中国の企業が3Dプリンタで豪邸を建設、これがその全貌だ

by Tech in Asia Tech in Asia on 2015.1.22

中国の建設会社が先週(編集部注:原文掲載1月19日)、3Dプリンタで作られた過去最大の2つの建物を公開した。1つは豪華な見た目の3階建ての豪邸(周辺環境に調和しないいわゆる量産型の豪邸)で、もう1つは実用的な見た目の5階建てアパートである。両方とも全体が3Dプリンタで作られており、素材を積み重ねることで壁や屋根が形成されている。

3Dプリンタ製のこの巨大な建物は、昨年簡易な平屋の家を量産したWinsun(盈創)が作った。

この最新プロジェクトは今のところアイデアの実証段階であり、中国のウェブサイトCaixin(財新)Netease News(網易新聞)に掲載されている写真を見ると、豪邸とアパート(内部は装飾されていない)は展示会場で隣り合って配置されている。

これが3Dプリントされた豪邸で、1,100平方メートル(1万1,840平方フィート)の広さだ。

china-3d-printed-mansion-and-tower-block-photo-1

china-3d-printed-mansion-and-tower-block-photo-2

china-3d-printed-mansion-and-tower-block-photo-3

china-3d-printed-mansion-and-tower-block-photo-4

そしてこちらがあまり見た目に美しくない3Dプリンタ製5階建てアパートである。

china-3d-printed-mansion-and-tower-block-photo-5

最新の3Dプリンター製住宅は、Winsunが拠点を置く中国東部の蘇州にある。下の写真にある仕上がった壁の一部から、Winsunの巨大3Dプリンターがどのようにして3Dプリントコンクリートの層を積み重ねて壁部を作っているかが分かる。これらのパーツが組み合わされて建物全体ができあがる仕組みだ。

china-3d-printed-mansion-and-tower-block-photo-6

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------