ビジネスコンサルや新規事業創出のイグニション・ポイント、ラジオなどクロスメディアによる事業創出プロジェクト「SPARK IGNITION」を開始

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.9.25

衆議院議員の鈴木けいすけ氏(左)と宇宙飛行士を目指すタレント黒田有彩氏(右)

今月初め、ビジネスコンサルティングや新規事業創出を展開するイグニション・ポイントが、渋谷・並木橋に「SPARK 2045」を開設したことをお伝えした。その際、イグニション・ポイントの共同創業者で代表取締役の青柳和洋氏は、SPARK 2045 を拠点に新たにメディア事業を立ち上げると語っていたが、25日、その全貌が明らかになった。

イグニション・ポイントは10月から、衆議院議員の鈴木けいすけ氏と宇宙飛行士を目指すタレント黒田有彩氏を MC に迎え、イノベーション創出プロジェクト「SPARK IGNITION」を開始することを明らかにした。このプロジェクトでは定期的に SPARK 2045 を拠点にイベントを開催、各界でイノベーションや事業開発、スタートアップに携わる有識者を招いてディスカッションを行う。ディスカッションの模様は、同プロジェクト用に開設された Facebook、Twitter、Instagram、LINE などのソーシャルメディアのほか、毎週月曜深夜(火曜未明)にラジオ日本(AM 1422kHz)でも番組として放送される(初回の放送開始は10月3日0:30〜)。

第1回目となる9月27日開催のイベントには(ラジオでの放送は10月3日)、マクニカ未来事業創造室副室長の幸村潮菜氏、日本マイクロソフト執行役員常務でデジタルトランスフォーメーション事業本部長の伊藤かつら氏、人事マネージャー・社外アドバイザー・投資家の河合聡一郎氏がゲストとして出演。ファシリテーターは、イグニション・ポイントのパートナー野上隆徳氏、しごと総研の池田育弥氏らが務める。イベントへの参加はここからサインアップできる。

イグニション・ポイントが SPARK IGNITION を開始する背景には、同社が今後オープンイノベーション事業を推進してゆく上で、自らの認知度を高める意図もあるようだ。大企業とスタートアップが協業するオープンイノベーションでは、双方のニーズや業務手順を把握しつつバランスを取って運用するのが難しい。イグニション・ポイントはビジネスコンサルティング事業で多くのコンサルタントを大企業に常駐させており、他方、新規事業創出でスタートアップの起業を自ら手がけていることから、双方のニーズや業務手順の知見を蓄積しやすいポジションにある。これらの知見を武器に、オープンイノベーションでより具体的な成果をもたらすプロジェクトの運営を目指しているようだ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------