タグ Box

Box、企業向けにネイティブ統合された電子サイン機能を提供開始

SHARE:

クラウドストレージとコンテンツコラボレーションを提供するBoxは電子サインサービス「Box Sign」を発表し、正式に市場への参入を果たした。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up Boxはオランダの電子サイン企業「SignRequest」を半年前に5,500万ドルで買収し、このサービス開始…

クラウドストレージとコンテンツコラボレーションを提供するBox電子サインサービス「Box Sign」を発表し、正式に市場への参入を果たした。

Boxはオランダの電子サイン企業「SignRequest」を半年前に5,500万ドルで買収し、このサービス開始に漕ぎ着けている。これまでBoxは、電子サイン機能をDocuSignHelloSignなどのサードパーティを通じて提供してきたが、SignRequestを傘下に収めたことで、Box内で直接ネイティブサポートしたいという意向を示していた。それが本日の発表になる。

リモートワークの世界が突然やってきて以来、2021年のキーワードは「デジタルトランスフォーメーション」となり、この流れがクラウドベースのテクノロジーが発展するための基盤となっている。書類をファックスや郵送で送ったり、契約書にサインするために地球の裏側まで出向いたりすることなく、すべてオンラインで瞬時に完結するからだ。

このような変化は業界全体で発生しており、一部の企業がリモートオンボーディングを導入するとデジタルIDの認証にかかる費用が急増することになる。というのも高額な法的文書のサインに有資格者が立ち会う必要がある公証業務も、仮想空間への移行が必要となっているからだ。

大手プロバイダーのひとつ、Notarizeは最近になってAlphabet傘下のCapital Gなど大手から1億3,000万ドルの出資を受けた。

Boxの展開は、数十年前から進められてきた、真のペーパーレスオフィスに向けた幅広いシフトの一環でもある。BoxのチーフプロダクトオフィサーであるDiego Dugatkin氏は、プレス発表で次のようにコメントしている。

「Box SignはBoxのウェブアプリ内から無制限にドキュメントを送信することができ、Boxを使用していない人にも署名を依頼することができます。日付やチェックボックス、テキストそしてサインの4つの標準フィールドをサポートしています」。

NDAのような一般的なプロセスに対応したテンプレート、メールによるリマインダーや期限の通知、複数のユーザーが同時に、または連続して電子サインを行うことができる連続・並行ドキュメントルーティング、企業管理者向けのリアルタイム電子サイン追跡機能など特徴的な機能を備えている。

Box Signはプレミアムビジネスプランおよびエンタープライズプランを利用の顧客を対象に、追加費用なしで提供される。また、年内にはさらに広く展開する予定だそうだ。

なお、エンタープライズプランのユーザーは、署名者や送信者が確認できるよう添付ファイルを含める機能や、より多くの受信者に個別のサイン依頼を送信するバルクアクションなどの追加機能を利用できる。

このプランには、自動マルウェア検出ツール「Box Shield」など、これまで月額制では提供されていなかったすべての主要アドオンを含む、追加機能が含まれる。電子サインに関しては、Enterprise Plusプランでは、Boxが数年前から連携しているSalesforceから直接署名用の文書を送信する機能も追加される。また、Box Signは最終的には有料のStarterプランの利用ユーザーに対しても機能限定で利用できるようになる予定だ。

電子サイン機能はBoxが有料顧客をより価値の高いプランへ移行させるのに役立つはずだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Fortune 500の9割以上が使うクラウドサービス「Box」の技術トップSam Schillace氏にインタビュー

SHARE:

今週は東京で新経済サミットが開催されており、アメリカをはじめ世界中からIT企業やテック・スタートアップのエグゼクティブが来日している。そんな中の一人、今年1月にニューヨーク証取に上場を果たした Box の 技術トップ [1] Samuel Schillace 氏が時間を割いてインタビューに応じてくれた。Samuel は後に Google Docs の原型となったサービス「Writely」を開発し、…

box-samuel-schillace-katsunori-furuichi
左から:Box SVP of Engineering Samuel Schillace 氏、ボックス・ジャパン 代表取締役社長 古市克典氏

