Lyftが中国版UberのDidi Kuaidiと資本業務提携を結び、中国への進出を図る

SHARE:

Lyft

<ピックアップ>Lyft partners with transportation service Didi Kuaidi to ease into China

配車サービス市場でUberが注目されていますが、競合も黙ってはいません。米国市場だけでなく、アジア市場を見たときには、それぞれのローカルの配車サービスが依然として市場をリードしていますが、そこにうまく戦略的な提携を狙い始めたのが、Lyftです。

今日、Lyftが中国版UberのDidi Kuaidiと戦略的パートナーシップを結んだと発表しています。同時に、Didi KuaidiはLyftに対して1億ドルの出資も行っています。Didi Kuaidiといえば、先日30億ドルの資金調達を行ったと発表されており、今回の戦略的提携を見据えた資金だったかもしれません。

これにより、LyftはDidi Kuaidiを活用して中国への進出が容易となり、Uberに先んじて中国市場に参入することができます。Didi Kuaidiとしても、米国市場への足がかりとしてLyftとの提携を通じてUberの米国市場のシェアを奪いにいこうと考えていることでしょう。

Uberという巨大な相手に対して互いの利害が一致したことによってタッグを組んだLyftとDidi Kuaidi。こうした、ある種のUber包囲網を作るような動きが世界で起き始めてくるかもしれません。

via TNW

----------[AD]----------