ゲーム感覚で集中力を強化など、スタートアップ大国イスラエルから最近登場したクールなアプリ12選

SHARE:
image via. Flickr
image via. Flickr

<Pick Up> 12 of the coolest new apps from Israel

2013年4月に行った無料の本格英文チェッカー「Ginger」への取材をきっかけに、個人的にも注目し続けているイスラエル。最近CEOに取材した女性の基礎体温測定ウェアラブル「Tempdrop」もイスラエル発です。

さて、そんなイスラエルで最もクールなアプリ12選という記事を見つけたので、ピックアップしてみました。中から、面白そうだなと思ったアプリをご紹介します。

まずは、「uHealth」という集中力を高めるためのトレーニングアプリ。イスラエルで開発されたというアイトラッキング技術を用い、ゲームを楽しみながら徐々に集中力の妨げになるものを無視し、集中する力を高めてくれるのだとか。

日本にはホームセキュリティの「Safie」があるけれど、同じ名前のイスラエルのアプリは子どもの見守りアプリ。そのiOSアプリを使うことで、両親は子どもの居場所を把握できる。これは、少し前に取材した「Life360」とコンセプトは似ているけれど、Safieは、もっと子どもの現在地の把握だけに特化している印象。

Qork」は、“地元”にまつわるディスカバリーを提供してくれるアプリ。25言語で展開していて、ユーザーは地元の情報(ブログやニュース、イベント等)を共有できる。これは、旅行している時に現地で立ち上げると面白いかも。知らない土地でも、Qorkに参加することでタイムリーな情報が入手できてその街を見る目が変わるかもしれない。

実用性はさておき、コンセプトは面白そうだなと思ったのが「Hop」。文字の羅列になってしまいがちなEメールを、同じ時に使っているユーザー同士にはチャット形式にして見せてくれるらしい。Eメールに紐づく「仕事」「つまらない」という感情をメッセージングで変えるというアプローチは面白いかも。

via. Israel21c