サービス開始後2週間で1万通の注文:カレンダー付手紙を毎月届けられる親孝行アプリ「レター」にAndroid版が登場

SHARE:

lttr-rollcake

スマートフォンで撮影した写真を、翌月のカレンダー付き手紙にして届けられるiPhoneアプリ「レター」のAndroid版が本日リリースされた。今年2月のiPhone版のサービス開始後、わずか2 週間で1万通の注文を獲得。離れて暮らす家族に、子どもの毎月の成長を手紙で伝えるコミュニケーションツールとして人気を帯びている。

離れて暮らす祖父母と孫が会う頻度についてのアンケート調査では、「半年に1回程度〜それ以下」という回答が全体の75%を占めたという。孫の成長を定期的に伝えることのできるレターは、スマートフォンでできる新しい親孝行の形としての定着を目指す。

スマホで撮影した写真からお気に入りの一枚を選び、メッセージを添えるだけで完成する手軽さが魅力のレター。忙しくて時間がない人、またデジタルが苦手だという人でも簡単に利用できる。カレンダー付き手紙の価格は、送料込みで1枚250円(税別)。初回の1通は、お試し無料(送料82円のみ負担)で送ることができる。

lttr-rollcake-app

レターを運営するROLLCAKE株式会社の石田忠司氏には別途取材させていただく予定なので、また詳細をお届けできると思う。

----------[AD]----------