今週は東京で新経済サミットが開催されており、アメリカをはじめ世界中からIT企業やテック・スタートアップのエグゼクティブが来日している。そんな中の一人、今年1月にニューヨーク証取に上場を果たした Box の 技術トップ [1] Samuel Schillace 氏が時間を割いてインタビューに応じてくれた。Samuel は後に Google Docs の原型となったサービス「Writely」を開発し、Google へ売却したシリアル・アントレプレナーとしても有名だ。

エンタープライズ・ユーザのニーズを取り入れ、他サービスと一線を画すBox

アメリカの Fortune 500 企業の90%以上が使っているという Box は、同じクラウドでありながら、個人ユーザのコミュニティからエンタープライズへと浸透してきた Dropbox や Evernote とは、その市場戦略やサービス面で一線を画している。

<関連記事>

エンタープライズ・ユーザのニーズを取り入れ、共有したファイルのアクセス権限を細かく設定できるなど、セキュリティの確保という点でも一段上を行っているようだ。

アメリカにはいくつか自前のデータセンターがあるが、お客から預かっているデータを、違うロケーションの別なデータセンターでバックアップしている。さらに、そのバックアップしたデータのバックアップ(セカンダリ・バックアップ)として、AWS (Amazon Web Services) を利用したりしている。(Samuel Schillace 氏)

Dropbox やそれ以外にも多くのクラウドサービスが AWS をバックエンドに利用していることは広く知られている。もちろん、AWS のフォールトトレランス(耐障害性)に問題はないのだが、Box はバックエンドからユーザ・エクスペリエンス(UX)を提供するフロントエンドまで、サービス全体のアークテクチャーを一貫した流儀で貫きたいという思想を持っているようだ。

<4月13日13時訂正更新>

Evernote 広報より「Evernote はAWSをバックエンドに使っておらず、box さん同様に自前で管理しております。」との指摘がありましたので、当初の記述にあった Evernote が AWS を使っているとする記述を削除しました。

日本にも多くの顧客を抱える Box なので、おそらくサードパーティの提供する CDN [2] などは利用しているだろう。しかし、コアとなるバックエンドを自前で構築していくとなると、AWS を利用しているサービスなどと比べ、多拠点展開に時間がかかるのではないだろうか。日本の顧客がアメリカのサーバにアクセスするとなれば、レイテンシー(伝送遅延)の問題が気になるところだ。他のクラウド大手のように、日本にデータセンターを立ち上げる計画はないのだろうか。

日本にストレージは立ち上げる計画がある。具体的な日付を言うことはまだできないが、オープンするのはまもなくだ。特に SSL 通信ではユーザとサーバ間で5回のハンドシェイクをするので時間がかかる。だから、日本にストレージを配置すれば、スピードは格段に早くなる。

新経済サミットでも BGP [3] の最適化ソリューションを提供するスタートアップと話ができた。このような技術にも高い関心を持っている。(Samuel Schillace 氏)

仕事の概念を変えるクラウド

box-tomorrow
Image credit: www.box.com

Box の日本法人、ボックス・ジャパンの社長を務める古市克典氏によれば、日本における Box のユーザは数百社にのぼり、その業態はメディア、ヘルスケア、製造業、建設会社、教育産業など多岐にわたる。現時点では名前を明かせないとのことだが、有名大学への Box の導入も決まっているのだそうだ。

筆者の記憶が正しければ、「セキュリティを考えれば、組織のメールサーバはオンプレミスじゃないと…」という雰囲気が企業の間でまだ強かった頃、Gmail(or Google Apps)が某大学に導入されて、そこからあらゆる組織のメール環境が Gmail にリプレイスされていった歴史を彷彿させる。クラウドサービスにとって、学術機関に採用されるというのは、ある種の〝キャズム越え〟の儀式みたいなものなのかもしれない。

新経済サミットでも、日本が OECD 参加国の中でも労働生産性の低い国にランクしていることが話題に上がっていました。一言申し上げたいのは、Box は単なるクラウドではなく、皆さんの仕事のやり方を変えるプラットフォームに成りうるということです。(古市克典氏)

