Shapewaysが新たな素材として14金の取り扱いをスタート、3Dプリンターで指輪やイヤリングの印刷が可能に

SHARE:

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録



blog-gold-ring-group-674

Shapeways が新たな素材として14金素材を取り扱うことを発表した。これまで取り扱ってきていた銀、真ちゅう、青銅、鉄などの素材を用いてユーザがアクセサリーや宝石にインスピレーションを受け、さらに価値の高い金属のオプションがほしいというリクエストに答えたことでの取り扱いが実現した。

blog-gold-pendant-674

金メッキではないため、1㎤あたり600ドルほどと高価だ。だが、指輪やイヤリングなど、贈り物に適しているのではないだろうか。個人に最適化して制作することが可能だし、イメージに合った3Dデータをモデリングできれば、自分のイメージした形に金でプリンティングすることができる。

blog-gold-key-box-674

作成期間は9日間。現時点では、米国のみの出荷。2ヶ月ほどテストしてみて、順次世界へと展開していくようだ。

Photo:Shapeways

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録