一流宿泊施設の会員制宿泊サイト「relux」がKDDI Open Innovation Fundから5億円を調達

SHARE:

relux-website

旅のプロが選ぶ、満足度が高い一流宿泊施設を厳選した会員制宿泊予約サイト「relux(リラックス)」。2013年5月にβ版としてサービスを開始。現在の掲載施設数は800軒を超え、また会員数は約30万人を突破しています。

そんなreluxを運営する Loco Partnersが、KDDIのコーポレートベンチャーファンドである「KDDI Open Innovation Fund」から、5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

今回の調達は、資金面だけでなく、さらなる業務提携の強化を見据えてのことです。2015年、スマートフォンからreluxを利用する会員は、全体の約80%に及びました。「au スマートパス」会員に対して優待プログラムを提供するなど、今後もauのスマートフォン利用者に向けた独自の旅行サービスの展開を予定しています。

reluxは、訪日する海外ユーザーの獲得にも力を入れてきました。2015年6月には、中華圏の旅行代理店と業務提携し、旅行施設の検索・予約サービスを開始。また、今年1月には、グローバルの月間ユニークユーザー数が9,000万人を誇る「エクスペディア」とも提携しています。こうした施策が功を奏し、現在、訪日旅行の売上比率は全体の約15%に及んでいます。

今後も、既に進出している中国・香港・台湾における事業展開に加えて、新たにアジアの他領域、また欧米諸国を含む海外への展開も推進していく予定とのこと。

reluxについての最近のニュースは、以下をご覧ください。

<関連記事>

----------[AD]----------