BRIDGE

タグ PiaScore

フットペダルで譜めくりなど、ローランドの電子ピアノがスマート電子楽譜「piaScore」と連携

SHARE:

世のピアニストにとって、なかなかワクワクする時代が到来したのではないでしょうか。これまで本媒体でも何度もご紹介してきたスマート電子楽譜「piaScore」。この度、電子楽器の製造販売を行うローランドと協業し、2015年秋に発売されるデジタルピアノ(「LX-17」「LX-7」「HP605」「HP603」)とpiaScoreとの連携を発表しました。 Bluetoothを用いることで、ピアノ本体のフット…

スマート電子楽譜「PiaScore」と連携したローランド社のデジタルピアノ
スマート電子楽譜「PiaScore」と連携したローランド社のデジタルピアノ

世のピアニストにとって、なかなかワクワクする時代が到来したのではないでしょうか。これまで本媒体でも何度もご紹介してきたスマート電子楽譜「piaScore」。この度、電子楽器の製造販売を行うローランドと協業し、2015年秋に発売されるデジタルピアノ(「LX-17」「LX-7」「HP605」「HP603」)とpiaScoreとの連携を発表しました。

Bluetoothを用いることで、ピアノ本体のフットペダルを使ったハンズフリーな楽譜の譜めくりが可能に。演奏者は譜めくりの煩わしさから解放され、演奏に集中することができるようになります。

「ローランド社とは、ここ数年間にわたって情報交換をしてきました。今年2月に新製品のデジタルピアノについて連絡があり、今回の連携に至りました。ローランド社はデジタル楽器・音楽に強い会社ですから、テクノロジーを使った音楽事業を追求する弊社との親和性は高いだろうと考えています」(プラスアド代表 小池宏幸さん)

また、piaScore内のYouTube再生では、Bluetoothオーディオ機能によって、音声がピアノ本体のスピーカーから流れるように。YouTubeの音声を伴奏にして演奏するなど、楽しみ方の幅が広がりました。このデジタルピアノは、日本、北米・カナダ、中国・香港・台湾、オーストラリア・ニュージーランド、欧州各国(東欧の一部国を除く)、トルコで販売される予定。

「世界中の楽譜をいつでも手元に」をコンセプトに開発され、2014年には累計100万ダウンロードを突破したpiaScore。7万曲を超えるクラシック音楽の楽譜の無料ダウンロードや、カメラを使った楽譜の取り込み機能、レコーダーやチューナー、メトロノームなど演奏者にとって必要なさまざまな機能を搭載しています。

今後も、楽譜のクラウド化や練習記録の管理など、演奏者の視点に立った機能開発を進めていくとのこと。その中でもフットペダルに着目し、例えば、フットペダルを使った伴奏再生や自動譜めくりのスターとや楽譜の選択などを検討しています。

幼少時代からピアノを演奏して育ったという、プラスアド代表の小池宏幸さん。そうした経験の中で、ミュージシャンが多くの課題に直面していることを痛感し、piaScoreの開発に至りました。ご自身がユーザーでもあることで、サービスの利用者である演奏者に真に寄り添ったサービスが実現しています。

今後、プラスアドが楽器演奏者に対してどんなソリューションを提供していくのか。ますます楽しみです。

「piaScore」のプラスアドに、元スポットライトCTOの高橋三徳氏が技術顧問として就任

SHARE:

本媒体でも幾度と取り上げたことがあるiPad 電子楽譜プラットフォーム「piaScore」を開発するプラスアド。「音楽とテクノロジーの接点で、世の中をもっと創造的で豊かなものにする」を理念に、2010年5月に設立されました。同社は本日、元スポットライト社CTOである高橋三徳氏が技術顧問に就任したことを発表しました。 高橋さんは、ハードウェアのエンジニアとしてキャリアをスタートし、その後、楽天にやグ…

プラスアドの技術顧問に就任した高橋さん(中央)、代表の小池さん(右)、エンジニアの室中さん(左)
プラスアドの技術顧問に就任した高橋さん(中央)、代表の小池さん(右)、エンジニアの室中さん(左)

本媒体でも幾度と取り上げたことがあるiPad 電子楽譜プラットフォーム「piaScore」を開発するプラスアド。「音楽とテクノロジーの接点で、世の中をもっと創造的で豊かなものにする」を理念に、2010年5月に設立されました。同社は本日、元スポットライト社CTOである高橋三徳氏が技術顧問に就任したことを発表しました。