<関連記事>

クラウドサービスが世に登場してから、仕事のやり方は大幅に変わった。その昔は、一つのプロジェクトに臨むチームは同じ部屋に机を並べて仕事するのが普通だったが、現在では物理的な場所や組織の枠組みを越えて、チーム・ビルディングされることも多くなった。フリーランサーはもとより、会社員でさえ社外の人たちと協業する機会はさらに増えていくだろうし、クラウドは、会社と従業員の関係にも新たな定義を求めるようになるだろう。

スタートアップ・コミュニティとの関わり方

海外のITサービスが日本市場に参入するとき、エンタープライズ向けには SI(システム・インテグレータ)を通じたパートナーセールスの戦略をとることが一般的だ。この点において、Box は伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、マクニカネットワークス、三井情報と協業関係にあるが、一方でスタートアップ・コミュニティとの関係も重視する必要があるだろう。例えば、クラウドサービスとして先行する Evernote は、ハッカソン・イベントなどを通じてコミュニティ・エンゲージメントに注力している。

サンフランシスコで Boxdev という1日カンファレンスを開催していて、年に一度、ユーザやデベロッパなどが一同に集まります。サードパーティ・デベロッパは、Box と連携可能なプラグインやツールを出していて、ワークフロー、セキュリティ・ツール、多機能プリンタにそのまま印刷物を出力できるものなど、数千件以上が「Box OneCloud」上で公開されています。(Samuel Schillace 氏)

サンフランシスコの本社以外に、現在、Box がオフィス拠点を構えるのはロンドンと東京。ロンドン・オフィスは EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)でのサービス展開をカバーする一方、東京オフィスは基本的に(アジアというより)日本市場に特化したマーケティング活動を行っている。このことからも、同社の日本市場に対する期待の表れを伺い知ることができるだろう。

話によれば、Sam は筆者とのインタビューを終えた後、東京のインキュベータを数カ所訪問するということだった。Box が日本のスタートアップ・コミュニティとどのように関わっていくか、今後の彼らの活動に注目したい。

Box OneCloud
Box OneCloud

<参考文献>


  1. 正式な肩書きは、SVP of Engineering。
  2. Contents Delivery Network。ファイルサイズの大きいデジタルコンテンツをネットワーク経由で配信するために最適化されたネットワークのこと。代表的なものに、Akamai や AWS CloudFront など。
  3. Border Gateway Protocol。データセンターや ISP などで扱われている上位層の通信手順。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


企業向けクラウド「Box」ついに上場、その苦難の道のり

SHARE:

<ピックアップ>REDEMPTION! This 29-Year-Old Is Worth Over $94 Million After (Finally) Taking His Company Public (BOX)  エンタープライズ向けのクラウドソリューション「Box」ですが、1月23日(日本時間で24日)ついにニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場を果たしました。IPO価格…

Box の共同創業者兼CEO Aaron Lavie

<ピックアップ>REDEMPTION! This 29-Year-Old Is Worth Over $94 Million After (Finally) Taking His Company Public (BOX) 

エンタープライズ向けのクラウドソリューション「Box」ですが、1月23日(日本時間で24日)ついにニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場を果たしました。IPO価格は14ドルでしたが、最終的に約70%アップの24ドル近くで初日を終えたそうです。時価総額はこの時点で27億ドル。事前に15億ドルなどの控えめな予測が出てましたが、そういった声を大きく吹き飛ばした形です。ハイテク株強い。

Boxのこれまでを知ってる方であれば「あれ?IPOってもう去年のことでは」と思われるかもしれません。確かに申請自体の噂が出ていたのは昨年の3月ごろ。「来月こそIPO」という掛け声と記事が何度か出ておりましたが、その度ごとに徐々に具合の悪い方向に進み、このままどこかにM&Aされるんじゃないかと思った時期もありました。ちなみに日本からは伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(通称ITV)が投資ラウンドに参加しております。

<参考記事> CEOは29歳、エンタープライズ向けクラウドストレージのBoxが2億5000万ドルを求めて来月にもIPOヘ(2014年3月時点)

