FULLERの櫻井裕基氏が代表取締役COOに就任し2人体制に、国内外での事業加速へ向けて

SHARE:
左:FULLER代表取締役COO櫻井裕基氏 右:FULLER代表取締役CEO渋谷修太氏
左:FULLER代表取締役COO櫻井裕基氏
右:FULLER代表取締役CEO渋谷修太氏

社会には、代表取締役が2人いる会社も存在する。柏の葉に拠点を構えるスタートアップFULLERも、初期から関わっている櫻井 裕基氏が代表取締役COOに就任し、2人体制となった

同社代表取締役CEOの渋谷 修太氏と櫻井氏の関係は、高専時代にまで遡る。同じ高専で同級生だった2人は、当時のことを懐かしそうにいろいろと教えてくれた。

高専を卒業した後、2人は別々の大学に進学し、渋谷氏は経営工学、櫻井氏はデザイン工学を学んだ。渋谷氏は、2011年11月15日に3LDKアパートを借りて、FULLERを創業。その後、2012年4月に櫻井氏に声をかけ、現在に至る。

現在、FULLERのスタッフは30名ほど。アルバイトやインターンを含めると40人ほどの規模になっているという。一時期、一軒家をオフィスにしていたスタートアップは、今では柏の葉のイノベーション施設「KOIL」の中でも注目の成長企業となっている。

FULLERは、これまでに「ぼく、スマホ」、「スマホスピタル」などのスマートフォン端末管理アプリや、スマートフォンアプリ分析サービス「App Ape」を開発してきた。「App Ape」は国内でもユーザ数を伸ばし、最近では韓国など海外への進出も始めているという。

代表取締役が2人体制になったことにより、CEO渋谷氏が海外展開を、COO櫻井氏が国内事業基盤と組織体制の強化を担当する。それ以外に、CEO渋谷氏は新規事業の推進する役割を担う。

FULLERは、現在アプリ開発に関わる新サービスを開発中だという。まだオープンにはできないそうだが、開発中の画面を見せてもらったところ、ニーズも高い領域で、ユーザの使い勝手も良さそうだった。こちらは近々リリース予定だそうなので、また改めてお伝えしたい。

----------[AD]----------