心理学と機械学習で信用評価する、韓国のP2Pレンディング・プラットフォーム「Honest Fund」が約2.2億円を調達

SHARE:

honest-fund_featuredimage

韓国で、P2P(個人間)ローンプラットフォーム「Honest Fund(어니스트펀드)」を提供するフィンテック・スタートアップ Beemo(비모)は、Yello Mobile 傘下の Yello 金融グループ(옐로금융그룹)、Settle Bank(세틀뱅크)、Ticket Monster 代表のシン・ヒョンソン(신현성)氏など、複数の企業や創業者らから合計22億ウォン(約2.2億円)を資金調達した。

Honest Fund は、金融機関を経由せず、オンラインプラットフォームを介して、財テク希望者と融資希望者を直接つなぐ P2P レンディングプラットフォームだ。借り手に対しては、信用格付けに影響されないオープンな4.9%〜15.5% の低金利での貸出を提供し、投資家には年平均9%前後の高い投資収益率の提供を目指して運営している。

Honest Fund を提供する Beemo は個人信用情報を精密に分析し、不渡り率を予測するリスク管理技術を保有しており、オンライン行動パターン、個人の心理特性データなどの非金融データを分析するなど、最先端技術を持っていると評価された。

Beemo のキム・ジュス(김주수)氏は、次のようにコメントしている。

Honest Fund は、借り手に対しては、高金利ローンの利子負担を軽減することができ、安全で便利な低金利のローンサービスを提供し、投資家に安全で魅力的な財テク商品を提供することができるサービスだ、今回の資金調達をを通じて、リスク評価に活用できる​​さまざまなデータ処理技術を高度化し、金融取引プラットフォームの安定化を通じて、顧客が信頼できる金融サービスを作る。

Honest Fund は、サービス開始から4回にわたって16件のローン/投資案件を成立させており、今年7月には、P2P融資業界で初めて韓国の新韓銀行とフィンテック市場をリードするための戦略的提携を締結し、共同で技術とビジネスモデルの開発を進めている。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------