特にIPOが遅れた原因として指摘されていたのが、当時のハイテク銘柄の市場落ち込みと、Boxのアグレッシブなバーンレートでした。昨年当時で40億ドル調達した資金を30億ドルまで溶かしており、年間売上は1億2420万ドルで赤字が1億6900万ドル。昨対比の年間売上は110%成長という状況ですから、すべてにおいて若々しさが溢れている印象です。

結果的に7月には新たな資金調達を実施、ちょうどその頃発表されたGoogleの「容量無制限クラウド」による衝撃的な焼け野原作戦も記憶に新しいです。

<参考記事> クラウドストレージのBox、IPOを直前に1億5000万ドルの資金調達を実施

しかし、Boxがすごかったのはここから短期間で巻き返しをやったことです。特に問題だった収益面でバーンレートを抑えることに成功したようで、こちらの6枚のスライドでその成果を報告、めでたく今回のIPOへと繋げることができたようです。いやはや、必ずやり遂げるのだという強い執念が感じられるからこそ、市場も好反応だったのではないでしょうか。

via Business Insider

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


クラウドストレージのBox、IPOを直前に1億5000万ドルの資金調達を実施

SHARE:

<ピックアップ> Box Raises Another $150 Million Ahead Of Its IPO And Is Now Valued At $2.4 Billion ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up もうこのままIPOしなくても…とはいきませんが、法人向けの…

box-tour-620x413

<ピックアップ> Box Raises Another $150 Million Ahead Of Its IPO And Is Now Valued At $2.4 Billion

もうこのままIPOしなくても…とはいきませんが、法人向けのクラウドストレージBoxがIPO直前に1億5000万ドル(100円換算で150億円)を調達したと同社が認めました。Wall Street Journalの報道によると、評価額は24億ドルで、TPGとCoatue Managementがリード、これをもってBoxはこれまでに約5億6000万ドルを調達したことになります。2013年12月の前回ラウンドが1億ドル調達で20億ドル評価とのことですから、実はあまり評価自体は動いていないことになります。

<参考記事> クラウドストレージのBox、IPO前に1億ドルの資金調達を検討

やはり、Boxの場合はGoogleが発表したビジネス向けの「容量無制限で月額10ドルのDrive for Work」があまりにも競合しすぎており、この影響は少なからずあると考えられます。焦土と化しつつあるクラウドストレージ市場ですが、このIPO直前の爆撃を乗り越えてBoxは無事に公開されるのでしょうか。

via Tech【G翻訳】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


クラウドストレージのBox、IPO前に1億ドルの資金調達を検討

SHARE:

<ピックアップ> Box May Raise $100 Million or More Before IPO ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up IPO間近といわれているエンタープライズ向けのクラウドストレージ「Box」が、株式公開の前にさらに1億ドル(100円換算で100億円…

box-tour-620x413

<ピックアップ> Box May Raise $100 Million or More Before IPO

IPO間近といわれているエンタープライズ向けのクラウドストレージ「Box」が、株式公開の前にさらに1億ドル(100円換算で100億円)規模の調達をするかも、という話題があがっております。

3月にIPO申請して5月には6月にIPOを延期、その後の動向に注目が集まっておりましたが、Re/codeの記事によるとBoxが話をしているのはTPGで、調達に関してはなんの合意もなされていない、という状況のようです。また、IPO自体は向こう1、2カ月で実施される見通しということも言及しています。

東京にも支社を出して日本進出も果たしたわけですし、アグレッシブなバーンレートで攻める姿は懸念の指摘もあるものの、DropBoxやGoogleDriveなどを筆頭に競合だらけの戦場ではこれぐらいの勢いがなければ生き残れない、ということなのかもしれません。

via Re/code 【G翻訳】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ファイル共有コラボレーションのBoxが東京支社を開設、有力SIと提携し日本語版を積極展開へ

