アイドル応援アプリ「CHEERZ」が法人向けにアイドル活⽤プロモーションプランの提供を開始

by Junya Mori Junya Mori on 2016.4.19

cheerz pocari

フォッグが開発・運営するアイドル応援アプリ「CHEERZ」が新たな動きを始めている。「CHEERZ」に参加しているアイドルたちを企業がプロモーションに活⽤し、同時にアイドル⾃⾝のプロモーションにも繋がる「アイドル活⽤プロモーションプラン」の提供を開始した

「CHEERZ」は、2014年12月にリリースされたアイドルの応援アプリ。アイドルたちがアプリに写真を投稿し、ユーザはその写真を閲覧。気に入った写真があれば「CHEER」して応援することができる。

リリース以降、活発に動きを見せてきていた「CHEERZ」は昨年より、アイドルたちと企業を繋げる取り組みを⾏っていた。すでに、⼤塚製薬「ポカリスエット」、アダストリア「Heather」、森永製菓「チョコ⽟ハイチュウ」といった、アイドルと相性の良い様々な商品とコラボレーションを実施。

成功事例をひっさげて、正式に「アイドル活⽤プロモーションプラン」として、提供を開始した。

cheerz choco

アイドル活⽤プロモーションでは、クライアントがPRしたい商品と共に写った写真や、商品のテーマに沿った投稿をアイドルたちが「CHEERZ」上に投稿。「CHEERZ」への投稿はアイドルたちのTwitterアカウントと連動しており、「CHEERZ」のユーたちだけではなく、Twitterのフォロワーたちにも商品訴求が可能となる。

写真を投稿したアイドルの中で商品のイメージに近かったり、⾯⽩い投稿をするなどして、選ばれた数名のアイドルたちは商品のCMや広告などに出演することもある。今までリーチ出来ていなかった層に⾃⾝が露出する機会を得られるというメリットがアイドル側にもある。



加えて、実際に企業の広告などに出演する事が決まったアイドルに対しては、稼働に対する⼀定の対価をフォッグ側からバックし、収益にもつながるというメリットもある。

「CHEERZ」はアイドルという領域に特化しており、スケールさせることは難しいが、特化していることによって熱量も生まれている。フォッグは、「アイドル活⽤プロモーションプラン」によって、この熱量を維持しつつ、売上を安定化させる狙いだ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------