MeerkatはPeriscopeに先んじてAndroid版をリリースし、世界シェアの獲得を目指す

SHARE:

Meerkat

<ピックアップ>Meerkat Beats Periscope To Android

いま最もホットな話題は、モバイルライブストリーミング配信なのかもしれません。SXSWで大きく注目を浴びたMeerkatは、Product Huntで火がついて、開発から2ヶ月で15,000人が使う動画配信アプリとなりました。一方、Twitterに買収されたPeriscopeは最近リリースをし、10日間で100万ユーザを獲得したと先日ご紹介しました。

しかし、PeriscopeはまだiOS版だけしかリリースしていません。そんなPeriscopeとの競争に勝とうと、ライバルのMeerkatは先んじてAndroid版をリリースし、Android市場のシェアを一気に取りに行くつもりです。

世界的なデバイスのシェアにおいては、アメリカの調査会社IDCが2月に発表した資料によると、2014年のOS別世界スマートフォン市場に関する調査で、Android端末の通年の販売台数は10億台を超え、世界市場において80%近くのシェアを握っています。

世界中のスマホユーザにリーチできるAndroidを先んじてリリースし、一気にユーザ獲得を目指そうとするMeerkat。PeriscopeもAndroid版を近くだそうと考えているはず。Periscopeとの熾烈な争いがどう進んでいくのでしょうか。

もちろん、日本発のサービスとしてツイキャスもあります。先日1000万ユーザを越え北米進出も着々と進めています。課金システムも導入しマネタイズを図ろうとしているツイキャスも、この世界のモバイルライブストリーミング配信サービス競争に躍り出てくることを期待したいところ。

via TNW