THE BRIDGE

タグ Wantedly

ビジネスSNS「Wantedly」、香港とドイツに営業拠点を開設——昨年進出したシンガポールでは登録会社数が1,000社を突破

SHARE:

ビジネス SNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリー(東証:3991)は1日、香港とドイツに現地拠点を開設し、海外展開を強化することを明らかにした。ウォンテッドリーは昨年シンガポールに進出しているが、上場以降の海外拠点開設としては今回が初となる。 香港のカントリーマネージャーには、かつて LinkedIn のアジア太平洋地域営業開発責任者を務めた Bradford Chan 氏を起用。S…

ウォンテッドリーの国際展開チーム。前列中央がドイツ出身の Lisa Wäntig 氏。
Image credit: Wantedly

ビジネス SNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリー(東証:3991)は1日、香港とドイツに現地拠点を開設し、海外展開を強化することを明らかにした。ウォンテッドリーは昨年シンガポールに進出しているが、上場以降の海外拠点開設としては今回が初となる。

香港のカントリーマネージャーには、かつて LinkedIn のアジア太平洋地域営業開発責任者を務めた Bradford Chan 氏を起用。Sheung Wan(上環)に昨年オープンしたコーワキングスペース naked Hub(裸心社)に拠点を構えた(向かい側には MTRL Hong Kong がある)。ドイツ拠点についての詳細は不明だが、スタートアップハブがあるベルリン市内で、以前ウォンテッドリーで東南アジア国際グロース担当を務めた Lisa Wäntig 氏らを中心に展開される模様。なお、国際展開全般は、Google Japan や Twitter Japan 出身で昨年ウォンテッドリーの執行役員に就任した後藤剛一氏が統括する。

これとあわせて、ウォンテッドリーはシンガポールでの登録会社数が1,000社に達したことを明らかにした。これはウォンテッドリー登録会社数全体の4%に匹敵する。昨年3月に、オーチャードロード近くのコーワキングスペース Spacemob に開設されたシンガポール拠点は、「HotelQuickly」でマーケティングマネージャーを務めた Weiting Tan 氏をカントリーマネージャーに迎え、約1年の間に従業員数を開設時の4人から7名に増員した。

ウォンテッドリー香港拠点が入居する上環の naked Hub。
視線を集めるような壁の落書きで目立った存在だ。
Image credit: naked Hub
----------[AD]----------

ビジネスSNS「Wantedly」運営、ウォンテッドリーが東証マザーズ上場へ

SHARE:

ビジネスSNS「Wantedly」などを提供するウォンテッドリーは8月10日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し承認された。証券コードは3991、市場区分はマザーズ。5万株を公募し、8万株を売出す。(オーバーアロットメントは1万9500株)。主幹事は大和證券が務める。 価格の仮条件は8月28日に決定し、ブックビルディングの期間は9月7日から9月12日までとなっている。価格決定は9月6日。平成…

スクリーンショット 2017-08-10 15.42.35.png

ビジネスSNS「Wantedly」などを提供するウォンテッドリーは8月10日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し承認された。証券コードは3991、市場区分はマザーズ。5万株を公募し、8万株を売出す。(オーバーアロットメントは1万9500株)。主幹事は大和證券が務める。

価格の仮条件は8月28日に決定し、ブックビルディングの期間は9月7日から9月12日までとなっている。価格決定は9月6日。平成28年8月期の売上高は8億4000万円で経常利益は1億2000万円、当期純利益は7700万円。現在進行中の平成29年7月期は第3四半期時点で連結売上高9億1000万円。但し、これはWantedly Singaporeを含んだ連結営業売上となる。

主力サービスの「Wantedly」を利用する個人ユーザは約80万人、企業ユーザは2万3千社。ビジネスSNSの月間利用者数は150万人で、これはブラウザもしくはアプリでアクセスしたユニークユーザー数となる。なお、これらのユーザーが月間に1回以上アクセスするアクティブ率は27%となっている。