高橋さんは、ハードウェアのエンジニアとしてキャリアをスタートし、その後、楽天にやグリーを経て2007年にSpeeeを設立して取締役CTOに就任。前職は、2011年に創業からCTOとして参画する「スマポ」の開発で知られるスポットライト社に在籍していました。2013年には楽天にジョインし、現在は企業のコンサルティングやスタートアップ支援などを行っています。

プラスアドの代表である小池宏幸氏と高橋氏は、小池氏が楽天の客員研究員をやっていた2010年頃からの付き合い。お互いスマホ・タブレットアプリを開発する身として情報交換などをしており、今回、高橋氏がスポットライトを離れることを知って小池氏が声を掛けたことで就任が決まりました。

「高橋さんは、楽天時代からエンジニアとして突き抜けていました。その後、スタートアップでCTOとして活躍されるのを見て、いつか一緒に仕事をしたいと思っていました。技術顧問になってほしいと打診した最初の打ち合わせでも、「ハードを作りましょうよ、作れますよ」と始まって突き抜けている。日々、事業やアプリの改善ばかり考えていると保守的になりがちです。外部からの声によって、そうした殻を破って進んでいきたいと思います」(小池)

もともとソニーのソフトウェアエンジニアである小池氏に加えて、2月からエンジニアを増員して開発の高速化を行っているプラスアド。今後、チームとしてスピーディかつ効率的に結果を出していくためにアジャイルな開発スタイルを効果的に取り入れて、開発効率を10倍上げることを目指しています。技術顧問として、高橋氏には既に開発ツールや言語、継続的インテグレーションに関する相談や開発トレンドのレクチャーなどを受けており、効果を実感しているとのこと。

「私も音楽が好きで、というか元々その道で生きて行きたいと思っていたこともあり、2つ返事でOKしました(笑)。これまで小池さんがサービス設計から開発まで一人でやられてきたことを、今後はチームとして、開発手法や環境などを含めてより円滑に進められるようにサポートしていきたいと思っています。あくまで個人的な考え方ですが、今の楽譜を主としたサービスは例えば中長期的にはIoT的なサービスに展開していくことも十分に考えられます。私のノウハウを活かして貢献していきたいです」(高橋)

いきなり爆発的に人気が出るプロダクトではないし、むしろそうすべきではないと話す高橋氏。「音楽が好きな人たちに、またこれから音楽を始める人たちに、まずはこれがないと始まらないねと言われるようなプロダクトを目指したい」と言います。音楽へのパッションを共有する強い協力者を得て、プラスアドが中長期的にどう成長していくのか楽しみです。

楽譜が読めなくてもピアノが演奏できる?「PiaScore」のプラスアドが本格的ピアノアプリをリリース

SHARE:

電子楽譜ビューア「PiaScore」を開発するプラスアド株式会社が、本日新たにiOSアプリ「ピアノ by plusadd」をリリースした。代表の小池宏幸氏が掲げる「音楽とテクノロジーの接点で、世の中をもっと創造的で豊かなものする」というビジョンがまた一つ形になった。同社のiOSアプリは「piaScore」が75万ダウンロード、「楽器チューナー」が110万ダウンロードを記録している。(2014年5月…

Piano-Plusadd 2

電子楽譜ビューア「PiaScore」を開発するプラスアド株式会社が、本日新たにiOSアプリ「ピアノ by plusadd」をリリースした。代表の小池宏幸氏が掲げる「音楽とテクノロジーの接点で、世の中をもっと創造的で豊かなものする」というビジョンがまた一つ形になった。同社のiOSアプリは「piaScore」が75万ダウンロード、「楽器チューナー」が110万ダウンロードを記録している。(2014年5月時点)

ピアノは、iPhoneやiPadでも両手を使ってしっかり弾ける本格的なピアノアプリ。画面が小さなモバイルデバイスでも、複雑なメロディを簡単に奏でられるコードボタンを採用することで操作を容易にしている。また、高品質なグランドピアノのほか、フルートや教会オルガン、エレクトリックギターといった全18種類の音色が搭載されている。

