンド、株式会社VOYAGEVENTURES を引受先とする第三者割当増資を実施している。調達した金額は明らかになっていない。

byus は、単なるニュースサイトではなく、Q&A形式となっているため、ニュースとなったトピックについてユーザ同士で会話が可能となっている。ニュースに対して、質問を投げ、その質問に対する回答が表示される。ユーザの回答の下部には「同じキーワードを含むニュース」が表示されるようになっているため、関連記事もチェック可能となっている。

timeline-47c68464272e03dd93be42aa100c30a1

キーワードを検索することにより、時系列で出来事とその出来事に関するQ&Aをチェックすることができるようになっている。気になったトピックをまとめて閲覧し、事実以外に意見もチェックしたい、という人には良い機能だろう。

byusは、当初トピックに対してユーザが「賛成」か「反対」といった意見を示す形式をとっていた。だが、世の中にある出来事に対して、ユーザには賛成か反対かを決められるほどの情報がない場合が多かったため、β版ではユーザがアクションを取りやすいQ&A形式へと変わった。

今回のβ版リリースにあわせて、ブックマークレットの提供も開始しており、ユーザは記事や記事に対する質問をbyusに投稿することができる。今後は、アプリの展開も予定しており、Androidアプリが夏前にはリリースされるという。

byusは今後、2014年9月ごろまでに3万人の登録ユーザ数の獲得を目指す。

----------[AD]----------