上位株主は同社創業者で代表取締役の仲暁子氏が69.98%で筆頭、サイバーエージェントが11.1%で続き、川田尚吾氏(6.38%)、木村新司氏(4.13%)、川崎禎紀氏(3.26%)、アーキタイプ(2.02%)、日本経済新聞社(1.17%)相川直視氏(0.59%)杉山全功氏、松本浩介氏(共に0.42%)となっている。

ウォンテッドリーの創業は2010年(創業当時の社名はフューエル)。Facebook Japanで日本法人の立ち上げに参加した仲氏が当時まだ国内で存在が大きくなかったリファラル採用に注目し、「Wantedly」を立ち上げた。

その後、単なる採用プラットフォームとしてだけではなく、世界的に成長を続けるLinkedIn(リンクトイン)のようなビジネスSNSとしてのポジショニングを強め、企業訪問マッチングの「Wantedly Visit」、名刺管理アプリの「Wantedly People」、ビジネスチャットの「Wantedly Chat」などビジネスパーソンのタッチポイントとなる場所にサービスを配置する戦略で事業拡大を目指していた。

※記事の数値情報は全て有価証券報告書を参照、売上数値は十万円以下切捨て
 

----------[AD]----------

名刺管理アプリ「Wantedly People」、〝話題〟の自動収集機能と広告挿入機能を提供開始——ユーザ数は100万人、名刺枚数は2,000万枚を突破

SHARE:

Wantedly は19日、都内で記者会見を開き、同社が提供する名刺管理アプリ「Wantedly People」に、登録した名刺の企業や業界に関する情報を集める〝話題〟の機能と、この〝話題〟の間に関連する広告を掲出する機能の提供を始めると発表した。〝話題〟には、インターネットをクロールし、ある名刺の人物に人工知能が関連あると判断した記事(著作権的に問題のないもの)が提供されるほか、Wantedly…

左から:逆瀬川光人氏(Wantedly 新規事業推進担当)、仲暁子氏(Wantedly CEO)、相川直視氏(Wantedly リードエンジニア)

Wantedly は19日、都内で記者会見を開き、同社が提供する名刺管理アプリ「Wantedly People」に、登録した名刺の企業や業界に関する情報を集める〝話題〟の機能と、この〝話題〟の間に関連する広告を掲出する機能の提供を始めると発表した。〝話題〟には、インターネットをクロールし、ある名刺の人物に人工知能が関連あると判断した記事(著作権的に問題のないもの)が提供されるほか、Wantedly が提携する20媒体からは、手動選択により関連がありそうな記事が提供される。

Wantedly は先週、Wantedly People をローンチしてから8ヶ月で登録ユーザ数100万人、スキャンし登録された名刺の枚数は2,000万枚を超えたことを明らかにしている。海外展開についても積極的で、日本語のほか英語や中国語でアプリが利用できる。

<関連記事>

ちなみに、THE BRIDGE の読者なら、名刺管理アプリの Eight が広告ソリューションを提供を始めたことは、記憶に新しいかもしれない。Eight は2012年にローンチし、2015年6月にタイムライン機能(言うまでもなく、Wantedly People でいう〝話題〟の機能に相当)の実装までに約3年の期間を要している。Wantedly は今回、〝話題〟の記事間に関連広告を挿入する広告掲載機能を本日から提供するとしており、プロダクトローンチから早くも8ヶ月でマネタイズを開始することとなる。

広告は、「Story Ads」「Article Ads」「Video Ads」の3つの形態で提供される。Story Ads については、Wantedly の車内クリエイティブチームがクライアントの要望に従い、インフォグラフィック様式の広告になるとのこと。また、Article Ads については、Wantedly が既に大手出版社媒体出身の編集者を獲得しており、この人物を中心に記事コンテンツが作成されるとのことだ。ビジネスモデル的には、Newspicks のブランディッドコンテンツに近いだろう。Video Ads はまだ準備中ということで、サービスは本日から提供されない。動画クリエティブを Wantedly が作るか、クライアントが用意するかについては、柔軟に対応するとのことだった。

