ローカルビジネスのためのクラウドファンディングプラットフォーム「Local Lift」

SHARE:

Local Lift

起業や事業拡大には相応の資金を要しますが、小規模事業者にとって、資金調達は至難の業。非営利団体ILSR(地域の自立を目指す協会)が米国内2602社を対象に調査したところ、過去2年間に融資を必要とした事業者の42%が「金融機関から融資を受けられなかった」と回答しています。

このような資金調達における厳しい環境をふまえ、カフェやレストラン、ショップ、フィットネスクラブなどを経営する実店舗型小規模事業者のためのクラウドファンディングサービスとして創設されたのが、「Local Lift(ローカル・リフト)」です。現在、ルイジアナ州ニューオーリズ、テキサス州オースティン、カリフォルニア州サンフランシスコの三都市で運営されています。

Local Liftの基本的な仕組みは、キックスターター(Kickstarter)に代表される一般的なクラウドファンディングサービスと同様。事業者が、資金調達の目的とその目標額、出資に対する報酬などを公開し、これをサポートしたい一般ユーザーが、オンライン決済により資金を提供する流れとなっています。

また、Local Liftでは、目標額の達成・未達成にかかわらず、調達した資金を事業者が受け取るよう定めており、これまでに、500米ドル(約6万円)から25,000米ドル(約300万円)規模の資金が、それぞれの事業者に渡っています。

Local Liftは、国もしくは世界規模で幅広く資金を調達する他のクラウドファンディングサービスと異なり、小規模事業者の地域レベルでのクラウドファンディングに特化しているのが特徴です。特定の地域を商圏として事業を展開する小規模事業者に、融資に代わる資金調達手段を提供するのみならず、その潜在顧客の開拓にも貢献しようというのが狙いです。

Roll On Sushi Diner

たとえば、オースティンの寿司レストラン「Roll On Sushi Diner」は、50米ドルの出資に対する報酬として75米ドル分のお食事券を提供し、Local Liftを通じて10,245米ドル(約123万円)を調達しました。

また、サンフランシスコのボクシングジム「Third Street Gym」では、Local Liftで900米ドルを出資した人だけが受講できる特別集中コースを開設するなど、通常よりも割安なトレーニングコースを出資額に応じて複数設定した結果、25,347米ドル(約304万円)の資金調達に成功しています。

とりわけ、実店舗型ビジネスでは、商圏内の潜在顧客にいかにリーチするかがポイント。これらの事例のように、報酬として、価格の割引や先行販売、限定サービスなどを提供すれば、実店舗のへの集客にもつながります。

Local Liftは、クラウドファンディングのためのプラットフォームにとどまらず、ローカルビジネスのお得な情報が集まるポータルサイトのような役割をも担うことで、地元の小規模事業者と地域住民をつなごうとしています。

Text = 松岡由希子