Misoca、自動領収書発行サービスを楽天市場向けに提供開始

SHARE:

misoca

クラウド請求書・納品書・見積書・領収書サービス「Misoca(ミソカ)」を運営するMisocaが、「楽天市場」に出店する店舗運営者向けの自動領収書発行サービス「Misoca 領収書 for 楽天市場」の提供を開始した。

これまで、楽天市場で買い物をしたユーザが領収書を希望した場合、店舗とユーザが個別にやりとりをする必要があった。「Misoca 領収書 for 楽天市場」は、店舗運営システム「楽天マーチャントサーバー(RMS)」と連携し、領収書の自動発行機能を提供する。

「Misoca 領収書 for 楽天市場」の導入によって店舗運営者の領収書発行フローが効率化され、購買するユーザにとっても商品購入確認メールに記載された URL より領収書のダウンロードが可能となる。

「Misoca 領収書 for 楽天市場」は、店舗が月額利用料3,800円を支払うことで利用可能。これまでクラウド請求サービスを提供してきたMisocaが、楽天市場という多数のプレイヤーが存在するプラットフォームに対し、自動領収書発行サービスを有料で提供することになる。

今後について、Misoca代表取締役の豊吉隆一郎氏は、

「事業者間の取引を最適化する」というミッションに則り、Misocaの取引を取り扱うシステム基盤や技術的なノウハウを活かせる領域には積極的に取り組んでいきたいと考えています。領収書発行業務に関しても、事業者間の取引の一部になりますので、Misocaのシステム提供によって店舗運営や経費精算の効率化に貢献していきたいと思います。

とコメントしている。

----------[AD]----------