モバイル上でピアノ演奏を可能にするアプリは既に数多く出回っているが、プラスアドのピアノの特徴は前述の「コードボタン」という仕組みだ。これによって、両方の指一本ずつを使って伴奏と共に曲を奏でられる。伴奏はあらかじめ設定することで、ボタンのワンタップで機能するのだという。例えば、「C」に設定するとCメジャーコード(ド・ミ・ソ)の和音が鳴る。今後は、和音を同時に鳴らすだけでなく、ド→ミ→ソといったリズムパターンなどの設定もできるようにしていく。

「コードボタンという形にしたのは、piaScoreを開発する中で「楽譜の読み方がわからないし、大変」という声をいただいたことがきっかけです。楽譜が読めなくても音楽が奏でられれば、楽器演奏を楽しめる人の数がいっきに増えます。実際、ギターなどの楽器では、楽譜を見て弾くのではなく、仲間から教わった“弦の押さえ方”で覚えるという方も多く、これにヒントを得ました」

アプリの基本利用は無料だが、300円で「完全アップグレード」することで追加機能が楽しめる。保存できるコードセットの数が無制限になり、全18種類の音色が利用できるようになる。今後は、コードボタンのセットやメロディー楽譜を購入できる機能などを搭載していく予定。定期的に新曲の楽譜を届けることでユーザーのモチベーションを向上させ、継続利用を促す狙いだ。

「教育の現場でも活用してもらいたいと思っています。iPhoneやiPadをプロジェクターにつなげれば、例えば先生がアプリを使って演奏している様子を子ども達が見ることで、楽器演奏を学ぶことができます」

今回のピアノアプリのリリースを皮切りに、今後もギターや他の楽器のアプリも展開していきたいと話すプラスアド代表の小池氏。「ピアノ by plusadd」は、年内に世界累計で100万ダウンロードを目指す。Android版については、ニーズを見て対応を検討していくという。

累計50万ダウンロードを誇る電子楽譜ビューア「PiaScore」、楽譜取り込みや管理機能を追加してバージョンアップ

SHARE:

2010年12月にiPadアプリとしてリリースされた電子楽譜ビューア「piaScore」。2013年5月末のiPhone版リリース後いっきにダウンロード数を伸ばし、現在累計50万ダウンロードを誇る。そんなpiaScoreのバージョン4.0が本日リリースされた。 piaScoreは、電子楽譜の閲覧や書き込み、また7万曲以上のクラシック音楽の楽譜無料ダウンロード、ジェスチャー譜めくり機能(iPad版の…

PiaScore

2010年12月にiPadアプリとしてリリースされた電子楽譜ビューア「piaScore」。2013年5月末のiPhone版リリース後いっきにダウンロード数を伸ばし、現在累計50万ダウンロードを誇る。そんなpiaScoreのバージョン4.0が本日リリースされた。

piaScoreは、電子楽譜の閲覧や書き込み、また7万曲以上のクラシック音楽の楽譜無料ダウンロード、ジェスチャー譜めくり機能(iPad版のみ)など多数の機能を搭載する。世界中のプロのミュージシャンや演奏家、教育の現場、また音楽愛好家など幅広いユーザーから支持されている。App Storeでは、日本、米国、イギリス、中国で5.0満点中4.5点と高く評価される。

今回のバージョンアップで追加されたのは、プレイリストやタグによる大量の楽譜の管理機能、また楽譜の取り込み機能など。さらにデザインも一新し、100件を超える細かい改善に対応した。利用者の声に耳を傾けることで、音楽演奏のシーンに有用なアプリであり続けている。

piaScore-playlists-tags

プロの音楽家でもない限り使用頻度はそう高くないことが想像されるが、それでも月間アクティブ率は20%と高い。プラスアドの代表である小池宏幸氏は、自身が子どもの頃ピアノを弾いていた経験を持つ。そんな楽器演奏をわかる人間が開発していることが、piaScoreが広く音楽愛好家に支持される理由だという。

「音楽をやられている方は、どちらかといえばiPadやスマートフォンに詳しくない人が多い。それを踏まえて、開発する上では最新の技術で目新しい物を作るのではなく、地味でも初心者が使いやすいものを作ることを心掛けています。もし迷ってしまったら頼れるように説明を随所に盛り込んだり、音楽家にとって馴染みのあるデザインを丁寧に作り込んでいます。」