----------[AD]----------

元Twitter Japanの後藤剛一氏がウォンテッドリーの執行役員に就任、グローバル展開を強化

SHARE:

ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは4月13日、元 Twitter Japanの後藤剛一氏を執行役員として迎えることを発表した。 後藤剛一氏はGoogle Japanで大手企業向けセールスや新規チャネル開拓を担当した後にTwitter Japanに8番目の社員として入社し、広告事業の立ち上げや経営戦略策定を務めた。 ウォンテッドリーは海外展開の加速を狙っており、後藤氏は同…

d21198-16-562809-0.jpg
ウォンテッドリー執行役員に就任した後藤剛一氏

ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは4月13日、元 Twitter Japanの後藤剛一氏を執行役員として迎えることを発表した。

後藤剛一氏はGoogle Japanで大手企業向けセールスや新規チャネル開拓を担当した後にTwitter Japanに8番目の社員として入社し、広告事業の立ち上げや経営戦略策定を務めた。

ウォンテッドリーは海外展開の加速を狙っており、後藤氏は同社にてグローバル事業の統括責任者を担う。シンガポールでのサービス発展をはじめ、インドネシアや香港などアジア圏の国を中心に海外展開を推進する予定としている。

Source:PRTIMES

----------[AD]----------

ウォンテッドリーが名刺管理アプリ「Wantedly People」のPC版をローンチ、データエクスポートが可能に

SHARE:

ウォンテッドリーは10日、ビジネスパーソン向けの名刺管理アプリ「Wantedly People」のデスクトップ版をローンチした。Wantedly People はスマートフォン・カメラや名刺読み取りスキャナ「SnapSnap」で名刺を読み込むことで、連絡先情報をデジタルデータ化できるアプリ/クラウドサービスだ。 同サービスは昨年11月から iOS および Android アプリにより日本内外で提供…

ウォンテッドリーは10日、ビジネスパーソン向けの名刺管理アプリ「Wantedly People」のデスクトップ版をローンチした。Wantedly People はスマートフォン・カメラや名刺読み取りスキャナ「SnapSnap」で名刺を読み込むことで、連絡先情報をデジタルデータ化できるアプリ/クラウドサービスだ。

同サービスは昨年11月から iOS および Android アプリにより日本内外で提供されていたが、今回のデスクトップ版のローンチにより、メールアドレスを直打ちすることなく、Wantedly People に登録されたコンタクトの中から希望の相手にワンクリックでメールが送信できるようになるほか、CSV ファイル形式での連絡先データのエクスポートが可能になる。

ウォンテッドリーは2013年にも、メールのフッタ情報をもとに連絡先情報をデジタルデータ化できるサービス「CARD」をリリースしたことがあるが、経営資源の選択と集中を理由に8ヶ月後にサービスを終了している。ウォンテッドリーの旗艦サービスである「Wantedly」は言うまでもなく潜在的転職者層をターゲットとするサービスだが、転職者の全労働人口に占める割合は6%前後と高くなく、同社が売上や認知度を向上させるには、転職者層以外へのアプローチが必須と言え、以前の CARD も今回の Wantedly People もそのための挑戦と言えるだろう。同社はサービスの多角化にも余念がなく、これまでに企業訪問アプリ「Wantedly Visit」、ブログ投稿プラットフォーム「Wantedly Feed」、ビジネスチャット「Wantedly Chat」、社内ツールの口コミサイト「Wantedly Tools」、ポートフォリオサイト「Wantedly Case」などをローンチしている。

