リピート率75%の家事代行マッチングサービス「タスカジ」が前倒し年末大掃除キャンペーンを開始

SHARE:

Tasukaji-end-of-the-year-campaign-2014

もう気がつけば年末もすぐそこまで。今年も大掃除しなきゃ…なんてちょっぴり憂鬱になっている方に朗報です。家事代行マッチングサービスの「タスカジ」が、11月7日から「大掃除前倒しキャンペーン」を開始しました。

タスカジは、ハウスキーパーをお願いしたい個人と、ハウスキーパーとして働きたい個人のマッチングサービス。1時間あたり1,500円と、従来の家事代行サービスと比べて破格の値段で利用することができます。

今回の大掃除前倒しキャンペーンは、タスカジを初めて利用するユーザーが対象。11月中に依頼が確定した分について、最大3回まで定期会員価格相当の20%OFFで利用できます。使い方はというと、利用時にキャンペーンコード「TU1411T05」を入力するだけ。

タスカジの特徴の1つと言えば、外国人ハウスキーパーが多く登録していること。現在、内閣府では家事支援サービスにおける「外国人労働者の受け入れ」が閣議決定し、臨時国会に提出されています。女性の社会進出に伴う共働きの家庭の増加に伴って、協力者を外国から集う流れが加速しています。

タスカジを1度利用した共働き家庭におけるタスカジのリピート率は、なんと75%(2014年7月から10月の3ヶ月間)。タスカジを運営するブランニュースタイルの代表である和田 幸子さんは、その理由をこう説明します。

「タスカジは、利用する際にレビュー評価などをもとに事前にハウスキーパーさんをスクリーニングできます。そのため、サービスを受けた後の満足度が高いです。また、共働き家庭では、同じハウスキーパーさんに定期的に家事をお願いしたいというニーズが強いことの表れだと思っています」

単発で終わる家事代行ではなく、仕事と家庭や子育てを両立していく家庭にとって、必要な時に安心して頼れるパートナーをもたらしてくれる。今回の大掃除キャンペーンを機に何度か利用して、自分の家庭に合ったパートナーさんを見つけてみてはいかが。

----------[AD]----------