製品開発やビジネス開発では外部の人材やアドバイザーの協力を得ているものの、現在も主に小池氏が一人で運用している。今後は、iPadを始めとしたタブレットがますます楽器演奏の場に普及していくことが見込まれ、まだまだ伸びしろがあると話す小池氏。当面は今の体制のまま、100万ダウンロードを目指す。

 

デジタル楽譜ビューア「PiaScore」のiPhone版が登場

SHARE:

英語版の記事はコチラ。 人気のデジタル楽譜のプラットフォーム PiaScore を提供する日本のスタートアップPlusaddは、同アプリのiPhone版をリリースした。iPad版は、2010年の12月にリリースされ、プロのミュージシャン、教育者、そのファンの間で、10万回以上ダウンロードされている。 デジタル楽譜のプラットフォームは、世界中の人々の手に楽譜を運ぶために作られた。iPhoneとiPa…

PiaScore-iphone-app

英語版の記事はコチラ。

人気のデジタル楽譜のプラットフォーム PiaScore を提供する日本のスタートアップPlusaddは、同アプリのiPhone版をリリースした。iPad版は、2010年の12月にリリースされ、プロのミュージシャン、教育者、そのファンの間で、10万回以上ダウンロードされている。

デジタル楽譜のプラットフォームは、世界中の人々の手に楽譜を運ぶために作られた。iPhoneとiPad版の両方は、無料で提供されており、その機能はユーザに楽譜の閲覧と、練習中にノートをつけられるようにしている。

PiaScore’sの「Realistic Display Mode」は、デジタルの楽譜を紙面に表示されているかのように表示させるものだ。Plusaddは、世界で最も早いレンダリング機能をも開発したと主張している。

クラシックタイプの楽譜は、アプリ内で無料でダウンロードできる。しかし、レコーディング機能、キーボード機能、トーンチューナーといった機能は250円となっている。その他の鍵となる機能はDropboxをサポートしているクラウドプレイ機能だ。クラウドプレイ機能を使えば、ユーザは57000個の楽譜を、国際楽譜ライブラリーの7800のコンポーザーから直接ダウンロードすることができる。

PlusaddのCEO、小池宏幸氏は元はソニーのエンジニアだ。彼はこのサービスが生まれた経緯について以下のように説明している。

私はプロのミュージシャンではありません。しかし、子供の頃からピアノを演奏して育ちました。クラブ活動やコンサートなどで、ミュージシャンが直面している多くの問題を発見しました。主な問題の一つは、楽譜を持ち運び、管理することに多大な労力がかかることでした。私はこの問題のソリューションとしてPiaScoreを開発したのです。

近い将来、PiaScoreは自動ページめくり機能、記録、楽譜管理機能を開発することを計画している。このスタートアップは、音楽を通じた新しいタイプのコミュニケーションの実現を手助けしてくれる音楽教育施設のようなパートナーを探している。

PiaScoreは、以前国際ビジネスアワード2011にて、名高いHonoree awardを獲得し、2012のIVS in springにおいて、ファイナリストにも選ばれている。もしIVS 2013についてのレポートが読みたければ、こちらから記事を見つけることができる。

PiaScoreのiOS版はこちらでダウンロードできる。

ジェスチャー認識の音楽アプリ「PiaScore」、13万8,000米ドルを資金調達

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 日本のジェスチャー認識音楽アプリのPiaScoreが、エンジェルラウンドで13万8,000米ドルを調達したとのニュースが入ってきた。 このラウンドは夏野剛氏、宮澤弦氏、そしてpiaScoreを展開するプラスアド株式会社のCEOで創設者でもある小池宏幸氏が主導した。 piaScoreは、ミュージシャンがiPad上で電子楽譜を読み、手や頭を振る動きでページをめくる…

【翻訳 by Conyac】【原文】

日本のジェスチャー認識音楽アプリのPiaScoreが、エンジェルラウンドで13万8,000米ドルを調達したとのニュースが入ってきた。

このラウンドは夏野剛氏、宮澤弦氏、そしてpiaScoreを展開するプラスアド株式会社のCEOで創設者でもある小池宏幸氏が主導した。

piaScoreは、ミュージシャンがiPad上で電子楽譜を読み、手や頭を振る動きでページをめくることを可能にしたiPad専用アプリだ。このアプリについての詳細は、こちらでレビューを読むことができる。

ミュージシャンはこちらからpiaScoreをダウンロードできる。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia