「カリフォルニアは独立すべき」「業界は国と断絶してる」ーートランプ氏勝利への米国テック業界の反応

SHARE:
上: Donald Trump: Illustration
上: Donald Trump: Illustration

本日、ドナルド・トランプ氏が米国大統領選の勝利宣言をした(編集部注:原文掲載11月9日)。テック業界のリーダーたちは、自らの考えを表面して議論を続けている。そしてマーケットもこのニュースへの反応を示しはじめている

テクノロジーは今回のトランプ対クリントンのキャンペーンにおいて、重要な役割を担った。だが、トランプはこれまでテクノロジーについて多くを言及していない

なので、テック業界ではメキシコ人やイスラム教徒に対する発言やレイプ疑惑、ロシアのプーチン大統領についてなど、トランプ氏のあらゆる発言に対してコメントしてきたケースがほとんどだ。

テクノロジスト、VCであり、そして著名なトランプ氏支持者であるピーター・ティール氏は今回の選挙結果について次のようにコメントを発表した

次期大統領のドナルド・トランプ氏よ、おめでとう。彼には、非常に難しい仕事がある。私たちの国は、抱えている問題を受け止めるのにこれまで長い時間を要してきたのだから。私たちは、みんなで取り組まなければならない。

多くの投資家、ファウンダー、経営者、ジャーナリストが過去数時間にツイッターで議論を繰り広げてきた。

Hyperloop Oneのコーファウンダー、Shervin Pisheva氏はカリフォルニアの独立が唯一の解決策であると述べ、元Facebook社員、投資家、PathのコーファウンダーであるDave Morin氏もそれに同意した。

(上記訳)
Shervin:
トランプが勝利したら、カリフォルニアの独立を合法化するためのキャンペーンを発表して、資金を提供する。
Dave Morin:
まさにそれをツイートしようとしていた。私も加わって、君と組みたい。

Pisheva氏は本気だ。

(上記訳)新カリフォルニアの独立を支援してくれるのなら、これをRTしてほしい。

グーグラーであり投資家のAdam Singer 氏はシリコンバレーの先行きについて悲観的だ。

(上記訳)シリコンバレーのパーティーはもう終わるだろう。トランプ大統領は不況を意味する。スタートアップも大企業も大変なことになる。悲しい。

イラン系アメリカ人のビジネスマンでExpediaのCEOであるDara Khosrowshahi氏は、結果についていくぶん現実的であるが、テック業界は国全体から「断絶している」とコメントする。

(上記訳)テックリーダーとして、私たちは自国と断絶していることを認める必要がある。その状況は嫌だけど、問題を認識するべきだ。

テクノロジージャーナリストのJoshua Topolsky 氏はトランプ氏の勝利に失望しているようだ。

(上記訳)好きなように考えて、発言すればいい。トランプの勝利は、ご存知のとおり、アメリカの終わりだ。嫌悪と愚かさを証明した。

事業家・投資家のMark Cuban 氏は、トランプ氏はチャンスを与えられるべきだと考える。

(上記訳)次期大統領のトランプ氏にチャンスを与えなければならない。善を支援しよう。反対したいもののために立ち上がろう。私たちよりも大きな存在などないんだ。

BoxのCEO、Aaron Levie氏は、トランプ氏について選挙キャンペーンの先行きはよく、脅しはすべて戦略に過ぎず、実際にはいい人だと、楽観的な姿勢をくずさない。

(上記訳)
妙だけど、現時点での最高のシナリオは、トランプが自分の見方について嘘を続けてきた、ずっと計画を練ってきたというものだな。


本記事は抄訳です。全文はこちらからご覧ください。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】