名刺を軸に据えたクラウドサービスというコンテキストでは、Sansan が展開する「Eight」が頭に浮かぶが、こちらはタイムラインの機能を追加するなど、連絡機能よりはビジネスパーソン向けのソーシャルネットワークという様相を呈してきている。かつて LinkedIn は日本への市場参入を事実上失敗しているだけに、日本における会社横断のビジネス・コミュニケーション・プラットフォームの確立という点では興味深い流れだ。Wantedly People がここからどう発展していくかについても見守ってみたい。

----------[AD]----------

ウォンテッドリーがシンガポールに本格進出、iOSアプリ「Wantedly Visit」の英語版をローンチ

SHARE:

ウォンテッドリーのことを初めて、シンガポールのテックブログ Penn Olson(現在の Tech in Asia)に書いたのは、もう5年も前のことだ(日本語訳)。当時、恵比寿にあったカヤック(東証:3904)のオフィススペースに、代表の仲暁子氏らを訪ねたのを覚えている。 仲氏は RISE や Slush Asia(現在は Slush Tokyo に改称)など、数々のスタートアップ・カンファレンス…

Image credit: Wantedly Singapore + 123RF (Image composite by Masaru Ikeda)

ウォンテッドリーのことを初めて、シンガポールのテックブログ Penn Olson(現在の Tech in Asia)に書いたのは、もう5年も前のことだ(日本語訳)。当時、恵比寿にあったカヤック(東証:3904)のオフィススペースに、代表の仲暁子氏らを訪ねたのを覚えている。

仲氏は RISESlush Asia(現在は Slush Tokyo に改称)など、数々のスタートアップ・カンファレンスで講演していて、頭のどこかで既にグローバル展開しているものだと信じきっていたのだが、どうやら、ウォンテッドリーにとっては、今回が初の海外オフィス開設ということになるらしい(現地オフィス開設を伴わない、Wantedly サービスの外国語版展開という点では、2年前の2015年3月にインドネシアに初の進出を果たしている)。

Wantedly Singapore チームのメンバー。左から:カントリーマネージャーの Weiting Tan 氏、国際ビジネスデベロップメント担当 Joelle Pang 氏。
Image credit: Wantedly Singapore

ウォンテッドリーは2日、シンガポールで現地従業員4名を雇用し、同市場での営業活動を本格化することを明らかにした。現地法人 Wantedly Singapore のカントリーマネージャーには、ホテルの直前予約アプリ「HotelQuickly」でマーケティングマネージャーを務めた Weiting Tan 氏が就任する。オフィスは、オーチャードロード近くのコワーキングスペース Spacemob に設置されるようだ。ウォンテッドリーはこの本格ローンチを記念して、2日15時30分(シンガポール現地時間)からシンガポールの Red Dot Design Museum でパーティーを開催する予定。

また、これとあわせ、ウォンテッドリーの転職向け会社訪問モバイルアプリ「Wantedly Visit」について、iOS 版での英語提供を開始した。Android 版については今のところ英語提供の予定について言及されていないが、同社では、シンガポールをハブに、インドネシアを含むアジア諸国へのサービス展開も加速させるとしており、これらの地域でユーザの多くが持つ Android 版の英語化対応も時間の問題と考えて良いだろう。

日本国内における Wantedly の登録企業数は先ごろ2万社を突破、月間利用ユーザ数は100万人を超えている。

Wantedly Visit
Image credit: Wantedly
----------[AD]----------

ウォンテッドリーの口コミサイト「Wantedly Tools」で社内ツールの利用ノウハウ・レビューが共有可能に

SHARE:

ウォンテッドリーが社内ツールを紹介し合う口コミサイト「Wantedly Tools」をリニューアルした。2016年2月にサービスをリリースして以降、集まった口コミ数は約7,000件にのぼる。 今回のリニューアルを通じて、「Wantedly Tools」では、ツールの利用ランキングだけでなく、ツールの使い勝手や評価を知ることが出来るようなり、個人でもレビューが書けるようになる。 その他にも、プロフィ…