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから クラウド・ストレージ企業の Box は昨日、東京でイベントを開催し、日本市場への参入を発表した。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up 東京にオフィスを開設し10人のチームを配置するのに加え、多くの日本企業が B…

box-tour-620x413
Box の共同創業者兼CEO Aaron Lavie

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

クラウド・ストレージ企業の Box昨日、東京でイベントを開催し、日本市場への参入を発表した。

東京にオフィスを開設し10人のチームを配置するのに加え、多くの日本企業が Box のセキュアなファイル共有コラボレーション・ソリューションを利用することになった、とも発表した。それらの組織は、DeNA、ファミマ・ドット・コム(ファミリマートのオンライン版)、日揮(プラント輸出企業)、三菱地所(不動産)、サンリオエンターテイメント、早稲田大学などだ。

さらに、コニカミノルタ、NTTコミュニケーションズ、サイボウズが、Boxパートナーネットワークに参加する新しいインテグレーション・パートナーとして発表した。

Box Japan、正式には、株式会社ボックス・ジャパンでは、以前ベリサイン・ジャパンの代表取締役CEOを務めた古市克典氏が代表取締役に就任する。

Box のような注目を集めるクラウド・プレーヤーが日本に参入し、多くの大企業と提携するのは頼もしいことだ。これまでのところ、日本における大企業のクラウドの導入率は比較的低いものだが、今回のような動きが変化を加速することを期待したい。

Japan-Launch-620x231

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


エンタープライズ向けストレージのBox、IPOを延期か【ピックアップ】

SHARE:

Image by Flikcr_enterprise2.0 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up 【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Box Could Delay Its IPO [Report] エンタープライズ向けのクラウドスト…

6352256192_ff37e69450_z

Image by Flikcr_enterprise2.0

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Box Could Delay Its IPO [Report]

エンタープライズ向けのクラウドストレージBoxですが、準備していたIPOが延期されたと各誌報じております。

3月末にIPO申請を実施したということで公開秒読みでしたが、Wall Street Journalによると6月まで公開を延期。関係者筋の話として、投資家がクラウドコンピューティング関連銘柄が若干冷え込んでいるのを嫌ったと伝えております。BIではさらにBoxのアグレッシブすぎるバーンレートを指摘、Boxは公開以降40億ドルを調達しており、既に30億ドルを溶かしてることについて懸念があるのではと書いておりました。

確かに年間売上は1億2420万ドルで赤字が1億6900万ドル。昨対比の年間売上は110%成長という状況でさらに「More Money!」を叫ぶには少しだけ落ち着いた方がいいかもしれない、という指摘は間違いではないかもしれません。

Google翻訳でざっくり読む

via Business Insider

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


IntraLinksがDoctrackrを1,000万ドルで買収、BOXとの競争に勝利【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up IntraLinks buys DocTrackr for $10M to beef up document encryption and tracking 企…

Extended_Enterprise_Collaboration___Intralinks

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

IntraLinks buys DocTrackr for $10M to beef up document encryption and tracking

企業間で機密データを共有するプラットフォームIntraLinksが高セキュリティのドキュメント管理サービスDoctrackrを1,000万ドルで買収したとGigaomが報じています。Doctrackrは先日上場申請したBOXが買収に興味を示していたとの情報もあり、今後IPOによって得た資金を元に、BOXによるエンタープライズ関連企業の買収が増えるかもしれません。

Google翻訳でざっくり読む

via GigaOm

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


CEOは29歳、エンタープライズ向けクラウドストレージのBoxが2億5000万ドルを求めて来月にもIPOヘ【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up Box Seeks to Raise $250 Million in IPO on NYSE Next Month DropBoxよりもよりエンタープライズ向け…

Box___Secure_content-sharing_that_users_and_IT_love_and_adopt

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Box Seeks to Raise $250 Million in IPO on NYSE Next Month

DropBoxよりもよりエンタープライズ向け色が強かったBoxですが、来月にもIPOだそうです。ということでRe/codeからいくつかかいつまんでおきます。

約2億5000万ドル規模のIPOだそうで市場はNYSE(ニューヨーク証券取引所)、Twitterで公表してるところなんかいいですね。CEOのAaron Levieはまだ29歳、年間売上は1億2420万ドルで赤字が1億6900万ドル。昨対比の年間売上は110%成長。真っ赤かですが更なる天井を求めて公開、というところはさすがアメリカンドリームです。

ちなみに日本からは伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(通称ITV)が投資ラウンドに参加しております。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録