厳選した一流旅館の宿泊予約サービス「relux」の会員数が10万人を突破、中国などに積極展開

SHARE:
別邸 仙寿庵
別邸 仙寿庵

厳選した一流旅館やホテルを予約できる宿泊予約サービス「relux」。2013年2月にベータ版としてリリースされ、同年4月には正式オープン。会員制に審査を設けていた期間などを経て、ローンチから2年で その会員数が10万人を突破しました。

reluxの最大の特徴はというと、全国の旅館・ホテルに精通した審査委員会のメンバーが宿泊施設を選び抜くことで、満足度の高い宿泊体験を実現していること。ただ高級旅館を掲載するだけでなく、すべての施設と直接交渉や打ち合わせを重ねることで、reluxの会員だけが楽しめる限定プランを提供しています。

会員数の増加に伴い、予想以上に増えたのが海外からの問い合わせです。特に香港や中国、シンガポールを中心にreluxで実際に宿泊する人が増えており、中には1泊数百万というVIPな宿泊案件も。こうした反響を得て、本格的に訪日外国人向けのサービス拡大を強化してきました。2014年9月時点でグローバルサイトをリニューアルオープン。また、reluxコンシェルジュの他言語対応、公式Facebookページ英語版の運用などに取り組んでいます。

中でも多いのが中国からの問い合わせで、そうした需要に応えるべく、今年3月を目処に中国に海外支社を開設する予定。現地のパートナーなどを模索しながら、サービス展開を本格化させていきます。また、旧正月の休暇に向けて、reluxに会員登録した訪日予定の外国人全員にrelux旅行クーポン1万円分を贈呈するプレゼントキャンペーンを実施。本日から2月18日(木)23:59までに会員登録した人が対象です。

日本政府観光局の発表によると、2014年通年の訪日外国人旅行者数は前年比29.4%増の1,341万人超と過去最高を記録しています。言語の壁もあってTripAdvisorやHotels.comなど一般的な旅行サイトに頼らざるを得ない外国人にとって、reluxの宿泊施設のキュレーション力が魅力的なのは至極当然のことなのかもしれません。今後の展開に注目です。

----------[AD]----------