Wantedly Tools

ウォンテッドリーが社内ツールを紹介し合う口コミサイト「Wantedly Tools」をリニューアルした。2016年2月にサービスをリリースして以降、集まった口コミ数は約7,000件にのぼる。

今回のリニューアルを通じて、「Wantedly Tools」では、ツールの利用ランキングだけでなく、ツールの使い勝手や評価を知ることが出来るようなり、個人でもレビューが書けるようになる。

その他にも、プロフィールに入力されている職種や会社からおすすめのツールをレコメンドしてもらったり、ツールの説明やレビュー、使っている企業の閲覧、会社ごとに使っているツールのノウハウを読むことができるようになった。

Wantedly Tools messenger

----------[AD]----------

ウォンテッドリー、社内グループチャット「Sync」にデザイナーや開発者向けの連携機能を追加

SHARE:

ウォンテッドリーは、2016年5月16日より社内グループチャットアプリ「Syncメッセンジャー(以下、Sync)」の機能をアップデートした。 今回のアップデートにより、デザイナー向けにはAdobeのPhotoshop、Illustratorファイルのプレビュー機能、開発者向けにはGitHubとの連携機能が実装された。 Photoshop、Illustratorのファイルをダウンロードすることなく、…

20160516113425

ウォンテッドリーは、2016年5月16日より社内グループチャットアプリ「Syncメッセンジャー(以下、Sync)」の機能をアップデートした。

今回のアップデートにより、デザイナー向けにはAdobeのPhotoshop、Illustratorファイルのプレビュー機能、開発者向けにはGitHubとの連携機能が実装された

Photoshop、Illustratorのファイルをダウンロードすることなく、Sync上でプレビュー表示が可能になったことに加え、Dropboxの共有リンクにも対応した。Syncのメッセージ内のDropbox URLを送ると、プレビューで表示される。

20160516123011

さらに、「GitHub」と連携し、IssueとPull Requestのステータス変更やコメント作成時に通知されるようになった。連携はSyncの設定内で行うことができ、設定後はSyncのグループ内に通知が届くようになる。

20160516114539

Syncは2016年1月にサービスを正式リリース。2016年2月にはチーム機能を提供し、採用支援サービス「Wantedly Admin」を利用中の15,000社で社内コミュニケーションツールとして活用される事例が増えてきているという。

社外コミュニケーションも効率化ーーウォンテッドリーのグループチャットアプリ「Syncメッセンジャー」がリリース

今回は、Snycユーザから要望の多かったデザイナーと開発者といったクリエイティブ職とのコミュニケーションをスムーズにするための機能が開発された。同社は先日、「CASE」というポートフォリオサービスをリリースしており、クリエイティブ職にとっても使いやすいサービスとなりつつある。

ウォンテッドリー、ポートフォリオでクリエイターと企業をつなぐプラットフォーム「CASE」をリリース

Syncは、今後「サポート」、「アカウント管理」、「社員の利用管理」を提供する法人プランのリリースを提供することで企業利用を促進し、Microsoftのオフィスファイルのプレビュー機能やカレンダーとの外部連携を強化し、Sync上でのコミュニケーションを快適なるよう機能拡張していく。

----------[AD]----------

ビジネスSNSのWantedlyが個人がフィードに投稿できる「Wantedly Feed」機能をリリース

SHARE:

ビジネスSNS「Wantedly」を提供するウォンテッドリーは5月11日、個人がウォールに投稿し、ほかのユーザと交流できる新サービス「Wantedly Feed」をリリースした。 この投稿機能は、今年の3月から企業限定に提供していたものだが、リニューアルして個人ユーザーとしても投稿できるようになった。「Wantedly Feed」が導入されたことで、Wantedlyアカウントを持った個人のユーザも…

wantedly feed

ビジネスSNS「Wantedly」を提供するウォンテッドリーは5月11日、個人がウォールに投稿し、ほかのユーザと交流できる新サービス「Wantedly Feed」をリリースした。

