インドで対Uber熱が加速、Olaが日用品のデリバリーサービスOla StoreのAndroidアプリをリリース

SHARE:

Ola Store

<ピックアップ>Ola launches Android app for local grocery deliveries

近年、Uberは配車だけでなくデリバリーなどさまざまな領域に進出してきています。同時に、世界各地にUberを展開しようとしています。

そうしてUberが世界に展開しようとすればするほど、現地でUberに対抗するスタートアップがでてきます。もちろんそれは、配車サービスだけでなく、デリバリー分野でも同じです。

インドでUberの対抗馬として活動しているのがOlaです。大手配車サービスとしてだけでなく今年3月にはOla Cafeという20分以内に商品を届けるフードデリバリーサービスもスタートしています。そんなOlaが、今度は日用品のデリバリーサービスOla Storeをリリースし、Androidアプリをローンチしたとされています。

ユーザは、アプリを起動し、一覧からジャムやチーズ、パンやヨーグルドといった家庭の日用品や毎日使う食材などを選ぶと、60分以内に届けてくれるというもの。

UberがUberEATやUberFRESHといった食材やフードデリバリーに進出しているなか、ローカルの強みを活かして先んじてデリバリー系サービスのシェアを獲得しようとしているのでしょう。

こうした各地の対Uberの取り組み、日本でも起きてくるのか、それともUberに迎合するのか。

via TNW

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録