Dr.経費精算がスマホカメラでの領収書電子保管に対応、利用企業社数は160社に拡大

SHARE:

経費精算サービスのDr.経費精算を提供するBearTailは8月29日、スマホカメラによる領収書電子保管に対応したバージョン「Dr.経費精算タイムスタンプ版」の申込開始を発表した。Dr.経費精算の利用企業はタイムスタンプ版の利用により、社員がスマホカメラ等で撮影したレシートなどの帳票類を公式な税務申請書類として利用できる。

また、同社代表取締役の黒﨑賢一氏によれば、同サービスを活用している企業数は昨年12月の提供開始以来、160社に拡大しているという。

平成28年度の税制改正によって領収書等の電子保存について、スキャナ限定だった要件が廃止され、デジカメやスマートフォンカメラによる撮影が可能となった。これによって社員が個々で帳票類を管理することが可能となり、電子化による効率化が更に進むとみられている。但し、該当書類への3日以内のタイムスタンプ付与が義務付けられており、Dr.経費精算タイムスタンプ版はこの要件に対応したものとなる。

平成28年9月末から所管の税務署に申告することで、平成29年1月1日分からの税務申告分について領収書データの電子保管運用が可能になる。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録