この投稿機能は、今年の3月から企業限定に提供していたものだが、リニューアルして個人ユーザーとしても投稿できるようになった。「Wantedly Feed」が導入されたことで、Wantedlyアカウントを持った個人のユーザもフィードに投稿が可能となった。

wantedly feed article

記事投稿画面
記事投稿画面

個人のユーザはフィードを通じて、仕事に関するナレッジを共有することが可能になる。ここで言う”ナレッジ”とは、仕事を通じて得られた知識・知見や体験談のことを指すそうだ。

ウォンテッドリーは、今年に入ってグループチャットアプリ「Syncメッセンジャー」、社内で利用するツールをシェアする口コミ機能「Wantedly Tools」、ポートフォリオプラットフォーム「CASE」など、周辺サービスを続々とリリースしてきた。今回は、久々に「Wantedly」本体の機能追加となる。

ビジネスSNS領域においては、名刺管理アプリ「Eight(エイト)」が2015年7月にニュースフィード機能を追加し、最近になって「Eightでシェア」ボタンをリリースしている。「Wantedly」も個人がフィードを投稿できるようになったことで、SNSとしての側面が強化された。次にリリースされるのは「Wantedlyでシェア」ボタンだろうか。

----------[AD]----------

ウォンテッドリー、ポートフォリオでクリエイターと企業をつなぐプラットフォーム「CASE」をリリース

SHARE:

ウォンテッドリーは、2016年4月18日に作品やプロダクトを通じてクリエイターと企業を繋げるプラットフォーム「CASE」をリリースした。 リリースにあたり、ローンチパートナーとしてチームラボ、PARTY、バスキュール、ブラケット、1→10 design, Fablic、VASILYなど、複数のスタートアップやクリエイティブカンパニーが作品を掲載している。 「CASE」では、チームを作り、プロジェク…

case1

ウォンテッドリーは、2016年4月18日に作品やプロダクトを通じてクリエイターと企業を繋げるプラットフォーム「CASE」をリリースした。

リリースにあたり、ローンチパートナーとしてチームラボ、PARTY、バスキュール、ブラケット、1→10 design, Fablic、VASILYなど、複数のスタートアップやクリエイティブカンパニーが作品を掲載している。

「CASE」では、チームを作り、プロジェクトを投稿することができる。Wantedlyでチームを作成しているユーザは、そのチームとして「Project」を投稿することが可能だ。

プロジェクトを投稿する際には、プロダクトや作品の関係者を「CREDITS」として掲載できる。広告等ではよく見られる光景だが、プロダクト開発ではなかなか関係者は可視化されてこなかった。開発に関わったことが、「CASE」のページ上で可視化されるのは、デザイナーやエンジニアにとってありがたいことだろう。

case3

「CASE」は作品やプロダクトを掲載することで、クリエイターがインスピレーションを受けたり、優れた作品を生み出す企業を発見できるようにすることを目指しているという。

だが、クリエイターがポートフォリオを掲載したり、インスピレーションを受けるために閲覧可能なサイトはすでに複数存在している。後発の「CASE」が違いを打ち出すとしたら、やはりビジネスSNS「Wantedly」の存在だろう。

これまでWantedlyの会社ページでは、なかなか視覚的に作品やプロダクトについて伝えることは難しかったが、企業は自社の作品を「CASE」に掲載することで、自社の活動を伝えやすくなる。

case2

「CASE」の会社ページでは、「CASE」内でのフォローボタンに加えて、「view job」というボタンが備わっている。企業は、Wantedlyと連動させながら、ブランディング強化による新規顧客の獲得や、自社にマッチするクリエイターを採用する機会が増えると考えられる。

リリースに合わせて集められた作品は、約300点。今後、創作の機会の多いクリエイターをターゲットに利用者を拡大し、数ヶ月以内を目処に2,000作品を集める予定だという。

----------[AD]----------